FC2ブログ

過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

酒よ

martini-blog.jpg





遍歴した酒の種類は遍歴した女の数ほど多くはない。
スコッチしか飲まなかった時代もあればバーボンやカナディアン・ウィスキーに凝った数年もあった。
ビールはいつも水代わりだったから主役になったことはなく、これは今でも同じである。ワインはディナーと組み合わせることが多く腰を落ち着けてそれだけを飲むことは少ないからこれも主役にはなれなかった。
日本酒の手に入りにく外国暮らしが長かったから、若い頃日本であれほど飲んだ日本酒にはついぞ溺れることがなかった。そのかわりたまに帰国した時には酒や焼酎を浴びるほど飲む。

そしてこの30年は僕の酒の相手はウォッカに落ち着いてしまった。
超ドライのベルモントを垂らしてストレートのマテニーを作るか、グラスに生のウォッカを注ぎ、それに大きめの氷を1個落としてオンザロックにするかは、その時の気分しだいだが、マテニーの方がはるかにきついので、最初の1,2杯をマテニーでそのあとはオンザロックを何杯か啜る、という飲み方をすることが多かったようだ。そしていつもビールを水代わりのチェイサーにする。僕の主治医がその飲酒量を減らそうと長年やっきになって説教をし続けてきたが、これは馬の耳に念仏だった。
ところが最近になって酒量が目立って減ってきた。悲しいかな。これは老化現象以外の何物でもないようだ。
ワインはもうあまり飲まないし、マテニーは1杯だけ。そのあとオンザロックに氷を3個落としてうんと薄くしたものを数杯。
チェイサーのビールはやめてそのかわり水を飲む。
しかし、最近になって新しく加わった酒がある。
それは焼酎のお湯割りで、これは非常にぐあいが良い。近い将来は焼酎がウォッカに取って代わるという自分の生活を容易に想像できるが、焼酎はケンタッキー州まで往復2時間をかけて運転しなければならず、行くたびに2ダース購入している。
日本と違ってオンラインで酒は購入できないのである。

さて、それでは
今夜もまた独り酒。
演歌を聞きながら…
























スポンサーサイト