過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

盂蘭盆会 (うらぼんえ) 3

T17yonago-075-blog.jpg

おーい コータロー、俺だぜ



8月15日は夕方に送り火をして霊をお墓に送り帰す。
送り帰してしまえばそれでお盆はお開きとなるわけだ。
最後の日だからといって特に忙しいということもない。 仏前を訪れる客も少なくむしろこの3日間では一番暇な日となった。 それで思い立って僕はコータローに会いに行くことにした。 今日の午後ならあいつが送り牛に乗ってゆっくりと墓に帰る前に会って話ができる。 そうすれば墓参りの方を省略できるから日数に余裕のない僕には都合が良いのである。

コータローの血筋は米子では名家だからたとえば仏壇などわれわれ庶民の家にあるものよりずっと大きく立派なものであった。
そこにはコータロー以外に彼のご両親、妹のきぬよちゃん、そして米子市長を何期も勤めたお祖父さんの完治さんの位牌がありその誰もが僕には懐かしい人達だった。
コータローとはなにしろ幼稚園以来70年の付き合いである。 僕がアメリカに姿をくらました20年を別にすれば僕らのあいだには常に親密な接触があった。 あの時、行方不明にしていた20年後にいきなり彼と電話で話した時の彼の喜びようを、まるで昨日のように覚えていると話してくれたのは、今日初めてお目にかかるコータローの上の娘さんだった。 奥方がたててくれた抹茶を頂いたり僕のために作ってくれたというお汁粉を食べながら話は尽きなかったが、その間にも訪問客が絶えない。 名残を惜しみながら退去する。

コータローがいなくなった米子の町はもう僕にとっては前の米子ではなくなってしまった。





P1020759_0246-blog3.jpg

殺生の不殺生



T17yonago-124-blog.jpg

焼酎



盆の最後の夜。
送り火をして霊を送り出しながらまた作法通りに団子を食べる。
やがて燃えていたオガラが一筋の煙を残して消えてしまうと、それで一応は盆の終了ということになり、あとはすぐ近くの墓へ参るだけとなった。 龍子さん以外の女性連はそれぞれの家での盆の行事がありながら、毎日ここへ来てすべてをやってくれた。 昨夜も近所の小学校の校庭で盆踊りをやっていて覗いてみたい気があったにもかかわらず、彼等がこしらえたバラエティに富んだ精進料理を食べながら酒を飲んでいるうちに出かけるのが億劫になってしまったのだ。
そんな彼女達にお礼を込めて今夜の夕食は外で食べないか、と提案してみた。 予期したようにまず全員に拒否されたあと、それにもめげず再三の勧誘を試みたあとようやく一人を除いてうんと言ってくれた。 その一人は行きたいけれど家族の集まりが予定されていると言う。 それで女性3人と出かけることになる。 調べると盆で休んでいる店があったが開いているところもかなりあった。 そのどれもが鮮魚を食べさせる店である。 盆に殺生の料理はまずだめだろうと思ったら、驚いたのは全員が魚を食べるという。 そうか、なにしろここは日本有数の漁港の町なのだ。 昔から魚は殺生にならないというしきたりでもあるのかもしれない。

魚といえば…
今回この町へ来てから1周間が経つが、来る日も来る日も僕は魚を食べ続けていた。 車で数分の所に魚河岸がありそこでは獲れたばかりの魚介類がなんでも手に入る。 焼いたり煮たりが面倒で、というのは台所を女性たちに占領されていたから、とにかくなんでも刺し身で食べた。 買ってきた幾種類もの新鮮この上もない魚や貝を肴に酒を飲むなんてなんという贅沢! またタダ同然の値段で買ってきた魚のアラを使って味噌汁をさっと作り、豊富な魚貝をどっさりとご飯に乗せればそのまま豪華な海鮮丼の夕食となる。 よくもまあこんなに食べ続けられると皆に呆れられ、自分でも驚くくらい毎日毎日魚を食べた。 アメリカで食欲不振をかこっていたのが嘘みたいにここではどんどん食が進んだ。

レンタカーをしていた今回の滞在では、運転していった先で酒が飲めないのが残念といえば残念だったが、それがあまり苦にならなかったのは、家に帰ればレストランで出す魚介類と同じものがいくらでも食べられからである。

魚に明け魚に暮れた日本旅行が終わってアメリカに帰って来た。
シカゴ行きの全日空の機内でも焼き魚などが食事に出たが冷凍のものを食べる気がしなくて、和食を避けて洋食を選んだのも、今までの僕には無かったことだった。
そして数日後、まだ時差ボケでぼんやりとする頭の中で思っていたのは、ああ魚が食べたい、ということだった。

(終)






ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト