FC2ブログ

過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

木蓮のころ

T190411-2-blog.jpg



アパートの玄関の両わきにある2本の木蓮に、ようやく蕾がついた。
と、思ったら三日目にはもうほぼ満開で、ようやく冬眠から覚めて洞窟からのそりと出てきた僕の目を楽しませる。
そうだ、もう春なんだ。
気持ちが和んで、何となく良いことが起こりそうな、すこしはしゃいだ気分になる。
これというあてがあるわけでも無いのに…

それが昨日のことだった。
そして今朝。
表へ出てみると、ゆうべ川から吹いた強い風で木蓮の花は全部散り、柔らかな白い花びらの死体が石畳に無残に散乱していた。
花の命は短くて、わずか1日の栄華かよ。








スポンサーサイト