過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

メリー・クリスマス!

T05paris075-blog2.jpg

Notre Dame de Paris 2005



クリスマスがすぐそこまで来ていて、街中にクリスマスキャロルが流れている。
ショッピングに行けば商店で流しているBGM、テレビをつければコマーシャルは例外なくクリスマス音楽だ。
それだからというわけでもないだろうけど、僕は昔から何となくクリスマス音楽が苦手だった。 たぶん、クリスチャンでもなんでもない僕には、葬式の時に教会で歌わされるあの賛美歌と同じで、あの歌詞にどうもついていけないのがその理由だろう。
だいたい歌というものは、オペラであれポップであれ演歌であれジャズであれ、男女の恋愛をテーマにしたものしか存在しない、なんて以前にどこかで書いたことがあるが、 唯一の例外は賛美歌だ、と付け加えるのをあの時忘れていたようだった。 商売で金を失った悲しみとか、うまい料理を食べた時の歓びなんてのは、どうひっくり返っても歌にはならない。
それでも歌詞を別にすれば、クリスマス音楽にも好きなメロディは数曲あって、いや、正確に言えば2曲あって、それが聞こえると何をしていてもふと手を止めて耳を傾けてしまう。




Santa Claus is Coming to Town



『サンタが町にやってくる』 がその一つで、この曲は昔まだ僕がジャズをやってた頃、クリスマスになるとよく演奏したものだ。
軽快なメロディはスィングし易くてジャズにはぴったりだし、サビの部分で雰囲気がちょっと変わって静かで内省的になるのもいい。
この曲を聴いたり自分でピアノを弾いたりしていると、いつも頭に浮ぶシーンがあって、それは冬の雪景色の中のハイウェイを二人乗りのスポーツカーが疾走する映像だった。 それがサビに入ったところでカメラが一転して車内のふたりの顔がアップになり、楽しい会話が聞こえてきたりする。

そういえば昔1960年代に、六本木の瀟洒なサパークラブ 「ミスティ」 でピアノを弾いていた頃、常連の客の中にいつも決まってこの曲をリクエストする中年の女性がいたのを思い出す。 クリスマスじゃなくても 『サンタが町に…』 のリクエストだったのは、この曲に何かの思い出があるのだろうと思っていた。 いつも一人で来て壁際の小さなテーブルに席を取ると、ひっそりとギムレットを飲みながらピアノに耳を傾けている彼女を、僕は武蔵野夫人と秘かに名づけていた。 大岡昇平のあの小説のヒロインとぴったり合うような雰因気を身に着けたひとだったから。





Silent Night




シネイド・オコナーの 『きよしこの夜』
しみじみとした旋律を聴いていると、神の存在をつい信じてしまいたくなる。



ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

静かな夜のこと

T151213-05-blog.jpg

Dayton, Ohio 2015


クリスマスまであと10日というのに、今日は思いがけず暖かい日となった。
昼間は青空を白い雲が悠々と流れて気温は18℃ まで上がった。 こういうのを小春日和というのだろう。 日が落ちてあたりが暗くなった頃、2階の窓から外を眺めると、近所の家々にはクリスマスのイルミネーションが灯されて、中にロウソクを点けた紙袋がきれいに道沿いに並んでいた。

この平穏無事な光景を写真に撮りながら、僕の頭の中にはコルトレーンのソプラノサックスが流れ続けていた。 そして撮った写真を改めて見てみると、平和なクリスマス風景というよりも、何となくこの世の終焉という不気味さを感じてしまったのは、先ほど見た悪いニュースのせいかもしれない。 ダマスカスではロシアの爆撃で50人が死にその中には子供もいたというし、フィリピンの沿岸では前代未聞の台風が吹き荒れているという。 それだけじゃない。 世界一安全な国と思われていたアメリカにも、テロリストの魔手がまちがいなく伸びていることがはっきりとわかってしまった。

僕が20代のころ、東京で聴いたコルトレーンの同じバラードは甘い恋の歌だったというのに、今の僕の耳にはこの曲は、世界の不幸を弔うレクイエム(鎮魂歌) のように響いた。


John Coltrane
"Say it"





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

クイズの結果は?

Image0254-color-blog2B.jpg

200年祭のフリーマーケット
Boston 1976


正解者なし。
にはちょっとびっくり。
答えは 「11人」。

いつものクイズと同じで、考えすぎて失敗した人もいればまったく考えないで適当に答えた人もいたりして、それぞれの性格が表れているようで笑っちゃった。 考えすぎた人達は、画面左下のケトルのつまみまで数えたりしたようだ。 たしかに人型に見えるけど拡大してみるとそうじゃないのがわかる。 第一、写真の中で判別不可能なものまで判別しろ、というほどアンフェアなことは僕は要求しないよ。

2つのルールをじっくり読めば答えはわりと簡単に出てくるはずなんだけどね。

絵や虚像も一人として数える

同一人物が鏡に映る虚像も数えなくちゃならないのは、ここにはっきりとうたってあるのに、それで迷った人が多かったようだ。


1部でも頭や顔や背中が見えていれば一人と数える

これも明確なルール。 頭や顔や背中が見えているものだけを数えろ、と書いてあるのに、腕や足なども数えた人が多かったみたい。


それで、と…

正解者なしということで僕はついにやにやして勝利のひと時を味わっていたんだけど、せっかくのクリスマスプレゼントの行き場がなくなってしまったのはあまりにも残念じゃないかと思い直した。
そこでニアミスの4人の解答者から1人を選ぶことにしたのです。

yspringmind さん (10人)
innei-reisann さん (10人)
けろっぴさん (10人)
Via Valdosso さん (12人)

抽選の結果はニューヨークにお住まいの 「けろっぴさん」 に決定。



けろっぴさん、おめでとう。
住所氏名を非公開コメントにして送ってください。
お好きな写真を指定することを忘れないように。
数日経ってもご返事のない場合は棄権とみなして次の方を選びます。






ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

クイズあるいはクリスマス プレゼント

Image0254-color-blog2.jpg

200年祭のフリーマーケット
Boston 1976


きのう、今年初めての雪が降った。
といっても屋根や芝生がうっすらと白く雪化粧しただけで、その雪も午後には消えてしまい、0℃近い外の気温に抵抗するかのように、家の中では自動ヒーターが朝から懸命に作動している。


久しぶりのクイズをしよう。

この写真には何人の人が記録されているか?

ルールは次の通り。
① 絵や虚像も一人として数える。
② 1部でも頭や顔や背中が見えていれば一人と数える。



正解の中から抽選で1名を選んで、僕のブログ上のどれでもお好きな写真を差しあげます。 
締め切りは今日から1週間。
答えは非公開コメントにして下さい。


ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ