過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

鯉たち、いつかまた大空に泳げ…

T160718-03-blog.jpg



物置にぎゅうぎゅうに詰まっていたものを一つづつ取り出していくと、最後に鯉のぼりと兜(かぶと)が出てきた。
両方ともうちの子供たちが小学生の頃に、日本の叔母が送ってくれたものである。
鯉のぼりは黒の真鯉の全長が3メートルもある大きなもので、アルミ製の支柱やロープなどが一式になっていて、突端に付ける矢車も別箱に入れられて送られてきた。
あれは僕らがボストンからオハイオへ越してきたばかりで、最初に借りた一軒家の庭に、毎年5月になるとこの鯉のぼりを立てたのを思い出す。 2階建ての家の屋根よりも高いところで矢車がカラカラと音を立てて回り、青空に悠々と泳ぐ鯉たちはいやでも近所の人目をひき、アメリカ人が街道筋に車を停めて写真を撮ったり、日本人が家族連れでわざわざ見に来てくれたものだ。 地域の新聞に写真入りの記事が載ったこともあった。

子供が成長してしまうともうその習慣も終わりになって(長女は今年35歳になる!)、長いあいだ物置に眠っていたこの鯉のぼりは、さてどうしたものだろうと考える。 小さな子供を持つ日本人家族に差し上げたいのはやまやまだけど、そんな家族はもう僕の周りにはいない。 そこで思いついたのが日本人補習校にでも寄付しようということだった。 そこで友人でもあり補習校の創始者でもあるH氏に電話をしたら、喜んで受領したい、子供たちがとても喜ぶだろうと言ってくれた。 それじゃあついでに兜もいっしょに、ということになった。

この兜も、ミニチュアなどではなくて実物大の立派なもので、端午の節句に息子の太郎へと叔母がかなりの金をはたいたにちがいないが、実を言うとそれを飾る場所がなくて困ってしまった。 それで黒いうるし塗りの箱から数回取り出しただけでそのままお蔵入りになってしまったので、日本の叔母には申し訳ないと思っていたのだ。 これで学校のたくさんの子どもたちに見られると思うとようやく罪悪感から解き放されてほっとする。
鯉のぼりも兜も、ちゃんとした行く先が決まりいつまでも大事に保管されるのは嬉しいことだった。


この叔母が兜を太郎に送ってくれたように、娘のマヤにと送ってくれたのは大小2セットの雛壇で、これは両方とも可愛いミニチュアでわが家のリビングルームの棚に1年中飾られてきた。 新しいアパートでどうなるかは、女房次第ということになる。

そういえば叔母はつい先月、元気に88回目の誕生日を迎えた。



ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

古い手紙や書籍など…

T160627-16-blog2.jpg




ものを処分するなかで一番頭を悩ませたのは古い手紙と書籍類だ。
手紙の方はまだ楽だった。
ともすれば感傷的になる心を鞭打って容赦なくどんどん捨てた。手紙なんて保存するのに大した場所を取るわけでもないのにそうしたのは、 新しい生活を始めようとしている自分にはもう必要がない、過去はもうその全部が胸の中に収まっている、とこれはコメント欄にムーさんが書いていたのとまったく同じ気持ちだった。

ところが本となるとそうはいかない。
処分しないで保存しておきたい本が思ったよりもずっと多かったが、このフランクリンの世界文学全集はその中には最初は入っていなかった。 立派な装丁のこの本は70年台の貧乏の時代に、毎月1冊ずつ取り寄せたもので全部で40冊ほどある。 途中で止めてしまったのでもちろん全巻が揃っているわけではない。 どの本もまるで昨日買ったばかりの新品に見えるということは、あまり開かれたことがないということになる。 引っ越しで持ち運ぶにはあまりにも重すぎるし、今後こんな古典を改めて読むことは自分にはもう無いだろうということもあって、誰かに貰って欲しいと思ったが欲しがる人が周りに誰もいなかった。 図書館にでも寄付するしか無いかなあ、と思いながらその一冊を手に取ってパラパラめくってみると、至る所にすばらしい挿絵が入っていたのを思い出した。 一冊一冊が違うアーチストでそれぞれスタイルも大きく違い、絵を見るだけでも実に楽しい。 この挿絵だけでも保存する価値はある。と思い直して箱に詰めていった。
新しい住居に落ち着いたら、この絵を1冊ずつ丹念に見ていくのが楽しみだ。





ブログランキング→ にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

この忙しいなかで

T160710-05-blog.jpg



引っ越し騒ぎの真っ最中なので捨てるものは山ほどあっても、新しく物を増やすなど馬鹿げてる、と思いながら、小さなものだからまあいいか、とつい先日購入したのがこのカメラバッグだった。

今まではサイズの違う3個のバッグを、その場の撮影の目的に応じて使い分けてきていてそれで不便を感じたことはないのに、今回また新しいバッグを手に入れてしまったのは、そのサイズ(今までで一番小さい) とデザインだった。 この写真ではちょっとわからないだろうけど、カメラバッグにしてはその厚みがずっと薄いうえに、洒落たカーキ色のデザインといいちょっと見にはカメラバッグというよりメッセンジャーバッグに見える。 しかし何よりも僕が気に入ったのは、今までのバッグと違っていちいち上蓋を開けること無しに上部のジッパーの開閉でカメラやレンズの出し入れが簡単にできることだった。 フジのカメラなら2台が収納できて交換レンズも2本までちゃんと入る。 全体の重量もずっと軽いからこれならあちこち持ち歩いても、今までのように1日の終りにはくたばってしまうことはないだろう。 ごついニコンの1眼レフと巨大なズームレンズを持ち歩くことがまずなくなった今では、この小さなバッグでほとんどの用は足りると思われた。


ところで
引越の荷造りが続行する中で、クロセットの奥から古いカメラバッグがさらに3個も出てきた!
これはそのまま Goodwill へ寄付することになる。
それから3脚。
小さな卓上3脚や1脚からボーゲンの超重量級までなんと8本もある。今ではカーボンファイバー製の1本以外はまず使わないので、時間が許すなら Ebay に出せばすぐ売れるのはわかっているが、今はとてもそんな余裕はない。 これらはそのまま Goodwill 行きとなるが、ボーゲンだけは諦められなかった。 誰か知っている人が貰ってくれるなら喜んで差し上げるのに、結末の見えない所へ寄付することがどうしても嫌だったのだ。 4x5 のビューカメラをやっていた頃の、苦くも甘い思い出がいっぱい詰まってるこの3脚は、今の僕には両手でやっと持ち上がるくらいの重さである。


新しいバッグを肩にかけて、姿見の前であれこれいろんな角度から自分の全身を見ている僕を見て、女房が噴き出す。
衣類なら僕が絶対にそんなことをしないのを知っているからだ。




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ