過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

2017年02月16日

2017/02/16  帰国のお知らせ

帰国のお知らせ

T161206-13-blog.jpg

雪のカーディナル
By Green Eyes



4月に日本に帰ることに決めたあと、スケジュールを作成した。
飛行機の切符もすでに取った。
おおまかに言えば、まず郷里の米子に1週間、大学の同期会で新潟市と佐渡島に数日、そのあと東京に数日という日程なんだけど、その東京での短い滞在期間にブログでふだんコメントをやりとりしている人達と一晩会えるチャンスを作ることにした。

場所は渋谷のハチ公前のビルの中にある 『ぷん楽』 にしようと思う。
数年前の帰国の時に、仲間が数人でミニ同期会をここでやってくれて、畳の座敷のある個室を借りてくれた。 その時の悪くない印象が記憶に残っているのである。 出てきた料理もなかなか良かったような気がするけど、正直に言って料理なんてどうでもいいというのが本音だ。 静かで落ち着いて話ができて安ければ、どこでも構わないと思っている。

ところがはてさて
早めに予約を入れたいの思うのだけれど、誰が何人来てくれるのか、あるいは誰も来てくれないのか、そのへんがまったく見当がつかない。
そこで皆さんへのお願い。
よし出席してやろう、という奇特な人はその意思を表示してください。
皆さんの中にはそんな4月なんてずっと先のことなんかわからない。 第一、それまで生きているかどうかも定かじゃないのに。 なんて言い出す人もいるかもしれないが、それは僕もまったく同じだから、少なくとも 「会いたい」 というその気持だけでも知っておきたい、とまあそういうわけです。

だから、お互いにそれまで生きているということを前提として、出席できる人は非公開コメントで知らせて欲しい。
なぜ非公開コメントかだって?
それはね、いったい誰が来るかわからないところにスリルとサスペンスがあるじゃない?

あ、そうだ。
期日は4月の15,16,17あたりだと思ってください。 (16日はイースターサンデー)

ああとうとう皆さんに会えると思うと、若者のように胸がうち震えてる。
ほんとだよ。
こういうのを 「千載一遇」 というのだろうなあ。




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト