FC2ブログ

過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

新しい大人のおもちゃ

41DGUYErzvL-w.jpg

ティファールの圧力鍋



圧力鍋なるものに興味を持ったのにはきっかけがあった。
美味しいご飯が食べたかったからである。
我が家ではもう何十年と炊飯器を使っていて、それで作るご飯にずっと満足していた。 ところが2年ほど前にその炊飯器が壊れた時に新しく購入したのが今の象印の炊飯器なのだが、実はこれで作るご飯が美味しくないのである。 安っぽい薄っぺらなアルミ製の内釜が原因じゃないかと思うが、炊きたてのご飯もあまり美味しくなければ、それを保温するとさらにもっと不味くなる。 もちろん米の品種には関係なく、である。 そこで新しいアパートに移った時に備え付けのIH(インダクション・ヒーティング)のグリルに普通のステンレス製の鍋で米を炊いてみたらこちらの方がうんとずっと味が良い。 それ以後は炊飯器をクビにしてもっぱら鍋でご飯を炊く習慣になってしまった。

ある時、最近の日本ではキッチン内の場所を取る炊飯器をやめて、圧力鍋でご飯を炊く家庭が増えているという記事を読んだ。 さらに、圧力釜で炊くご飯は時間がかからないだけじゃなくて、もちもちとして美味に仕上がる、と知った時に、「よし、これだ」 とばかりにこのティファールの圧力鍋を買うことにした。 もちろん、米だけじゃなくて他の料理も試そうという気があったわけだけど、当面の目的は炊飯器としてまず使おうというのが最初の意図だった。

圧力鍋で最初に炊いたのは新米のコシヒカリ系の上級種で 『かがやき』 という米だったが、その結果に満足しなかった。
モチモチし過ぎてまるでもち米を炊いたような感じにできてしまった。 女房は美味しいと言って食べたが、どちらかと言えば硬めでシャッキリとしたご飯を好む僕が思ったのは、これなら今まで通り鍋で炊いたほうがずっと美味しい、ということだった。
我が家ではふだん米は多めに炊いて残りを冷凍する習慣だが、この圧力鍋で炊いたご飯は冷凍したものを解凍すると、まるで糊みたいにくっついて、それを温めたものを食べてみるとまるで餅を食べているような感じである。

これはダメだ、とまたまたご飯は普通の鍋で炊くことになった。
鍋でご飯を炊く事自体は僕にはまったく苦にならない。 炊き上がるまで火から目が離せないという事を除けば。
それだって時間は有り余るほどある僕にとっては切実な問題じゃない。

ということで、この圧力鍋という新しいおもちゃとこれからどう遊ぶか、という新しい課題ができてしまった。






ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

ティファールの圧力鍋、私も持っています。
持っています。で愛用していますじゃないのは、恐いから(笑)

以前友人が突然「アッ!」と立ち上がりました。
圧力鍋の火を消しただろうか?というんです。
キッチンで鍋が爆発してる映像がありありと~~(笑)
多分今の鍋は安全装置がついてると思うんだけど、
「してはいけない事」があれこれ書いてあります。
蒸気がヒュルヒュル上がっているのもなんか恐いし、
それが静かになるともっと恐いし、
鍋から目が離せなくてドキドキする。
鍋の中を途中で覗けないのもイマイチかなー。

調理してこれはいいと思ったのは、参鶏湯(サムゲタン)です。
鶏肉がほっくりジューシーでとてもうまくいきました。
ご飯は炊飯器のほうが好きかも。
私の好みのご飯は、お寿司屋さんのご飯です。
やや固め、程よいねばり、冷めても甘くておいしい。
お肉を短時間でやらかくする料理には向いてますね。


2018/02/05 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

圧力鍋ですか?

うちはもう3代目です。
この頃は家族が減って、たまにしか使わなくなりましたか。

なんといっても、豚角煮です。
見た目がしっかりしてて、お箸を入れるとトロトロというのがいい出来上がり!
https://cookpad.com/recipe/3597430

次は、牛スジ煮込み
これもコラーゲンがトロトロで美味しいですよ。
https://cookpad.com/recipe/4039519

あと、鰯を骨まで柔らかく炊いたの。
生姜を効かせて。

https://cookpad.com/recipe/2301785


あー食べたくなりました。
ご馳走してください。
2018/02/05 [たま] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

日本で流行っているのは、土鍋ご飯じゃないかなあ。
私の友達も美味しいって言ってます。
ご飯の甘みが違うとか。
ご飯炊き用の内蓋付きの土鍋がいっぱいネットに売ってます。
私は時間がないし、たまにしか炊かないのでやってませんが。

でも、鍋で炊くのもかなり美味しいと出てますので、Septemberさんは進んでるかも。

2018/02/05 [たま] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

圧力釜でもご飯が炊けるんですね。知らなかった。うちにもあったけど、蒸気が出るところが壊れて今はただの鍋になってます。ご飯は土鍋が美味しそうですよね。

一人で小さなコッヘルと洗ったササニシキを持って、小さな焚き火でご飯を炊いて食べるのも好きです。でもこれは多分に雰囲気で美味しく感じているんだろうと思いますけど。
2018/02/05 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん

圧力鍋を使うのがちょっと怖いというのはけっこう女性に多いようです。
僕がいまだに怖いのは圧力鍋よりも電子レンジ。
ああいう、音もせず湯気も見えず中で何が起こってるのかまったくわからない
というのが怖い。

そうそう僕のご飯の好みはムーさんと同じみたい。
米粒と米粒があまりむっちりとくっつき過ぎてないのが好き。
そういうご飯でチャーハンを作ると理想的にパラパラになるしね。

これからいろいろと圧力鍋で遊んでみよう!
ほんとに良いおもちゃを手に入れた。
2018/02/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

たまさん

圧力鍋を入手した人がまず最初にやるのが豚の角煮というのが定番みたいだね。
これは僕もぜひやってみたい。
ただ、こちらでは日本と違って豚のバラ肉というのが手に入りにくくて
きれいに脂身が取られたものが多い。

あとは鰯ももちろん新鮮なのは手に入らない。
骨も抜かれた冷凍物しかない。
この柔らかく煮た骨をむしゃむしゃ食べたいのにね。


2018/02/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

たまさん

土鍋でご飯を炊いてみたいのはやまやまなんだけど
そして土鍋は持ってるんだけど、我が家では問題外。
IHのグラストップのグリルでは土鍋とかアルミとかの鍋が使えない。
ステンレススチールか鉄じゃなきゃならないんだ。

新米の『かがやき』は米と水を同量にして炊くと僕好みのご飯ができる。
いつも2,3合しか炊かないから時間もかからないしね。
2018/02/06 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

僕自身はコシヒカリ派じゃなくて明らかにササニシキ派だと思います。
だけどササニシキはここじゃ手に入らない。残念!

あと
うちの圧力鍋のように気圧の高低が切り替えられるものなら
低気圧でご飯を炊けばモチモチ度が少ないという記事をどこかで読んでやってみたけど
やっぱり駄目だった。
でも柔らかくてねっとりしたご飯が好きな人には圧力鍋で炊くご飯は応えられないだろうな。
2018/02/06 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

圧力鍋…もし爆発したらと思うと怖くて
まだ使ったことがありません。(笑)

そんな私がSeptemberさんにお薦めする圧力鍋メニューは…

まず、ぜんざい(または餡)。
先日普通の鍋で乾物の小豆を炊いたら
芯まで柔らかく煮えるまで2時間半程かかったのですが、
(何度か湯でこぼして渋切りする工程含む)
圧力鍋だったら1時間足らずで出来るそうですよ。

他に思いつくのは、
玄米の炊飯、牛すじの煮込み、カレー、
参鶏湯(鶏に糯米などを詰め、まるごと煮込む韓国料理)など…。

骨付きのお肉を調理すれば
短時間で旨みを引き出せそうです。
2018/02/07 [tony] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

tony さん

ええっ?
料理はプロの tony さんが圧力鍋を使ったことがないとはちょっと驚きでした。(笑)

でも考えてみれば料理時間を短縮できるというメリット以外に
圧力釜の方が美味しい、という料理があるのかしら、と現在試行錯誤中です。
お薦め頂いたあんこですが実はすでに作ってみたのです。(お汁粉は僕には必需品)
たしかに掛かる時間はずっと短縮できたけど
普通の鍋で作るより美味しいか、といえばそれは疑問でした。

この試行錯誤の報告は次回の記事にするつもりなので
しばらく待ってね。
2018/02/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント