FC2ブログ

過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

日本でのこと

T18yonago-003-blog.jpg

シカゴ オヘヤ国際空港



このところかつて無かったくらいの頻度で日本へ行くようになったせいで、日本がぐんと身近な存在となった。
といっても身近な存在となったのは郷里の米子市で、東京の方はいまだに怖い。 何百万メガトンの核爆弾級のエネルギーを絶え間なく発散する東京では、通りを歩いても電車に乗ってもリラックスするということができない。 周りを取り囲む人々は個性を完全に抹殺されて 「群衆」 という集合名詞に化けてしまう。 東京と米子の一番大きな違いといえばそこだ。 米子では道で行き合う人が自分と同じくひとりひとりの人間の顔を持っているから、知らない人にもつい挨拶をしてしまう。 これが東京ならすれ違う人の顔を見るなんてことさえしない。

前回と今回の帰米(米子のこと)でこの町がどんどんと自分に近づいてくれたのはもう一つ理由があった。
滞在した2週間を通してレンタカーをしたことだった。 右ハンドル車で左側車線を走るのに最初はちょっと戸惑った。 無理もない。 なにしろ日本で車の運転は50年ぶりだったから。 最初の日は恐る恐るゆっくりと運転をして2日目にはもう慣れていた。 ただどうしても慣れないのは方向指示器とワイパーのレバーがアメリカと左右逆で、道を曲がろうとするといきなりワイパーが動き始めるのに笑いだしてしまう。 なぜかこれには完全に慣れないままに2週間が経ってしまった。

ところで、米子市の人口は約15万人というからこれは僕の住むデイトンの町とほとんど変わらないサイズである。 公共交通機関としては電車とバスがあるが、クルマを持たない生活はここでは考えられないのはデイトンと同じと言えよう。 なにしろ20分も運転すれば市内の大抵の場所へ行ってしまうのに、バスを待つだけで20分かかってしまうからだ。 車のおかげで前回も今回も行動半径がどんどん広がっていったことで、昔とは外観がまったく変貌してしまった米子という町に僕は改めて今までにない親しみを感じていた。

死場所を見つけた、というべきか?



ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

そうかぁ、ハンドルの左右に離れるのに、ウィンカーはダメってのは面白いですね。細かな腕の操作は染み付くと抜けないのかな。ハンドルの位置は視覚的な違和感だからすぐに慣れるという事もあるのかも。

ところで日本に帰る機会が増えたなら、いつかAXEと虫さされも是非お願いします。(^^;
2018/06/10 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

さて、人口なんか知らないから調べてみた。
東京都1350万人だってー。
地図で見ると東京なんて小さいです。
ついでに私が住んでる世田谷は23区で一番大人数の92万人。
いまさらだけどぎゅうぎゅうですね。
でも良いところもあって誰もが良く歩きます。
年取って運転できなくなってもバスも電車もタクシーもある。

静岡の小さい町に引っ越した友人の心配は車が無いと生活できない事。
年取って(もうとってるけど)免許返納したらどうしようと言います。
高齢ドライバーの事故問題はアメリカではどう解決してるんだろう。
良い知恵はありますか?





2018/06/10 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

>ムー様
私のところ(町ですが)は人口3,000人を切ったようです。まっ、町なんで区とは比べようもないですけど、人口が少ないおかげで皆んなが親族のような感じで生きやすいです。

でもここも車がないと不便極まりないですね。ちょっと我慢すればバスがあるんでどうにかなるんで、不便に慣れるってことでしょうね。昔はこんな不便は当たり前だったわけですしね。

でも免許証を返してしまったら、電動自転車ですかね?(^^;
2018/06/10 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

運転席の位置が左右で違うのは実は大した問題じゃなくて
それよりも神経質になるのは道路の左側を走るということ。
右折や左折をする時に、無意識で右側に入りそうになる。
同じく、たとえば駐車場から通りに出る時など
アメリカだと他の車が左側から走ってくるからつい左を確認して道に出ようとする。
ところが日本は右方向から車が来てるから右方向を見なきゃならないんだよね。

それと、一般道路でもハイウェイでも車線の幅がアメリカよりかなり狭い。
自分が運転したのは小さな軽自動車(これも50年ぶり)だから問題なかったけど
大きめのバンやトラックならちょっと怖いんじゃないかなと思った。
しかし日本のドライバーはアメリカやヨーロッパに比べれば
信じられないほど行儀の良い運転をするのに感心した。
のろいという意味じゃなくて(決してのろくない)、マナーをきちんと守るということだけどね。

あ、そうそう
斧と虫刺されの薬だよね。次回には持って行こうと思ってるのです。
でも斧はともかく、虫刺されはアメリカの方が日本よりも良い薬があるとはどうしても思えないんだけど。
まあいいか、使ってみればわかる。
斧も手荷物検査に引っかかるかどうかを確認しようね。





2018/06/10 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん

車を所有しないでちゃんと生活ができるのは都会人の特権だと思う。
電車もバスも利用するのにどうしても歩くことになるところがとくに年配者には健康的だよね。
だけどそういう都会はそんなに数多くはないと思う。
東京はもちろんそうだしニューヨークもそう。
ロンドンはどうか知らないけどパリもそうかな。

だけど中途半端な都会じゃだめ。
シカゴなんてやっぱり車の必要を強く感じるし、ボストンも同じ。

アメリカの高齢ドライバーは医者に運転を止められない限りはかなりヨボヨボでも車を使っている。
アルツァイマーの老人が家族の目を盗んで車を持ち出して走るうちに自宅がわからなくなり
1000キロも離れた町で警察に発見されるなんて事件がよくあるよ。

僕はといえば次の3点のどれかができなくなったら人間業を辞めるつもり。

1 車の運転
2 テニス
3 色恋



2018/06/10 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

うーん電気自転車?
あれは免許証は要らないの?
2018/06/11 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

>September30さま
う〜ん、なるほど。車の運転ができない自分には具体的にはわかり抜いけど、そういうことなんですね。そういえば昔スイスに自転車を持って行った時、街中を走っていて交差点を曲がったとたんに左車線に入ってしまい、ひやっとしたことがありました。

AXEは間違いなく引っかかりそうですから、無理はしないでください。薬は日本の方が種類も多そうだけど、なんとなく大雑把そうなアメリカの方がとりあえず痒みはなくなるような気がしているんだけど、どうかなぁ。以前、北欧の人に少しだけもらった塗り薬はびっくりするくらいよく効いたんだけど。

電気自転車に今の所は免許がいらないけど、現実的には原付バイクのようなものだから、おばさんたちの運転する電動自転車はかなり怖かったりします。足ブレーキのおばちゃんもいるし。(^^;
2018/06/11 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* 連想ゲーム、次の問題は女性チーム専攻、ではキャプテン、ヒントをどうぞ

相変わらず、川越さんとSeptemberさんのやり取りは楽しいですね、羨ましかばい。

電動自転車ってのは、横浜の姉のところに行った際、ちょっと借りたことがあって、勝手に自転車が走ってくれるのではなく、自分でこぐとペダルが軽くなってくれ、結構な登坂でも非力な僕でも割と楽に登れたような。どっかの自転車レースでも、その仕組みを内蔵してインチキしたライダーがいたような。電気自転車ってのは、また違うのかしらん。

で、電動で思い出したのは、大昔NHKで「連想ゲーム」って番組があって(今でもあるのかな)、その中での放送事故。僕が実際に見たわけではなく、随分たってから飲み会かなんかで人から聞いたように記憶してますが、まあそれはどうでもよかよか。

確か、番組は女性チームと男性チームに分かれ、交互にキャプテンが味方のメンバーにヒントを出して、ある言葉(回答)を引き出すというもの。で、回答は「こけし」だったのですが、女性チームのキャプテンが出したヒントが「電動」。

回答者は多分ミシンとかなんか答えのかもしれませんが、次々ヒントが出るうちに、「こけし」ってわかってきますよね。ばってん、「こけし」って答えると、最初のヒントとつながってしまい、回答者たちはじょじょに息苦しくなっていき。今なら、「電動」って言っても、川越さんの電動自転車だの、九月さんの電動歯ブラシだの、身の回りにいろいろ電動ものがあるのでしょうが、当時はどうだったのかいな。

業界(電動製品メーカーではなく、芸能界とういう意味)のムーさんあたり、この放送事故聞いたことありません?まだ生まれていなかったかな?
2018/06/12 [November 17] URL #- 

*

>November 17さま

あれっ、そんな羨ましがられるようなやりとりかなぁ?でもなかなか顔を出さない人とやりとりしているという意味ではそうかもね。

そう、電動自転車は基本的にアシストなので、ペダルを回さないと動いてくれません。でもそのアシストぶりは相当に強力で、きつい坂道だとおばちゃんに軽く負けます。荒川あたりの土手さえお母さんが子供を乗せて直登しちゃうくらいで、こっちがいくら頑張っても敵いません。

で、電動といえば番組は違いますが、あれは確かNHKの「みんなの歌」だったように思うのですが、曲名は忘れたけどモロにその電動・・・が、埴輪のようにポーズをとって腰をくねらせながら曲に合わせて踊っていたんです。

形は一応人形のようにしていましたが、大人が見れば一目瞭然。そんなバカなことがあるわけないっ!って思ったんですけど、あれは問題にならなかったのかなぁ。それともただの電動玩具を見て、邪な想像を巡らす方が悪いのか?あるいはただの夢だったのか?
2018/06/12 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

November17さま

生まれてたと思いますが「連想ゲーム」だったら随分古いです。
それを見た覚えは無い。というかまさか生放送じゃ無いと思うし、
収録なら放送事故になる前に編集でカットするんじゃ?(笑)
電動→こけしって連想もどうなんでしょ。
試しに若い人に「電動こけし」ってわかる?って聞いてみてください(笑)

2018/06/12 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん、November 17 さん、

そうか、知らなかったけど電気自転車とは昔からあったモーター付きの自転車を電動に変えたものだと思いこんでいたらそうじゃないんだね。最近米子の町でも何度か見かけたことがある。
検索してみると、ヤマハ、パナソニック、ブリジストン、が3大メーカーとなっていて、驚いたのはクルマと同じく前輪駆動や後輪駆動があるという。

日常の生活で僕も自転車はしょっちゅう使っていて、シンクレア大学でインドアのテニスをやる時はラケットケースを背中にしょって自転車で行ったり、近所の公園のフェスティバルも歩くとちょっと距離があるのでこれも自転車。
ただ、デイトンの町は坂がいたるところにあるのでけっこうきつい。それで自然と坂のないルートを選んで走ることになる。電気自動車ならなんなくどこへでも行けるから面白そうだなあ、と興味が湧いた。
もっともそれじゃあ脚力をつけるためにバイクに乗るという最初の目的は失われてしまうんだけどね。

電動こけしは僕はちょっとだけ実用してみたことがあって相手の女性にものすごく喜ばれ、もう僕なんか必要ないとクビになった経験がある。

2018/06/12 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん

おかげでクビになった僕は電動コケシには永年の恨みがある。

でも今悟ったのはしょせん人力は電動コケシには敵わない。これは電動自転車も同じ。
これは哀しい事実だよね。
あとは当の女性が感性の無い機械を好むか柔らかい男の生身をとるか、に尽きる。と僕は思うんだけど。
ムーさんの裁断を待ちましょう。
2018/06/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

>September30さま
そうなんですよ、今の自転車は電動アシストがメインになりつつあって、1回充電すれば40キロくらいは走れるんじゃなかったかな。でも少しはペダルを踏まないと走らないから、多少は脚力アップにもつながるんじゃないかなぁ。

電動玩具については私も経験があるけど、September30さんと違って彼女は血が通い状況によって硬さも太さも変化する人力以外はダメと言っていました。でも面白いのは「ずいき」だけはいいそうで、あれは人力に限りなく近いそうです。

ちなみに今の彼女の話ではなくて、昔の彼女です。そういえばついでだけど、これはソープで働いていた女友達の話だけど、彼女は蛸の足が一番と言ってました。もちろん生じゃなくて茹でたやつね。

なんて話をしているとまた女性陣に怒られそうだなぁ。(^^;
2018/06/13 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

September30さん

そりゃこけしと男の勝負でしょう。



2018/06/13 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* 制動力がきかなくなったブレーキレバーの握り方についての考察

川越さん、九月さん、なるほど電動こけし、どこでも活躍しているようですね。えっ、「みんなの歌」、ほんとかなあ。ああいうのは、出張先なんかに持っていこうとして、空港の手荷物検査とかで、引っかかったりせんとかいな。

「方向指示器のレバーの位置は日本は逆」でしたっけ、でもブレーキとアクセルのペダルが逆でなくてよかったですよね。そうだったら、いつか暴走しそうで、怖くて乗れんばいね。僕も日本にいた頃、左側通行の世界をいろいろ想像してました。左ハンドルでの四輪の操作はJAFで資料をもらえたから大体わかっていたのですが、二輪車はどうなんだろうと。アメリカじゃ、駐車時は右に寄せるから、サイドスタンドは右側にあるのかとか、方向指示器は四輪同様逆の位置(つまり右ハンドル)についているのかとか(正解は両方No)。

で、随分昔、オハイオに初めて着いて間もないころ(当時は学生)、国際免許証は持ってきていたのですが、州の免許を取らないといろいろ不自由だろうと悩んでいた僕が他の留学生から聞いたのは、地元在住の親切な日本人のおじさんがいて、日本からの学生を自分の車を使わせ試験に通るように練習をさせてくれるとのこと。

早速電話してみると、ノープロブレムの返事。ショッピングセンターの駐車場で誰もいないような朝早い時間に練習させてくれるとのこと。夜明け前、わざわざ寮まで迎えに来てくれたその方はシルバーヘアをピシッと固めたのダンディ風で、握手だけではなくハグまでしてきました。

こちらが恐縮していると、「ネバーマイン、私も昔初めてアメリカの免許にチャレンジした際は、長く住んでいる日本人の方に手ほどきしてもらったから、恩返しとして日本の若い子の世話をしてあげるのが趣味になってしまって、はっはっは。バイザウエイ、野火くんの日本語、ちょっとなまりがあるけれど、日本はどこの人」「は、博多です」「オーアイシー、九州男児ね、言っとくけれど、アメリカじゃレイディには優しくしないとだめだよ、アンダスタン?」「はい」

で、(なぜかテンスケマーケットの)駐車場まで運転してもらってから、駐車場内をぐるぐる走ったり、バックをしてみたり。オートマのギアレバーがフロア式でなかったので、いちいちギア表示を確かめながらもたもた。

「ノットソーバ。本番(の試験)では、最後パーキングする際は、きちんとブレーキレバーをひかなければならないよ、ユ~ガリッ?」
「はあ」とギアの表示を見ながら、薄明りのなかレバーはどこかと右手をのばして手探っていたら、ダンディさんの左太ももをつかんでしまいました。いやもっと正確にいうと、一瞬指先がなに固いものに触れたようで(ポケットに入った財布?)。

「すっ、すみません、堪忍してつかあさい、日本と逆で手元の勝手がわからず」
ダンディさんは、その僕の握手を握りしめ、シートベルトを外し、顔をかなり近づけてから、「ノープロブレム、なんでもはじめはロケーションが分からなかったり、ペインフルだったりするけれど、焦ったらノ~グッ。慣れるとだんだんフィーリングッとなって、エンジョイできるようになるよ、ユ~アンダスタン?」

と、グイっと引き寄せられた僕の右手は、先ほど財布かなんかと思っていた、ダンディさんの股間の固いものに(ズボンの上から)押し付けられ。そっ、それは、ダンディさんの、すっかり制動を解除し元気いっぱいのブレーキレバー。

ダンディさんの個人教授は、それ以上の発展はなく、肝心のオハイオ免許は新学期が始まる前に、他の日本人学生に車を借りて無事皆伝。

アメリカ生活が長く、若い子の筆おろしが趣味のダンディさんとは、もちろん九月さんのことではなく、「勉(ツトム)さん」て名前の方。自己紹介の際、「もっともっとクロースになれれば、ツトムさんじゃなくて、ベンって呼ばせてあげるね。ルックフォーワード」と言っていたような。ここ数年(テンスケの駐車場に限らず)見かけないけれど、まだ元気にしとうしゃあとかいな。
2018/06/13 [November 17] URL #- 

*

>November 17さま
空港の荷物検査でひっかかるってのは、都市伝説のようにいつもあるような気がしますね。女性歌手の誰々が・・・とか。実際にはあんなものでひっかかるのかなぁ?プライベートなものだから、奥の部屋に連れて行かれたりするの?

奥の部屋といえば、一度・・・あれはパリに行く時だったかな?ローライフレックスを持っていたら、奥の部屋の連れて行かれて「これはお前のか?」とか聞かれてボディのナンバーを記録されたことがあったけど、あれはなんなんだろう?説明されたような気もするけど、忘れたのか言葉が通じなかったのか?

しかしダンディさんの股間ってのも・・・小さな勘違いとはいえ、犯すと人生が変わるのかもしれませんね。(^^;
2018/06/13 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* 確か、来年国民の象徴になられるお方が独身時代に好きだった、あの人

川越さん、
僕もその都市伝説どっかで聞いたことあります。実際将来のお妃候補に登っていたかどうかわかりませんが、空港でのことが本当だったとすると、宮内庁としてはちょっとアプローチを諦めずを得なかったのかいな。

ムーさん風にいうと、ヒロ君(昔から好感を持っているので、こう呼ばせてつかあさい)とこけしの勝負、見たかったでごわす。
2018/06/14 [November 17] URL #- 

* 川越さんのローライフレックスってのは、

文脈からして、おどろおどろしい「こけし」か「ずいき」の一種かと思ってました。でも、そういった愛用玩具に、カスタムメイドならまだしも、番号がふっているわけはなかし。

話は前後しますが、自動車免許なしに田舎暮らしってのもすごいですね。相棒さんは運転されるのですよね。
2018/06/14 [November 17] URL #- 

*

>November 17さま
わかりにくい文章で申し訳ないです。ところでこけしとの勝負、私はあまり見たくないなぁ。(^^; なんというか、それを見ているシーンが想像できない。布団の横に正座して座って眺めるとか?隣の部屋から襖をそっと開けて覗くとか?

ところで車の運てはできないので、必要な場合は相棒にしてもらいます。でもあまりしてくれないというか、自分が必要な時しかやってくれません。なので私はいつも自転車です。(^^;
2018/06/14 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* こけしと男の勝負

ムーさん、川越さん、のび太君、

こけしと男の勝負の結論ヘ急ごう..
ただ一言に尽きる。
つまり、女次第…
クビになった僕は運が悪かったのかそれとも自分の努力不足だったのか、あるいはそのどちらでも無く単に生来の能力不足を責めるべきなのか?

入れるだけがセックスじゃない、などと言うと自己弁護の匂いがプンプンするなあ。





2018/06/15 [september30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

あのね、こけし問題だけど、
私がああいう発言をしたのは、
女はどっちを選ぶかなんて、
女からみたらあまりにトンチンカンな設問だから、
「勝手にこけしと張り合ってれば~」って言う意味で言ったのです。

女はその一点で男を評価するとか気に入るとかまさか思ってませんよね。
ライバルがこけしだなんて冗談だと思ってましたからここまで長引くなんてびっくりです。

じゃあ女は男の何処に惚れるんだい?ってことだけど、
全員一致で「ここ」ってところはきっと無いです。
たとえばわかりやすく川越さんを例にしてみます。
(ごめんなさい川越さん使わせていただきます)
彼はバイクで野山を駆け巡るのが大好き。
そこに損も得も女も関係ない(ここが大事)
ただもう大好きで楽しくてしょうがない。
女は無駄なことはあまりしませんから、
男特有の「何しろ夢中それだけ」っていうのに魅かれます。
仕事でも好きな事でもいいんです。
自分(女)が介入の余地もないことに夢中な男。
あ~こっち向かせたいって思うわけです。

こけしなんて人間じゃないじゃない?
ただの遊び道具じゃない?
話のほかじゃない?

こんな事を真面目に書いてる私ってなに?って感じなんですけど(笑)
あ~あ。







2018/06/15 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

ムーさんにダシに使われるとは光栄です。(^^)/

ところでこんなくだらない話に真面目に付き合ってくれるムーさんのコメントは、今頃september30さんが「やっぱり女だなぁ」ってボソッと口にしながら、空(くう)を見て「ふぅ〜っ」と、タバコは吸わないからお酒でも口にしているんじゃないかなぁ。

いや、これはムーさんをバカにしているわけでもからかっているわけでもなくて、男と女の間には深い深い溝だか超えることのできない壁があるってこと。

september30さんも決して本気でこけしに負けてお払い箱にされたなんて思っているはずもなくて、私たち男陣が口を挟みやすいように話題を振りましてくれたわけで、それにうまい具合に女性陣が噛み付いてくれればめっけもんくらいの気持ちのはず。

ということで、せっかく本気で答えてくれたムーさんには申し訳ない。でもそうして「こいつらほんとにしょうもないなぁ」って思いながらも、ちゃんと真面目に相手してくれるムーさんは、やっぱりとても「いい女」なんだってこともわかります。(^^)/
2018/06/15 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* 職場からでも読めます、旅とElmar&Hektor

職場のインターネットはアクセス制限が厳しく、「Septemberさん、まさか筆を折ったのでは」とブログ更新が気になって仕事が手につかなくなっても、開こうとすると、即禁止メッセージ(英語でエロエロ)が出ます。では、川越さんのブログはどうだろかと、あっ開けました。

つくづく面白いですね。新潟県はやたらと長いので正確には分かりませんが、去年の暮に泊まった栃尾又温泉からそう遠くないのかな。宿(自在館)に向かう途中(浦佐駅への送迎サービス)、あまりの大雪にびっくりしましたが、同じ頃の川越さんのブログにもその情景が描かれており、オハイオから一万五千キロ(?)離れた距離と半年の時間が一瞬で縮まったようで、ドラえもんに「どこでもドア」やタイムマシンに乗せてもらえたような気分です。

Septemberさんの百万人の読者の半分くらいはそちらに流れていくのかな、あるいは川越さんのブログからSeptemberさんへ飛んでくる人も沢山いそうで(フクロウ更新状況が分かり、これまた親切)。

ムーさんの「(川越さんの)ただもう大好きで楽しくてしょうがない」ってのは、男でもうなづけるようです。ダンディさんのような反応は起こりませんが、正直羨ましいです。僕にも自転車やバイク小僧だった時代があったのに、乗ろうとも思わないし、乗れないし。車に乗るようになってから、得たもの、失ったもの。

ずっと持ちづけている人の存在。それにしても、薪を乗せたリアカー牽引ってのは、川越さん、人間業じゃないですね。
2018/06/15 [November 17] URL #- 

*

>November 17さま
栃尾又温泉にいらしたんですか、今週末から相棒とその少し先の駒の湯温泉に行ってきます。もちろん相棒共々自転車です。(^^)/ 又こちらに来ることがあれば、ぜひうちにも寄ってください。秋ならキノコ鍋とお酒がありますよ。

ところでSeptemberさんのブログは開けないんですか?怪しい情報が満載?如何してかなぁ。もちろん私のブログはほとんど裸もないので、問題なしです。

私のブログからSeptemberさんの所に飛んで行った人も結構いるようですね。その反対は多分一桁じゃないかなぁ。それに羨ましがられるような生活でもないんですよ、現実はお金ないし、使うところもないし。(^^; 薪運びもやらないと冬が越せないからですから、シビアなもんです。それを紛らわせるために、楽しそうに見せかけているだけなんです。
2018/06/15 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん

サロンだからといって全員が仲良く和気あいあいといつもやるわけじゃない。
時には感情のスレ違いがあってもおもしろいじゃない?

僕は常々、女は子供の時代から、年を経てどんな年代になっても常に男より1枚も2枚も大人だ、と信じてる。
ムーさんからみればわれわれ男性軍の他愛ない雑談が子供っぽくてカンに触るかもしれないけど、まあまあ。
そして
言いたいことがあれば歯に絹を着せないでどんどん書いてほしい。


2018/06/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント