FC2ブログ

過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

55年後のめぐり逢い

thumbnail_IMG0592-1-blog.jpg

クリステン(同じビルに住む45歳の独身女性、医師)の家族




7月初旬のある日。目が痛くなるほど日差しが強く気温が33度という暑い日だった。
朝の3時間テニスボールを追って汗まみれクタクタになって帰宅した。家に誰もいない時はいつもそうするように、着ているものを全部床に脱ぎ捨てて裸のまま浴室に向かう。女房が寝室のラジオを消し忘れて出かけたらしく音楽が低く流れている。その旋律が耳に入ってきたとたんに僕の身体はいきなり電源を遮断されたロボットみたいにそのままそこへ停止してしまった。

あれだ!
あの旋律だ!

浴室の洗面台に両手をついてその曲を聴きながら涙がぼろぼろ流れる。


あれは僕が19か20の大学生の時だったから今からもう50数年前になる。
新宿戸山町の大学裏の4畳半の下宿の部屋で、ラジオの深夜放送から流れてきたのがこの曲だった。
弦をバックにした高いソプラノの旋律が瞬時にして異常に強く脳に焼き付いてしまった。その時の女性アナウンサーの柔らかな声まで覚えているのに、聞いたはずの曲名も作曲者の名も忘れてしまっていた。ただ曲名が何やら花の名前のように長たらしかったのを覚えていた。そしてそれ以後絶対に忘れることのなかったその旋律を再び聴くことは今の今まで無かったのである。

曲名は『バチアナ・ブラジリアス 第5番』
作曲者はヴィラ・ロボスというブラジル人。
ソプラノと8台のチェロのために書かれた曲だった。

僕のほとんど一生をかけた謎が今初めて解けた。もういつ死んでもいいなどとは言わないが、気分はそれに近い。その夜は一晩中幾度も繰り返して You Tube でいろいろなアーチストの演奏する同じ曲を聴きながら、僕は自分自身に問い続けていた。
この50年はあれはいったい何だったのだろう? あれは自分にとっては何だったのだろう?










ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

なんとも、酔いしれました。
Septemberさんのその時の光と陰と。
そしてその後の歳月と。
日本のサイトだとブラジル風バッハというタイトルになってます。

これだからまた今日もここに来てしまう。
ありがとうございます。
2018/07/13 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

先にお話を読ませていただいたせいか、私もなにか懐かしい、昔聞いたことのある旋律に再会した気分に酔って、何度も聞いています(聴いて、ではなく、聞いてな気持ち)。
 女医さんのお部屋、素敵ですね。犬、ねこ好きにはたまらない。ところで私、またオハイオを離れるかもしれません。やっぱり私はタンブル・ウィードなのかしら。
2018/07/14 [わに] URL #LkZag.iM [編集] 

* Re: タイトルなし

みんさん

今日のこの記事とまったく同じ頃の自分が登場してるのが
もう10年も前に書いた記事『暗流』なんだ。

http://blog1942.blog132.fc2.com/blog-entry-91.html

そういえばこの『暗流』のモノクロ写真は
みんさんとムーさんの所へも行ってるんだね。
このところ何やら怒髪天を衝いているムーさんは
あの写真もシュレッドしたかもね。

2018/07/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

わにさん

えっ
またまた引っ越しですって!?
すごい!
わにさんは流浪の民というかボヘミアンというかタンブルウィードというか根無し草というか
一匹狼というか永遠の旅人というか
日本人には珍しい種族だねえ。
魅力的です。
でも寂しくないのかなあ。

2018/07/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

へ〜、女性陣二人があの写真を手にしているんですか。確かに静かなイメージで、女性受けしそうな印象の写真です。不思議と怖さは感じないけど、じっくり見ているとまた違った印象になるのかもしれません。次にクイズがあたったらこの写真をリクエストしてみようかな。
2018/07/14 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

クイズ当選者のみんさんに最初に要望された時はちょっと迷った。
自分の作品じゃないからね。
でも彼女に
あれだけオリジナルのプリントを変えてあればほとんど自作みたいなものよ
と説得されてしまった。
何事でも女に口説かれるのは嫌いじゃないから。(笑)
2018/07/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

>September30さま
そういえばあのブログの時に「自分の写真じゃない」ってコメントがありましたね。でも確かにオリジナルとは全然違うから、あれはやっぱりSeptember30さんのオリジナルに近いコラージュみたいなものって気がしますね。
2018/07/14 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

*

まさか!切り裂いてなんかいませんてば。
私はサッカーもテニスも野球も見ないんです。
やっと更新されたので出てまいりました。

「のどぐろ」の記事はコメント数85!って史上最高かしら?
大宴会は大盛り上がりでしたね~~



2018/07/14 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん

こらあ!
怒って飛び出したまま
こんなに遅く朝帰りとはいったいどこで浮気して来たあ!(笑)
2018/07/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

ムーさんおかえりなさい
心配してました。
私のブログに書いてくれたコメント、かなりお返事が遅れてしまったし。
気になってました。


バチアナ・ブラジリアス第5番
何度聞いてもいいですね。
有機的な人の息遣い
底に流れる民族的なメロディと
そして自然を感じさせる波の満ち引きのような弦楽器
主旋律はバッハと銘打っているのに、どこか尋常ならざるを感じ。
そして普遍的な哀しみの感情。
豊かにセンチメンタルで奇抜で。
何のジャンルかわからなくなるような。
でも一度聞くとやめられなくなる。

好きです。

暗流
CD持ってます。
もちろんあの写真もリビングのお気に入りコーナーに。

照明を落として、グラスに好きなお酒と、好きな音楽と。
Septemberさんありがとう。


2018/07/15 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

このところの日本の暑さを知ってる?
東京で36度
ちなみに土の上の日陰の百葉箱測定でです。
なんかインチキっぽくない?
コンクリートの道路で測定すべきだ!

京都とかは39度。
うひひ。帰ってくるのかね~~。
米子だって35度よ~~~(笑)
2018/07/15 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

みんさん、関係ない関係ない!
私、なぜか女性には寛容だもーん(笑)
また遊びに行きます宜しく~~
2018/07/15 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

わーい!

あははは!
そーだ男には厳しくしよう!

ここのところすっかりひとり旅で行った奈良に夢中のわたくし。
1人だと誰にも気を使わなくていいから感動も倍になる感じ。

確かに、今年の夏は、本当に凄まじい暑さですね。
年々天候が酷いことになって、そのうち日本列島沈んじゃうかも。
Septemberさん帰ってこようとしたら、あれ?海になっちゃった、なんて。

でも、なんか風が強くないですか?
夏はいつもうちに帰る坂、風がピタリと止んで、蚊に刺されやすい私は歩いていて刺されてしまうんですが、今年は風がびゅんびゅん吹いてるので、蚊は風に弱いからね、飛ばされちゃう。
そこはお気に入りです。








2018/07/15 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん

お盆の時期に帰国するのは
混んでるし、飛行機、レンタカー、ホテル代などすべて倍になるしで
昨年で懲り懲りした。
でも暑いのはあまり気にならなかったな。
何度も書いたけど暑さにはかなり強いんだよ。

2018/07/15 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

お久しぶりです。
お写真、いいですねえ。猫ちゃん達が、テーブルの下に座っていて、ワンちゃんがカウチに座って、3匹がしっかりとカメラのレンズを見てポーズをとっていますね。
この音楽、ノスタルジックな感じで聴き入ってしまいました。息子がチェロを習っていたので、チェロの音色は本当に大好きです。ちなみに東洋人の男性のチェリスト、私好み(笑)
ワニさんが、オハイオから引越しされるのですか?引っ越される場所は、もちろん米国内ですよね?
2018/07/18 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

キャットラヴァーさん

この暑さの中でテニスをやってますか?
常人から見ると狂気の沙汰らしいけどね。
おかげで僕は真っ黒です。(笑)
近所に住む黒人の女性が「私より黒いじゃない。ジャパニーズ・ニグロね」
と笑ってました。

わにさんはさて、こんどはどこへ行くのだろう?
近くに住んでいるときはいつでも会えると思うからつい会うチャンスを作らないままに
いざその人が去って行く時に慌ててしまう。
このパターンをもう何十年も繰り返してきました。
そろそろ僕の方が去る時が来たなあ、と最近は強く感じるのです。
2018/07/18 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* でも、あのホットコーナーのお席に

わにさんが座ってらっしゃらないのは、寂しいもので。

お疲れ様でした。
2018/07/20 [November 17] URL #- 

*

根なし草と言うか、流浪の民というか、タンブルウィードのわにです。でも、所詮はアメリカ国内をウロウロしているだけなのです。
次はどこへ行くのか、、実はまだ自分でもわからないんです。只今、就活中でして。仕事があれば、どこでも行きます。
今は、ネットのおかげで、何処に行ってもつながっていられる。こうして、お会いしたことない方々とすら、歯交流し、何年も知っている親しい方々のような気持ちを抱くことができる。ありがたいことですね。
2018/07/21 [わに] URL #LkZag.iM [編集] 

* ヴィラ・ロボス

ヴィラ・ロボス、こんな曲も作っているのですね。
私が二十歳過ぎでクラシックギターをやっていた頃、頂点の一つがヴィラ・ロボスのエチュード1番でした。指がもつれそうな、とても素敵な曲です。
2018/07/21 [どくとるくま] URL #m.2.LkcQ [編集] 

* ↑ の「歯交流し」ってのは、どう読むのかしらん、そして一体どんなふうに?

目の交流とか裸の交流とか電動の交流とかだったら、なんとなく想像つくのですが、「歯の交流」ってカチカチして、なんともおどろおどろしい響きがしますね。しかも、ワニの歯とだと。

「お会いしたことのない方々」と記されていますが、長く生きていると、過去のどこかで遭遇していたってのは、よくある話でして。

のび太がジャイアンと面接という形で出会ってしまい、その後同じ会社で五年近く隷属するはめになってのは、どこかで書いたかもしれません。で、初めてコロンバスのローカルオフィスでお会いした際、英語の読解力テストとか受けさせられているうちに、ふと「この人とは過去にどこかで会っているのでは」と感じ、肝心の英文読解はどっかにいってしまい、うーん、いつどこでだったのじゃろうかと記憶の引き出しを開け閉めしているうちに、、、

「あっ、Septemberさん、さっきからちょっと気になっていたことがありました。今、思い出しました。去年の夏、大学の課題で、第二次世界大戦中の日系人強制収容について書いていた際、実際に収容された人の経験談を聞きたくて、アメリカ中あちこち電話しまくっていた際、デイトンにやたらと顔の広い日本人が住んでいるとの情報を得、御社の本社オフィスに電話したのがオイどんでして」と。

Septemberさんの反応は、「そうか、あの、博多訛りの日本人学生が野比くん、君だったか、いやあ、なかなかがんばっていたねえ。感心、感心」だったか、「悪いね、君、私は仕事柄、毎日何人もの初対面の人と会ったり、電話で話をしているから、ちょっと覚えてないなあ。ところで、英語のテストの方は進んでいる?できが悪いと、アメリカでは就職できないよ」だったかは、忘れましたが。

ところで、わにさん、最近までおられた会社で、四半期に一度の決算報告時に社長や副社長の承諾サインが必要とか言って、もじもじしながらワニさんに重役連中のスケジュールを聞きに来ていた博多訛りの輩がいたこと覚えとりましぇんですか?えっ、何かと用事を作って、自分と話をしたがった日本人の男性社員は数えきれないほどいたから、いちいち覚えていない(あるいは、思い出したくない)って。
2018/07/21 [November 17] URL #- 

* Re: ヴィラ・ロボス

どくとるくまさん

昔々ミュジシャンをやってた僕だけれど
ヴィラ・ロボスの名を今回初めて知ったのであります。
これは実に恥ずかしい。
最近の若い世代のアーチストならともかく、自分の世代で
ブラジルを代表する作曲家を知らなかった訳だから。

あの国にはアントニオ・カルロス・ジョビンしかいないと思ってた。(笑)

ところでくまさん
川柳は今でもやってますか?

2018/07/21 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: ↑ の「歯交流し」ってのは、どう読むのかしらん、そして一体どんなふうに?

Novemberさん

いい年をして、しかも日本人で「歯交流し」を知らないの?
僕も知らなかった。
これは何やら奥が深そうだね。
ぜひ習って見たいものです。
2018/07/21 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

え?それってミスタッチだとばかり思ってました。
何て打つつもりだったんだろうとふと思いはしたんですけど。
「歯交流し」ハコウナガシ?うーん、何だろう。
しかも習い事だなんて。
いい年してますけど知りません。
有名なんですか?
2018/07/21 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: ↑ の「歯交流し」ってのは、どう読むのかしらん、そして一体どんなふうに?

Septemberさん、読めました!

さきほど、小倉で高校の先生をしている友人からメールが届き、「ハメハメし」と読むそうです。おっしゃるよう、なんだか奥が深そうばってん、どういう意味かまでは書いてなかったばい。

オーサカの立ち呑み主人ナカナカさんあたり、出てきた料理の歯ごたえの描写なんかに使っていそうな。
2018/07/21 [November 17] URL #- 

* 川柳

September30さん、よく覚えていらっしゃいますね!
残念ながら、もうあれきり、やっていません。カルチャーショックだったものが普通になって、ネタが見つけられなくなってしまったのと、普段の頭の中から日本語がすっぽ抜けてしまったのとで。
2018/07/21 [どくとるくま] URL #m.2.LkcQ [編集] 

* Re: ↑ の「歯交流し」ってのは、どう読むのかしらん、そして一体どんなふうに?

ムーさん、Septemberさん、

一緒に悩んでくれてありがとうございます。

言葉ってのはつくづく、、、日本の親会社から赴任している若い駐在さん同士の会話の中、ネット上で飛び交っている言葉、耳にしても意味が分からない、目にしても読めない、、、難しく、また寂しくもあり。

僕からの発信も問題があるようで。Septemberさんからは、入社間もないころ、僕の博多弁混じりの日本語は二割くらい判読不明と言われ。カミさんとも、結婚した年から交換絵日記を英語で続けているのですが(44冊目)、いまだに僕の書く文章は絵がついてないと四割くらいは分からないと言われており。

さて土曜朝(=ナウ)、わにさんのおられた席周辺の日本人の同僚さんだったら、「歯交流し」を知っているかもしれない、月曜に出勤したら聞いてみようかとも悩んでおり。でも、そのアクションには、下手すると日ごろ気難しい顔をして、決算報告をしているあのケイリーマンが、実は「エロオヤジ」、「むっつりスケベ」であったことが会社内に知れ渡るきっかけとなる危険性があり。処世上、一段と社内での評価を落とすようなことは避けるべきか。両刃の剣、抜くべきか否か。

と、ここまで書いたところに、小倉のしぇんしぇー(博多訛りで「先生」)から第二のメールが届き、↓ のYouTubeで、僕にとってパンドラの箱となりつつある「ハメハメ」が分かるとか。

https://www.youtube.com/watch?v=LhFd5mjJS6M

えっ、南の島のハメハメハ大王?確かに、わにさんにはサロンの中で、南の方(沖縄)から来られたのですか、と聞いたことがあったような。

♪ 朝日の後で起きてきて、夕日の前に寝てしまう、雨が降ったらお休みで ♪ これは、二ーガタの川越さんのことか?

♪ 会う人会う人、ハメハメハ、誰でも誰でも、ハメハメハ ♪ これは、武勇伝上のSeptemberさんのことか?
2018/07/21 [November 17] URL #- 

* 今月のクイズ?

ムーさん

『歯交流し』はおそらく変換ミスに違いないとは思うんだが
それじゃあわにさんは何を間違えたんだろう、と考えるとこれがなかなかおもしろい。
立派なクイズになるなあ。
しかし難しいね。

僕自身の解答は…
前後の文章をよく読めばここで彼女が何を言いたかったのかが推測できる。
たぶん
単純に「交流し」と書いたつもりのところへ、「は」がミスタッチで書かれてしまったのじゃないだろうか?
いや、たぶんそうだと思うよ。
他には考えようがない。
2018/07/21 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 川柳

くまさん

そうですか、それは残念。
あなたの川柳はあの頃すでに素人の手慰みを遥かに超えていたのに。

僕はアメリカ生活が48年(!)にもなるのに
普段の頭の中から日本語がすっぽり抜けてしまうことはついに無かったと思う。
そのくせ生まれたのは日本じゃないのにね。
2018/07/22 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: Re: ↑ の「歯交流し」ってのは、どう読むのかしらん、そして一体どんなふうに?

November さん

上にも書いたように「歯交流し」は変換ミスだと思うよ。
賭けてもいい。(笑)

わにさんとのび太が同じ会社の違う部門で仕事をしてるんじゃないかと気がついたのは
つい最近なんだよね。
理由は何もなくて、ただピンと来たというかそんな気がして先日のび太に訊いてみたら
やっぱりそうだった。
そののび太も知らなかったと思う。

コロンバス周辺にはあれだけ多数の日系企業がひしめいていながら
この偶然にも驚いた。


ハメハメハメはご苦労さまだったけど
見当違いだと思う。(笑)
2018/07/22 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 因幡の白兎が調子に乗ってしまい

わにさんに対し無神経なことを書いてしまい、すみません。

まだ気持ちの整理がついていないかもしれない会社のことを引き合いに出したり、タイポで遊んだりして。

随分前のことですが、Septemberさんに採用していただいた会社を去ってから、次の就職先が見つかるまでの間、その会社のことを考えたくなかったように記憶しております。

そんな中で、もと同僚から連絡があったりすると、最初は「元気?その後どうしているの?」みたいに始まるのですが、やがて会話は、「ところで野比さんが担当していたアレ、まだビジネスになるかもしれないから、ちょっと教えてくれない」てな風になり。中学の教科書に出てきた、芥川の「杜子春」の気持ちが初めて理解でき。
2018/07/22 [November 17] URL #- 

*

ポカミスの多いタイポの女王、わにです。ADDだからかな~(←反省してないな)

そうです、打ち間違いです。悩ませちゃって、申し訳ございません。で、その真実ですが、私も悩みましたが、一体何を書こうとしたのか…?? いや、まぁ、ガシガシ噛み噛みと、がっちり交流したかったのでしょう、ワニだけに。

のび太さん、えっ?!?あの方だったの??働いてる間に知っておきたかったな~
 正直、清々してるし、あの会社で仲良くなった方々とも、ご飯一緒にしたりで、全然、謝っていただくようなことないです!この軽さのせいで、そこらじゅう転がっちゃうのかも。ぜひ、今度、お昼でも!

と、個人通信に使ってごめんなさい、Septemberさま。
2018/07/22 [わに] URL #LkZag.iM [編集] 

* Re: タイトルなし

あれれ

書いた本人が分からないのならクイズの正解はどうなっちゃうの?(笑)
それにしても
『歯交流し』とは谷崎潤一郎好みの味のある言葉だね。
「舟を編む」にも出てこなかった。
2018/07/22 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

何やら、ほのぼのとしていて良い感じですね。
私は、月曜日から金曜日まで、朝7時30分から11時くらいまで、テニスをしています。早朝のグループは、紳士達(海軍の元中佐、70代と80代の紳士達)その後は、毎年秋から春までフロリダへ南下する遊民族とテニスをしています。暑いって感じる前に、帰宅。だから、それほど辛いって感じていない状態です。紳士諸君が、すごくお元気で、お若い頃は、かなりの腕前だったんだろうなーって思える方々と、この5月から始めています。彼らは確かに動けないのですが、ラケットをコントロールできていて、どっしりとしたへヴィーナボールを返してくるんですよ。彼ら、本気で挑んでくるんで、私も、手加減しないようにしています。
今、こちらは大雨が降っていて、気温も湿度も低く、過ごしやすい夜となっています。そうだ、主人の院生がエアーフォースの研究室に研究員性として仕事が決まり、デイトンへ行くことになりました。
わにさんが、米国内に移られることを知って、わーいです。いつか、皆様とお会いできたらいいですね。
2018/07/22 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

キャットラヴァーさん

僕が週に3日テニスをやるのが他の事とぶつかる事があってなかなか達成できないのに
月から金まで毎日、しかも2つのグループでとは
キャットラヴァーさんはすごい!
それだけの時間がよく取れるなあ。(笑)

僕は息子がデイトンを去ってから乱打の相手がいなくなり
仕方なしにシニアのグループでダブルスをしてます。(これはアウトドア)
20人が5つのコートでパートナーや対戦相手を変えて3時間ほどのプレイなんだけど
動く、という点ではたぶん僕が1番動けると思う。今のところはね。(笑)

同時にシンクレア大学のインドアのコートも一応メンバーになってるから
外が雨の時はここに来て違うグループとこれもダブルス。
こちらは程度があまりにも低くて面白くない。


デイトンの空軍基地は雇用主としては市内最大で
僕のアパートにもあそこの若いエンジニアが何人も住んでる。

わにさんの新しい仕事はあまり遠くないところへ決めてほしいんだけど
これは友人としての我儘だよね。
2018/07/22 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* わにさんとのび太の共通項

そうですね、わにさんと僕がよく知っている「コロンバス周辺のあの会社」と「デイトンのあの方」について思いっきり二人でゴシップを叩き出し合ったら、さぞかし恰好の暑気払いになり、清々しい(日本のサッカーファンの間では、W杯での本田選手のインタビューをまねて、キヨキヨシイと読むのが通だとか)気分を味わえることかと。

僕は業務上、社員名簿や各にかかる諸経費に目を通さなけれならず、異動があると、その人の周辺情報も伝わってきます。経費の用途に関しては、灰色の人も多く、倫理と守秘義務のはざまに立つことも。思いっきり自由に書いていいのなら、人気ドラマ「家政婦は見た」「家政婦の三田」に続くのは、「ケイリのび太」か。

で、三週間前、Septemberさん宅で聞かれた際はまだ在籍されていたと思っていたので、「そーいえば、そーいう方おるかもしれんばい」とごまかしてしまったのですが、北米本社のホットコーナー、一般職員のスペースから重役室への羅生門左手前に陣取ってらっしゃた方が、サロンの中でオハイオ西部から仕事でコロンバスに引っ越してこられたことに触れられていたわにさん当人というのには、とうに気づいておりました。

あの会社では六年目ですが、正直、はらわたが煮えくりかえるような思いがすることもあります。ヒルメシ兼のコロンバス・オフ会についてはせっかくですが、将来僕もあの会社を去り、イチモツが自由に出せるようになったら、じゃなくて物事が自由に言える立場になるまでとっておかせてください。わにさんがまだ近くにおられたらという条件がついてしまいますが。

でも、その前にテンスケの大売出しなんかでばったり会いそうですね。
2018/07/23 [November 17] URL #- 

* こそっと

未だ就活中ですので、一体どこに行くかは分かりませんが、キャットラバーさんもデイトン周辺に見えられるなら、ぜひサロンのオハイオ部で集まれればいいな、と、思います。あの厳冬の日以来、まだ、Septemberさんにお会いできていないし~

ケイリののび太、ぜひ読みたい!実は、ケイリの若いお嬢さんがたとは、たまにだべっておりますよ。
2018/07/27 [わに] URL #LkZag.iM [編集] 

* ケイリののび太ではなく、ケイリのビタ。キャットラバーではなく、キャットラヴァー

前者は、一応「カセイフのミタ」に引っ掛けたつもりですが、まあどうでもよく。後者は、「猫のゴム」?避妊したつもりが、飼い猫が枕の下に装備していたゴムに爪を立てており、達した瞬間息子たちが元気に外に飛び出てしまって妊娠させてしまった、、、なんて事態は困りますね、おタイポさん。

では、わにさんのご期待に応え、またあの会社でお疲れさまでしたとのねぎらいも兼ねて、「ケイリのビタ」のさわりだけ。詳しいところは、ケイリの若いお嬢さん方にでもお聞きになられて。

で、特に日本出張の経費は興味深く。領収書に書いてある日本語や、ローマ字表記が分からないアメリカ人の経理スタッフだと数字を合わせて終わりなのでしょうが、なまじっか読めてしまうと従業員一人一人(日本人、男性とは限らず)の知らない世界、心の暗闇が一瞬見えたような気がし。

経費レポートには「ホ〇ダさま、夕食接待、うん十万円」とか書いてあっても、領収書の発行元をネットで検索すると、ほう、日本にはこんな店があるとかねえ、ほんとにオ客サマと行ったとかいな。えっ、あの人にはこんな性的志向があったんけえ。

同僚へのお土産と書いてあるのが、実はどなたかへのプレゼント。お相手の下着のサイズや色まで分かり。それをはくのは、お水の人とは限らんばい。

日本からアメリカに来られた出張者への接待もしかり。「せっかくアメリカに来られたのですから、キレイどころがわんさといる、こんな店でくつろいでいただくのもよろしいかと、まあまあまあ」なんてのも。

昼間会議とかで偉そうにしている方は、夜の打ち合わせもお盛んで。「24時間戦えますか」って昔、精力増強ドリンクのCMでモッコリ君だったかモッキリ君だったか言ってませんでしたっけ。♪がんばれ、みんながんばれ、黒い経費は東へ西へ♪ 満開、股間も満開、息子は嬉しさあまって延長だ♪

出張や旅行先で、家族その他からの解放感から、日ごろ行けないような場所に足をのばしたくなる気持ちはジューブンよくわかります。でも会社の金は使ってほしくなかですね、ご自分の財布からニコニコ現金払いの明瞭会計をこころがけてほしかね。
2018/07/27 [November 17] URL #- 

* 東へ西へ

昔「24時間、戦った」のは、モッコリ君、モッキリ君、もつ鍋君でもじゃなくて、モッくんでした、失礼。本木雅弘としは、いい俳優になりましたね(みんさんあたりも好きじゃなかったかな)。

掲題の原曲は、博多の偉大な大先輩、ヨースイしぇんしぇいの名曲。モッくんのお義父さんと、弊社から接待受けるのが大好きなホ〇ダさまの創業者の誕生日はNovember 17、みんながんばれ♪

では懐かしいNHKのコーハクからをどうぞ。バブル、はじけた頃かな、最後には一億人の視聴者の前で猫ゴムもはじけて、そりゃ、

https://www.youtube.com/watch?v=_CSCrcQ5A0s
2018/07/27 [November 17] URL #- 

*

羅生門の髪拔き婆の、その前は、LAで某映画会社の、日本の社長の交際費をねっとり調べる手助けをしていたこともある(Document Reviewというヤツです)、わにです。わになのに。
 
 羅生門にいれば、現場がサイクルタイムを1秒減らすのに苦労している傍ら、どれだけのお金が私利私欲に使われているか見えてしまいます。正直、辛かったです。わたくし、コロンバス周辺の高級レストランの幾つかは、予約担当者とファーストネームの仲ですわ。おほほ!どれも行ったことないけどね!

私は「24時間戦えますか」は、時任三郎世代です。あの世代の元気さに付いていけない我々、バブル世代の悲哀を目にしてまいりました。某EVPも、その一人。

そういや~!September 様も24時間戦ってた世代ですね。道理でお元気なはずだ…
2018/07/28 [わに] URL #LkZag.iM [編集] 

*

Cat Loverさんです。すみません。猫ゴムさんではなく… いやー、
私、息子にも母は日本語訛りがすげーと言われるほどで、LとRの違いとか、未だにわかんないし~(と、開き直ってしまう性格がいけない)
2018/07/28 [わに] URL #LkZag.iM [編集] 

*

わにさん、ワタクシ、全く気にしておりません。
LとR、th、BとVは、日本人にとっては鬼門。
オハイオに行く機会があれば、絶対に皆様とお会いしたい。
ところで、わにさんに息子さんがいらっしゃたなんて知らなかった。
時任三郎、懐かしいですね。確か、ふぞろいの林檎たちに出演されていた記憶があります。
ちなみに我が家は、彼の方が大統領に当選された時点で、ケーブルTVの契約を解除。全てウエブサイドからチェックしています。

2018/07/28 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

*

凄いですね。この動画。
ぼんやり見てて羽飾りかと思ったら、なんとコンドーム!
ずーっと紅白見てなかったので知りませんでした。
さすが、あっぱれ本木雅弘!
しかし、腰の振りがなんとも気持ち悪い。
ハンケツだったんですって?
何度も見たけど、よく見えない。

こんな変な動画見つけてくるの、さすがNovemberさん!


モッくん
いい役者だと思います。
永い言い訳しか見てないけど。




2018/07/28 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* モッくんのハンケツwo1分28秒目あたりがよろしいかと

みんさん、

ふくろうサロン、Septemberさんが時々コメントされる方々に念押される方向性は「高貴と優雅」。そういう意味では、みんさんの多様なコメントは、僕のと同様「正のベクトル」であるとSeptemberさんは思ってらっしゃるはずで。

ハンケツ?何度も繰り返し見たって!ぷっと吹き出しそうなご表現ですが、「高貴と優雅」に沿うのかどうか、Septemberさんもしばらく承認されるのを躊躇されたご様子。あまりに猛暑が続き、台風までもおかしくなって西進し始めると、顔がちょっと赤くなるような言葉も出てきますね。

本木雅弘氏について、みんさんがどこでコメントされていたか、ちょっと僕も定かではなかったのですが、のどぐろ -> 自転車競技選手 -> 川越さん -> ヴィゴ -> の息子が似ていない -> 息子の定義 -> 映倫 -> ごブログ・ひとひらの雲 「僕のエリ 200歳の少女」のご感想。

で、みんさんがご感想を述べられている映画をぐるぐる楽しませていただいた際、モッくんの評価をされていたのが頭に残っていたんですね。アメリカといっても、日本の文化が伝わって気安い西海岸と違って、中西部のオハイオで上映される日本映画って残念ながらかなり限られております。国際的な賞を受賞、興行的に大成功、アニメ、名が通った監督の新作だとそのうち大学内のシアターか市内のアート系シアターで上映される可能性があるのですが、それ以外はめったに映画では上映されません。野火家は、ケーブル、衛星、有料ネット、一切ないので、「永い言い訳」は興味惹かれるのですが、多分日本に帰るまで見る機会ないと思います。

みんさんの書かれた映画、その他いろいろ見たくなるのですが、文章とスチールから想像するにとどまっており。でも、ちょっと古いアメリカのロードムービー、「パリ・テキサス」や「バグダッドカフェ」なんかは僕も大好きで、勢いあまってどんなところかテキサスまで見に行ったり(よく考えると映画の舞台ではなく)、あのモーテルオフィス兼カフェへも(閉まってました)。

こちらではハンケツは、plumber's crack(配管工の割れ目)て呼ばれることがあります。どうしても前かがみで仕事することが多いから、お客等には背中側を向けることになり、ハンケツが見えてしまうからでしょう。わにさんがいたあの会社では、ネットサポートのエドがよく、机の下にかがんで、コード接続の作業をやってくれます。ケイリ室内での作業や、他の部屋でも通りかかった際、エドの大きなハンケツが見えてしまうと、この会社はこのハンケツにサポートされているのではなかろうかと、思わず評価してしまいます。わにさんは、見たことあるかな。青年よ、大尻を抱け(寺山)。あぐらかいているお偉方よ、エドのハンケツを見習え(野比)。

で、モッくん、僕が日本で最後に見た映画は「しこふんじゃった」、アメリカに来てだと「おくりびと」。今思うと、両方でお尻出していなかったかな。「俺のお尻だって十分美しいぜ」ってせりふがあったのは、前者で、就職が決まっている教立大学の四年生の役にて。見た頃、ちょうど僕も同じような境遇(相撲はする必要なかった)で、彼の演じる大学生の考え方、生き方、振舞い方って、バブル時の日本の大学生そのもの、全く違和感を感じさせなかった。印象に残っているのは、留年しまくっている役の竹中直人の方だけど。
2018/07/29 [November 17] URL #- 

*

キャットラヴァー様、大学生の愚息が二人、カリフォルニアにおります。上は私と瓜二つなのですが、下はどちらにも似ず人種不明。

のび太さん、そうそう、エドくん、いつも汗流して巨体を揺らしつつ、ハフハフいいながら、あちらでこちらで頑張ってましたね~

モッくんは、今ではいい役者さんになられましたが、随分と迷走していた頃もあったのですね~?!NHKもまた、大胆な… 同じシブがき隊のヤックンも味のある俳優さんになられたと思います。シブがき隊の思い出は、私が放送局に努めていた頃、ゲストで大阪に来た3人が、モックンとヤックンは楽屋の両隅で別々にムスッとしていたのに対し、真ん中でふっくんが一生懸命愛想を振りまいてたのが印象的でした。奥の二人は、体育座りでお茶すすってて、私の先輩の女性ADに行儀が悪い!と、怒られて、しぶしぶ座り直してたのは、なんか可愛かったです。

2018/07/29 [わに] URL #LkZag.iM [編集] 

*

わにさま

この映像は迷走もあるかもしれないけど、エイズ全盛の頃、エイズ撲滅の為、ちゃんと避妊をという、モッくんのメッセージとしてのパフォーマンスらしいですね。
まあ、紅白ですから凄いですねえ。
なのでコン◯ームしかり(こう表現すればよかったのね。)ハンケツしかり。
でも、さすがにもっくん今見たら恥ずかしいだろうな。
表現者はそんなこと言わないのかしら。

やっくんはもーちょっとアート度低く、ちょっと前まで朝の情報番組はなまるマーケットで可もなく不可もない司会っぷりでおばちゃんの支持を得ていました。
昔はつっぱりまくってたのにね。
役者としての印象はあまりないです。
私が見逃してただけかもですが。

のび太さん
そう、ロードショー館でかからないいい映画ありますよね。
私も全ては無理で、チェックしていてもどんどん見逃しています。

この間の是枝裕和の万引き家族、期待しすぎたのか、肩すかし。
それに比べて、焼肉ドラゴン、良かったなあ。
またブログにずらずら、感想めいたの書こうかと。

是枝裕和は、私は何と言っても、空気人形です。
見てますか?
http://minn0310.blog52.fc2.com/blog-entry-202.html

まだでしたら、日本に帰った折にでも、ぜひ。
のびさん好きそう!




2018/07/29 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

本木さんのユーチューブを、いま、ようやく拝見致しましたが、なんだか、ドラッククイーンのパフォーマンス見たい(笑)ワタクシ、井上陽水さんの大ファン(沢田研二さんもです/世代をご理解していただけそう)なので、ちょっと違和感がありました。何しろ1992年なって、ワタクシは日本にいなかった。こーゆうパフォーマンスが行われていたのですね。それも、紅白歌合戦でねえ(笑)たまげました。

わにさん、息子さん2人がカリフォルニアにいらっしゃるんですか?カリフォルニアといえば、この前、娘のカレッジでの学友のお母様にお会いしましたが、この一家はシリコンヴァリーに住んでいて、中国からの移民で、お嬢さんは中国系の米国人。シリコンヴァーリーは、競争が激しい場所ですよね。学友のお母様は、本物のタイガーママでした(笑)

September 30様、お綺麗なお嬢さん摩耶さんと、イタリア系のダンデイーな太郎さんは、お元気ですか?
2018/07/30 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

* なんたってアイドル

わにさん、みんさん、

そうそう、もっくんといったら、シブがき隊!

サロン主人のSeptemberさんは僕にとって元上司であるのでいまだに頭が上がらず、「のび太のやつ、俺が一体何のことかさっぱり分からん時代の日本でのネタを出しやがって」と思われるようなことを書くのは誠に極力避けるようにしているのですが、もっくん、やっくん、そしてふっくん、懐かしいなあ。80年代ジャニーズ事務所排出、失礼、輩出の面々。博多でも口ずさんでいました ♪ないないない、恋じゃない、ないないない、愛じゃない♪ないないない、金がない♪

TBSだったか、東京下町・桜中学を舞台にしたドラマなんたらしぇんしぇいシリーズ、それに歌番組ザ・ベストテンとか見ていた頃。もっくんは男前すぎるのであきらめ、僕はやっくんにあこがれてました。やっくんの、なんだか「やたら突っ張っている風で、実はハートがある」てな雰囲気が恰好よく。

当事の、僕周辺のちんころこまいクソガキに共通していた価値観では、「スポーツやその他の趣味に興味に熱中し、全く勉強していない風なのに、試験ではトップクラス」「クラスの女子には興味がない風で、隠れファンを抱えている」「エロ雑誌の回し読みには関心ない風で、いつの間にか近所の人妻のおかげで筆おろしがすんでいる」みたいなのが恰好よくて。ちょっと生意気なやっくんもグーッ。

高校を卒業した週、生まれて初めて床屋でパーマをかけてもらったのですが、床屋のオヤジに「シブガキ隊のやっくん風にふわっと」と頼んだしまい。もともとくせ毛があるので、強めにかけられてしまい、できあがったのは整形前の頃のマイケル・ジャクソン(ちりちり)。やっくんのふわっとした髪形にはほど遠く。その翌日会った、元同級生には、「ぷっ、なんじゃそら、のび太。いったいいくらしたん、4千円?のび太のパーマを見てから、おれもパーマかけようかどうか決めろーかと思ってたばってん、これじゃあ、やめとくばい」と言われてしまい。♪スリラーっ, thriller night♪

で、わにさんが見たしまったやっくん、もっくんの「体育座り」。博多では「体操座り」と呼んでたかもしれましぇんが、これも懐かしい言葉だす。さかのぼって小学校の頃、当時の短パンはやたらと短かったし、下着の質も悪かった(のびのび)から、短パンで車座になっていると、斜め前に座っている男子のふぐりが見えてしまったり、逆に見られてしまったり。

これは博多限定かもしれないのですが、「もし、女子におイナリを見られてしまったら、将来その子と付き合うことになる」「さらに、息子まで見られてしまうと結婚」なんてのが子供の間で信じられており、体操座りをする際は、横からはみ出ないように極力注意したり。ちなみに、カミさんの子供時代、男子のはみ〇んは、Brain(脳)と呼ばれていたとか。考えるキンタ〇かあ、いずれにせよ粗末に扱ってはいけましぇんな。

で、博多の伝説だと、わにさんが楽屋でふっくんかもっくんのを偶然見てしまったら、どちらかの奥さんになっていたのかな、すげーっ。

それと、わにさんが放送局に勤めておられたってのは初耳です。アメリカでのご職歴、寝坊してかなり遅い時間に出勤した際、放送局時代の習慣が抜けずに「おっはよーございまーす」って挨拶してしまい、同じ部署のお局さんあたりにいじめられるはめになったってのはありませんか。

「ほほー、わにさん、社長出勤とはいつの間にかずいぶんまたえらくなられたものねえ。お早うございますなんて、今何時と思っているの」

どこでもいますよね、やたらと早く出勤してきて、ちょっと誰かが遅れて出勤すると、すぐに時計に目をやる人って。これも、スリラーっ♪
2018/07/30 [November 17] URL #- 

*

みんさん
そうだったのですか。ただの奇抜さを狙ったわけではないのですね。教えてくださって有難うございます。
是枝監督は、私は「海街Diary」が大好きです。もっくんは、最近では「日本のいちばん長い日」の抑えた演技が素晴らしいと思いました。
 おっしゃる通り、ヤックンはむしろバラエティーですね。フックンは、余り見かけないような…
2018/07/30 [わに] URL #LkZag.iM [編集] 

* 空気女をいかせるのは誰か

みんさん、

空気人形、残念ながらこの作品はごブログで初めて知りました(よって見ておりません)。

オハイオで上映される日本映画、最近はアニメや漫画の実写版ばかりが続いておりますが、是枝(Kore-edaと表記される)作品は時折大学のシアターなんかで上映され、割と最近の「三度目の殺人」が大学で上映されるときいており(ローマ字で、Sandome no Satsujiと表記されていたから、サツジさんて名前の人の話かと思ってました)。

みんさんの文章を読み、予告編を見るとなんとも切ない雰囲気は伝わってきます。昔マルセ太郎さんの「スクリーンのない映画館」って映画を言葉と表情で再現してくれるパフォーマンスをビデオで見たことありますが、みんさんは、「海外に住んでいる方のための、スクリーンのない映画館」であり、想像が膨らみます。

ただ、「のびさん好きそう」はどうかな?是枝作品って、心情表現のSubtle(微妙な)部分があまりにうまくできすぎていて、くどく鬱陶しく感じる時があるんですね。見ていて、映画から気持ちが遠ざかっていく。よく比較される小津映画、小津にはそう感じない。うまく説明できないのですが。

でも、文中に寺山の映画「田園に死す」の中の空気女が出てきたのは、嬉しかったですよ。ポンプを上下に、よいしょよいしょ。あの映画の雰囲気を味わいたくて、恐山へも参りました。三沢の寺山記念館は、日本の中のいつか行ってみたい場所の一つで。来月はそこのイベントで、「シコふんじゃった」の挿入歌をうたったおおたか静流さんがでられるとか、いーなあ。

では、空気もので一つ思いだした小話を。一体、どこで読んだのだろう。

妹「聞いてお姉ちゃん。パパったら、時々ママの上に乗っかってベッドをミシミシさせているでしょう。下になったママかわいそうじゃない」

姉「あっ、あれほど、パパとママの寝室のぞいちゃだめだと言ったのに。あれはねえ、、、太ったママが少しでもやせて見えるように、パパが上からおしてあげて、空気をぬいてあげているのよ」

妹「あっそうか、だからね。で、パパの方はちょっとやせていてかわいそうだから、お返しにママ協力してあげてんのね」

姉「えっ、どんな」

妹「風船ふくらますように、パパの空気入れの部分を口にくわえて、ママ、一生懸命息をおくっていたよ。パパったら、太ってきたようには見えなかったけれど、何だか気持ちよさそうにしてたなあ。あっ、そういえば、お姉ちゃんもボーイフレンドのジャイアンさんが来てた日に。ジャイアンさん、やせていないのにどうしてかなあ」
2018/07/30 [November 17] URL #- 

*

のび太さん

のびさん好きそう→単に◯ッチワイフの話だったから言ってみただけです。
小津映画出されたら敵いません。
というよりちゃんと小津映画見てないのでなんとも答えようがありません。
東京物語見かけたのですが、すぐ飽きてしまって。

是枝作品
私も何本か見たのですが、他のはなんか、癖がなさそうで癖がある。
空気人形はある意味振り切れてて好きです。
いい人ぶってないというか。
いい人ぶっている映画で好きなのもあるんですが。

しかし、まあ、のびさんの下ネタの引き出し、いくつあるんだか。(呆れてます。)

受けなくても叱られてもおんなじいたずらを繰り返すいたずら坊主みたいで笑えますが。



2018/07/30 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: タイトルなし

コメントの盛り上がりが始まるきっかけとなった紅白の本木雅弘を初めて見て(聴いて)
あまりの愚劣さにコメントをする気さえ無くしてしまったんだ。
しかも井上陽水の曲・詞が最低の出来で彼への尊敬を完全に喪失しそうになった。
どちらも
なんだ、日本の文化はこんなもんか、と
このところ異常に高まっていた僕の日本熱に水をさすことになった。
ハッと気がついたというべきか?

今年はまたまた秋に帰国する予定でいるんだけど
日本の政治、テレビ、などにはいっさい目をつむって
ひたすらに食べ物に専念しようっと。
2018/07/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* すべてのインテリは、東芝扇風機のプロペラのようだ。 まわっているけど、前進しない(てっくん)

そうですね、みんさん、

最近の是枝映画の話をしていて、世界の巨匠としての揺るがない位置にいる小津だの黒澤だの出すのはフェアじゃないですね、ごめんなさい。

思い出したのは、寺山が亡くなる前年だったか、福岡市美術館での前衛映画特集のイベントに一日だけゲストとして来られた際のこと。イベントは週ごとにテーマが設けられ、1910年~20年代のヨーロッパのダダイズムから始まり、アメリカ映画や戦前の日本映画も紹介され。

寺山が来られた週は、日本の60年代から70年代の前衛映画で、彼の作品、「トマトケチャップ皇帝」とか「消しゴム」なんかも。僕は、このイベントひたすらよくわからず(多分、今見ても)、分かりやすい、笑える部分だけは、周囲に合わせてちょこっと笑ってみたり。

最後に寺山との質疑応答の時間が設けられており、司会者が会場に声をかけると、メガネをかけた若い男性が手をあげ、熱い口調で。

「寺山さん、せっかく博多まで来ていただいた寺山さんには大変失礼ばってん、先日見たサイレント時代のマン・レイ(アメリカ)とかダリ(スペイン、ブニュエル監督と「アンダルシアの犬」を共作)と比べて、今日の日本のは、なんか想像力、美しさ、スケールの点でみみっちいつうか、なんかがっかりしたっつうのが本当のところばい、「消しゴム」とかガキの落書きみたか」といきなりがつーん。

寺山は、ちょっとニヤっとし、(多分こんな口調ではなかったとですが)「僕も困るわけですよね。どなたか博多の屋台でトンコツラーメン食べてきたっていうと、味の感想を聞いてみたくなりますよね。そしたら、三つ星のフランス料理と比較するとどうだったとね、答えられたりするとね。ボクシングしている人に試合の後でね、感想を求められたら、あなたのフックはモハメド・アリのと比較するとちょっと弱かったとか言うとね。そう答えてもいいと思うんです、でも、そうは言わないと思うんですよね。最初から歴史上の巨匠、レイとかダリとかと比較されると、僕も困るわけですよね」。

美術館は爆笑につつまれ、質問した男性は顔を赤くしてしょぼんと着席(多分も息子も当分の間はしょぼん)。

「でもですね、わかんないのにわかったふりして、なんでも絶賛してくれるより、分からないとかね、つまらないとかね、正直に言ってくれる方がいいと思うんですよね。実験映画って、実験映画であるわけですからね」

僕も寺山の言葉に叱られる。陽水に失望したと書いたSeptemberさんはオーケー牧場。
2018/07/31 [November 17] URL #- 

*

September30さん
私はぜんぜん本木君のファンじゃありませんけど、
この動画1992年のですよ~~
サンプルとしては古すぎのこれで今を判断するのはどうかと(笑)
ジャニーズの人は歌も踊りも下手ですしね。

今年のお正月沢田研二のコンサートを見てきました。
別に沢田のファンじゃありません。
でも70歳になる沢田研二がどんなステージを見せるのか興味があった。
結論。すごかった!楽しかった!
60曲を殆ど休みなく歌とトークでもたせ、
若い頃のキーを変えずに声が出ます。
沢田は美しかった昔の面影はなくデブのブルドックです。
客席は男性もいます。禿もメタボもいます。
意外なことに若い子も沢山います。
バックバンドがドーンッと凄い音を立ててステージが明るくなり、
もうその前に客席は総立ちです。
座ってなんかいられない。一緒に歌います。
沢田は途中からさすがに声が荒れてきますが、
頭から水をかぶり走り回り歌います。
ペンライトが揺れて劇場も観客の跳ねる音で揺れるようです。
楽しい!もうそれだけ。

日本のミュージシャンのレベルが低いとおっしゃるならきっとそうなんでしょうね。
アメリカのミュージシャンのライブを見たことないですからわかりません。

けれど愚劣って・・・
べつにいいけどさ。




2018/07/31 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

あああっ!
その話、一週間早く聞いてたら。
先週、友達から沢田研二のコンサート誘われて、迷った挙句、断っちゃいました。
彼の生き方とかは賛同するけど、ライブはどうかなーなんて。
昔からファンでもなんでもないし。

5年ほど前、嵐の日に横浜駅で見たことない太ったおじさんとすれ違い、楽しそうに奥さんらしき人と話している声が聞こえ、なんか聞き覚えのある声、、、。
相槌打っている声も。
誰だっけ?

ハッと気がつき、ちょっと戻って、その睦まじいご夫婦は沢田研二と田中裕子と確認。
誰一人気付いてない、そのオーラの消し方。てかあの体型を沢田研二とは思わず。笑。
お二人ともニコニコ長靴履いて大きめの荷物をご主人が持って。
羨ましいような2人でした。

迎合することなく、自分のやりたい道をはっきりと実現する、珍しい方ですよね。
あのタイガース時代は辛かったんだろうなあ、と思います。

そう、昔の本木雅弘のおかげで、井上陽水になんでがっかりしなくてはならないんですか?

井上陽水も今出て来ると声も出ないし、おばさんみたいだけど。

こら、免疫のない元日本人に刺激の強い画像見せて喜んでるいたずらのび太!


いい映画も、いい小説もいっぱいありますよ。
今読んでる本、村上春樹より遥かに素晴らしい。
私見ですが。



2018/07/31 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん

愚劣と言ったのは本木雅弘の紅白でのパーフォーマンス(井上陽水の作品も含めて)を言っただけで
日本のミュージシャンのレベルが低いとも
アメリカのほうが上とも言ってないよ。(笑)

日本や日本人の悪口を聞くとムキになる愛国者が多いのも日本の良いところ。
アメリカにいてアメリカの悪口を言うとそれに賛同するアメリカ人の方が
僕の周りにはずっと多い。(笑)

沢田研二は昔の美しい頃にタイガースといっしょに仕事したことが何度かあって
それいらいずっと良い印象を持ってた記憶がある。
だからあの年になってあれだけのコンサートをうてるのはさすが、と頷けるものがある。

それで思い出したのは数年前に、といってももう10年になるか
シンシナティでティナ・ターナーのコンサートに行ったこと。
彼女が多分73歳か4歳だったと思う。
あれもすごい演奏だったよ。
席が前列から2列めだったので黒い肌に飛沫のように飛ぶ汗まで見えた。
ティナ・ターナーは体型がほとんど昔と変わっていなくて
ちょっと腰の周りに肉がついたかな、という感じ。
体型が変わったといえば沢田研二の変わりようにはちょっと驚いたけど
すごくいい顔をしていて、あの体はあの顔にぴったりだね。
なかなかいい。

2018/07/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

まあ、ムー様、羨ましい。沢田研二さんのコンサートに行かれたなんて!
ブルドックみたいになっていたんですか?それでも、私はジュリーのコンサートに行きたい。現実にはいけないので、彼のDVDをアマゾンから購入して、美しかった頃の彼を楽しんでいます(笑)

Tターナーは、主人が大好きで、今も一緒に聞いています。彼女、かっこいいですよね。
2018/08/01 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

* 沢田なんたらさんって、昔はそーんなにカッコよかったんですねえ

もっくんも陽水ももはやそっちのけ、あちこちで盛り上がっており。

では、もっくんのお義母さんとご一緒に。

https://www.youtube.com/watch?v=seDqghATb5I
2018/08/01 [November 17] URL #- 

*

キャットラバーさま

ブルドッグもブルドッグ(笑)
でもね、
素敵なじいさんになったよね~~
今のジュリーのほうが良くない?
うんうんそう思う!
と友人とたたえあったのでした。
美しいジュリーはもちろん素敵ですけどね。
2018/08/01 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

November17さま
寺内貫太郎一家ありがとうございます。
このころ樹木希林さんは30歳なんですよ~~
役者も演出家も脚本家も技術さんも裏方もすごく熱かった。
みんな本気で遊んでいました。
私は樹木希林さんの母親の写真となって仏壇の中に居たことがあります。
綺麗にしてくれると思ったらカツラ被ったおてもやんでした(笑)
TVが元気だった頃です。
2018/08/01 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

みんさん
沢田さんは普段は奥さんの田中裕子さんのほうが忙しいので、
お家の事をなさるそうです。
どっちを向いても「見て見て!」の人ばかりなので、
日常を見せない二人は気持ちがいい。
ステージ見るチャンスがあったら是非!

私も、何で村上春樹が海外でもてはやされるのかわからない。
読んでみるとあの文体が英語と合うみたいな気はしますが。

本が好きな私は自国語でこれだけ多くの本を読める幸せに感謝!です。

2018/08/01 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

September30さん

ザ・タイガースは2年で解散したんですよね。
案外短いんですね。
私はザ・ベストテンで仕事をしていたので、
沢田さんが一人で活躍してるのを見ています。
やはりSeptember30さんとはすれ違っていますね~~
2018/08/01 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

今のジュリーを恐る恐るウエブサイドでチェック。ムーさんのおしゃる通り、確かにブルドックみたいだけど(笑)今の方が、いい感じ。女優のあの方と結婚されて正解だったのかも。ワタクシ、DVDを数枚持っています。また、彼のコンサートを観たいなー。ヨボヨボになったジュリーでも(椅子に座って、杖をついていても)私の永遠のスターなので、応援していきたい。ちなみに、私の母の時代になると、舟木一夫さんとかになるんですよねえ。

昨日から、懐かしいけど、とても大好きな市川崑監督の『悪魔の手毬唄』『獄門島』『犬神家の一族』をDVDで見ています。いい時代でした。女優さん、俳優さん達が、素晴らしい。私の日本が、そのまま存在しています。

樹木希林さんは、大好きな女優さんです。
2018/08/02 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

みんさん

何しろ僕のように50年近くも日本を留守にしている人間にとっては
今ここで話題になっているような芸能の世界が一番遠くなっている。
昔そういう世界に関係していた僕だから人の名前だけはよく覚えているし
顔もちゃんと思い出せるんだけど
その顔はいつも50年前の顔なんだよね。(笑)

たとえば
グループサウンズ全盛だった60年代には
僕が所属していた音楽事務所が青山にあって
同じビルにブルーコメッツの音楽事務所もあったから
しょっちゅう顔を合わせるうちに自然と親しくなっていって
一緒にコーヒーを飲んだりした。
ジャッキー吉川を始めメンバー達が全員モダンジャズが好きで
その点で話が合っちゃったというわけだ。

日本を離れていてもネットの世界はいつもつながっているとは言っても
ふだんよくチェックするのは政治とか災害とかのニュースだけで
芸能界にはまったく興味が無いからね。
新しい世代の若い芸能人など
僕から見るとどこかの星から来た異星人みたいに見える。(笑)



2018/08/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん

ザ・ベストテンにはまったく覚えがないので検索したら
TBSが1978年に最初の放送をした、となっている。
僕が米国に渡ったのは1970年だから
1978年といえば僕は人生の嵐の真っ只中だった。
日本とか日本人、日本的なものなどとことん憎んだ頃だよ。(笑)
(ここでムーさんと僕とは思ってたよりも年代の差があることに気づく)
弟子丸さん以外にはムーさんの周りの人たちを僕が知らないのも無理ないか。
あの頃、NHKには友達として親しくしていた若いディレクターとかはいるんだけどね。



2018/08/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

あはは、なんかすごい盛り上がり。
ジュリーですか。
あの頃は日本のグループにはなんだかあまり興味がなくて。なんか、かっこ悪いと思ってました。
でも、テレビ業界なら私もちょっといました。NHK関連の美術の会社ですが。私の担当は教育テレビだったけど。
食堂はタレントもアナウンサーもスタッフも並んで食事するから。タモリ、さんまは目立ってた。橋田壽賀子も早坂堯もいた。ウチの会社的にはニュートンの竹内均先生全盛の頃。アランドロンも会った。
そーいや一本目の日本沈没の監督森谷司郎のなんとかいう映画の美術コーディネートでロケに行き、原始人の衣装とメイクをして、ついでに原始人で出て、足の太い女は?と言われて、はいと言って、大きな球に映り込んだ。あれはキューブリックの2001年の黒い板のオマージュ?私は猿か?
笑えますね。

森谷さんとはお酒も飲んだし、お葬式にも行きました。
高倉健と吉永小百合がいました。

ジュリーってあんなに目鼻立ちがはっきりしてるのに、恋愛する人は顔の小さいホワンとした顔が好きですよね。
田中裕子と会った時には、手の早いショーケンに取られないように、と焦ったと聞いたことがある気がするんだけど、あれは想像かな。
田中裕子は良い役者です。
ジュリーは田中裕子が出かける時、見えなくなるまで手を振るのが夫婦の約束だって。
いいなあ。



2018/08/02 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

キャットラバー様

市川崑、いい監督ですよね~
AmazonにあるからDVDで「細雪」を見てください。
昔の美しい日本がここにもあります。
大根役者の吉永小百合が生の女を出しいい芝居をしています。
監督でこうも違う!の見本です。

樹木希林さんはね、若い頃ケチで有名でした(ここだけの話)
きっと財布を持ってないんだねと言われてました(笑)
その頃私はケーキ作りにはまっていて、
シュークリームをスタッフに差し入れしたんだけど、
「これなに?昔菓子?」と言われてガーン(笑)
口が悪いのは昔からです。
今では稀有な役者になりましたよね。

2018/08/02 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

みんさん

みんさんも映画に出たんですね。
スタッフがちょいとエキストラをやること多いですもんね。
社員食堂の雰囲気は私も好きでした。
髷を結った侍がケーキ食べてたりするし(笑)
玉置浩二はいつもギターを持っていて、
目の前で弾き語りで歌ってくれたことがある。
見つめられてあの声で歌われて思わず好きになりそうに。
ああやって女を引っかけてたわけだ(笑)
2018/08/02 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

ムーさん

太い足の原始人役でね。

自意識の塊みたいな人、テレビ業界にはよくいますよね、笑っちゃうくらい。
やたら意識しまくって挙動不審なアナウンサーとかいましたっけ。あんたなんてどーでもいいんだけど、と言ってやりたくなるくらい。
それとブラウン管で見てるとスラッとした人にみえるのに、エレベーターに乗り合わせたら予想外の小さい人だったということも。

美人だけど本当の顔はわからないくらいコテコテに塗り込めている某女優。

スタジオが大河と隣り合わせで、私の番組は社会科の番組なんだけど、カミソリの刃みたいな目をしてカツラをつけて武将になってた柴田恭兵にものすごい目で睨まれた。

菅井きんさんが背筋がまっすぐで、さらりとシンプルなものを着こなしていて、こんな歳の取り方ってステキと思いましたっけ。

小林薫はステキでした。
今もステキだけど、あの頃はさらりと自由な佇まいと色っぽさが程良くて。
状況劇場は見たことないのに。
暗い目をした根津甚八も。
あの方はその後不幸が続き、昨年亡くなったのですよね。

ずいぶん昔の話です。
2018/08/03 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

ムーさんもみんさんも、業界の方だったのですね。
小林薫氏は、いい俳優さん。根津さん、お亡くなりになったのですか?知りませんでした。
玉置浩二さんは、女誑しで有名でした。確か、北海道出身で、陽水さんのバックバンドをされて、その後、有名になったんですよねえ。『きつい奴ら”って言うTV番組があって、小林薫さんとご一緒に共演されていて、このドラマは、面白くってDVDで見ていました。菅井きんさんは、私も大のお気に入りの女優でした。粋な方でした。
ノーベル賞を受賞されたホフマン教授の体験記”これはあなたのもの”と言うお芝居で、昨年、八千草薫さんが朗読されたことを、ホフマン教授から聞きました。彼女の美しさを絶賛されていまて、最初、誰かしら?岸恵子さん?って思っていたら、八千草薫さんでした。まだ、現役で活動されていることを知って嬉しく思います。
細雪は、しっかりとDVDを購入して、英語の字幕付きで、家族で観賞しました
翻訳された方、すごいです。尊敬してしまいました。自分には、できない(笑)

今回、かなりブルドックになってしまった沢田研二さんで、盛り上がっています(笑)
本当に沢田研二さんは、素敵でした。ついでに、ピーターも素敵だった。役者として。

2018/08/03 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

*

みんさん
自意識過剰の挙動不審なアナウンサーって誰?
誰かなー、興味あります教えて(笑)

今は役者さんもタレントさんもモデルあがりだったりして女性で170㎝とかいるけど、
昔はほんっとにこじんまりしてた。
背が155㎝だったら顔だって小さいさー(笑)
キ〇タクだって長身の女優と撮る時は足元撮らず箱馬に乗ってるし(笑)
エレベータで付き人を怒鳴ってる女優とか見るとゲンナリしたけど、
現実はそんなもんよね。
でもTVって怖い。
本当のその人をさらけ出す。
映画や舞台と違うのはそこんところかな。


2018/08/03 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

顔は今でも覚えてるんだけど、名前知らない。

なんだか偶然食堂で座るとたまたま前に座っていて、二度目は変なふうに勘違いされたのかな。
ちょっと見てくれの良い華奢目のアナウンサー。

よく出てましたよ。
でも、あの人、いつも一人だった。
やっぱりなんとなく変だったんじゃない?

早坂暁の花へんろ
桃井かおりの。
総集編と
新花へんろ明日やるようですね。
新しいのは田中裕子。
録画予約しました。
2018/08/03 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* ヴィラ・ロボスから始まり

バッハ、タンブル・ウィード、ボヘミアン、アントニオ・カルロス・ジョビン、歯交流し、エアフォースの研究員、本田選手、もっくん、ふっくん、やっくん、陽水しぇんしぇい、ホフマン教授、寺山、紙抜き婆、時任三郎、ハンケツ、竹中直人、エドくん、焼き肉ドラゴン、是枝監督、小津監督、沢田研二と田中裕子、ショーケンとジュリー、マイケル・ジャクソン、エッチワイフ、阪神タイガース、村上春樹、ティナ・ターナー、ブルドッグソース、ケチで希有な樹木希林、寺内貫太郎、おてもやん、市川崑、細雪、吉永小百合、ブルーコメッツと森トンカツ、異星人、ザ・ベストテン、弟子丸さん、タモリ、さんま、アラン・ドロン、森谷司郎監督、キューブリック監督、2001年の猿、高倉健、玉置浩二、ジャッキー佐藤とマキ上田、ケーキ好きな侍、小林薫、根津甚八、ホフマン教授、ピーター、八千草薫、自意識過剰の挙動不審で名前が出てこないアナウンサ、キ〇タク、キ〇タマ、菅井きん、柴田恭平、早坂暁,桃井かおり。

ふーっ。Septemberさんのブログの一頁から始まったコメントからこれだけ固有名詞が出てくるとは(編集ソフトウエアがあれば楽チン、漏れたのやら多少間違ったのもあるような)、相当なものばいね。大半が日本の方のようで。

Septemberさんほどではないとしても、日本を離れて21年、浦島太郎になりつつある僕でさえ、名前を聞いて八割くらいはピンとくるのは、昭和を生き、人間形成や知識の蓄積が日本にいた頃にとまってしまい、その後たいしたインプットがなかったからかな。ところで、今年は平成何年でせう?

で、むーさんのおてもやん(ムー一族の金田さんのお母さん?)や、みんさんの太い足の原始人(マンモスを追っかけるカップヌードル?)のような、聞いた人が吹き出したくなるような直接的経験は全くないのですが、テレビで一生懸命見ていた当時の思い出をコメントしたくなる有名人って結構いますよね。僕の場合は、、、

おっと調子に乗りそうになりましたが、でもこれ以上は書けない。なぜかというと、いつのころからか、「ある程度の年齢」で「僕が日ごろ全く忘れている」人について、「何かのきっかけでその人の古い写真とか記事を見て、なぜかわからないが今どうしているのか急に気になり始める」と、その方が近い将来に亡くなる、あとでその頃亡くなったのがしばらく経ってから分かるってなことが僕には数えきれないくらいあるのです。単なる偶然の積み重ね、あるいは結構誰でも経験していることかもしれませんが。

死神博士は他人の方ばかりを向いているとは限りません。随分前のことですが、ある雑誌の広告欄に、「その製品を使ったら、効果がありました!って、ユーザーコメント」に僕が写真付きで出たことがあるのです(図書券をもらった)。エロ雑誌の、〇ッチワイフや夜のお菓子〇なぎパイとかの広告じゃありませんよ。でしばらくたって、アメリカ行きが決まりかけ、雑誌とか身の回りの物を処分・整理し始めた際に、偶然その雑誌を見つけ、すっかり忘れていた広告のことを思い出し、将来誰かに見せるかもしれないから取っておこうと、そのページを切り抜いたのです。

その後の一か月半で三度、二輪や四輪の運転中に他の車と出合い頭の事故を経験しました。三度目のは救急車で運ばれるほどで。でも死に損ねたから、渡米でき、こうしてコメント書いています。死神は、三度しくじったからあきらめたのでしょうか。35年ほぼ毎日運転し、これまで経験した五つの交通事故のうち、三つがあの短い間に起こるとは。

上記のうちご存命の方々は、サロンの皆さんが少なからず懐かしい思い出を持たれているのでしょうから、やめときますね。なんか、エロはそろそろ卒業することにして、怖い話を書きたくなってきたなあ。川越さんだったか、怖い話大好きっておっしゃってなかったかいな。
2018/08/04 [November 17] URL #- 

*

>November 17さん
>川越さんだったか、怖い話大好きっておっしゃってなかったかいな。

と言うのは勘違いです。私は怖い話は大嫌い。怖いことも大嫌い。一人でキャンプするのも怖くて嫌なくらいだし、ディズニーランドの遊具だって乗りたくないくらいです。(^^;
2018/08/04 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

おてもやんのムーのことはどうか忘れてください。
それにしても下ネタの次が怪談とは・・
季節ネタ?
2018/08/04 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* 夜中に思い出した川越さんがトイレに一人でいけなくなるような話しは一旦封印することにして

川越さん、怖い話は大嫌いとのこと、うーん、僕の好きな、いやみんなの好きな川越さんに読んでいただけないとなると、筆が鈍りますね。じゃあ、代わりに僕が出あった不思議な人の話でも。

Septemberさんの下で15年前まで勤めていた会社での(勤務先はコロンバス支社)、僕の任務は日系企業への営業でした。その一方、アメリカで仕事を探している人がいれば(主に日本語を話せる方)、顧客の日系企業での仕事を斡旋することもあり。

日本出身(つまり母国語が日本語)の方の場合、アメリカで働く以上、英語能力が問われます。読み書きテストの結果は僕でも判定できたのですが、話す方のコミュニケーション能力については僕の英語力じゃ判定がこころもとないとのことで、同僚のアメリカ人に頼んで、都合が合わない場合はデイトン本社のSeptemberさんのアシスタントの方と電話で会話してもらって、判定できるようにしており。

ある日、アメリカの大学を出たばかり、求職中の女性から履歴書が送られてきました。実際にオフィスでお会いしてみると、目がくりっといていて、口元がややたるんだような、どことなく近所の人が飼っていたテリアに似ており(犬山テリアさん、仮名)。どうやらアメリアに残って就職したい動機は、交際している人と別れたくないからとのようで、まあ今日、そういう方は珍しくなく。

お会いしたのは、午後の遅い時間だったので、同僚のアメリカ人は帰宅する頃、ネイティブ相手の英会話のテストについては、翌日Septemberさんのアシスタントのメロッピさんが犬山さんと電話で話してもらえることに。

(翌日)
のび太「犬山さん、じゃあこれから五分くらいしてデイトン本社のメロッピさんがそちらに電話してくるけんね。英会話のテスト、よかですか」

犬山テリア「分かりました、野比さん、ところでメロッピさんと何について話せばいいのですか?」

「メロッピさんは犬山さんの履歴書を持っとうしゃあので、学校で学んだこととか、志望の仕事とかについて聞かれると思うばい。メロッピは日本のことにも詳しいから、話がどう発展するかは分からんばってんね。じゃあ、電話の前(当時は固定電話が普通)で待機しといてくださいね」

「分かりました、では」

15分後、僕のデスクにメロッピから電話が。てっきり、英語のテストが終わったから判定結果の連絡かと思ったら。

メロッピ「のび太、さっきから、何度もテリアって方に電話するけれど、ずっと話し中よ」

のび太「えっ、おかしいなあ、デイトンのメロッピから電話がかかってくるから、待機しておくように念を押していたのに。就活中なので、どこからか急な連絡が入ったのかな。ごめんなさい、ちょっと時間をおいて、犬山テリアさんにまたかけてみてください」

さらに30分後にメロッピから電話が入り、犬山さんの回線はずっと話中とのこと。メロッピに悪いので、なんか事情があるのだろうからと今日は取りやめ、また改めて英会話テストの時間を設定するからとひた謝り。

念のため、僕の方から犬山さんに電話してみても、やはり話し中。

で、15分くらい経ってから、犬山さん本人から電話がかかってきました。

犬「野比さん、今、メロッピさんとの電話が終わりました」

の「えっ、お疲れ様(結局、あの後メロッピはもう一度電話してくれたのか、thank you, Meloppi!)。で、どげんでしたか」

「そうですね、いろいろ話しましたよ。学校のこと、家族のころ、オハイオのこと。趣味のこと、ボーイフレンドのことなんかも」

「へー、時間的にはそれほど長くなかったようばってん、結構話がはずんだったいね」

「短くはなかったですよ、一時間は話したかな」

「えっ、一時間も(メロッピは15分くらい前まで、電話がつながらないと言ってたはずだが、計算が合わない)」

「メロッピさんてとっても聞き上手で、いろんな話を聞いてくれて。野比さん、私、本当にアメリカで就職したいので、よろしくお願いしますね。ふふっ、おねがーい」

「は、はい。では、今日は以上です、お疲れ様でした。条件に合うような仕事があれば、こちらから連絡するけんね」

犬山さんと僕との電話は以上で終わり。デイトンのメロッピに電話してみると、、、犬山さんとは電話で話せなかったとか。じゃあ、犬山さんと一時間話をした相手は誰だったのか、、、

(その翌週)背景・コロンバスには、日本の文部省が教員を派遣した日本語補習校ってのがあり、駐在員のお子さんが(将来日本に戻った際、遅れをとらないよう)土曜に日本語で日本式の授業を受けられるようになっており。

以前からオシリとオシリでお知り合い♪となっているの補習校事務員の方から、僕のオフィスに電話があり。

事務員「あっちの方すっかりご無沙汰ねえ、、、ところでのび太さん、確かお仕事で、日本からこちらに来ている人で就職活動をしている人なんかのお手伝いもしているんですよね」

のび太「ええ、やっとりますけん。どなたかそういった方がおられるとですか」

「ええ、まあ。実は今日の朝、大学をでたばかりの若い女性の方が、補習校で正社員の仕事がないか履歴書をもってこられたんですが」

「(ほう、新卒の若い女性!)そっ、それで?」

「でも、ここは土曜日に授業あるだけで、教えるのは日本から派遣された先生と、大学院生さんがパートでやっているだけ。私の事務もパートタイムだし。正社員ってのはちょっと」

「そうですよね」

「で、午後だったら、理事をやっている日系企業の総務の方が来られるから。企業とかのポジションで、ちょっと話を聞いてもらえるかもしれないって言ったんです」

「確かに、そちらの方だったらチャンスがあるかもしれんですよね」

「その女の子、午後に戻ってこられて。ちょうど事務所には理事の小沼さんがおられて、小沼さんご存知ですよね、で一時間、えんえんとしゃべっていかれたんですよ」

「小沼さん、結構忙しい人なのに、一時間もお相手されたってことは、なかなか有望そうな人だったですね、その若い方」

「いや、のび太さん、そうじゃないのよ。履歴書を渡された小沼さんが、それに目を通そうとしていたら、その子は突然しゃべりだし、一時間えんえんと。私の席には声だけ聞こえてくるんですが、小沼さんはほとんど一言もしゃべってなくて、その子はずっと大きなしゃべり通し。ようやくついさっき、帰られたんです」

「小沼さん、紳士だから、一旦始まった話を中断させるなんてことをせず、聞き流して仕事のファイルにでも目を通していたんですかね。それにしても一時間なんて」

「それでさっき小沼さんが、『うちじゃあ、あんな、相手の反応なんておかまいなしに喋りまくるのなんて採用できないよ。職場にいたら大変。そうそう、野比さんに履歴書転送したら』って言われて」

「そうでしたか。お聞きしたところ、何か難しか人のようですね。じゃあ、送ってください」

「のび太さんのファック、九州男児にしてはちょっと、、、いやファックス番号は何番でしたっけ、、、そろそろ結婚の相手見つけたほうがいいわよ、、、」

やがてオフィスのファックスが受信した履歴書を吐き出す。そこには、前週にメロッピと電話で一時間会話したと言っていた犬山テリアの名前が。犬山テリア、先週、メロッピから電話かかってくる前に、受話器を取り、無言の受話器を相手に、ずっと英語で話しまくっていたのでは。

結局、犬山さんとは一度も連絡を取りあうことはなく、僕の方もその仕事から足を洗うことになり。

(18年後)先日、会社の別棟(別部署)に用事があって出かけた際、ペットボトルに水を補充しようとウオータークーラーに立ち寄ると、どなたかがお先に給水中で。

振り返ったその女性の顔、目がくりっとしていて、口元がだらしない。会社の従業員名簿では、苗字が変わっていたから気づいていなかったが、ここにいたのか。

僕は目をそらし、彼女には全く気付かないふりをして、ウオータークーラーの給水口の下にペットボトルをおいて。すると背後から、

「あっ、見つけたあ、野比さん、、、ここにいたんだあ。あの頃は、、、何度もお会いして、私の悩み事たくさんきいてもらえたのに。一緒の会社なら、また、ふふっ」

確か僕が犬山さんと会ったのは、一度しかないはずで。
2018/08/06 [November 17] URL #- 

*

>November 17さま
長い月日をかけてお話ですが、これはやっぱりスリラー?こういう女性とかつて一度会ったことがあります。いや、思い出した。もう一度別の女性で同じタイプがいました。自分の世界を作って、それに相手を勝手に当てはめてしまい、その空想世界に従わないと攻撃してくるタイプでした。数は少ないとはいえ、怖いです。もっとも最近ではこういうタイプは男性に多い気もしますが。(^^;
2018/08/06 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

犬山さん、実は精神がアレで、その後入院なさったとかだったら超怖いと思ったら、もっと恐ろしい結末でした。のび太さ~ん、後ろ、後ろ~!!

ちょろっと、私の自分語り。放送局で働いていた時、とあるプロデューサー(探偵!ナイトスクープの初代Pで変人で有名)がいきなり、わにちゃんは岡田有希子ちゃんに似てるねと言いました。普段、稀に誰かに褒められても「美人じゃないぶん愛想はいい」が定番だった私は大喜び。まぁ、ご褒美的なお世辞だったのは確実ですが、その翌日岡田氏は自殺…
2018/08/07 [わに] URL #LkZag.iM [編集] 

* 1986年4月、東京四谷、そして関係ないけれどチェルノブイリ

わにさん、せっかく川越さんのため、怖い方に向かないように舵取っていたのに、「あなたの知らない世界」へいざなってますね。

1986年、僕は二月末に渡仏。一カ月間パリの語学学校に通った後、現地調達した自転車に乗って、ユーラシア大陸最西端のロカ岬を目指して西進を開始しました。

大分たって、いよいよポルトガル。小さなの漁村兼保養地に立ち寄り、キャンプイン。季節はまだ早かったのですが、浜辺では北の方から来ていた連中がぽいほいとトップレスになっていたので(生まれて初めて目の当たり)、ロカ岬はちょっと置いといて、少しどの村で休みをとることに。

日本人には知られていない場所と思っていたのが、大間違い。二日間の間に、引退して海辺の部屋を借りている年配の日本人二組と別々の時間に偶然出会いました。

最初に会ったジャパニーズ爺はゴーマン風で、浜辺で網の手入れをしていたの老人の手をいきなりつかみ、「このじじいの手を見てみろ、骨と皮でゴワゴワ。だけど、引退するわけでもなし、この年でまだ働いているんだよな、ハハハ」

その失礼なふるまいに老人は怒るわけでもなく、寂しそうに笑い、網の手入れの作業に戻り。

確かその時、ゴーマン爺の買い物袋を下げてやっており、僕はカチンときたのですが、何も言わずに彼のリゾートマンションまで同行し。実は、ずっと日本語の活字に飢えており、ついていくと読み古しの本をもらえないかと期待しており。部屋には、博多では見かけることのない、ブヨブヨした奥さんがくつろいでおられ。

「俺は、日本語の本なんか読まんよ。雑誌もないし。でも、荷物はこんでくれたから、日経新聞の読んだのでも一部あげよう」

経済には関心がなかったのですが、一つくらいおもしろい記事もあるかもしれないだろうと、ゴーマン爺のマンションから退散することにし。お礼を言い、海岸へ戻り。新聞広げるとトップレス観賞でのカモフラージュになるばいね、、、おりあ、さっきまでいたブロンドご一行が浜辺におらんぞ!

で仕方なくひろげた日経新聞、パラパラしてるとコラム欄に、「女性アイドルタレントの自殺報道をきっかけに、後追い自殺がつづいており」とあったのです。名前までは書いていない。

渡仏する前、バイトに明け暮れていたので、テレビはほとんど見ていなかったのですが、自殺したアイドルタレントって誰かいなと、気になり始めました。当事のアイドルというと、なんといっても福岡出身の松田セ〇コちゃん?彼女は思いつめて自殺するようなタマじゃないな。僕が高校時代、隠れファンだった薬師丸ヒ〇コちゃんはどうだ、いや彼女はしっかり者のよう、うーん、次がでてこない。女性って書いているから、僕の好きなふっくんでもないし。

で、その翌日、今度は感じの良い日本人夫婦と出会いました。しばらく話した後、

のび太「ところで、昨日、ゴーマンさんって方にお会いし」

ええ感じの旦那さん「ほう、この村は小さいからね。でもゴーマンさんはあまり浜辺までは降りてこないから、偶然だね」

「いや、会ったのはスーパーの中でして」

「あっ、なるほど」

「で、ゴーマンさんにいただいた日本の新聞に、女性アイドルが最近自殺したって書いてあるのですが、どなたかご存知ですか」

「いやあ、初めて聞いたよ。日本の情報って全然入ってこないからね。たまに子供と手紙を交わすくらいで、お前知っている?」

ええ感じの奥さん「いやあ、私も全然知らない、初めて知ったわ」

で、僕はバッグに日経新聞を入れていたのを思い出し、そのコラムを見せてあげました。

「へえ、日本は平和かと思ってたら、大変だね」

「そうね、まだお若いのに、飛び降り自殺されるなんて、よほど思いつけたことがあったのでしょうね、かわいそう」

それから一か月以上して、スペイン、バルセロナで久しぶりに日本人に出会いました。今度は若いカップル。

「ああ、あれね、岡田有希子ちゃん。すごかったんだよ、後追いがあったり、有紀子ちゃんの霊がテレビに出るとか。もう、昼の番組はそればっかり。現場の写真とも流出したり」

二人と別れホテルに戻り、まだバッグに入っていた日経新聞を読み返してみることに。そして、読んだら捨てようかと。

「女性アイドルタレントの自殺報道をきっかけに、後追い自殺がつづいており、、、」

えっ、どこにも飛び降り自殺なんて書いていない。あの海辺の村で会った二組目の日本人、奥さんは新聞に目を通した後で、「飛び降り自殺するなんて」って言わなかったか、確か。

***

わにさん、今日月曜、出社して、七月時の社員名簿見直してみたんですが、、、どこにも、「テリア」の名前がない。苗字については18年前から変わっただろうとは思っていたのに。

派遣か?それとも、彼女は大学を出たものの就職できず、ボーイフレンド(実在?)とも結婚できず、滞在ビザも切れ、世をはかなみ、、、おねがーいと言われたのに、就職のお手伝いを怠った当事の日本人たちへの復讐がこの夏始まり。



2018/08/07 [November 17] URL #- 

* 微笑みの国から、サワディーカー

川越さん、これまで二人もご経験されたとは、ご愁傷様でした。長いこと生きていると、ふとしたきっかけで、妄想と現実の区別がつかなった人と係ってしまうこともありますよね。

90年代の漫画に、「座敷女」 って望月峯太郎の傑作ホラーがあります。アパートの隣人を訪ねてきた女に親切から声をかけてしまった主人公の男子大学生。「サチコ」という名のその女はやがて、、、。

先月だったか、川越さんからSeptemberさんにプレゼントされた「嗚呼、花の応援団」の無料立ち読みサンプルを見習い、僕からもどうぞ。

https://www.cmoa.jp/title/18609/

ヒッチコックの得意とした「巻き込まれ」映画は、見ていて思わず膝をたたきたくなるうまい「巻き込まれ」シーンがよく出てきます。でも、漫画や映画だったらハラハラドキドキしながらも結局は主人公の災難を楽しんでしまえるのですが、現実の世界でふとしたきっかけやめぐり合わせで、どなたかの妄想や執着がそれまで他人だった人へ向かってしまうと、誠に困ったもので。

川越さんのご指摘の通り、ストーカー症状を呈するのは男性特有とか女性特有とか言えず、さらには対象になるのが異性とは限らないかと。

今は昔、博多にいた頃、ある東南アジアの国の政府の出先機関に現地採用スタッフとして勤務したことがあるのですが、僕が勤め始めて一年目の年に副所長として赴任されたサワディーさんはその例にあたるかと。

サワディーさんは、首都〇ンコ〇の大きな会社経営者の一人娘、おそらくほしいものはなんでも与えてもらえるような境遇で育ったようで。

サワディーさん、博多に赴任後しばらくはホテル住まい。市内のアパート探しには僕も加わり、英語で「家賃は月5千円の予算を超えず、でもなるだけ近づけて」と言われたので、「日本に来られたばかりで、物価が分からないのすね。いまどき5千円なんて、はは」と苦笑すると、通貨単位を誤解されていたようで、ゼロが二つおちていたのが分かり。月50円じゃないですよ、月50万円!東京だったらざらにあるかもしれませんが、地方都市ではそういう物件はなかなか。

値段の張る家具、最新の電化製品を大家に購入してもらい、それらを家賃に組み込んでもらうことにしたものの、それでもなかなか50万円には近づかない。昔あった「グリコがっちり買いましょう」って番組で、高いものを買ったことなくてなかなか購入上限に近づけないで焦っている出場者の気分。

ようやくマンションに落ち着いたサワディーさんが次に要求したのは、ルームメイト、ルームメイドではなく。マンションは一人で住むには広すぎるし、日本語が分からないと何かと勝手が悪いからとかで、所長(高校生の頃から日本で暮らし、九州大学の大学院卒で、英語も日本語も僕よりはるかにうまく)に頼み込んで、現地採用の女性、僕の先輩の日本人スタッフの茂津ナベ子(モツナベコ、仮名)さんに一緒に暮らしてもらうことに。

ナベ子さんは、〇イ語の勉強になるし、勤務先には近いし、家賃や光熱費を払わなくてすむからラッキーっと、それまでのアパートを引き払って、喜んでいたのですが、やがて大変な目に。サワディーさん、夜になったら、ルームメイト以上のことをナベ子さんに要求し始めたんですね、、、。

ナベ子さんはたまらず、マンションを飛び出し、しばらくはもう一人の女性の現地スタッフ、緬タイ子(メンタイコ、仮名)さん宅に泊めてもらい、やがてアパートを見つけ、一人暮らしに戻り。サワディーさんは泣いて戻ってほしいと頼んだそうですが、ナベ子さんは死んでもいやだと拒絶。ナベ子さんは仕事も、所長も、〇イランドも大好きだったようで、サワディーさんのハラスメントぐらいで辞める気にはならなかったようで。

二人は職場では顔を合わすのですが、奇妙な緊張感が漂っています。僕もタイ子さんから事情をきいていたので、唯一の独身男性スタッフとしてサワディーさんの股間の吸引対象にならなかったことにほっとするやら、ナベ子さんが気の毒やら。また、ナベ子さんの新しい住所は絶対にサワディーさんには教えないことに。

しばらくたってからの土曜の深夜、タイ子さんから電話がかかってきました。ナベ子さんが大変なめにあっているから、彼女のアパートに様子を見に行ってと。やれやれせっかくの週末が台無しとぼやきながら、引越しを手伝ってあげたナベ子さんのアパートにオートバイで駆けつけると、部屋の中では、ナベ子さん、サワディーさん、所長の三人が〇イ語で口論しており。

僕は〇イ語はほとんど分からないので、呆然としていると、泣きながらナベ子さんが、「のび太さん、聞いて」

ナベ子さんの話では、土曜の夕方アパートにいると、いきなりドアがどんどんたたかれ、「私よ、入れて!知っているでしょう、愛しているのよ」とサワディーさんの喚き声。どうしてここに住んでいるのがわかったのかと怖くなって、ドアは絶対開けないことにし。警察を呼ぼうとも思ったそうですが、まずタイ子さんに電話し、それから割と近くに住む所長に電話するとすぐに駆けつけてくれたそうで。僕のところにはかかってこなかったんだっけ。

わかったのは、サワディーさんは、週末にオフィスにいって、ナベ子さんの机周辺を家(や)探し。領収書やら請求書らしきもをすべてコピーにとり、日本語は読めないけれど、どれかにナベ子さんの現住所が書いてあるはずだと、タクシーを呼んでコピーを見せ、あちこち回った末についにナベ子さんのアパートを見つけだしたとか。

三か月後には、サワディーさんは、別の国のポジションに異動になったのですが、それまでの間、職場でのナベ子さんに対するいじめは目にあまるほどで。

その後、本国からは新しい副所長(男性、トムヤムさん、仮名)が赴任してこられました。福岡空港に迎えに行き、住居はサワディーさんが出ていったマンションを引き継ぎ。若いのに、なかなかダンディ風。

ある日、トムヤムさんのオフィスに僕は呼ばれ、英語で、

「クン野比(丁寧に、野比さんの意)、ところで君は結構遠くから通っているようだけど、不便じゃない?」

「クントムヤム、そうですね、夜遅くなったりすると」

「いやあ、僕のマンション、一人で住むのには広すぎるし。なかなか日本語も覚えそうにない。クン野比、そのうち〇イ語マスターしたいって言っていたよね。もしよかったら僕と一緒に暮らして、、、」

トムヤムさん、奥さんとお子さんを〇ンコ〇から赴任先の博多に呼ばないのはなぜだろうと思ってたら、もしかすると、、、
2018/08/08 [November 17] URL #- 

*

SEPTEMBERさん・もうじきお誕生日ですね・
記事を読んで私も聴いてみました。脳裏に刻まれる旋律ですね
クラッシックは射程外だったんですが興味がわきました。
私はというとみ県は鈴鹿で毎年行われる8時間世界耐久選手権に仕事行ってきました。最近は愛知も40度超えで家族にとめられましたがヘロヘロになってやり遂げました。WWW
人生は回顧なんでしょうがあの爆音とノイズの中
ストレートで新幹線と同じ速度の300キロを抜きつ抜かれつする男の白熱戦は今の私には十分すぎる刺激でした。
翌週は燃え尽きて数日自宅から出れないほど疲れちゃいましたが。(笑)詳しくは記事に書いたので又読んでみてください。
SEPTEMBERさんの暑さより猛暑の愛知より愛をこめて
2018/08/08 [POCHI] URL #- 

*

November 17様、
大爆笑!楽しませて頂きました。

2018/08/09 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

POCHI さん こんにちは

若くて純な頃を過ごして思い出のいっぱいある鈴鹿に帰ってきたのは
何十年ぶりだと思うけど
熱い空気と車の爆音と煙の臭いが
短い文章から十分に読み取れたよ。

詳しくは記事に書いた、ということはブログをまだ続けてるといるんだろうけど
どこへ行けばいいのか教えて。
2018/08/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

みちをさん

短い文章だな、、、。 (笑)


クイズ?
アイデアはいくつかあるんだけどね。
問題は
当選者に差し上げる写真がもうない。

I can't give you anything but love.

ビリー・ホリデイじゃないけど。
2018/08/10 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* たい人恐怖症を克服した勇者ども

キャットラヴァーさん、怖い人たちの話もたけなわ、「あなたの知らない世界への扉は、すぐそばで、あなたが知れずに開けるのを待っている」シリーズ化しようかと思っていたら、大爆笑されたとは、うーん、出はなをくじかれてしまいましたな。

ちょっと悔しく、お隣の州あたりに住んでらっしゃるようなので、オハイオ州にはもう怖くて足を踏み入れられなくなるような祟りの話しをしてさしあげたくもあるのですが、デイトンに遊びに行かれるご計画を台無しにするのも悪く、先のばしにすることにして。もうちょっと微笑みの国の思ひ出話を、極力長くならないように注意しながら。

もう、誰か死んでもしりませんよ、、、

〇イランドにかかわる仕事をしていた時、二か月か三か月かに一回のペースで、西日本の輸入業者の方々を募って、本国の輸出業者との商談にミッションを送るようなこともやっていた。旅行の手配は旅行代理店の方に、相手の輸出業者の手配は本国の役人にやってもらうので、僕は全体のコーディネータ的存在として、同行。ある程度の人数に達した場合は添乗員さんが博多から同行してくれ、そうでなければ〇ン〇ク空港で現地のガイドさんが待っていていて。

参加者については、リピータとなる業者さんが多く、〇イランドに行くのは、仕事が目的だけだと物足りなくなるようで。商談は一日で切り上げ、リゾート島にゴルフその他に行くパターンが多いかったが、そこまでは足をのばさず、〇ン〇クの歓楽街や割と近いビーチに夕方から出かけ、夜中過ぎに戻ってくる人も結構おられ。

そうした夜の誘惑ってのは、すぐにご一行の中で伝染し、出発前の福岡空港では、「野比さん、私、実は海外は初めてで、〇ン〇クなんてところはえずか(怖い)けれど、大丈夫でしょうか」とおどおどしていた輩が、最終日に〇ン〇ク空港に向かうバスの中ではすっかり夜の〇ン〇ク通になったかのようであれこれ自慢しているのが耳に入ってきたり。経費で落とせるから、参加申し込みには会社の肩書を入れて、愛人を博多から同伴させる人も。

参加者には女性も多く。ミッションの後半の夜には、本国の役人がホストになって、歓迎ディナーが催されるのだがが、最初参加するように言っていた女性軍がごぞっとドタキャンされることも。「息子の都合が急につくことになったので、野比さんごめんなさい」とのことで。僕が「へえ、息子さん、こちらの大学にでも留学されているんですか。〇ン〇クには世界的な名門大学がいくつもあるって聞いてますから、すごいですね」と言うと、「いやあそんなあ、大した息子じゃないのよ、ほほほほほ」と。

ミッション最後の夜に僕が必ずやったのは、参加者の一人一人に宛てて、「明日のロビーでの集合時間はxxx。部屋を出る前に必ず、貴重品ロッカーの中を確認してください」と便せんに書き、それにミッション参加のお礼の一言を添え、各部屋のドアの下の隙間から入れておくこと。注意事項は添乗員さんや現地ガイドさんがすでに伝えていることなのだろうが、これだけは欠かせないようにしており。手紙の作業は自分の部屋でやるとすぐに眠くなるので、ロビーの片隅のテーブルで書くようにして。

ロビーでの仕事が遅い時間になった場合、参加者の連れ込み、またはお相手さんの見送り場面を目にすることもあり。博多ではかなりの肩書のある人が孫のような年齢の女の子を連れてエレベータに消えていったり、女性たちがビーチボーイと濃厚な別れのディープキスをいつまでもしていたり。息子さんと言っていたのは、金持ちの日本人女性相手に夜のベッドで金棒と化す息子が自慢の浅黒い肌の息子さんのことだったのか。

円高、バーツ安、万歳。正直、金がなかったら誰もあんたなんか相手にしないって知っていた?なんて面と向かって言いたくなるような人が多く。本多勝一の「貧困なる精神」に出てきたようなエコノミックアニマルどもにげんなりする自分、そんな連中にペコペコしている自分に吐き気を覚える自分。

一度、唾をとばして、〇ン〇ク市内のミッション会場からホテルへ向かうバスの中でビーチボーイの絶倫ぶりを論じていた女性の二人組にたまりかね、「他の方がおられるから、そういう話はちょっと遠慮してください」と注意すると、気の強そうな方が、

「野比さん、なんばいいようとね。〇イランドへ一人で来る人なんて、男も女もみんなあれが目的って知っとうくせして。みんな、私たちの話を聞いて楽しんどうとよ」

「みんなとは限らないですよ」

「野比さん、あんた、知らんとね。私たちがこの世に生を受けるってのは、〇ん棒から外にでた何億って精子のうち卵に達したたった一つのおかげでできるんよ。その何億分の一の確率で生まれた日本人の私と、何億分の一確率で生まれた〇イの男の子が出会う可能性ってのは、何億分の一割る何億分の一、ものすごい偶然やろうが。そんな二人が思う存分愛し合うってのは、ほんとすばらしかことなのよ、分かっとうね」

なんか、彼女の計算式は間違っているような気もしたが、僕の目の前にいる、ビーチボーイの息子に股を広げるのが生きがいの厚化粧の女の目はどこかうつろで、女の頭の上には、天文学的な数の精子がうじゃうじゃと右へ左へと泳ぎ回っている天の川が広がっているようだった。その隣の女も、同じような目で、何かにうっとりとしているように見えた。見渡すと、多分彼女たちの話を聞いていたほかの男や女たちも同じような顔をしていた。

夕方のラッシュにはまり、なかなか前に進まなくなったバス。前方を横切るバイクの群れを眺めているうちに、この仕事はそろそろ限界かなと思い、さらには博多、いや日本からも出ていこうかなと思い始めていた、サワディークラップ
2018/08/10 [November 17] URL #- 

*

タイにはこれまで相棒と4回行っているのかな。それもリゾートじゃなくて全部バンコック市内泊。目的は相棒も大好きな屋台の食倒れで、もちろん歓楽街へも足を伸ばすけど、外から眺めるだけで一歩を踏み出す勇気はなし。

タイの現実もネットでは垣間見ることができるけど、それを現実に眼の前で体験する勇気がありません。

でもタイの食べ物は美味しいし、疲れたらマッサージを受けたり、優しい笑顔の女性たちを目にするのもいいものです。何より物価が安いのは私たちのような貧乏人には嬉しい限り。また行ってみたいなぁ。

しかしずるいのかもしれませんが、November 17さんが言うような「天の川」はあまり見たくないというか、知りたくないというか・・・。
2018/08/10 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* グリコ一粒300メートル、中華一皿だったらさらに遠くへ

(前置きの前置き)川越さん、屋台の食い倒れってたのしそうですね。でも、倒れたままおきあがってこなかったらこまりますよね。今日はちょっと怖めなので、目を薄目にして読んでいただくのがよろしいかと。もちろん、トイレは先に済ませておいて。

(前置き)Septemberさんが長年住んだ一軒家を出らざるを得なくなり、現在のアパートに引越しするまでの断捨離の道、肉まんじゅうをかじりながら安住を拒絶するわにさんの打たれ強さ、都会の便利さにあえて背を向け雪国へ踏み込んだ川越さんの勇気。Septemberさんのおブログと下に垂れ下がるサロンで交わされるお言葉に、明日への勇気をもらわれる方もさぞ多いかと。

僕も引っ越しを機会に新しい人生の扉を開く、なーんて思った時期もあるのですが、今住んでいるアパートには12年前の2006年に転がりこんで以来すっかり根が生えてしまい、カミさんはさらに8年前から住んでおり。そろそろ今の仕事も辞めたいと思ってはいますが、遠くの地で職を探そうというモチベーションはなかなか起こらず。

僕らが住んでいるところは、オハイオ州の州都コロンバスのダウンタウンからそう遠くない全米でも有数のマンモス大学と低所得者層の住むゲットーの中間に位置しており。大学の自由な雰囲気と若者たちの活気、いろいろな肌の色の人たちに最近では性的マイノリティの方も増え、彼らがもたらす多様性、そして中途半端な貧しさと不満も混在し、中途半端な僕にとってはそれなりに居心地のよい場所でもあり。おそらく周囲2キロ以内に日本人が他に一人も住んでいない(だろう)というのも悪くなく。

アパートと大学との間には小さな、そして比較的安価なレストランやバーが多く、純粋な日本食こそはないが、アジア系の食べ物には事欠かない。で、中華レストランの場合、食事の後の請求書と一緒に、フォーチュンクッキーと呼ばれる、運勢を書いた小さな紙のおみくじのようなものが中に入ったクッキーが人数分でてくる。フォーチュンクッキーてのは北米にある中華レストラン独特のものと思っていたが、念のため検索すると、AKB48の曲に「恋するフォーチュンクッキー」てのが出てくるので、日本でもあるのかしらん。

では、そろそろ。

***

(本題)九年くらい前、アパートの二つ隣の部屋には、もと軍人のスコットとその妻トワイラが住んでいた。元軍人とはいってもスコットはまだ40前で図体はかなりごつく、年上のトワイラは小柄だが気が強く、二人はよく喧嘩していたようだ。スコットの方が逃げ出してしまうことが多いようで、裏庭に面したポーチで神妙な顔をしてタバコの煙をくゆらしている彼を見かけたと思ったら、次の日には手をつないで散歩しているのを見かけたりするで、「外れたふすまと夫婦喧嘩ははめれば直る」ってのは、どこでもいっしょなのかとうなずいたり。トワイラには前夫との間に男の子がいたが、父親の方とくらしており、スコットとの間には子供はなかった。

トワイラはやたらとモノを借りたがる人で、ジャイアンに貸したモノが戻ってこないのでドラえもんに泣きつくしかないのび太的に、夕方になって彼女が我が家のドアをたたくと、僕はかなりうんざりした。でも、だいぶ経ってからスコットが返しにくることが多かった。その代わり、トワイラは中華とか食べたい時は僕らを誘ってくれ(多分僕が選ぶものに興味があり)、たいがい払ってくれたから、Septemberさんが勘定の際よく使っていた表現「ないとこ」が成り立っていたのかもしれない。

ある朝、そのトワイラは急死した。朝、救急車が来ており何事かとびっくりしたが、僕はそのまま出勤。昼ごろにカミさんから電話があり、トワイラが亡くなったことを知った。どこにいっていたのかは知らないが、前夜スコットは家に帰っておらず。朝アパートに戻るとカウチの上で目を開き、口から泡をふいているトワイラを見つけたそうだ。

怪我や病気からでもなかったから、司法解剖に送られたが、最後まで死因が分からなかったそうだ。葬儀に参加した大家さんの話では、トワイラの家系は短命が多く、兄や姉はみな50前になくなっていたとか。トワイラは昔ドラッグ中毒だったことがあったそうで、足はあらっていたが、体のどこかに異常が残っていたのかもしれないとの。

妻を亡くしたスコットはポーチで黙ってタバコをふかしていることが多かった。引っ越してきたころは、車の修理工見習いとか聞いていたが、果たして勤めているのか、よくわからない風。自分からほとんど口を聞こうともしなかったし、表情はますます乏しくなっていった。

スコットが元気を取り戻したのは、すぐ隣に住む女性(うちにとっても隣)とねんごろになってからであった。女性が帰宅すると、すぐにスコットは隣に入っていったようで、時々笑い声が聞こえた。隣の女性は、スコットより年下で、闘鶏のようなトワイラとくらべるとはるかにおとなしい人だったので、スコットには心休まる相手だったようで。

ある日、大家が裏庭でバーベキューを企画した。アパートの三世帯(実際はもう一世帯のスペースがあるのだが、ある事情で二度と人には貸せなくなっていた)が呼ばれたのだが、そろそろ火をおこす準備をと思ってたら、急に曇りだし、やがて大雨になったので、中止。家の中でやるわけにも行かず、ビールは飲みごろに冷えていたので、僕が中華料理の持ち帰りを買いにいくことになった。

スコットの部屋でやることになり、僕は久しぶりにその部屋に入った。トワイラがその上で亡くなったというカウチはもうそこには存在せず、中華はダイニングのテーブルの上に並べられ、勝手にさらに盛って、カーペットの上に座って食べ、ビールを飲んだ。そのうち仕事で遅番だったカミさんも加わり、中華の残りをつつき始めた。

かなり酔っ払っていたスコットが笑った、「おいおい、この中華についてきたフォーチュンクッキー、(おみくじの)紙には何も書いてないぞ、むしゃむしゃ」

「変ねえ、私はちょっと前、二枚入っていたことがあるわよ、ふふ」と隣の女性。「ラッキーってことかしら、だからこうして」と横になってスコットのたくましい太ももに頭を乗せた。彼女の目はややうつろになっており、今晩のスコットとの合体を考えはじめていたのかもしれない。

僕は「へえっ」といったくらいで大した反応もせずに、カミさんの顔を見た。カミさんの顔はちょっと青ざめており、僕にたずねた「のび太、今日の中華、あなたが買ったの?で、どこで」

僕が名前を言うと、カミさんは黙り込んだ。

やがて、バーベキューの代わりの中華と飲み会は終わり、僕らは自分たちの部屋に引っ込んだ。

「ええと、あの中華レストラン、嫌いだったんだっけ。かなりうまかと思うっちゃけど」とカミさんに僕が言うと、

「トワイラが亡くなった時のこと覚えている?」

カミさんの話では、スコットも僕もいなかった夕方、トワイラとうちのカミさんだけで近くの店、つまり今日僕が持ち帰りをした中華レストランを食べにいったそうだ。食事の後でフォーチュンクッキーを食べていると、トワイラが声をあげたそうだ。

「変ねえ、ほら、フォーチュンクッキーの紙に何も書いていない」

「うーん、つまりあなたの未来は白紙、あなたが書き込むことになっているのよ」とカミさんが言うと、「図書館に勤めているだけあって、あたたちょっと詩的ね」とトワイラは笑い、バリバリクッキーを食べたとか。そして、その数日後の朝、トワイラは変死した。

「同じ店のフォーチュンクッキーで、同じように白紙だったスコット大丈夫かしら」

「そんなの偶然、中華のフォーチュンクッキーにはいっているちんけなおみくじの紙なんて、いい加減なところで印刷しているはずだから、印字しここなった白紙なんてざらにあるはず」

「のび太、あなた、結構中華好きだけど、これまで白紙だったことある?」

「そういえば、一度もないねえ、、、」

翌週かその翌々週か、スコットはちょっと二、三日実家に行ってくると彼女にだけ言って、隣の州に車で出ていった。そして二度と帰ってこなかった。実家のガラージで首を吊っていたのが発見されたという。

大家さんが彼女から聞いた話では、そんな素振りは全くなく、アパート隣同士で二部屋借りるのはもったいないからと、どちらかの部屋で一緒に暮らすことを計画中だったとか。彼女の方もそのうちアパートを出ていってしまった。

トワイラとスコットが住んでいた部屋には、しばらくして、若い夫婦が引っ越してきた。すごく仲良さそうだったが、やがて口論が絶えなくなった。

ある日、路上駐車しているスバル号を発進させようとしていた僕の耳に大声の夫婦喧嘩が飛び込んできた。

「あんた、私がちょっと煙草を吸いにポーチに出たくらいで、どうしてドアに鍵かけるのよ、嫌がらせ?」

「俺はずっと上にいて、鍵なんてかけてないぞ」

「うそ、いつも煙草をやめろやめろって言ってるから、わざとでしょう」

「だから、上にいたからしらないって言っているじゃないか。ガチャって音が聞こえたから、お前はポーチにでてから自分でかけたんじゃねえの」

「そんな、私は鍵なんかもってでてないわよ、ほら」

その二人は、トワイラとスコットのことは知らない。二人はファーストフードなんかより、大学の近くの中華が好きだと言っていた。その二人はもうその部屋には住んでいない。生きているとは思うけれど、まだ夫婦でいるのかはしらない。

そしてあの中華レストランは、、、今でも実においしい。
2018/08/11 [November 17] URL #- 

*

アメリカって国の人々は、個人主義的で「お隣がなにをしていようが関係ないさ」と一向に気にしないのかと思いましたが、意外と近所のことをかなり内部にまでわかってしまうものなんですね。そういえばガーデンパーティは日常茶飯事とも聞いたことがあるので、そんな時にちょこちょこと壁の内側の秘めた事情が伝わってくるんでしょうか?

振り返って自分のことを考えてみると、身の回りでNovember 17さんが体験したような経験は全く記憶にありません。日本の都会は、壁一つ隔てた隣に誰が住んでいるのか知らないほどですけど、パーティなんてやらないわけで、アメリカよりもずっと閉鎖的な生活かもしれません。

まっ、今の生活は正反対で、隣近所の誰のところに誰が何を持って行ったとか、三件先の夕食が何かまでわかるような地域なんで、何かあればすぐにわかってしまいますけど。
2018/08/11 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/08/11 []  # 

*

花へんろ総集編

沢村貞子
加藤治子
中条静雄
下條正巳
沢村貞子
藤村志保
南利明
イッセー尾形
桃井かおり
河原崎長一郎

誰か覚えてますか?皆様。

2018/08/11 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* 一番下の河原崎長一郎さんは

みんさん、

平凡なサラリーマンのお父さんてな役がうまかったような。

山田太一原作・脚本のテレビドラマ「早春スケッチブック」の中で、岩下志麻演じる彼の奥さんが山崎努演じる昔の恋人のフォトグラファー(不良っぽく影があってかっこいい)と再会し心乱し始めるのを知って嫉妬に狂う役が秀逸だったように記憶しております。確か、Septemberさんが山崎の役は自分がモデルと言ってたようにも。

で、一番上の方と、上から五番目の方は確か、映画「リング」に出てませんでしたか?
2018/08/12 [November 17] URL #- 

*

沢村さん二度出ししてしまいました。
その貞子じゃないし。
じゃあ、二度目は佐藤友美さんに差し替えてください。

早春スケッチブックですか。
題名はなんとなく記憶にあるけど、見てないかも。
山田太一なら、岸辺のアルバムが一番よく覚えています。
現実の多摩川のニュースの記憶と共に。
ジャニスイアンの曲に合わせてゆっくりと家が流されてゆく。

留守宅の勝手な宴会を後ろから呆れて見てるSeptemberさん。
何も言われないのをいいことに、どんちゃん騒ぎしている私達勝手な客人、なんちゃって。

てか、どこでもドア開けたら、あれ?ここのび太さんちだっけ?
2018/08/12 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* 最近のサロンの風紀の乱れについて

元、Septemberさんの部下として、Septemberさんもはや呆れるどころではないのでは、と心痛めるこの頃であります。

みんさんの「のび太さんちだっけ」は、僕のコメント数というよりは、ズバリ字数が多さに問題があるかと。昔からの癖でして、一旦何かについて書き出すと余計なことまでえんえんえんえんと吐き出してしまう。で、もともと何についてだったのかさえ忘れてしまう。太宰治みたいにつぶやくと、書いてすみません。

で、文章に太宰が出てくると、「太宰と言えば、僕が昔三鷹に初めて行った日のことですが」と勝手に指がキーボードを叩きはじめてしまうのです。

なんちゃって会計士として一日中数字ばかり追っかけているから、言葉に飢えているのか。僕は例え入水自殺しても、下流に流されながら、ぶつぶつ言っているかもしれない。かと言って、自分でブログを初めようかとは一度も思ったことなく。Septemberさん以外の方のブログにお邪魔することがあっても、一度もそちらにコメントを書いたことはなく。

Septemberさんのサロンで甘え続けるのが、Septemberさんの腕にずっと抱かれているようで心地よいのか、いつか昔の復讐をしようと企てているのか、自分でもよくわかりませんが、気がつくと、最終的にエロ話しや怖い話の袋小路に一人でポツンとしている寂しい中年男の自分を発見してしまい。そんなつもりではなかったはずなのに。

一点、言い訳させていただきますと、僕のどうでもいい話のほとんどは、Septemberさんのブログやどなたかのお言葉のある部分がきっかけとなり、「ところで~と言えば」で始まっております。ヨコハマのネエサン(そういえば、実姉もハマに引っ越したまま)のように、脈略なく、いきなり「ワールドカップ」とか「花へんろ総集編」がすっぽんぽんで躍り出てくることはなかとですよ。ご素面でしたら、それも勇気あるご一筆と感心しており。
2018/08/13 [November 17] URL #- 

*

November17さま

「怖い話」私は割と好きです。
川越さんは信じちゃう可愛い人だから恐いんでしょうけど(笑)

でも、これまでの話ぜ~~んぜん恐くもなんともないのが残念です。
中華屋のフォーチュンクッキーの白紙のおみくじに、
日常のアレコレを関係付けて怖気づく素朴な人達ってほんとにいるのかな。

それと強烈に驚いたのが博多の女性ってタイに行って男を買うんですか!!
男が買うのは聞いたことがあるけどー。
同じ日本人としてあさましくて恥ずかしいんですけど・・・
昔の事ですよね(そう信じたい)
ある意味これが一番怖い話でした。

とっておきの怖い話、まだ隠してますか?








2018/08/13 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

>ムーさん
そう、何事につけ、影響されやすいタイプだとは自覚してます。でも実際自分で色々体験してしまうと、そういうことってあるのかもしれないって思っちゃうんですよね。

タイの買い物おばさんの話は今でもあるんじゃないかな。海外の男性の場合は少々のお金があれば好きにできるから、いろんなことに手を出して身を滅ぼす人もいるようですけど、お金があれば自由にできる環境は男女一緒だし。もちろんそんな女性は極々一部だろうけど、それだけに目に付いちゃうってこともありそうです。

>次回幹事さんのみちをさん、でしたよね?(^^)
ここは立ち寄った人が好き勝手にとっちらかして遊んで行けるサロンなんですよね。草ぼうぼうもいいじゃないですか。草も生えないなんてことになったら寂しいしね。
2018/08/13 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

川越さん

「実際自分で体験してしまうとあるのかと思っちゃう」
ってそうなの?
怪談めいた不思議で怖い体験したんですか?
ぜひぜひ川越さんの「怖い話」も聞きたいです~~

私はね、木がうっそうとしてる場所で、
なんかいや~な感じを感じることがあります。
立ち入りたくないなーやめとこうってそれだけなんだけどね。

思い出したのは、
「私って霊感が強いくて怖いめによく会うの」って友人が居てね、
その世界に詳しい人が彼女にアドバイスしたのが、
「ムーさんのそばに居なさい。彼女は変なものを寄せ付けない人だから」
これってどうなんだろうね。
私には妖怪も寄ってこない?(笑)



2018/08/14 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* コメント100回記念。

確か、大昔ですが、日本の大学教授夫人達が、欧州の上流階級のご婦人達を真似て、アフリカで現地の男性を買って、楽しんでいたて話を、耳にした事があり、その後、その教授夫人は、エイズに感染した事がわかって、自殺されてしまったって、怖いお話があります。
コメント100まで、あと1つ!!
なかなか、今回は楽しいですね。皆様、そう思いませんか?
2018/08/14 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

*

>ムー様
怖い話は知らないんですけど、自分が勝手に怖かった話は幾つかあり、ブログに書いています。私のグログの画面右下にある「タグクラウド」の一番下の方に「怖かった話」というのがあります。ここをクリックするとブログ内の怖かった話がまとめて出てきます。だらだらと長くて読みにくいですけど、気が向いたら暇つぶしにでも見てください。鬼の話はご希望なら送りますが、送り先を知らないなぁ。(^^:
2018/08/14 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

>みちをさま
それは怖いですね。死を決意した人の表情は違うんでしょうね。実は自分もいっとき経済的にも精神的にも生きていくのが厳しいときがあり、自殺などは考えませんでしたが、突発的に生きるのを止めてしまうんじゃないかという思いのときがありました。そんな頃、何も考えていないとき近い人に「そんな顔するんだ」と言われてハッとしたことがあり、その言葉以来気をつけるようにしました。

そういえば都心へ向かう路線の運転手をしている知人がいるんですが、初めての時はしばらくご飯も食べられないと言っていました。避けたくても避けられないし、目の前で飛び込まれたら悲惨です。運転手は多かれ少なかれ経験していると聞きましたが、何度かやると怒りの方が先に出ると言っていました。もちろんそんなことは口に出せませんが。
2018/08/14 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

川越さん

おめでとうございます!コメント100を当てましたよ!!
September30さんから賞金か賞品が出るそうですよ!
いいないいな~~~(笑)

「怖かった話」読みました。
上手いですねー文章。ひきこまれます。
伊豆の宿の話は怖いものが出て来ないだけにいっそう怖かったです。
川越さんの文才を発見したことが何だか嬉しい。

「鬼の話」というのは十二様の話ですね。
この十二様・・もうこれだけで何だか恐いです。
さて、読んでみたいけどここにメールアドレス書くわけにはいかないしなー困ったなー(笑)


2018/08/14 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

怖い話が次々に出てきてる。
僕はといえば川越さんと同じで怖い話が苦手なんだ。
みちをさんみたいな恐ろしい経験もまったくないしね。
いや、あったかもしれないけど完全に忘れちゃうほどのどうってことのない話だったのだろう。
だから盛んに怖い話が飛び交うこのサロンで僕は行儀よく人の話を聞くだけだ。
酒の1滴も飲めない男が酒池肉林の宴会で人に囲まれてる、そんな感じ。

なにしろ最近の僕は釣り堀を経営するおじいさんのようだな、と思う。
サロンの主にとっては釣ろうとする人も釣られる魚もその両方がお客だからね。(笑)


2018/08/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

>ムーさん
実は鬼の話はタイトルだけで、本文は公開していないんです。希望者にはメールしているんですけど、September30さんに転送してもらうというのはどうだろう?ご存知ですよね、もちろん。あっ、文才はないので・・・すみません。

どうですか、September30さん。お願いできますか?
2018/08/15 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

精力的な釣り師と、か弱い魚とのあいだで中継者になるのは
もちろんOKですよ。
若い頃ボストンでピンプをやったこともあるので「昔取った杵柄」というやつ。
だから話がこじれたら、僕はもちろん女性側の味方です。
鬼の話を送ってください。


2018/08/15 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

>September30さま
快く受けていただいてありがとうございます。先ほどメールさせていただいたので、ムーさんへ転送してください。よろしくお願いいたします。

>ムーさん
そういえば忘れていたけど、どうしてコメントが100ってわかるんですか?ナンバーはどこにも出ていないようなんですけど。見るところがあるのかな?

でも区切りのナンバーでご褒美がもらえるのは嬉しいなぁ。(^^)/
って、勝手にこちらだけで決めてますけど。(^^;

それと文章を褒めていただいてありがとうございます。素直に嬉しいです。昔から作文は大の苦手だったので不思議ですが、上手な人ならもっとリアルに書けると思うと、文才があればなぁと少し悔しくもあります。
2018/08/15 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

川越さん

コメント数は記事の一番下に「コメント」ってあって、
そこに数字が書いてあるでしょ。
コメントをクリックしてコメントを読んだり書いたりしてますよね。
こないだ一番下が102でその二つ上に川越さんのコメントがあったからですよ~~(笑)

それと何で上手い文章と思うかだけど、
ああいうあいまいな状況を短い文でわからせるのって難しい。
洗面所のどの位置に部屋があってその部屋は建物のどの位置かが、
映像になって浮かんでこなきゃ読むほうは何度も読み返します。
そして、どういうふうに恐怖が来たかもね。
私があの長さで書いたら書き直し10回ぐらいしないと無理。
全部のお話がそういう具合に書いてあるよ。

ご褒美が出るなって勝手に思ったんだけど(笑)
ほら、September30さんてそういう洒落た事するセンスの人じゃない?
100コメント記念にはきっとご褒美を出すと思うの。

ねーーーそうでしょ?September30さん。


2018/08/15 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

みちをさん

クイズをやっても差し上げる写真がない、と言ったのは
新しい写真がない、という意味。
過去のブログ記事上の写真ならもちろんいつでもプリントできるけど
すでに何度も当選した人なら選択の余地があまりないんじゃないいかなあ。

それとムーさん
コメント100人目のお祝いに賞品を
というアイデアは悪くないね。
でも
前もって公表しなかったからこれは無しにしようよ。
事が起こったあとでいろいろ取り繕うのはトランプが毎日ホワイトハウスでやってるから
嫌いなんだ。


2018/08/15 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

ムーさんへ転送するメールがなぜか来てないんだ。
もう1度送る?
アドレスはコメントを送るのと同じアドレスでもOKです。
2018/08/15 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/08/15 []  # 

*

そうかー、非公開コメントで提案しとくべきでしたね~~
先走ってごめんなさい。

川越さんにも期待を持たせるようなことしちゃって、
ごめんなさいね。

それと私へ送ってくださるメール、
ご面倒をおかけしてるようで、すみません。
川越さんのブログへ自分でアドレスをコメントすればすむ事だったと今時分気が付きました。
そのほうがいいでしょうか?

2018/08/15 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

>ムーさま
ああ、そうなんですね。本文の下に「コメント」があるなんて初めて知りました。いつもは新しいコメントがあるかどうか確認して、そのコメントをクリックして読んでいました。新しいやり方を教えていただいてありがとうございます。

それと文章のこと、「そうなんだぁ」と思いました。いつも長くなってしまうので、できるだけ短くなるように気をつけていましたが、それでも無駄に長くなってしまい、文才がないなぁと感じていました。
怖かった話は色々経験しているかもしれないけど、怖がりのせいかすぐに忘れてしまうんですよね。でも時々思い出してくるので、そんな時に書くようにしています。「田舎の伝承」も時々気がついたら書き足すようにしていますので、そちらも興味があれば読んでください。(^^)/

それから、鬼の話は近いうちに届くと思います。
2018/08/15 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

>September30さま
もしかすると迷惑メールになっているかもしれません。ヤフーメールはよく迷惑メールに分類されてしまうようです。でも一応コメントでも送りましたので、ご確認ください。
2018/08/15 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

September30さま
川越さま

「鬼の話」受信しました。
ご面倒をおかけした甲斐がたしかにあるお話でした。
お二人にお礼申し上げます!
2018/08/16 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

>ムーさま
今回も無駄に長いばかりで、怖いところは一箇所もありませんが、ありがとうございました。(^^)/

>September30さま
お手間をとらせました。ありがとうございます。それと「ピンプをやったこと」のお話も読んでみたいです。でもそういうのはあまり人にいう話でもないかな?
2018/08/16 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

怖い話には全く興味がなく、幽霊とか霊とか全くどーでもいい私なのですが、ムーさんが鬼の話、読んだ甲斐が確かにあると。
ムーさんにそう言われるとちょっと読んでみたくもあり。
どうなんでしょうか?川越さん、ムーさん。
2018/08/17 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

僕のブログは始めから「人に言う話ではない話」ばかりなのでその点はかまわないんだけど
このピンプの話だけはちょっとまずい。
つまり
現在まだ活躍中の女性たちが登場人物なんだ。

2018/08/17 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

>September30さま
わはは、それはちょっとまずそうですね。まずそうな話ほど面白そうでもあるけど、今回は諦めましょう。(^^)/

ついでに、みんさんにも鬼の話を送っていただけますか?
2018/08/17 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

>みんさん
鬼の話はSeptember30さんから送っていただけると思いますので、しばしお待ちください。
2018/08/17 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

September30さん

ピンプピンプって出てきますが、ピンプってなんですか?
2018/08/17 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

川越さん、読ませていただきました。

読み応え確かに。
民俗学の本を読んでいるような。

川越さんの話は
深い山の中の集落の一軒家の囲炉裏端で訥々と肩られる伝承話を聞いているような。
語り口はお年寄りのそれではありませんが、何かそんな、怖いと言うよりも淡々としていていいですね。

ここのところときどきよんでいる白洲正子のかくれ里を思い出しました。
ありがとうございます。

Septemberさんもありがとうございます。
2018/08/17 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

>みんさん
白洲正子を連想するなんて、ちょっと恥ずかしくなります。それに人様に読んでもらうような話でもないし。でも越後には雪女もいれば鬼も何人もいたんですよね。お隣の長野にもたくさんいたようですけど、「鬼無里」のようにみんな退治されちゃった。でもそんな作り事のような過去のお話が、実は元をたどれば一人の鬼だったかもしれないと考えるのは面白いです。

そうそう、山神様を祀る社が多いこのエリアですけど、面白いことに山や谷を越えて群馬まで足を伸ばし、果ては東北まで言い伝えが残る弥三郎婆ですが、信濃川を渡るのは苦手だったのか、距離は短いのに対岸はいきなり社の数がなくなるんですよ。不思議といえば不思議です。

その代わりにこの地域のそばには信濃川を奴奈川姫を背にして渡るシカはいて、そこは「越後鹿渡」と地名がついています。ここは十二峠を下った先にあります。
2018/08/17 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント