過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

拷問

afm03-blognew.jpg

待ちながら
Dayton, Ohio USA


アメリカ人というのは、概していうとすごく辛抱強い国民だと思う。 およそそういう辛抱強さというか我慢強さのようなものを生まれつき持っていない僕からみると、驚くのを通り越して呆(あき) れてしまうことがよくある。

先日もそうだった。 アメリカ人の知人数人と急に晩飯を食べに行こうということになり、彼らがどうしても行ってみたいという盛り場のど真ん中にあるレストランへ行った。 このあたりではわりと知名度の高いレストランだったし、金曜の夜ということもあって、予約も無しでいきなり行くことに僕は気が進まなかったが、ほかの連中に引っぱられるようにしてついて行った。
予想したとおり、レストランはギュウギュウに混んでいて、入り口にも外にも待つ人たちで溢れている。 メートルディーに名前を残す時に、たぶん2時間は待つことになるだろうと言われた。 2時間だと? 腹がペコペコの状態で2時間も待つというような非人間的な忍耐力を、僕は両親から受け継いでいなかった。 ところがいっしょにいたほかの連中はまったく気にしていない。 ドリンクを飲みながら待とうということになってラウンジに移動してみると、そこも満席で大部分の客たちは床に立ったままグラスを片手にしている。 飲み物を注文するのでも、人ごみをかきわけてカウンターまでたどり着くと、ひとの肩越しに飲み物の名を怒鳴り、キャッシュで支払いをして、またひとの肩越しにグラスを受け取る。 そんなに苦労して手に入れたドリンクも、どんなにゆっくり飲んでも15分で終わってしまう。 まだあと1時間45分あるわけだ。

そうするうちに僕は、昼間の疲れが足に来たうえに空腹が手伝って、どこでもいいから座りこんでしまいたいという強い衝動に襲われる。 もちろんかなわぬ夢だ。 すこしふらふらしてきたようだ。 もう1度時計を見る。 さっきから10分たっているので、あと1時間35分の辛抱である。 音量の高すぎる音楽と人々の怒鳴りあう騒音の中で、僕は頭が痛くなってきた。 そしてほかの連中が楽しそうに話をしているのをみているうちに、僕はだんだん腹が立ってくる。 これはもう拷問以外の何ものでもない。 僕は決心をすると、気分が悪くなったから帰る、と連中に告げて(それは嘘ではなかった) 逃げるようにしてこの馬鹿馬鹿しい群集を離れていった。

すぐ向かいにあるマクドナルドへ入ると、何年ぶりかで食べたビッグ・マックのなんと美味しかったこと!
しかもフレンチフライとオレンジソーダが付いてくるその豪華な夕食は、さっき飲んだ1杯のドリンクよりもずっと安かった。




ダイエット食品なんていうものは
おいしいステーキが焼きあがるのを待ってる間にだけ食べるものよ
Julia Child



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

まったく同感です。言い訳、待たされることの平気さ、これらにはアタマがあがりません。私もかなりの忍耐強さがあると自負していますが友人は私の空腹時はストレスが上昇すると知っているのでそのような誘いはしてないのが救いですが。。。
2011/02/26 [kp] URL #- 

*

はい、バーから路上にあふれ出て立ちながら何時間でも喋れるし、牛歩の100M行列でも喋りながらやり過ごしてしまえるのは本当にすごいと思います。
2011/02/26 [hsURL #X037UcDo [編集] 

* Re: No title

kp さん、最近はそうでもありませんが、私が空腹の時は誰もそばに近寄らなかったものです。犬や上司でさえも。
何となく身の危険を感じるのでしょうね。
2011/02/26 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

*

今は色々な国の人に囲まれているのですが、一緒に居て一番落ち着くのはなぜだかドイツ人です。思考形態、行動体系が酷似。
金髪碧眼の着ぐるみを着て実は中身は日本人だと思われます。北欧の人も着ぐるみを着ています。
2011/02/26 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: No title

hs さん、そういうところを、我々はアメリカ人から学ぶべきかもしれません。
ただし、お腹が空いてなければの話です。(笑)
2011/02/26 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micioさん、それはおもしろい考察です。
経験のない私には何も言えないのですが、ひょっとしたら、ドイツ人が日本人に似ているのではなくて、micio さんご自身の思考形態や行動体系が、ドイツ的なのかも知れない、と考えたことがありますか?
2011/02/26 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

*

思わず笑ってしまいました。
私もおそらく、September30さんと同じことをしていたでしょう。

それにしても、そのエピソード、ちょっと考えさせられました。
よく、ニューヨーク(NYCのこと)は、アメリカではない、と言われますが、本当だわ、と。
だって、ニューヨーカーは、レストランで2時間は待ちませんもの。おそらく、30分から、せいぜい45分止まりでしょう。
それに今は、OpenTable.comがありますから、ただ、並んで待つ、と言うことをしない人たちなのです。
September30さん、いつでもNewYorkerになれますね。
(なりたくない、と仰いそうですが 笑)。
2011/02/26 [けろっぴ] URL #9dA1TShk [編集] 

*

私もつい笑ってしまいました。でも驚いたのはアメリカ人が概ね辛抱強い国民だと書いてあったことです。私の中では大雑把なイメージとして、アメリカ人は待つことが嫌いな国民だと思っていたフシがあります。というのはおそらく、ちゃんと考えたことがないということが1つ。そしてけろっぴさまが仰っている「ニューヨーカー」のイメージが、なにかの映像で頭にあったんじゃないと思います。お昼を食べながら会議、移動の合間にハンバーガー、ハンバーガーは車で注文し、そのまま受け取って帰る(ドライブスルー)、などなど。思えばちゃんと見たり、考えたりはしていないのに、イメージが頭にあるって恐いことかもしれませんね。
2011/02/26 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* 待つことは

きっと苦手なようで得意な分野です。
待つ事にもいろいろな種類がありますものね。このエピソードの類いなら、私はきっと一緒に待ってしまうと思います。そのへんはフランス人化したのでしょうか?
2011/02/26 [inei-reisan] URL #rayiHRxo [編集] 

*

単純に、彼らは私達より「体力」があるのではないでしょうか。ふとそんな気がしました。ぎゅうぎゅう詰めの空間で、グラス片手に立ち続けるのは、かなり体力を消耗します。

私はseptemberさんと同じで、待つことは出来ません。やっぱり向かいのマクドナルドに駆け込むような気がします。
2011/02/26 [ばけねこURL #FXrcM1hg [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、二時間も待たされるのは私も初めてです。もっともこのレストランは開けてからまだ日も浅く、前評判からすごかったのですよ。
お腹が空いている時は30分でも待つのは嫌ですね。もっともお腹が空いてなくてレストランに行くことはないわけだから、私の許容限度は常に15分ぐらいかもしれません。もっとも、ゆっくりとくつろげるバーでもついていれば、もちろん1時間でも待てるでしょう。
2011/02/27 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

川越さんが持っているイメージはビジネスの世界でのアメリカ人で、それはその通りだと思います。
私が言おうとしていたのは、仕事を離れた時間でのことで、レストランだけではなくバーゲンの店先や映画の封切りなど、彼らは実に根気よく待ちます。
昨日も郵便局にいったら、二つだけ開いている窓口に何十人もの長い列があり、結局30分以上も待たされました。
2011/02/27 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 待つことは

inei-reisan さん、私は不思議な習癖があって、ヨーロッパのレストランなどで、テーブルについてからウェイターが来るまでうんと待たされたりしてもあまりいらいらしません。たぶん、休暇の旅行中でリラックスしているせいか、あるいは「郷に入っては郷に従え」を無意識に実行しているのでしょうね。
それが自分の住むアメリカではだめだのです。
2011/02/27 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ばけねこさん、これはやはり体力というより性癖だと思うのです。日本人と違ってセコセコ(こんな日本語ありましたっけ?)していない。細かなところをまったく気にしない。これは良い時もあればあまり感心できない時もありますね。

ところで、ばけねこさんにコメントを頂けるということは、お忙しい中でPCに向かえる時間と余裕ができてきた、というふうに勝手に解釈をして、とても嬉しいです。

2011/02/27 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/132-54c76249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)