過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

三人の女

T08japan107-blognew.jpg

三人の女


日本海に面する山陰の町の、繁華街に面したとある小さなカフェである。

A
僕のすぐ前のテーブルに座っている女性は日本人ではない。 どこの国から来たのだろう? アメリカ人ではあるまい。 地味でさりげないが行き届いたファッションはパリあたりで見るシックな中年の女性を思いださせる。 こんな田舎の町へ何のために来ているのか? ただの旅行者かもしれない。 
コーヒーを今まさに口に運ぼうとしながら彼女の目は陽光に満ちた戸外に向いているが、実際には何も見ていず、むしろその目は彼女自身の心の中に向けられているようだ。
そばに置かれたショッピングバッグと、持ち上げたコーヒーカップの図柄がマッチしているのは、偶然とはいえこの女性のセンスの良さを暗示しているように見える。

B
カフェの片隅で店内に背を向けて座る人というのは、孤独を好む人である。 僕に見せている左手の指に結婚指輪が無いところを見ると、仕事を持つ独身女性のようだ。 この静かな春の日の午後に、誰にも会いたくないし、誰にも邪魔をされたくない。
今まさに箸をつけようとしているのは肉類の入らない野菜の料理で、食べるものにはことさら気を使うタイプかもしれない。 この時間に気ままに食事ができるというのはフリーで仕事をしている人なのにちがいない。
彼女は目の前の料理に一瞬注意を払うけど、心は膝の上に開かれた建築関係の雑誌に奪われている。

C
このカフェのオーナーに違いない。 一段高くなっている床に今まさに足を踏み出そうとしている。 一日のうちに何百回とこの動作をくり返すのだろう。
長年ひとりでこの商売をやってきた 「したたかさ」 はその厚めの化粧の裏に隠すことができず、僕に職業的な笑顔を向ける時もその目は笑っていなかった。


三人三様。
三人の女たちの描く人生の軌跡がここで交わる。

これだから写真はやめられない。




女に対して嘘をつかない男というのは
女の気持ちへの思いやりがない男である。
Olin Miller





にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* 指輪

残念ながら左手の薬指の指輪の有無で、既婚か未婚かを判断するのは難しいのですよ。特に日本の女性は。
常にしている女性のほうが少ないかもしれません。
仕事のときに邪魔だからと、ネックレスに通していた人もいました。

夢を壊してしまい、申し訳ございません。
2011/03/02 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: 指輪

micio さん、そうなんですか! 驚きです。
アメリカ人は結婚指輪はまず絶対にはずしません。(浮気の時以外は)
日本人に関するこの micio さんの情報は私にはこれからきっと役に立つことがあるでしょう。(笑)
ありがとう。
2011/03/02 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

*

"今まさに”・・・これ、いいですね!
写真は、”瞬間”のキャッチなので面白いと思います。
写真の中に現れるそれぞれの人生、以前も同じようなことを
お書きになっていましたが、それぞれを想像するのも面白い。
カフェにすわり、通りゆく人々や、電車の中で、本を読まずに、
まわりを見まわし(へんなオバサンと思われているかもしれないですねっ!?)、
人間ウォッチするのもたまには楽しいです!
2011/03/02 [bluemillefeuilleURL #Xlf.8pIU [編集] 

* Re: No title

Hana さん、ヨーロッパのカフェというのは人間ウォッチのためにあるのですね。
へんなオバサンやオジサンでいつもいっぱいです。
結局のところ人間ほど興味深い鑑賞物はほかにありませんから。
2011/03/02 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

*

では嘘をつかない女は男性に思いやりが欠けるのでしょうか?
2011/03/03 [kp] URL #- 

*

September30さん こんいちは。 ご無沙汰をしています。
先日、日本から帰ってきました。

人間ウォッチ の最たるもの、それを先日経験しました。
意識は無くても耳は聞こえているといわれている、その今まさに死のうとしている人。
その人を見舞う人、話しかける人、それを見ている私。
お通夜で泣いたり笑ったりの人間劇、告別式。
究極の、これ以上の人間ウォッチはないでしょう。
未だに死んでしまったって信じられない速さで全が流れていきました。

2010/10/25 コーヒー店って ハマ でしょうか。
今回の帰国でそう思いながら通り過ぎたのですけど。
2011/03/03 [のほほん] URL #60nqeuCY [編集] 

* Re: No title

kp さん、私の言葉ではないので、責任は持てませんが、「逆もまた真なり」ということはないと思いますね。
それでこそ、言葉の意味が生きてくるのではないでしょうか。
2011/03/03 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

のほほんさん、お帰りなさい。
たいへんな旅でしたね。心からお悔やみを申し上げます。とだけしか今の私には云う言葉がありません。

あの喫茶店。実は名前を完全に忘れています。しかも場所ももうわかりません。
前回帰った時にうろうろと探してみたのですが、見つかりませんでした。
2011/03/03 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

*

September30さんが、記事の最後にいれてらっしゃる「ことば」は、いつも物議を醸してしまうようですね。(笑)

今回に関しては、人それぞれ千差万様の思いがあるのではないでしょうか。
嘘をつく思いやりとは、ときに優しくときに残酷ですから。
2011/03/03 [fumie] URL #LGP0CJfA [編集] 

*

よく見ると普通の喫茶店ですが、septemberさんのレンズを通すと、見知らぬ遠い国の一コマに見えてしまうから不思議です。

結婚指輪ですが、私もしていません。
していない既婚女性、多いように思いますが、気を付けて観察してみます。
2011/03/03 [ばけねこURL #FXrcM1hg [編集] 

* Re: No title

fumie さん、そうなんですよ。でも自分の吐いた言葉ではないとしても、それを引用すること自体がその言葉に自分は納得をしているということだから、異議は受けて立たなければならないのでしょうね。
といって、異議のたたないような引用句はちっともおもしろくないし、で困っています。

今回に関しては、その嘘が「残酷な嘘」なのか「優しい嘘」なのかは、嘘を言う側の男(あるいは女)にはハッキリとわかっていると思うのです。
この引用句は「優しい嘘」のことでしょう。

しかし思うんですけれど、「残酷な真実」を隠すことは絶対に「優しい嘘」にはなり得ません。
2011/03/04 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ばけねこさんもたぶん立ち寄ったことのある喫茶店ではないですか?

結婚指輪のことは実は私にはちょっとしたショックなのです。
最初から結婚指輪を持たない(私のように)というのなら分かるのですが・・・
はめている指輪をはずす、というのはどんな理由があるのでしょう?

アメリカでは教会の神の前で指輪を交換するので、結婚をしていながらそれをはずすというのは、神の意思に背くことになる、のかどうかは知りませんが、アメリカ人はふだんは寝る時も風呂に入るときも洗い物をするときも、他の指輪はとっても結婚指輪だけはとらないのです。そういうアメリカ人が歳をとってぶくぶく太ってくると、もう太い指から指輪は絶対にはずせないのです。(笑)
2011/03/04 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

*

>しかし思うんですけれど、「残酷な真実」を隠すことは絶対に「優しい嘘」にはなり得ません。

これは、まったくその通りだと思います。
思いやりではなく、単なる自己を正当化するエゴに過ぎないですね。
2011/03/04 [fumie] URL #LGP0CJfA [編集] 

*

アメリカ人にとっての指輪は、やはり宗教上の意味合いがあるのだと思います。誓いの証ですものね。日本人の指輪の受け止め方は個人によって違うような気がします。

私の両親は仏前結婚で、数珠の交換をしたそうです。私も仏前結婚でした。でも一応指輪交換をしましたが、その意味を深く考えたことがなく、炊事をしたりピアノを弾いたりする時に邪魔なのではずし、そのまま長い時間が経ってしまった、というのが本当のところです。

上に写真から話が逸れてしまいましたね。
この喫茶店は知りませんが、やはり映画のワンシーンのようです。
2011/03/04 [ばけねこURL #FXrcM1hg [編集] 

* Re: No title

fumie さん、このことをもっと若いときに私が気がついていれば、ひとを傷つけないで生きてこれたのに、と後悔します。 気がつくのがずっと遅すぎました。
2011/03/05 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ばけねこさん、そうでしたか。私の場合は最初の結婚が終わった後で(ブログにも書きましたが)金に困って指輪を質屋に売りとばしました。二度目の結婚は貧しくて指輪が買えず、妻の親友が贈ってくれた指輪を今でも妻はしています。私は最初から指輪をしたことがなく、アメリカ人(特に女性)はそれを目ざとく見つけて、私が独身だと思ってしまうようです。(笑)
2011/03/05 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

*

あはは、嘘をつかなくても黙っていればいいかも。
問い詰める女性もいますね、、、、その場合は嘘も仕方ないですね。
私はバカ正直されると嫌ですね(笑)嘘もつくような努力してくれたらいいです。 「忘れた」って言ってくれたらその通りに受け取りますけど(笑)
2012/03/29 [アンリ] URL #0.M2lW/c [編集] 

* Re: No title

アンリさん、でも私はやっぱり嘘をつかれるのは嫌ですね。 自分ではさんざん嘘をついてきながら自分勝手な話ですが。
ひょっとしたら女性の嘘は男性の嘘よりずっと残酷なのかもしれない。 いやそんなことはないかな。 わかりません。 教えてください。
2012/03/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

女性の嘘が男性の嘘よりずっと残酷かどうか、わからないです。

私も本当はうそをつくことになってほしくないですよ。
でも、男も女もやっちまうことって誰しもあると思うんです。
その時に、黙っていてくれたら私は忘れたつもりになり問い詰めません。 
逆に自分が問い詰められても”忘れた”と言えば二度と蒸し返してほしくないです。
男性が私に嘘をつくのは取り繕って私との関係を保とうとする努力に思えます。私が逆に男性にうそをつくのもそういう意味だと思います。
ウソついてくれなければ、そこで二人の関係は終わってしまいます。
そもそも、そんな嘘つかなくていいようにしていられれば一番いいんですけどね、人間だから仕方ないことあるような気がするし。
2012/03/30 [アンリ] URL #0.M2lW/c [編集] 

* Re: No title

アンリさん、この記事の最後の言葉は、男女間の切実な愛情に関する嘘ということではなくて、それ以外のたいして意味のない嘘、を言っているのじゃないかと思うんです。 たとえば、嫉妬心の強い恋人に自分の女友達のことを言えば彼女が傷つくので、その女友達のことで嘘をついてしまう、というような。
もしその女友達を恋人以上に愛していながら恋人につく嘘は、これは許されない嘘でしょう。
つまり、相手を大切に思うからこそ嘘を言う、そんなことが現実にはあるのではないでしょうか。
2012/03/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/136-175326ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)