過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

四季

T04kitchen03s-blognew.jpg

窓の外
Oakwood, Ohio USA



四季が好きだ。
春夏秋冬があるから、人生はおもしろい。
カルフォニアとかフロリダを常夏(とこなつ)の国と呼んで、まるで天国のようにに憧(あこ)がれる人が僕のまわりには無数にいる。 だけど、1年を通して同じ気候なんて生活に変化も何も無くて、つまらないに決まっている。 季節が変わるからこそ、人は花を見たり風の冷たさを感じたり、旬(しゅん)の野菜や魚を食べたり、衣服を変えたりする。 そしてそこに存在する自分の生きざまを思うのである。
僕はこの寒くて長い冬は苦手だけど、その厳しい冬があるから、そのあとに訪れる暖かい春を今か今かと待ち焦がれる。 そして待ちに待ったその季節が、とうとうやって来た時の喜びは、これは常夏の国に住む人には想像もできないに違いない。

季節が次々と巡って行くのに、家の内部では冬も夏もいつもと変わらない人々の暮らしが営まれている。 そして窓の外を 「時」 が確実に流れて行く。 しかし自然に四季があるように、人生にも四季があるのに違いないと思う。
我々もまた、揺れる小船に乗る旅人のように 「時の流れ」 に身をまかせるほかはない。
それは、遡(さかのぼ)ることのできない旅路であり、いつかは終わりのくる船旅だった。



舟唄》  チャイコフスキー






真冬のさなかに、僕はようやく気がついた。
自分の中にまぎれもない夏が存在するのを・・・
Albert Camus


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

septemberさんはなかなか穴倉からでないのは
食指をそそる対象が最近発見できないんですかねー?
2011/03/30 [kp] URL #- 

* Re: No title

kp さん、そろそろ私も冬眠から覚めて穴倉から這い出してくる季節が到来したようです。
もうそんな季節になったろ思ったら、この一週間ほどまた寒さがかえって来たのですよ。
2011/03/30 [september30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 四季

というのをしばらく感じていませんでしたが、この音楽の様におだやかに知らず知らずの間に、感じている感覚なのでしょうか。厳しい冬というのは、なんだか強制的にやってくる物ですが夏に冬を思い起こす事は滅多にありませんから、十分に堪能してしまうのもありかもしれません。
2011/03/31 [inei-reisanURL #rayiHRxo [編集] 

* Re: 四季

inei-reisan さん、そう言われてみると、田舎に住んでいるとそれだけ自然に近いだけ、四季には敏感になるのかもしれませんね。
2011/03/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: こんにちは

瑠奈さん、こんにちは。はじめまして・・・
私のコメント欄は皆さんの雑談の場所です。時には私を抜いて読者同士の会話もあるのですよ。いつでも大歓迎です。これからもよろしくお願いします。

リンクはどうぞご自由に・・・


2011/04/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/142-b3d214a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)