過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

ものを作る喜び (2/2)

_DSC3950-blog.jpg

揺りかご


下の子供が生まれた時に作ったマホガニー材の揺りかごは、評判が良くてそのあと友人の子供が生まれた時に同じものを作って贈った。 そのまた知り合いの人達からぜひ欲しいといわれて、さらに二つ製作したが、僕の作ったものが売れたのはあとにも先にもこの時だけである。 普通は揺りかごというと湾曲の脚がついていて、かご自体が揺れるのがほとんどだと思う。 僕のデザインは固定された支柱の間でかごが揺れるというユニークなもので、揺らさない時は支柱の穴に木の棒を差し込んでロックできるようになっていた。

家具の製作年月日などはとっくの昔に忘れているのに、この揺りかごだけは忘れる事がないのは、それは息子と同じ年だからだった。 その息子が今年は28歳になる。 その間、この揺りかごは何度友人たちの家庭へ貸し出されたことか。
少なくとも6,7人の赤ん坊がこの揺りかごで人生の最初の数ヶ月を過ごしたはずだ。


_DSC3947-blog.jpg

揺りかごの詳細


この揺りかごは今ではわが家のリビングルームに置かれて、本や雑誌、クッションや毛布などの入れ物になっている。
また、友人を通して知らない人に売った揺りかごには後日談がある。 20年ちかく経ったある日、ボストンの町の骨董屋の店内に自分の作ったこの揺りかごが並んでいるのを見てあっと思ってしまった。 それが中古家具の店ではなくて、れっきとしたアンティークを扱う店だったのと、僕が売った時の10倍の値段が付いていることで、僕は原作者としてのプライドを満足させられた。




T09furuniture_0014-blog.jpg

コーヒーテーブル


ある時、木工店でマホガニーの超薄板の切れ端が安く売られているのを見て買い、物置に放り込んだまま忘れてしまった。 何年かあとになってそれを見つけた時に、これは何かに使ってやらないとかわいそうだ、と思って作ったのがコーヒーテーブルだった。 ウォルナット(クルミ材)で本体を作って上面にマホガニーの薄板を嵌め込んだもの。


_DSC3944-blog.jpg

ベッド


美術館でシェーカーの家具類を見ていて発想が湧いてきた。 樫(カシ)にするか桜にするか最後まで迷って、すぐそばのタンスに合わせて樫にした。 ばかでかいキングサイズのこのベッドを、引越しの時に運びやすいようにと、簡単にノックダウンして解体できるように作ってある。 そうでなければ古い家屋のドアからは中に入れることができなかっただろう。 柔らかいスプリングのベッドが嫌いな僕は、板の上に厚い布団を敷いてみたらそれではちょっと堅すぎたので、さらにもう1枚の布団を重ねてやったら、世界中で一番寝心地の良いベッドになった。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* September30さん、凄い!

どれも素敵ですね!!!
ご近所さんだったら、この揺りかご、絶対にお借りしに行くのに・・・。
2011/03/24 [どくとるくまURL #m.2.LkcQ [編集] 

* Re: September30さん、凄い!

くまさん、揺りかごはほんとうに残念! 簡単に送れるものなら送りたい気持ちでいっぱいです。
ブログをいつも拝見していますが、今回の惨事に関しては、日本とドイツの違いだけではなく、ドイツとアメリカの違いも大きくある事が分かり、目が開かれるような気がしています。
2011/03/24 [september30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 驚き

驚きました。器用さもそうですが、センスのよさとか木材を選ぶ目とか。普通揺り篭というのは湾曲した足がついているし、柵が垂直に施されていますが、其処に注目して考えるとこの揺り篭は実に個性的でデザイン的に優れたものだと言えますね。20年近く経ったある日、骨董品屋でそれを見つけたときの驚きと喜び。想像したらこちらまで嬉しくなりました。
2011/03/24 [yspringmindURL #UOM.WK7I [編集] 

* Re: 驚き

yspringmind さん、家具というのは燃えないかぎり、ほぼ永久に存在するのですね。いつか私がいなくなったあとも、自分の作ったものを誰かがどこかで使っている、と考えるのはとても楽しいことです。
美術品とちがって、家具は実生活にそのまま密着するものだから、よけいに愛おしいと思います。
2011/03/24 [september30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 家具

家具を作るのは根気がいると思いますが、september30さんは見事に適していたのですね!しかもデザインもセンスもなにもかもぴったりとあってます。素敵です。
我が家は拾って来た家具ばかりなので、それぞれの家具が主張しすぎてかないません。。
2011/03/24 [inei-reisanURL #rayiHRxo [編集] 

*

DIY大国とはいえここまで精密にできるのは素晴らしいです。なかなか素人ではほぞつぎなんてしないで、直角に取り付けるだけですから。
美術の授業で唯一興味が持てたのが彫刻。
いずれSeptemberさんの作品に掘り込んでみたいです。
2011/03/24 [上海狂人] URL #wuZV7DPc [編集] 

* Re: 家具

inei-reisan さん、私もボストンで学生をやっていたときは、家具はすべて拾い物でした。学校の数が多いので学生数も多いボストンでは皆がやっていました。捨てるほうでももちろんそれを期待して捨てるのです。
他人の使ったものを嫌がる日本人にはできないし、またそんな必要もないほど恵まれた日本人の学生が多かったですね。

2011/03/25 [september30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

上海狂人さん、たしかにアメリカでは高価な木材や珍しい木材がわりと容易に手に入ります。
通販などでもありとあらゆるツールをそろえていますね。
そんなカタログを見るのも楽しみの一つでした。誰かのカメラ蒐集と似ていませんか?
2011/03/25 [september30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/149-554c8572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)