過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

去年マリエンバードで

T06pro170-bwblog2.jpg

影の記憶
Beaumes de Venice, France


プロヴァンスに滞在中のある日、我々はワインハントに出かけることにした。 我が Green Eyes も同行のM夫人もワインが趣味と自称するだけあってワインの味や銘柄にはなかなかうるさい。 ところが僕とか、これも同行したパチさん(Y子さんの旦那で日本人) は酒なら何でもいい、旨いか旨くないかのかどちらかさえ判別できればいい、という程度の酒飲みだから、この日もあまり興奮することも無くみんなのあとについて行ったわけである。 その僕でさえこの日に回ったシャトヌフ・デゥ・パプとかジコンダの銘柄の名前ぐらいは知っていた。 我々が滞在するヴォクルーズ地方では代表的なワインだった。
いくつかのワイナリーで試飲をしたり数本のボトルを買ったりしたあと、この、丘の上の大きなワイナリーまでやって来た。 僕もパチさんも象の涙ぐらいの少量のワインをクイと何杯か飲んだあとは何となく手持ち無沙汰になって、女性たちを残すと外に出て行った。 気持ちの良い陽射しの中でパチさんはベンチに腰かけると煙草を美味しそうに吹かしながら、いつものように本を開く。 僕は辺りをぶらぶらと歩きまわる。 そこでこの風景に出くわした時にハッとして立ち止まってしまった。 何か遠い遠い記憶の底に引っかかるものがあったのだ。

あれは学生のころだったろうか?  それとももっとあとだったかもしれない。 新宿のアートシアターで見た 『去年マリエンバードで』 というタイトルのアラン・ロブ=グリエのフランス映画だった。 物語というよりも、自分が見たり経験した事が実はほんとうに実在したのか、というようなかなりメタフィジカルなフィルムだったと覚えている。 その中のモノクロの強い 「影」 のイメージが長いあいだ僕の意識下に残っていたようだ。 それが今ここで植木の黒い影がくっきりと地面に映るのを見ているうちに、僕の中でピッタリとひとつに重なってしまっていた。

あの映画はもう1度見なくちゃいけないな、とその時思いながらその事もいつか忘れてしまっていた。 今日のブログを書きながら改めてこの写真をいじっていた時にそれを思いだしたのだ。 すぐ調べてみると簡単に見つかり、しかも簡単に注文をすることができた。 40年前に見た映画を、現在どんな気持ちで自分が見るのだろうと楽しみだし、果たしてこの写真とどこで繋がるのかを解明できることにもスリルを感じる。




我々の眼に映るものはすべて
我々に見えないものの影に過ぎない。
Martin Luther King, Jr.


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

最近この映画日本でやっていたようです。
英語だとIn ではなく At Marienbadと聞きましたが。
そうだとするとマリエンバードというところはチェコにありますが、そこではないんでしょうね。映画を見ていないのでよくわかりません。
2011/05/04 [上海狂人] URL #wuZV7DPc [編集] 

* Re: No title

上海狂人さん、まだ注文した映画を見てないのですが、私のうろ覚えではこの Marienbad は実在の場所ではないという事だったと思います。
2011/05/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

septemberさん、久し振り。
アラン・ロブ・グリエ台本のこの映画、新宿のアートシアターで私も見ましたが、その時寝ていたのか、何も覚えていません(映像は凄くシャープでした)。アンティ・ロマンの『嫉妬』というのがあったと思いますが、これも覚えていません。
しかし、アラン・レネの『Hiroshima,mon amour(24時間の情事)』という映画は鮮明に覚えています。映画の中で岡田英治が相手のエマニュエル・リヴァに語りかけた仏語の台詞も少しは思い出せます。
アンティ・ロマンはよく分かりませんでしたが、マルグリット・デュラスは好きでした。
2011/05/07 [pescecrudo] URL #- 

* Re: No title

ペさん、こんにちは。
『Hiroshima,mon amour』 はあのころ見てあまり何も感じなかった記憶があります。もう一度見たくてDVDをさっそく注文しました。マルグリット・デュラスは私も好きでした。『雨のしのびあい』、『海の壁』 など。なにしろあのころはフランス一辺倒でしたから。
それから新宿のアートシアターで見たのを覚えているのは 『長距離ランナーの孤独』 (イギリス) もありましたね。


2011/05/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/160-e402bbb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)