過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

無常ということ

Image0288-blognew.jpg

幼なじみ
Mt. Vernon St., Beacon Hill, Boston, Massachusetts USA


先日、僕の大嫌いな歯医者の待合室で順番を待っていて、と書き始めてこれはまずいと思った。この書き方はおかしい。大嫌いなのはこの歯医者さんではなくて歯医者に行くことであって、じつは僕はこの歯医者さんをとても好きだからである。もし彼でなければ、僕は歯の治療に行くことをとっくの昔に止めていただろう。
その歯医者さんの待合室で手持ち無沙汰に読んでいた雑誌の中に 『アメリカで一番高価な邸宅』 という記事があって、ボストンのビーコンヒルのルイスバーグ広場にある家々は、時価が20ミリオンダラー、というのを読んであっと思った。

僕はその頃、このビーコンヒルからそんなに遠くないビーコン・ストリートの安アパートの4階に、リトアニア人のガールフレンドとブチという名のダルメーションと暮らしていた。そのブチを連れてよく散歩に行ったのがビーコンヒルだった。昔、英国から移って来た人たちが最初に根を下ろしたのがこのあたりだったらしい。丘の上にあるこの瀟洒な街は車の通れないような細い路が縦横に走っていて、赤レンガを敷きつめたその路はどこを歩いても坂になっていた。周りの家々もすべて煉瓦造りで、暖かい季節には窓に色とりどりの鉢植えの花が置いてあり、ついぞ人の出入りを見ることも無く街全体がいつもひっそりとしていた。並木道に沿って駐車してある車は、なぜか小型の日本車や欧州車が多くて、街の風景はそのままヨーロッパだった。マウント・ヴァーノン通りからルイスバーグ広場に通じる辺りはことさら美しく 『若草物語』 を書いたオルコットの家もそこにあった。
ブチを連れた散歩の帰りはいつも、坂を下りきったチャールス・ストリートのカフェ・ロマーノに寄るのが習慣になっていた。ここはヨーロッパのように、犬を連れて入ることを許される。その半地下のカフェで、僕はエスプレッソを飲み、両切りのペルメルを吹かしていると、なんとなく贅沢な気分になった。「ん、こういう生活も満更じゃないな」と思った。
そしてそれからまた、ブチといっしょにエレベーターも無い、穴蔵のような4階のアパートへ帰って行った。

それから32年が過ぎたある日、サンフランシスコに住んでいる見知らぬ男性からメールを受け取った。この3人の子供と1匹の猫が写っている写真をインターネットで見たと言う。1970年代に彼の家族が住んでいたのが、この子供たちのすぐ後ろに写っている家だったと言う。そしてこの写真の子供たちは(猫も含めて)当時8歳だった彼の仲良しの遊び仲間だったそうだ。そのあと数年して彼の家族はカルフォニアに引っ越しをしてしまい、幼なじみのこの子供達ともそれきりになってしまった。偶然にこの写真に行き当たったときに驚きと懐かしさの余りメールを送ったと言う。

自分の1枚の写真が、見も知らぬ人の古い記憶につながり、その人がこうして自分に接触をしてきたことに、僕は何となく (無常) ということを感じた。
猫はともかく、この子供達は今どうしているのだろう?

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト
UserTag: ビーコンヒル 

コメント:

* September30さん

Happy Belated Birthday!!
この日、この可愛い子供たちの笑顔、とくに左側の男の子の眼と、黒猫の耳を見ながら、September30さんに『おめでとう』のメッセージを送ろうと思いながら、なんとなくあたらしい場所へのためらいがあって、今日になってしまいました。これからの一年も、September30さんにとって、素敵な思い出の残る年でありますように。
2010/10/02 [けろっぴURL #ok7oinrE [編集] 

* けろっぴさん

私の新しい場所へようこそ! 今までどおりたびたび来ていただけたらいいなあ、と思っています。またひとつ歳をとりましたが、じたばたとするのを諦めて、あとは素敵な年寄りになるつもりです。これからもどうぞよろしく。 
2010/10/02 [September30] URL #- 

* お誕生日おめでとう

September30さん、遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。今年もまた一年、健やかにお過ごしくださることを、遠い日本より祈っています。懐かしかったり、切なかったり、此処の場所を大切に感じております。新作のアップも期待しております。
2010/10/05 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* みんさん

誕生日を覚えていてくださってありがとう。
引越し騒ぎで古い記事からの選択が多くなってしまいました。以前からの読者の皆さんには申し訳なく思っています。もう少しがまんしてくださいね。
2010/10/05 [September30] URL #- 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント