過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

三朝にて (1/3)

T11japan453-blognew.jpg

縁結び


郷里の米子へ帰って来た。 三年ぶりだった。 幼馴染のコータローがいつものように僕のエージェントとしてあれこれと企画してくれた中に、昔の仲間と数人で一泊の温泉旅行に行こう、というプランがあった。 そうか、俺もとうとう温泉に湯治に行くような歳になったか、と観念して、しかしもちろん喜んでコータローの指示に従うことにした。 鳥取県に点在する数ある温泉の中で、三朝温泉はもっとも知名度が高い。 それなのに僕はまだ一度も行ったことがなかった。 そこで十月の始めの秋の気配の中を、僕ら四人はコータローの運転するカローラに乗り込んで米子から東に二時間あまりの距離を三朝へ向かった。

車中での会話で、今夜泊まることになる 「大橋」 という老舗の旅館の名を聞いた時に、僕の遠い記憶の中に何か呼び起こされるものがあった。 そうだった。 あれは僕が米子から東京の大学に出て二年ほど経った時の事だった。 (四十年以上も昔の話である)。 夏休みに帰省する夜行列車 「急行出雲」 の中でたまたま向かいに座った、東京で女子大に行っているという女の子と会話を始めた。 同年輩の僕らは眠れないままに一晩中いろいろな話をして飽きることがなかった。 いつもなら死ぬほど退屈な 「急行出雲」 の一晩が彼女のおかげであっという間に過ぎていった。 朝になって米子の手前の倉吉で降りて行く彼女が 「私の家は倉吉で旅館をしているので、ぜひ遊びに来てください」 と言って電話番号を紙切れに書いてくれたんだ。 そこには確かに「大橋」という名前が書かれていた。 それなのに僕は米子に着いてしまうと、夏休みのほとんどを癌で入院をしていた母のそばで過ごす事になり、倉吉にもどこにも遊びに出る気にならなかった。 たしかその夏に二度ばかり彼女と電話で話をしている。 その時は彼女の東京の友達が何人か遊びに来ていてとても楽しい、という雰囲気が電話の向こうから伝わって来たのに、僕はいつ死ぬかもしれない母のそばで父とひっそりと過ごしていた。
それだけの事だった。

(続)

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* 三朝

september さん、お帰りなさい。
三朝温泉というと小学校5年生の時、温泉街の直ぐ裏山にお寺があり、そこの庭を借りて担任の先生達とキャンプをしたことがありました。三徳山に登ったり。夜は川にある露天風呂で汗を流しました。
萱で途中から記憶がなくなり、あなた方を見送りもせず大変失礼しました。翌日、昨夜はどうしたのか分からず、あちこちに電話して、三沢氏が豊田まで送ってくれたことが判明。有り難いことでした。
2011/10/19 [pescecrudo] URL #j9tLw1Y2 [編集] 

* Re: 三朝

pescecrudoさん、米子に住みながら私のように三朝にも倉吉にも行ったことがないというのも珍しいかも知れません。今回その両方へ行くことができたのは改めてふるさとを発見したような気がしています。
でもあの晩、萱の外で手を上げて大声でさよならを叫んで見送ってくれくれたのですよ。(覚えてないでしょう?)
2011/10/19 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

September30 さん、こんにちは。
私も11月の帰国は有馬温泉と美濃の山神温泉の2ヶ所に行きますよ。
そうですか、温泉は湯治ですか・・・。
飲んで食べてお湯につかって又飲んで、
まあ精神的に開放されるのは湯治なんでしょうね。
温泉は本当に楽しみです。

三朝温泉、玉造温泉は小さい自分、祖父母に良く連れて行ってもらいました。
でもそれっきり懐かしいですね。

この「大橋」旅館のかっての女子大生と良い邂逅があった事を願わずにはいられません。

先ほど、職場から飛んで帰り、これからパッキングして前日チェックイン、
明日の朝は4時に家を出ます。
5日間の短い旅ですが急に思いついてバタバタしています。
2011/10/19 [のほほん] URL #60nqeuCY [編集] 

*

バタバタして字を間違えて恥ずかしいですね。
2011/10/19 [のほほん] URL #60nqeuCY [編集] 

* Re: No title

のほほんさん、こんにちは。
数週間の差ですれちがいになったのは残念です。今回は出雲大社にも行って来ました。小学生の時に行ったきりですが、その日はちょうど茶会が催されていて何百人という着物姿の女性を見ました。また、米子へ帰る前にこれも大学の昔の仲間と紀伊の白浜温泉に行ってきました。ここも、大学の演奏旅行でお隣の紀伊田辺に行ったことがあり、このところ温泉づいています。
2011/10/20 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/20 []  # 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/246-6b36f4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)