過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

三朝にて (3/3)

T11japan464-blognew.jpg

品書(しながき)


『旅館 大橋』 の品書はほとんど読解不可能だった。 掛かり付けの女中さんが一つ一つ丁寧に説明してくれたので、何を食べているのか解らないという事はなかったけど、記念すべきその夜の料理を記録しておきたいと思った僕は、その品書を米子に持ち帰った。 渡部邸の居間で、パチクリ(詩人)、Y子さん(茶人)、自分(旅人) の三人が頭を寄せ合って解読を試みた。 米子市の最高頭脳と思われるこの三人が漢和辞典の助けを借りて、一時間近くかかって何とか解読したけれどそれでも不明の部分が幾つかあった。  

旬味譜
旅館  大橋

一、膳采
                                               月と菊
                                                           寄もの
                                                           旬の物いろいろ
一、煮物碗
                       鱧と蓮根餅
                                                           清汁
一、造里り
                       秋刀魚 焼霜ふり
                                                           鯛と車海老
                                                           洗い 一式
一、合の物
                       東伯和牛
                                                           蒸籠蒸し鍋
一、蒸物
                       貝柱と栃の玉締め
                                                           栗、青葉
一、焼き物
                       秋刀魚のおろし焼
                                                           酢茗荷
                                                           柿 バター
一.止め肴
                       菊菜の和え物
                                                           冬瓜いくら
一.水菓子 食事
                       おつけものと止め椀

                                                                        以上
                                                                                              料理人  久馬 惣一



T11japan460-blognew.jpg

膳采


食通とは程遠い僕は、他の三人と女中さんとの間に交わされる高尚な料理の話に入っていく事ができず、ただ黙々と目の前のものを口に運んで、そして酒を飲んだ。 でも誰よりも今夜の料理を楽しんでいるのは自分だという自信があった。 そうなんだ。 その夜、他の誰もが考えた事もないような事を僕はしていた。 僕は日本を食べていたのだ。


T11japan465-blognew.jpg

お造り


長い食事が終わった。 久しぶりに麻雀をやろうかという提案を僕が出す前に、他の二人が碁を打ち始める。 それでコータローと僕はまた下の浴場に降りて湯を浴びた。
その夜は腹がいっぱいな上にかなり酔っていたのにもかかわらず、部屋の灯りを消したあとも川の音が耳について、僕は長いあいだ寝つかれなかった。 この町に住む人たちは四六時中この川の音を聴きながら生きているのだと思った。 いつかこの川の音が止む時が来るとすれば、それは本人が死ぬ時か、あるいは世界の終焉が来た時のどちらかなのだろう。 その二つは結局は同じことなんだけど・・・。

(終)

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* おかえりなさい

日本に来られていたんですね。
どこかですれ違っていたかしら?

普段連れていってもらう庶民的な旅館と違い、京都の鍵善の経営だとかのひっそりとした旅館で、着いたら、お薄と小さな落雁みたいな干菓子が出ました。子供だったので、その干菓子だけ食べて美味しさにびっくりしました。
味も形も、包まれていた和紙まではっきり覚えています。和三盆の干菓子です。

それと、磨き込まれた白い檜の湯船から溢れ出るお風呂にまた、びっくりしました。京都の気品を感じさせる旅館に泊まったのはあの時一度きりです。

Septemberさんの泊まった大橋も風情がありますね。
機会があれば、訪れてみたいものです。
2011/10/24 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: おかえりなさい

みんさん、こんにちは。
『大橋』でも薄茶といっしょに小さな餅菓子が出ました。 同行のコータローはその菓子を作るK製菓の重役を引退するまで勤めていたのですよ。そうした関係で私たちは特別な接待を受けたようです。
2011/10/24 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/248-5fa8ff5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)