過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

旅の始まり

T11japan004-blognew.jpg

和歌山駅前広場


関西空港から電車を二度乗り換え、和歌山駅で下車するとそこで初めて外に出て、アメリカを出てから17時間ぶりに戸外の空気を胸いっぱいに吸った。 このあたりを大きな台風が通過して行った直後だった。 ふだんなら通勤の雑踏で賑わう夕方の時間なのに、駅前の広場にはほとんど人影がなかった。  雨がまだ降っていて風も強い。 いつもなら混雑するだろうバスの待合所も今夜は空っぽで、数台のタクシーが来ない客を待ち疲れてあきらめたように待機していた。 空気は湿っていて冷たく、僕は身震いをしてウィンドブレーカーのジッパーを首まで引いた。 これから三週間にわたる日本旅行の第一夜としては、何とも陰気で寒々として寂しい光景だった。 

若かった頃、孤独を抱きしめて放浪していた時の僕なら、見知らぬ土地で会うこんな光景を自分の心にぴったりだと思ったに違いない。 しかし今は違う。 僕の心は温かかった。 やがて車で迎えに来てくれるのは昔の大学の仲間で、彼とは十二年ぶりの再会だったから。

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/252-88c3324b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)