過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

ヨコハマの波止場から・・・

T11japan672-blognew.jpg

ヨコハマの波止場から
船に乗って
異人さんに連れられて
行っちゃった


ヨコハマという町の響きが、田舎育ちの僕に子供の頃から独特の感傷を植えつけていたのは童謡のお陰かも知れない。 二十代で東京に住んでいた時にも、この町はお気に入りのデートコースだったから、女の子を車に乗せると第三京浜や首都高速をぶっ飛ばしてヨコハマに現われ、夜の元町や本牧あたりをうろうろしたものだった。 それだけではなく、ある時期にはここの米軍のキャンプの中のオフィサーズ・クラブでジャズを毎晩演奏していた事もある。 その喧騒なステージのあと、僕はひとりで車を運転すると真夜中の埠頭の突端までやって来て、停めた車の中で暗い海を見ながらいろいろな事を考えた。
そのヨコハマで今回の帰国では友人の家に滞在をしていた僕は、あれこれ懐かしい場所へ行ってみてその変わりように驚いた。 無理もない。 あの時から45年の月日が流れていた。

そんなある夜の事。
僕は若い写真家のサイケデリコさんと会っていた。 数年前から彼のブログを見ていた僕と、その僕のブログをいつも読んでくれている彼との最初の出会いだった。 イギリスやドイツで海外生活をしたあと日本へ帰ってから一年半になるという彼。 港を見下ろすビルの中の京懐石の奥まった席で僕らは食べ、飲んで話し続けた。 日本に来てから二週間以上になるのに、初めてワインを飲む仲間を見つけたのも嬉しかった。
「ブログから、もっとぎらぎらして生臭いひとを想像していましたが、実際のSeptemberさんはずっと温厚で優しいひとなんですね」 と言う彼自身は端正な顔立ちをして、内から溢れる情熱がぷんぷんと匂っていた。
静かな店の中で、尽きることの無い話題が急ぐことなしにゆっくりと続く。 そしてまた飲む。 時折り彼はカメラを取り上げると僕に向けてシャッターを切る。 僕の写真をこれほどたくさん撮った人は今までになかった。 そのカメラを完全に無視することに決めたのは、おそらく彼もそれを望んでいると思ったから。 カメラを持参さえしていなかった僕は、そこにプロとそうでない者との差を感じていた。

さんざんご馳走になったあと、僕らはヨーロッパ風の小さなバーに席を移して、そこでもワインを飲みながら訥々(とつとつ)と話が続いていった。 しかし終電を捕まえる彼と、酔いに朦朧とした僕とはいつかは席を立たなければならない。 いつかどこかでまた会うことを約束して固い握手を交わしたあと、僕らは右と左に分かれた。
楽しい夜だった。

その二日後に僕は日本を離れてアメリカに帰って来た。 そしてようやく日常のルーティーンに戻った僕が、サイケデリコさんのブログを半ば習慣的に開いてみると、そこにあのヨコハマの夜の自分がいた。

FOTO CYCHEDELICO


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

今回の訪日の間に色々な出会いがあったのですね。
日本を沢山吸収されたようで何よりです。



先日、十ウン年振りに桜木町へ降りてみたのですが、変貌し過ぎでビックリしました。
当時と比べて見ている目線も違っているのかもしれませんが...
2011/10/24 [バナOKAURL #3un.pJ2M [編集] 

*

夜の匂いが漂ってくる写真ですね。

話に没頭しながら何故良い写真を撮れるのでしょうか。
実は旅先でもどこでも、仲良くなったり素敵だなと思った人の写真を撮れたためしがないのです。話をするのに夢中で。
2011/10/24 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: No title

バナOKAさん、日本を吸収し過ぎたらしくて、帰ってから1週間たった今でも頭が少しおかしいようです。
桜木町のあたりはほんとうに変わりました。以前の面影がまったく無いといってもいいくらいです。
中華街もメインストリートはあまり変わりようがないとしても、路地を入ったところに夥しく店ができていていました。
2011/10/25 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micioさん、ヨコハマの夜は昔もそうですが現在もムードがあって独特のバタ臭さがあるのは変わらないようです。
話しをしながら写真を撮ることは私にもできません。話しを中断してなら何度もやったことがあります。
2011/10/25 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/255-a8ad9842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)