過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

ところ変われば女も変わる

P1020805-blognew.jpg

ジェニーのキッチン
Oakwood, Ohio USA


年が明けて三日目。 雪も降ったし今朝は気温が摂氏で零下7度まで下がった。 窓の外には寒そうな冬景色が広がっているけれど、一年中定温に保たれている屋内にいる限りでは気温の変化を感じることはない。
ゆうべ電話でけっこう長く話した相手は、長年オハイオ州に住んでいて、つい一年ほど前に東海岸のコネチカット州へ越していった日本人のOさんだった。
「そちらの生活はどうなの。 オハイオと比べるといろいろと違うことなんてあるの?」 と訊ねたら、Oさんの答えを聞いて僕は思わず笑いだしてしまった。
「なんだか知らないけど、こちらでは女性がやたらと威張ってる」

Oさんとは逆に、僕は東部のボストンからオハイオにやって来たわけなんだけど、彼の言っている意味が理解できるような気がした。 オハイオに越す前から僕が聞いていたのは、アメリカ中西部の女性はすべてに控えめで家庭的で優しい、ということだった。 そんなことを一般的な概念で言い切ってしまうのはもちろん無茶だとはわかっているけど、実際にここに住んでみると、たしかにそうだ、と思わないわけにはいかなかった。 人柄がまるで日本女性のようだと思わせる女性をたくさん見た。 (こんなことを言うと日本女性から異議が出るかな)。
我々外国人が持っている典型的アメリカ女性という概念から(もしそんなものがあるとすればだけど)、ちょっと外(はず)れるような女性が多いのは確かなのである。

僕の友人たち(日本人の)に言わせると、僕の家内など現代の日本女性以上に日本的だそうだが、現代の日本女性をまったく知らない僕には判断のしようがない。
その家内の一番下の妹、ジェニーは我が家のすぐ近所に住んでいる。 若い頃は苦労して医学の道を進みながら、今の旦那に会って結婚したときにあっさりと自分の道をあきらめて専業主婦になった。 それから15年、三人の子供たちが成長して手がかからなくなった最近は、医者のオフィスでフルタイムで働いている。

彼等は郊外に買った古い家を住みやすく改造して、裏庭には花や野菜を植え、(写真の奥に見える)車庫には2台の車が納まっている。 小さなアンティーク類が部屋のあちこちに置いてあったり、地下室には大きなファミリールームを作って、巨大なテレビジョンやエクササイズのマシーンが備わっている。
キッチンはジェニーにとってはもっとも重要な要塞であるのは、ほかの主婦と変わらないだろう。 外に仕事を持ちながら、在宅している時は彼女はこの要塞で大半の時間を過ごす。 小型のテレビジョンで大好きなフットボールを観戦しながら料理をする。 テーブルの上にあるブルーの包みは旦那か子供の弁当箱にちがいないし、画面端のグラスは彼女が料理を作りながら飲んでいるビールだった。

毎年夏になると、ジェニーの家族は一家そろってヴァケーションに出かける。 行く先はたいていの場合はアメリカ国内で、時にはカナダあたりまで足を伸ばすこともある。 しかしそれ以外の外国には彼等はほとんど興味がない。 ヨーロッパや日本には一度は行ってみたいとは思うけど、高い経費を払って英語の通じない国へわざわざ出かけることのメリットが、彼女にも彼女の旦那にもいまひとつ理解できないのだ。 彼らにとってはアメリカが世界であり、それ以外の国々などは、あってもなくても自分たちの日常生活に何の影響も与えることのない 『斜線の国』 に過ぎないのだった。

彼女の家庭はあらゆる意味でアメリカの地方都市におけるミドルクラス(中産階級)の典型だといえるかもしれない。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

関西の地方都市に住んでいる私には、アメリカのこの様な何気ない、
平凡な話が特にいいですね。好きですね。
2012/01/04 [henri8] URL #I2umR2bU [編集] 

*

こういう話があります。
一人の男の人と深く長く付き合うのと、
沢山の数の男の人と付き合うのと、
どちらが男をより理解できるか。というもの。

あちこち旅行をして見聞を広める事とは関係ないのですが、
ふと思い浮かびました。
2012/01/04 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

蝶々夫人の長崎は大村出身の友人は、旦那さんと大喧嘩して
“日本の女性はもっと優しくて従順だと思っていた。”と言われ、
“なんだとう。お前は女性を人種で見ているのかっっ”とパンチ。

パンチは脚色ですが、似たような感じの対応をしたようです。
その他、日本人の奥さんを持つ方々(従姉妹の旦那さん等)から様々な被害報告を受けました。
もしかしたら、世界で一番怖いかもしれません。←対岸の火事。
2012/01/04 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* 大和なでしこ

アメリカに住むまでは、アメリカ人って、ハッキリ自分を主張するし、社交的な人達というイメージをもってました。
でもそんな事はなくて、びっくりするくらいシャイな人もいれば、内気な人もいるわけで、賢い人もいればアホもいる(汗)・・・
日本女性だって、昔の大和なでしこを海外の男性が観て受けた印象なんでしょうし、全部の女性が優しくて従順であるはずがない。(笑)

まぁー、みんな同じじゃないから面白いし、時には紛争の種になるんでしょうね。
2012/01/05 [マコURL #- 

* Re: No title

henri8さん、ありがとう。 これからもこんな市井の話しを書いていくつもりです。
2012/01/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、、男なんて理解できなくてもいいのです。「その男」を深く理解することができるのなら。
よく女性同士の話で「男ってそうなのよねえ」というような表現を聞くたびに何となく自分が侮辱されたような気がします。
2012/01/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micioさん、似たような話しを何度も耳にしたことがあります。日本を長い間留守にした私には、まったく想像もつきません。
蝶々夫人は昔の日本女性だけどあれはイタリア人の創作だしね。、
2012/01/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 大和なでしこ

マコさん、私がよく書くように国民とか男女の性格などを最大公約数的にまとめてしまうのはとても危険なことですよね。
にもかかわらず、そんな最大公約数は存在すると思う。
それを承知で読んでいただきたいと思うのです。
私の記事は学術論文でも報道記事でもなくて、戯作のようなものですから。(笑)
2012/01/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* オハイオよいとこ

Septemberさん、今、息子は大学の願書を出しています。ため息をつきながら、「一つ、とてもいい大学だから入ったら行きたいけれど、一個だけ問題がある。場所がオハイオなんだ。」それを聞いた、ボストン在住、オハイオ出身者「オハイオよいとこ一度はおいで~。人はやさしい、土地は、広い」
2012/01/06 [なかた] URL #YiARYNQo [編集] 

* Re: オハイオよいとこ

なかたさん、オハイオという場所に問題があるという息子さんの理由は何でしょうね?
私の周りには、若い時に外に出てアメリカ中に散らばった人たちが、30代40代になってから家族を連れてこちらに帰ってきて暮らす、というケースがびっくりするくらい多いのですよ。
これはオハイオということではなくて、私の住む町だけのことかも知れませんが。
2012/01/07 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/08 []  # 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/277-5a4c80df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)