過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

古い写真をみつけた

Scan-110212-0009-blognew.jpg

マヤの微笑
Hagerstown, Maryland USA


生まれてくる子供がもし女の子なら、マヤと名付けるつもりだ、と言ったら、教祖さんは羨ましそうな表情を隠さないで
「いいなあ、僕は最初からその名前に決めてたのに、生まれた二人の子供は男の子だったんですよ」 と言った。
「教祖さん」はニックネームでそのころボストンの日本人仲間でそう呼ばれていた。 日本の仏教大学を出た後、ハーバード大学で神学の研究に留学している若いお坊さんである。 マヤというのはいうまでもなくお釈迦様を産んだ女性(摩耶夫人)の名だから、教祖さんのような仏教を専門とする人たちにとっては、僕たちが想像する以上に魅力的な名前であるらしかった。 
ところが僕たち夫婦がこのちょっとエキゾチックな響きのする名前に惹かれたのは、お釈迦様が理由でもなければ、古代マヤ文明でもなく、「なぜ籠の鳥が歌うのか私は知っている」を書いたあのマヤ・アンジェロウでもなかった。
そのころテレビでアメリカ中に旋風を巻き起こした"StarTrek"の中の一キャラクターだったのである。 宇宙的な神秘的な名前にしよう、という点で両親の意見が一致した。

生まれてきたマヤは猿の子供のようなくしゃくしゃの顔をしていたので、これはちょっと名前負けするかなと心配したが、数週間経つうちに目鼻立ちが整ってくるとほんとうに可愛い顔になった。 日本人の血が入っているのは誰が見ても明らかで、とくに唇とおでこが僕の母に驚くほどそっくりだった。 

マヤのことは今まであちこちに書いているので、いまさら書くことは何もないと思っていたら、先日古いネガを整理していてこれが出てきた。 これは残しておかなければ、と思って載せることにした。 旅先で撮ったこの写真はマヤの4歳の誕生日である。 そして20歳のマヤはこんな女性になっていたが、これでさえもう10年も前のことになってしまった。


おまえが微笑むのを見る時
そしてそれが私のためではないと知る時
その時だろう
たまらなくおまえが懐かしくなるのは。
作者不詳




にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

マヤさんとっても可愛らしく素敵です右上の木漏れ日のような光も好きです。二十歳のマヤさんもとても美しい。名前生まれる前から決まっていたというのがまた素敵です。

ここで自分のこと吐き出させてもらっていいですかっ。
私は母が40歳のとき5番目に生んでくれて名前は一番上の姉が「なんとなく恵美子にした」というし、写真というのは1枚だけ近所のお兄ちゃんに抱っこされているのが1枚だけそのお兄ちゃんの家から見つかってもらったのがあります。上の姉だけ、やたらと沢山の写真があり名前は父がつけたっていう。大人になるまで周りの大人から2名の姉と比べられて「お姉さんたちは美人だよね~頭イイよね~」と言われ続けたので、”大人はバカタレ”と40歳過ぎてもやっぱり思います(笑) 両親も余裕が無かったのだろうなぁ~なんて思えるようになったのはつい最近です。 
2012/05/14 [アンリ] URL #0.M2lW/c [編集] 

* Re: No title

アンリさん、ありがとう。親馬鹿にはなりたくないと思いながら親馬鹿の記事になってしまったようです。

私には子供は二人しかいませんがそれでも撮った写真の数は10:1ぐらいの比で圧倒的に上の娘が多いのです。 といって二人への愛情が10:1という訳では決してないので、アンリさんの場合も安心していいですよ。
私の友人は数人の子供を持つのですが、その中で一人の息子にはさんざん苦労をかけさせられたそうです。 その友人がある時しみじみと言ったのを覚えています。
「馬鹿な子供ほどかわいいんだよなあ」
アンリさんが馬鹿というわけではありませんよ。 
2012/05/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* まなむすめ…

20才のマヤさん、おきれいですね~。

この無邪気な小ちゃいマヤちゃんから16年で創られた、‘彼女の宇宙’が見えるような気がして、
思わずじーっと、
美しい瞳を見続けてしまいます。

お父さんが写真家さんだといいなぁ。(笑)
自分は親にはならなかったので、いつまでも娘の立場しか分からないのですが、
お父さんにとっての娘って、やっぱりそんなに特別なんですか?

なんとなく、下のお子さんは男の子さんじゃないのかしら、なんて、
マヤさんの記事をみるたびに思ってるんですけど…違ってたら下のかたにごめんなさい!(笑)
2012/05/15 [belrosaURL #- 

*

私の20歳も年下の蠱惑的な美人の友人が「マヤ」と言います。
以前の記事でお嬢様が同じ名前と知った時、
マヤって子は美しくなる宿命か?と思ったことを思い出します。
名前は一生ついてまわりますものね、
特に女性にとって最初の印象を決める大事なポイントだし。
私は自分の名前をあまり好きではありません。
2012/05/15 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: まなむすめ…

belrosaさん、ありがとう。
私はもし親になるとしたら男の子は勘弁してくれ、と長いあいだ祈っていました。 
自分を小さくした相似形が生まれてくるなんて凄く恐ろしいことに思えたのです。 
そのかわり女の子なら何人でもいいなあ、なんて思っていました。
ですから最初の子供が女の子だった時には心からほっとしました。

その次の子供はご推察通り男の子です。 
でもできてしまえば、どちらでも全く関係がない、ということを悟りました。
ブログには姉ほどは出てきませんが、弟の太郎を見てやってください。
http://blog1942.blog132.fc2.com/blog-entry-331.html
2012/05/15 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、日本人で「マヤ」はどんな漢字を当てるのだろうと思いました。 それともカナのマヤですか?

ムーさんは自分の名前があまり好きでないといいますが、
勝手に変えることがもし可能だとしたら何とつけるのか、
ぜひ知りたいですね。
2012/05/15 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

カタカナのマヤです。

名前が好きじゃないのは確かなんですが、
具体的な名前を考えたことは無いんです。
今流行のヘンテコリンなのはやです~~(笑)

2012/05/16 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

ムーさん、それでは私が素敵な名前をつけて上げましょう。
薔子(しょうこ)
2012/05/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

おーーーっ!
素敵素敵。
ハンドルネーム変えようかな(笑)
2012/05/17 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

ムーさん、気に入ってくれると思っていました。 
2012/05/18 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

こんばんは、じつはうちの娘もマヤです。まっすぐな矢と書いて
真矢です。ちなみに弟が一人いてユマといいます、漢字では弓に真で
弓真。いまは弟が立場が弱いですが、いずれ姉をビュ〜ンと飛ばすことでしょう(笑)真耶夫人にあやかっていますがほんとのとこはないしょだったりいたします。
2012/05/19 [ネコスタURL #JalddpaA [編集] 

* Re: No title

ネコスタさん、そうですか、真矢さんと弓真君ですか、
いい名前です。
弓と矢は切っても切れない結びつきがあるから
お二人ともいつまでも仲のよい姉弟で居ることでしょう。
でも名付けの理由が内緒というのはちょっと気になります。
2012/05/19 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

みなさんのコメントを読ませていただいて、
私も自分の名前が嫌いだったことを思い出しました。(笑)

小、中学生のころは本当に嫌で嫌で
毎年の新学期の自己紹介が苦痛でした。
せめて“子”のつかない名前がよかったのです。
それから数十年経つともう諦めの境地というか
やっと馴染んだというか…気にならなくなってきました。

ですが、パリで暮らし始めてわかったのが
私の名前はフランス人に正しく発音してもらえないということ。
どうして国際的に通用する名前にしてくれなかったのかと
少しでも思った私は親不孝者です。。。

マヤさん、ステキなお名前ですね。
確かに私の知っているマヤさんもかなりの美人です☆
2012/05/22 [tony] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: No title

tonyさん、自分の名前が好きだという人よりも
そうでない人のほうが多いのじゃないでしょうか?
私は自分の名前を嫌いではありませんが、
それに当てられた漢字は気に入っていません。

外国で通用しやすい名前、というのは今後とても大切だと思っています。
苗字は変えようがないにしても、
せめて名前は外国人でも呼び易いものをつけるように
これからの両親は考えるべきですね。
2012/05/22 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/305-b2048f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)