過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

僕は犬かもしれないよ (インターネットの世界)

Image0292-blognew.jpg

Subway Station
Dorchester, Massachusetts USA


写真を始めてから40年になるが、長いあいだ自分の撮った写真は周りにいるごく少数の人たちに見せるだけで、あとは自分で楽しんでいるだけだった。 時々個展のようなものをやってはいたけど、それとてごく限られたサークルの中で人の目に触れていたにすぎない。 
それがインターネットの到来ですべてが変わってしまった。 僕もかなり遅まきながら見よう見まねでホームページを作成したのはそんなに古い話ではなくて、15年ぐらい前だったろうか。 そして自分の作品を初めてウェブサイトに載せた時のことは忘れない。 数週間のうちに数千人が見てくれた。 数ヶ月たつとその数は数万人にもなった。 それまでの個展では百人以上の人が来てくれたことはなかったから、これは僕には目の玉が飛び出るようなショックだった。 サイトへのアクセス数は作品の価値とは何の関係もない、ということはわかっていたけれど、とにかくそれほどの人が見てくれたということが信じられなかった。 こうして僕はインターネットの凄さを実感したのである。 サイトのアクセス分析機能を見ると、文字通り世界中の国々からのアクセスがあったのがわかるが、アメリカ以外ではなぜかロシアとイタリアが多かったのは今でもその理由がよくわからない。 (日本からは一人もいなかった)
そして思うのは、僕がもし日本でウェブサイトをやっていたら、これほど世界中の人の目に留まることはなかったに違いないということだった。 それは英語という世界共通語のパワーである。

このホームページも数年後に閉じることになったのは、本職の仕事の方が忙しくなってページのメンテナンスが時間的に不可能になったからだ。 そのあとは世界中の写真家で形成されるあるウェブサイトに参加した。 そのサイトは現在も続けているけれど最近の僕はあまり活発に活動しているとはいえない。 というのは、数年前に日本語のブログ(つまりこのブログ)を始めてしまい、慣れない日本語を書くようになって、それだけで精一杯になってしまったからだ。 そのかわり多くの日本人の人たちと出会うことができたのは何物にも代えられない幸運だと思っている。 そして、長いあいだ貝の殻の中に閉じこもっていた僕を優しく外に連れ出して、日本へ連れて帰ってくれたのはその人たちだった。  僕はたぶん、こんな形でゆっくりと日本へ回帰して行くのだろう。

***

一度入ってしまえば二度と出ることのできない世界。 それがインターネットの世界である。 世界中の人々との、顔も見えず声も聞けない繋がりが、もしなくなってしまったとしたら、人はまたもとの孤独な殻の中へ帰って行くしかないから。



インターネットの世界では
たとえ君が犬だったしても
誰にもわからない。
Peter Steiner




にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

こんにちは

本当ですね。
インターネットと云うものがなければ
こうしてアメリカにいらっしゃるSeptember30さんとこうしてお知り合いになれなかったです。
そして写真をするようにもならなかったです。
パソコンの前に座って一旦ネットの世界に入ると
アッと云う間に時間が過ぎていってしまう魔法にかかってしまうのは困った事です(笑)
2012/05/18 [キキURL #PDFQKA4U [編集] 

*

相手が犬だろうが熊だろうが、
一旦お知り合いになったらお友達には違いありませんが、
現実に会ったことは一人しかいないのです。
この、会ってみたい会ってみたくないの差は何処にあるのか?
何処なんだろう・・・
2012/05/18 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

キキさん、私がパソコンの前に座るのはブログや写真の趣味だけではなく、本来の仕事も今は完全にコンピューターに依存しているので、それ無しでは文字通り餓死してしまいます。
こんなのでいいのだろうか、と時々恐ろしくなります。
そして器械の無い原始的な生活が恋しくなるのですが、実際にそんな生活をしたら
不便で1日も持たないかもしれません。
2012/05/19 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、ブログの読者が犬なのか熊なのかわからないのはこちらも同じです。(笑)
皆さん羊のような気がするのですが・・・
羊の皮を被った狼という可能性もありますね。

読者の皆さんには私は全員お会いしたいです。
きっと楽しいでしょうね。

ムーさんがブログを通して交信していながら会いたくない、というのは
ちょっと理解ができません。
ひょっとしたら狼を恐れる赤頭巾ちゃんかな?
2012/05/19 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 『ミッドナイト・イン・パリ』

犬さん、ウディ・アレンが言っていましたね、「1920年代のパリに行きたいし、ベル・エポック時代のパリにも行きたい。でも1日だけで十分。その時代に住みたいとは思わないんだ。だってエアコンがないところには住めないし、抗生物質がないところにも住めない。僕は、今の時代の便利さに慣れすぎてしまったと思っているよ」

スマートフォンを片手に電車に乗っている自分って、ほとんど病的です。
新幹線の中で現在地を検索すると、すごいスピードで点が地図の上を移動していきます。

『ミッドナイト・イン・パリ』
日本ではこれからロードショーです。
そちらはとっくに終わったでしょうか?
2012/05/19 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: 『ミッドナイト・イン・パリ』

みんさん、この映画はこちらではずっと前に封切られて私はもう2度も見ました。
古いパリがぶんぶん匂ってくるなかにウディ・アレン好みのジャズが流れて、
いかにもフランス風の洒落た感じのするなかなかよいフィルムです。
ただ一つ、主役男性の配役に私はちょっと不満。
もうちょっと繊細な雰囲気の男優を持ってくるべきだった。
というのは、
もともとこの俳優、私はあまり好きじゃないのです。
2012/05/19 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/338-98461885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)