過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

小さな命

PA250832-blog.jpg

Bella
By Green Eyes



2月5日午後1時半、わが家の玄関先に現れたのは女性の獣医だった。
会うのは初めてである。 いつも通っているすぐ近所の獣医の、ビジネスマンのようなそっけない対応を妻が嫌って、知人に紹介されたこの獣医は隣町からわざわざ来てくれた。 リビングルームのバスケットに弱々しく横たわるベラに話しかける彼女の優しさに、妻も僕もほっとした。
 
注射は2本。
首すじに注射された最初の1本は鎮静剤で、そのあと10分後の、心臓の動きを止めるための2本目は最初の注射よりも針が太く量が多かった。 獣医は痩せ細ったベラの腕の静脈を探しあてるのにかなりの時間をかけなければならなかったが、やがて注射器の中の飴色の液体がゆっくりと注入されていった。 妻はベラの顔を指先で撫ぜながら泣いていた。 僕はすぐそばのイスに腰掛けて、先ほどからベラの横腹が呼吸に連れてかすかに膨らんだり縮んだりするのをじっと見ていたが、30秒もしないうちにそれが止まった。 犬の胸に聴診器をあてていた獣医が "She is gone" とつぶやいた。 その声の低さと優しさに僕は感謝した。

ベラが死んだのだ。

相棒のパイはすぐそばに寝そべって、首を傾げて不思議そうにこの光景をじっと見ている。 見せておいたほうが良い、というのは獣医の勧めだった。

17年のあいだ、家族のマスコットのような存在だったベラはもういない。
この小さな生きものが、われわれの心にポッカリと残していったものを気づくには今はまだ早すぎる。 それはほんのささやかな不在感に過ぎないかもしれないが、誰もの心から永久に消えることはないだろう。
妻の焚く香の匂いが、遠い日本の故郷(ふるさと)の寺院を僕に思い出させた。

ベラよ。
ありがとう。
***


最後にベラのことを書いたのは昨年の7月だった。 あれから6ヶ月も生きたのだ。



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

ベラちゃん、安らかに。最後まで頑張りましたね。

ベラちゃんがお家でご家族とともに最期の時を過ごせたことが、過去二度も、愛犬を病院で死なせてしまった私には羨ましく思えます。
2013/02/07 [わにURL #- 

*

さようなら、ベラ。でも、みんなベラのことを忘れないから。
2013/02/07 [yspringmind] URL #UOM.WK7I [編集] 

* Re: No title

わにさん、

この獣医さんは医者というよりカウンセラーといったほうがいいくらいに
愛犬を失う家族の気持ちを大事にしてくれて
ベラのためにも最後にとても良いことをしてやれた、と思いました。
2013/02/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

yspringmind さん、

ありがとう。
そういえば、我が家の犬達のことは私のブログには写真だけではなく、
記事の中にもたびたび出てきたので、
読者の方にとっても知らない犬という感じがしないのかもしれません。
2013/02/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 小さな命

食い入る様に読みました。

「 妻はベラの顔を指先で撫ぜながら泣いていた」
僕は涙しました。

名文です!
2013/02/08 [henri8] URL #av6ed.vY [編集] 

* Re: 小さな命

henri8 さん、

感情を抑えて書いたつもりですが
それでもやはり隠せないものだと思いました。
わが家族の悲しみをシェアしてくれてありがとう。
2013/02/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* To Bella. And from Bella.

かなしいですね。。。
会ったことはなかったけれど、気になるお友だちみたいに思えていました。

これを読んでいたら、
なぜだか急に聴こえてきた歌があったのです。

ベラちゃんが、「パパに伝えてネ」って言っているような気がして…

ちゃんと訳してみたら、ほんとに彼女の言葉なんじゃないかな、って思ったんですよね。
http://blog.goo.ne.jp/belrosaio/e/7fc5d48ec2ad69f51427ed5a57e3bc71

大好きだったと思います。
パパのこと。



2013/02/09 [belrosa] URL #- 

*

昔飼っていた犬のことを思い出してしまって(もう15年も前のことなのに。)、胸が痛いです。
どうぞ安らかに。あちらの世界で楽しく暮らしてくださいね、ベラ。
2013/02/09 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

*

自分の人生の選択を人間に委ねるしかない犬たちにとって
幸せに暮らすためにまさしく運に頼るしかない。
それがどうであったかは君の眼を見れば解るよ。
よかったねベラ。
今頃、天国で他の犬たちに色々な自慢話をしてるんだろうね!
2013/02/09 [ダイムラー] URL #- 

*

ベラちゃんの写真を見ると高貴な顔をしています。
赤い首輪がよく似合います。

愛犬の死を見届けるのも残されるのもつらいけど、
自分が先に死んで残していくよりはずっとましですね。

2013/02/09 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: To Bella. And from Bella.

belrosa さん

かなしいけどかなしくはない・・・
幸せな一生だったと信じているから。

この歌はとても懐かしい歌なのです。
belrosa さんが唄っている銀座や赤坂で昔々に私が演っていたころ
この曲をゆるい静かなルンバにして毎晩のように演奏していたのです。
それがこんな歌詞の歌だったとは
50年近くたって初めて知りました。

これはベラが引き遭わせてくれた、というわけですね。
2013/02/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micio さん、

ありがとう。
一握りの灰になって帰ってきたベラ。
初めて見る灰は思ったよりもずっと白くて
水晶のような粒粒でした。
2013/02/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ダイムラーさん、

天国で他の犬たちといっしょに走り回るベラを想像するのは容易です。
それは相棒のパイのまるで豹のような精悍で敏捷な動作ではなくて
チョコチョコと短い脚で動きまわるいつものベラです。
思い出すたびに微笑が浮かびます。

2013/02/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

親の死には泣かなかったムーさんが犬の死に号泣したという
そのことをずっと考えていたのです。

人間同士のような複雑な愛憎や葛藤の歴史もなく
自分だけを信じて頼りにしてくれる動物。
しかも言葉を持たない生きものですから哀れさはそれだけ強く
純粋な愛情だけが残るのかもしれませんね。
私は泣きませんでしたが。


2013/02/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

あぁ、涙でいっぱいです。ベラちゃん、安らかに眠っていることでしょう。一度だけベラちゃんに会った事があるので、ブログに登場するたびに想い出していました。奥様がお描きになったこの絵もちょうど戌年の頃に仕事をしていたので覚えています。

私も多感な時期を共にした愛犬が17年生きました。私は最期には立ち会えなかったけど、家族に見守られて自宅で逝きました。この日親戚にも不幸ができたのだけど、家族は迷わず犬を優先にしました。本当に家族の一員です。

私は絶対に無理だと思ったけど、不思議といつの間に死の悲しみは癒えました。一緒に過ごした時間や想い出は減る事なく私の一部になっています。ベラちゃんも家族に愛され、人々に愛を与え、人生を全うしたのだから幸せに違いありません。

2013/02/13 [Endless] URL #d2yN2EXI [編集] 

* Re: No title

Endless さん、

優しいコメントにとてもこころが癒されました。
ありがとう。
若くて元気だったころのベラがEndlessさんの中にも生きていたのだと知って嬉しかったです。

今は灰になってわが家に帰ってきたベラは
寝床にしていたバスケットの中でいつもの毛布の上にひっそりと休んでいます。

そういえばあれはEndlessさんが何時間も車に乗ってやってきてくれたクリスマスのパーティのあとで
我が家に寄ってベラを見たのでしたね。

それは別として、
近いうちにできたら会いたいなあ。
2013/02/17 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/344-fc60d56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)