過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

巴里のデカダンス

T05paris026-blog2.jpg

女の館
Paris, France

このキャバレーは前を通りかかっただけで中には入らなかったが、名前だけは知っていた。 服装倒錯者(transvestite) だけのショウを見せるこの有名な店は1950年代からずっと続いていて、パリでは一番大きなナイトクラブとなっている。 
僕の覚えている60年代の東京にも、このてのクラブやバーがたくさんあったが現在はどうなのだろう? そのころは芸能界にも丸山明宏やピーターたちがいて、僕はステージでいっしょに仕事をしたこともあった。 そういえば今思い出したのは、数年前妻を連れて東京に帰って僕が大学の同期会に出た夜、友人のS夫妻が妻のお守りをしてくれて連れて行ってくれたのが、女装した男性だけの豪華なショウだったらしいが、そこの名前を忘れてしまった。 ということは現在の日本にもこのパリのキャバレーのような場所があるということだ。
19世紀末のヨーロッパを支配した退廃的、虚無的、唯美的な風潮が大都会に今でも残っているのは、たんなるノスタルジアなのだろうか、それとも行き詰めた文明が必然的に産み出すものなのだろうか。


MadameArthurs1Paris.jpg



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

日本でもこのところ女装子とか男の娘とか流行ってます。
下手な女の子より奇麗です。
現代の陰間茶屋というところもあるそうですから文化が成熟すると退廃的になるのは仕方ないのでしょう。
しかし美輪さんの昔の耽美的な感はどっきりしますよね。
2012/04/04 [上海狂人] URL #wuZV7DPc [編集] 

* Re: No title

上海狂人さん、そうなんですね。 デカダンスといえば世界中で日本以上のところはないのでは、と思っていたのですが自信はありませんでした。
日本へ帰った上海狂人さんにはこれからもいろいろ日本のことを教わらなければなりません。
2012/04/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/349-106a767a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)