過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

被写体はどこにでも・・・写真のレシピ (11)

T0708102-blog2.jpg

固いものと柔らかいもの、あるいは無機物と有機物
それとも只のスナップショット



「何を写真に撮れば良いのかわからない」
とはよく聞く言葉だ。 「何を撮るべきか」 はたぶん写真家にとっては最初にして最後の命題に違いないと思う。
そのことは僕もさんざん考えたし、本を読んだり仲間と議論をしたり、夜も寝ないであれこれと悩んだりしたものだ。
でも結局到達したところはごく単純な結論で 「撮りたいものを撮る」 ということだった。

「撮りたいものを撮る」 というのはわれわれのように写真を仕事としてではなく、趣味としてやる者にとっては実に天から与えられた恩恵だと考えたことがあるだろうか? 
これがプロだとそうはいかない。 うるさいクライエントがあれこれと注文をつけてくるし、自分の興味のない分野でも仕事となれば引き受けなければならない。 プロであることの厳しさとプロでないことのすばらしさを、僕は写真と音楽の両方の世界で経験しているから言えるのだけれど、創作の世界で誰にも何にも干渉されない究極の自由を持つということは、プロでないわれわれにこそ許されている特権だと言っていい。

ところがあり余る自由がありすぎるから 「何を撮っていいのかわからない」 という贅沢な悩みが出てくる。 あれを撮れこれを撮れ、と人に指図される方がずっと楽だからだね。  
そんな時には、「芸術写真を撮ろう」 とか 「人をびっくりさせよう」 などという気持ちをいっさい棄てて、自分の中にある無垢で素直な心にもう一度かえってみたらどうだろう。 そうすれば 「撮りたいものを撮る」 ことはそんなに難しくないはずだ。 日常の生活の中で目を惹いたもの、心を惹いたもの、それがどんな細かなことであっても逃さないように気をつけていれば、撮るものは無限に自分の周りにあることに気づく。

たとえば上の写真。
ある日テレビを見ている僕のすぐ前のスツールにパイがのんびりと寝そべっていた。 僕はパイのふわふわと柔らかそうな毛並みを見ているうちについ手を伸ばして触らずににはいられないような気持ちになる。 その毛並みの、柔らかいくせにほんの少しだけゴワゴワとした感触や、その下の皮膚の温(ぬく)もりを自分の指先に感じていたくなる。 それは感動と呼ぶような強い感情ではなくて、うっかりすると気にしないままに忘れてしまいそうな、かすかな心の動きに過ぎなかった。 でも僕はそれを写真に残したいと思った。

撮った写真をモニターで見ていて気がついた。 これは 「材質」 (texture) のオンパレードじゃないか! と。
パイの毛並みだけではなくてすぐそばの硬い竹で編んだスツール、床のオリエンタルラグ、クルミ材のコーヒーテーブルとその上に置かれたプラスチック製のリモート、そして柔らかなコットンのタオル。 そのどれもが指で触れて材質を確かめたくなる。 いや、見ているだけでその感触がすでに伝わってくる。 カメラを構えた時の僕はパイのお尻しか念頭になかったのに、今こうやって見るとなかなかおもしろい写真になっている。
写真を撮った時の自分の感情をいったん忘れて、あらためて客観的に眺めて見ることで見えなかったものが見えてくることがよくあるものだ。

今日のお話の続きとして、子供のようにのびのびと撮りたいものしか撮らないデリコさんの 『FOTO CYCHEDELICO』 をぜひ訪ねて見てください。


写真のレシピ(1)』 カラーかモノクロか     
写真のレシピ(2)』 ポイントを決めよう
写真のレシピ(3)』 陰影礼賛    
写真のレシピ(4)』 クロップの勧め
写真のレシピ(5)』 続・クロップの勧め
写真のレシピ(6) 群集劇のおもしろさ
写真のレシピ(7)』 ミニマリズム
写真のレシピ(8)』  警告!
写真のレシピ(9)』 芸術写真?
写真のレシピ(10)』 ユーモア


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

一つひとつのことばが身に沁みます。
こういう大人の写真はなかなかお目にかかれません。
しっとりとしてクラシックですね。
fotocychedelicoさんの写真は毎回瞠目して見ています。
ヒットの確率が異常に高いと感じています。
今回もありがたいレシピ、感謝。
2013/01/16 [centerfield] URL #8bsxoj2c [編集] 

*

なるほどねぇ・・・
参考になります。
2013/01/18 [nakkyURL #vR7eB8rI [編集] 

* Re: No title

centerfield さん

ありがとうございます。
実はこの数日PCの調子が悪くて格闘しています。
ようやく返信が出来る状態ですがまだ完全に元にかえりません。
ご迷惑をおかけします。
2013/01/19 [September30] URL #- 

* Re: No title

nakky さん

ありがとうございます。

2013/01/19 [September30] URL #- 

*

自分は写真を撮るときも絵を描く時も何のイメージも抱いていません。
そのときどきに応じて創作しています。
それが自由であることなのでしょうか。
2013/01/19 [mao87URL #- 

* Re: No title

mao87 さん、

「何のイメージも抱いていない」
ということを
「何を創りあげようということをあらかじめ設定しない」 
という意味に私は勝手に解釈したのですが、
もしそうだとすればそれなら私も同じようなプロセスで
写真をとっているような気がします。


2013/01/20 [September30] URL #- 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/369-0b11712a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)