過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

桜も散り、復活祭も過ぎて・・・

_DSC0819-blognew.jpg

移動祝祭日
Dayton, Ohio USA


イースター(復活祭)もいつか過ぎてもう五月になろうとしている。 
最近、異常な速さで時が過ぎていくように感じられて唖然としてしまうことがある。 そんなに忙しくしているわけでもないのに一日が何ということもなくさっと終わってしまい、気がつくと一週間が過ぎている。 そしてうかうかしているうちにいつのまにか月が変わる。 そして知らない間に歳をとっていく。 まるで、回転する車輪がどんどん加速度を増し続けて、いつか壊れてしまうまでは止まることもないような状態に似ている。 いったいどうなるのだろう、こんなので大丈夫かなと怖くなってしまう。

子供の頃はこんなのじゃなかったような気がする。 一日という時間が果てしなく長くて、その長い一日に新しい知識や初めての経験がぎゅうぎゅうに詰まっていた。 高校生の時でさえ毎朝わくわくした気分で目を覚ましたような記憶があるが、ほんとうにそうだったのかどうかの自信はない。 あまりにも遠い昔のことだから。
しかし四十歳になった時に思ったことははっきりと覚えている。 その頃僕はすでに家庭を持って最初の子供も生まれていた。 生活は楽ではなくて僕は懸命に働いていたけれど、一家のリーダーとしての自覚と誇りのようなものがあってそれなりに充実していたと思う。 それが四十歳になった時にいきなり僕の頭を打ったのは、夫や父親としての自分ではなく、僕というひとりの人間としての「生きざま」はこれからどうなるのだろう、ということだった。 人生の半分がすでに終わってしまった、という動かせない事実。 これからは分刻みに時が過ぎていくだろうという恐怖感。 うかうかしてはおられないという焦燥感。 それと同時に、何かを見つけようという漠然とした希望のようなものもあったようだ。

その四十歳も今では昔のことになってしまった。 あの時の自分と現在の自分を並べてみる時に、僕は一種の苦痛を感じないではいられない。 
いろいろなことがあって、いろいろなことが終わってしまった。 辛いこともあったけど、その大半は楽しい良い思い出に満ちているというのに、はたして自分自身はどうなったのか? 四十歳のあの時の自分とどれほど変わっているというのだろう?
あの時に感じたこと、それと同じことを今も感じているとしたら、僕のこの人生はいったい何だったのだろう?


人にとって真実の人生とは
その人が送ったことのない人生であることが多い。
Oscar Wild



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

その恐怖感と焦燥感、わかります。
私の場合も、いろいろなことがあって、いろいろなことが終わってしまった。
まさにそのとおり。
でも、September30さんが40歳の時と今とでは、明らかに違うと思うのですよ。
円熟味を増して、美味しい高級ワインのようになっているはずですよ。
少なくとも、ご自分以外の人から見たら、そのように見えるはずです。
(もっと言えば、少なくともこのブログの読者である私たちからはそのように見えますよ。)
そこに、高級ワインのラベルがついているかどうかは、また、別の問題で、ラベルは、安ワインに高級ワインのラベルを貼ってありがたがる人たちにまかせておけばいいではありませんか。
ラベルに関係がなく、本物を本物とわかる人たちに囲まれるのは、しあわせなことではありませんか。
これからも、もっともっとご自分の世界を追求していっていただきたいです。
後に続く人たちのためにも。

2012/04/29 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

* ってことは

まだ人生を諦めていなくて、戦っている最中っていうことでは。

人生のリングでタオルを投げ込まれることほど、悲しいことはないのですよ。
戦えるうちは戦ってください。
2012/04/29 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、そんなふうに優しく言ってくださってありがたくて胸がつまりました。
ふだんはそうでもないのですが、こうやって時おりネガティブな感情に襲われるのはよくない兆候ですね。
こんな時は人に会っても本を読んだり映画を見ても中に入っていけません。でもしばらくするとそれがすーっと抜けていくのですが。
自分に貼られるラベルには私は若い時から気にしなかったのですが、それではかんじんの中身は何だろう、と思うとそれは自分にはわかりません。 Shrinkにでも相談してみようかな、と時々考えることがあります。
ほんとにありがとう。
2012/04/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: ってことは

micioさん、人生を諦めるということはないですね。 そして戦っている最中、というのも事実です。
でもね、ときどき疲れてしまうのです。 昔のように疲れそのものが快くて、一晩眠ればもとにかえる、ということもないし。(笑)
2012/04/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* まさにその只中です

41歳の私もかつてのSeptember30さんがそうであったように 焦燥感、恐怖、不安、漠然とした希望とともに「うわっ!もうこんな時間だ。」とか「もう○月だ!」と動揺しています。特に私は子どもも持たず、専門職を手放し、治療と養生の必要な体なので、穀潰し感を人一倍ヒシヒシと感じます。
たぶんこういう焦りや不安は多くの人が感じていることでしょうね。はたでみていたらどれほど充実しているようにみえても。

自分の価値は、自分の人生の価値はなんだろうという恐ろしい問いの前には、なす術もありません。その問いに対する答えは自分では出せないようにできているのかもしれません。家族や友人や、同業者や、まったくの未知の人が出してくれるものなのかもしれません。
関西の片隅に住む私がこちらのブログを拝見し、写真を眺め、文章を味わい、ひと時内省的な心を持てるのは、40歳のSeptember30さんには為し得なかった「偉業」ではないかなと思います。渦中にいる人には渦の形はわからないもんです。
2012/04/30 [nicoURL #- 

* 同じです

時の経つのを早く感じるのが更に加速していく毎日です。
同級生は殆ど定年退職して第二の職場又は悠々自適ですが、
まだまだ家庭と職場の二束の草鞋を履き、
合間にブログをお邪魔したりで忙しく、
あっという間に1日が終わり、あっという間に週末がきて、
たった最近2012年になったような気もするのにもう5月!

順調に平均的な寿命を全うしたとしてもこれから何年、
そしてそれを逆算してあの頃から今まで位が残された人生かと思うと恐ろしく焦燥感で一杯になります。

September30 さんよりは少し若いので、その気持ち わかりますとは口幅ったいのですが、やはり分かります。
私より若い人だってやはり気持ちは同じではないでしょうか。
40歳の人は人生半分来たんだって思われるでしょうし、
50歳の人は20歳から今まで分生きたら80歳かって同じ様に計算されると思いますよ。

只、1昨年弟を50代の若さで見送り、それから少し考えが変わりました。
東北地震で被災に遭われた方々も人生観が当然変わられたと思います。
無常、非情、何時何が起こるかわからない、会いたい人に会う、行きたい所へは行く、
それは心がけるようになりました。

September30 さん、大好きなプロバンス、イタリアへ、絶対近いうちに行ってください。
新しい写真も沢山撮ってブログに発表してください。
焦燥感も薄らぐと確信しています。
2012/04/30 [のほほん] URL #- 

* Re: まさにその只中です

nicoさんのおっしゃるように 『その問いに対する答えは自分では出せないようにできているのかもしれません』
その言葉には重みがあります。時間をかけて考えてみます。 死ぬ間際にすべての問いに対する答えが出てくるのかもしれないような気もします。
なんとか健康を保ってきた私のようなものには想像もできないような試練を受けてこられたと思います。 普通の人にとって自分を見つめるという作業はとても難しいことでしょうし、そんなことをまったく考えない人もいるのかな、いやそれとも考えないように見える人でも実は深いところで感じているのかな。

サイトを拝見しましたが、意義のある貴重なことを続けておられるようで心が温まりました。

2012/05/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 同じです

のほほんさん、皆さんのコメントを読んで自分だけではないということがよくわかりました。ふだんの日常ではこんなことは親しい人との間にもあまり出てこないことでしょうね。

のほほんさんのおっしゃるように、今の私には旅に出ることが最良の治療だとはわかっているのですが、仕事とか家庭事情でそれが簡単にできないというところに、また欲求不満が増してしまうようです。
何とかしようと思います。真心のこもったアドバイスをありがとう。
2012/05/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

みんな同じなんだと思って安心しています。
子供のころは、慣れないイベントや楽しみにしている事が沢山あって、待ちきれないと思っていました。例えば、夏休み、誕生日、運動会、遠足など指折り数えるという言葉通り、待っている日が長かったです。 
大人になるにつれて、こういうイベントは楽しみではなくなり義務感に変わったりして指折り数えるの逆で「え?また○○の誕生日?プレゼント買わなくちゃ」とか思っていますから、時間はあっという間に過ぎ去る気がします。
それは1年2年という長い単位での「あっという間」。

でもそれだけじゃなくて、私の場合は1日とか1時間とか言う単位でもあっという間と言うのが多くて困っています。1時間が無くなったように感じられるのです。。。 

今年私は45歳になるはずなのですが、20代のとき思い描いた40代にはまったく程遠く何も持っていないのです。 まぁ、持ってないのがイイと思ってこうなったかもしれないので、いいんですが。。。 
2012/05/01 [アンリ] URL #0.M2lW/c [編集] 

* Re: No title

アンリさん、私も皆さんのコメントを読んで自分だけではない、とわかっただけではなく、そんなことを話し合える仲間ができたような気がしています。(といっても皆さん私よりもずっとお若いのですが)
同年輩の友人や知人が悠々リタイアして畑を作ったり、孫と遊ぶのを見たりしていると、彼らはどんな長い1日をゆっくりと過ごしているのだろうと羨ましく思ったものです。

自分が20代の時にどんな40代を思い描いたのか、あるいはそんなことを考えてもみなかったのか、私は思い出すことができません。
2012/05/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/377-239fdef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)