過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

狼になりそこねた男の話

00easter07-blog.jpg

Audi Quattro S4
Dayton, Ohio USA


若い頃からクルマが好きだった。 アメリカで暮らすようになってから長い間にいろいろな車を持った。 我が家の二台の車(息子がいた時は三台)はいつもすべて日本車だった。 今思い出してみると、ホンダ、ニッサン、トヨタ、マツダ、スバル、とそれぞれ何台かづつ乗ってきているので、アメリカで僕ほど敬虔な日本車信奉者はあまりいないだろう。 
それが2000年に自分用の車を買い替えなければならなくなった時、それまでの実用本位の車ではなくて少し遊んでみようと思った。 経済的に少し余裕のできた今、昔若い頃に果たせなかった夢を何十年か経ってもう一度取り戻すことは許されてもいいだろうと思ったからだった。
僕は次のような条件で新しい車を探した。
・小型車であること ・4ドアのセダンであること ・スポーツ仕様であること ・6気筒であること ・前進6段のマニュアルシフトであること ・最低250馬力を持つこと ・改造が容易にできること

つまり一口で言うと僕は、『羊の皮を被る狼』を探していたのだ。 そして最終選考に残った二台が「アウディのS4」と「BMWのM3」だった。 この、性能的にはほとんど大差のない二台のドイツ車のあいだで、僕はあまり迷わないでアウディに決定した理由というのは、
1 アウディのほうが価格が安い
2 BMWの後輪駆動にくらべてアウディは四輪駆動
3 両者ともエンジンは直列6気筒だがアウデイはツイン・ターボを装着している
4 スノッブな若者に大人気のBMWはいやというほどどこでも見かけるがアウディはそれほどでもなく、とくにS4はほとんど見ない

とりわけ僕の気に入ったのは、「私って凄く速いのよ」とこれ見よがしに外見を着飾ったM3と違って、S4は善良な市民の乗るA4と見た目はまったく同じだということだった。 違いといえば小さな《S4》のバッジがさりげなく付けられているだけなのが謙虚な僕の性格にぴったりだった。 ところが車体の色の選択になると、僕の気に入った「ハイビスカス・レッド」という渋い赤がどこにもなくて、隣州のインデイアナポリスまではるばると出かけて行って買うことになった。 ようやく手に入れたS4に最初にやったのは、内臓コンピューターのチップをアップグレードしてスピードリミターを取り除き、エグゾーストパイプをスコーピオンに取り替えた。 それでどうにか購入時の250馬力を350馬力まで上げることができた。 僕はさらに、車高を低め、タイヤをブリジストンの245-45-17のロープロファイルのワイドに変え、シフトのスティックをうんと短くした。
 
改造のおかげで、信号で隣に停まったBMWが挑んできて何度もダッシュのレースをしたが負けたことがない。 ことに雨の中では四輪駆動の強みで、スピンして出遅れるポルシェの911やコルヴェットにも易々と勝った。 最高速度も、ある時ひとりでニューオーリンズに旅行の途中、ミシシッピー州の人里離れたハイウェイで、160マイルまで表示のある速度計で140マイル(225キロ)をなんなく出したけれど怖くなって(スピードではなくてポリスが)数分でやめてしまった。 その速度でも四輪がピッタリ路面に貼りついてまったく危なげが無く、アクセルペダルにまだまだ余裕があった。 僕のS4はドライバーにも予測のできない可能性を秘めた恐ろしい狼になっていた。

あれから十二年。僕はいまだに同じ車に乗っている。 走行距離が24万キロになってあちこちに傷(いた)みが見えてきているし性能もかなり落ちてきている。 ふだんの手入れは怠らないというものの、いかにも老兵という感はまぬがれない。 しかし老巧化して性能が落ちてきているのは愛車だけではなくオーナーの僕も同じだから文句は言えない。 街道レースをすることはもうないし、毎月のようにスピード違反で検挙されることもなくなって、僕もアウディもすっかり羊のように大人しくなってしまった。 そろそろ買い換える時期かなあ、とかなり前から思っているけれどとくに興味のある車というのがないし、第一僕たちはこの十二年間を共に闘いながら老いてきたという強い連帯感のようなものがある。  
いや、実は喉から手が出るほど欲しい車が一台あるのだが、今の僕には遥か雲の上に霞む幻(まぼろ)しの存在でしかない。 その車とはニッサンの『GTR』。 545馬力の物凄い車である。 僕が二十代のころ日本で乗り回したスカイラインの『GTB』の末裔だった。

『羊の皮を被った狼』になろうとしたSeptember30さんは、こうして今は歳をとって『狼の皮を被った羊』になってしまいましたとさ。
ちょっぴり哀しい寓話である。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

色は塗り替えられたんですか?私のPCディスプレイでみると赤というよりもボルドー色に見えます。ホイールキャップもピカピカで、大切にしてはるのがよくわかります。「信号で隣に停まったBMWが挑んできても」のくだりに思わずニヤリとしてしまいました。September30さんも血気盛んな若者と同じ感覚を持っていらしたんですね(笑)

バブル時代にハイティーンを送ったせいで、「乗っている車で男を選ぶのが当然」という風潮が同世代の女子にはありました。私は車は走ればいいと思っているおかげで(?!)色んな車に乗せてもらえました。ウィンカーも壊れ幌も機能していないジープ、最高速度80km/hのハイエース、地面を這う低さのボロボロなポンティアック、素晴しい黄色のディーノ、レース用に改造された初代ユーノスロードスター、車内がおそろしく広いシボレー等々。どれもその持ち主をよく現していたと今になって思います。
かくいう私の最初の車はスカイラインのGT31というおっさん車でした。安全設計のこれといって魅力のない車扱いだったのですが、四角く長いボディのせいでGT30と間違えられてよく挑まれました(--;
歴代「これといって魅力が無い」車に乗っている、ということは…私って・・・
2012/05/02 [nicoURL #- 

*

済みません…先ほどのコメントのなかで「R31」を「GT31」と書いてしまいましたm(_ _)m
この一事をもつてしても私の車意識の低さがあらわれちゃってますね(^^;
2012/05/02 [nicoURL #- 

*

やんちゃな狼さんだったのですね(笑)
still now on…
might be…

寓話のくだりのように
ever forever
なのでは。
2012/05/02 [fumiekitazawa] URL #LGP0CJfA [編集] 

* Re: No title

nicoさん、色は確かに実際よりも暗く写っていますが赤です。 グラスに注いだボルドー酒を陽にかざしたらこんな色になるかな。 でもホイールキャップではなくてマグネシウムのホイールなんですよ。(笑)

アメリカ人は乗っている車で人を判断する悪い癖があります。 "You are what you drive" というわけでステータスシンボルになってしまうのですね。 だからどんな車でも買えるような金持ちがプリウスかなんかに乗って現れると私はそれだけで好感を持ちます。(もしかしたらケチなだけかな?)

私が車のメカに少しだけ強くなったのは、若い頃ポンコツにばかり乗っていてしょっちゅう壊れるので、それを自分で修理するしかなかったからです。 私も車は走ればいいという主義ですが、ただ、運転すること自体がとても好きなんですね。 一番リラックスできるのは何よりも運転中です。 ですからいろいろと考え事があるときはいつも車を走らせます。 そのかわり携帯電話等はいっさい車中では使いません。

つまらない人間はどんな高級車に乗っていてもその車までつまらなく見えるものです。 いやむしろ滑稽に見えます。 でも、その逆は無いですね。 「これといって魅力が無い」車に乗っているからといって、その人が「これといって魅力が無い」人ということは絶対にありません。


2012/05/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

車の事は全くわからないというのは、男としては「問題外」なんだろうなぁと思います。これは免許さえ持っていない自分のことですが。
それにしてもこの美しい車が24万キロも走っているんですね。日本とは走るフィールドが違うとはいえ、大事にされているのがよくわかります。しかしGTRが欲しいという気持ちに、つい顔がほころんでしまいました。
2012/05/02 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: No title

fumiekitazawaさん、こんばんは。
寓話ではなく、お伽話にしたかったです。
そうすれば白馬に乗った王子様のように
白いGTRに乗って
お姫様を迎えに行ったのに・・・
2012/05/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

川越さんは車のことはわからないと言いますが、私は花のことはまったくわからないので、これは人間としては「問題外」です。
川越さんのようにポニーテールにピアスをしてGTRに乗れば、これは絵になるんじゃないかなあ、と思っています。
(私の髪もかなり伸びてきました)
2012/05/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

車は女なんですか。

あ、だから私はよくケンカするのか。
2012/05/02 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

*

走行距離が、12年で24万キロとは、約15万マイルですよね。年に1万マイル以上とは、やはり、ものすごく外出されているのですね。私など、1年で5000マイルくらいしかいきません。September30さん、ちっともおうちに篭もってなんかいらっしゃらないじゃないですか...(笑)。それにしても、September30さんは、自称『狼の皮を被った羊』でも、やっぱりその下にもう一枚被っていて、実は中身は『狼』ではないか、と密かに思っている私です。
2012/05/02 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

*

チェコにいるときは3台乗りました。
最初のVWは3万キロ弱で譲り受け、23万キロ。
次のSKODAは9万キロくらいで譲り受け18万キロ。事故で手放し。
最期のSKODAは新車から4万キロくらい。
ワタシは豚の皮をかぶった犬なので、そんなやんちゃではないですが、ドイツの車の高速安定性は日本車の比ではないですね。
SKODAもチェコの皮をかぶった、ドイツ車(2台目はVW,3台目はアウディ)だったので時速200kmくらいは問題なかったです。特に3台目のディゼルエンジンは素晴らしかったです。
でもSeptemberさんは『狼の皮を被った羊』の皮をかぶった、やはり狼なんじゃないですか?まだそんなおとなしくなったようには思えませんが。
2012/05/02 [上海狂人] URL #wuZV7DPc [編集] 

*

えっ、このS4、12年前の写真じゃないんですか。私のPCのモニターで見るかぎり、あまりの美しさに、新車当時の姿だと思っていました。
2012/05/02 [n.nURL #- 

* Re: No title

micioさん、よくケンカするというのは車のトラブルが多い、ということなのかな?
車というのは、ギアチェンジひとつにもペダルの踏み方にも「優しさ」が必要なのです。
サディスティックなドライバーは彼女に必ず復讐されます。
2012/05/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、ここ数年は走行距離が極端に落ちているので、それ以前は年平均1万5000マイル以上走りました。
最近は長距離のドライブに連れ出すのがかわいそうで、その必要があるときはもう1台のホンダのSUVを使っています。

けろっぴさんはマンハッタンにお住まいで車をお持ちなんですか? 驚きです。
皮の下の皮の下の皮なんてまるでラッキョウですね。{笑)
どんどん剥いていけば何もなくなっちゃうじゃありませんか。
2012/05/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

上海狂人さん、たしか70年代にアメリカに輸入されたチェコの小型車が走っていました。(名前を思い出せない)
安かったけれどさんざんの悪評をかっていたのを思い出しました。 そのあとにドイツからの技術が入って現在のSKODAのような優秀車が作られるようになったのでしょう。

私のアウディもかなり前にVWに吸収されて、車部品もVWのものが共用されるようになりました。 たとえば燃料タンクのキャップでもVW用のはアウディ用の3分の2の値段で買えます。
2012/05/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

n.nさん、これは4年前の写真です。 現在の写真を載せて老いた姿を皆さんに暴露するのが忍びなくて・・・
2012/05/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

あっ、ever foreverはおとぎ話のくだりでしたね。
September30さんがファンタジーを語るなんて、ちょっと微笑ましい(^^*)

ところで、そのハイビスカス・レッドのS4を一度試乗してみたいものです。
年老いたじゃじゃ馬とはいえ、怖いもの知らずとはわたしのことを言うのだろう。

2012/05/03 [fumiekitazawa] URL #LGP0CJfA [編集] 

*

アウディに決定した理由が殆ど僕の車の選択理由と同じなので
嬉しくなってしまいました。 僕はSUBARUのB4 3.0L FLat6 Spec.Bに乗ってます。同じようにエグゾーストパイプを換えて、リミッターも..(^^/

で...この間山道でGTRのリアエンブレムに遭遇しまして、食いつきましたが、GTRは速いです。恐ろしく高性能です。 ポルシェだと加速してゆく時にリアが沈むのが判るので、こちらも反応できるのですが、GTRはそのままの姿勢でスルスルと早くなります。
幾つかのタイトなカーブを必死でGTRの後ろを追いかけましたが、ハッと気がつくと僕のB4の性能を超えていそうなので、怖くなって止めました。こんな事初めてです。あれは最初からモンスターです。羊の皮は被っていません。(笑)

今の日本の若者は車より携帯電話
HYBRIDとかがカッコイイと言われる、つまらない国になってしまいました。
ところでTesla Model Sが出ますね。

2012/05/03 [MasaURL #HfMzn2gY [編集] 

* Re: No title

fumiekitazawaさんはそういえば確か、オートバイのライダーでしたよね。
身体で風を切ってスピードを感じるあの陶酔感は、忘れられるものではないでしょう?

私のS4はあとどのくらい持つのか?
ひょっとしたらオーナーより長生きするかもしれません。
2012/05/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

Masaさん、山道でのGTRとの邂逅はついていけませんでしたか。その話を聞くとますます恋心が募りました。アメリカでも左ハンドル車が出てるのですが、私はまだ1度も遭遇したことがありません。

ところで私は数年前までアメリカン・スポーツカー・クラブという団体に所属していて年に2,3度ラリーをやっていたのですが、相棒のナビゲーターが任期を終えて日本に帰ってしまってから出場していません。ラリーはドライバーよりもナビゲーターのほうが重要で、彼は非常に優秀だったのです。5年ほど続けた中で100人中の2位に一度(2点の差で1位を逃した)、4位に一度、10位以内に数回という成績でした。後ろから追突されてリタイアしたことが一度ありました。
2012/05/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

ライダーだったのは、これこそ「今は昔」です。
S4と一緒にお姫様を迎えに行くまでは、まだまだ頑張ってくださいね♪
2012/05/03 [fumiekitazawa] URL #LGP0CJfA [編集] 

* Re: No title

fumiekitazawaさん、がんばります。 ありがとう。
2012/05/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

運転はそんなに好きなほうではないので、あまり乗りません。ドライブに出かけるのはすきなのですが、助手席に乗っているほうが好きなもので。それに、コストがかかりすぎるので、もう処分して、必要な時にはZipCarなどを借りることにしようと思っているのです。

September30さん、上海狂人さんも仰っているじゃないですか、やっぱりみんなそう思っているのですよ。らっきょうじゃなくって、『「狼の皮を被った羊の皮」をかぶった狼』だってね(笑)
2012/05/04 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

*

車のことは良く分かりませんが、Viva日産なのでプリメーラ(骨董品)に乗っています。
私は虎猫の皮を被った虎です。
この間、タイヤはミシュランがいいねとイタリア人に話したら、彼は怒っていました。
2012/05/04 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* 車

ゴールデンウィークを利用して今、日本から姪夫婦が来ているんですが・・・・
姪夫が車大好き!なのでドイツやイタリアの高級車を見せにディラーへ出かけてたんです。
それと近所にあるテスラーという電気自動車・・・
車にさっぱり興味のない私ですが、わぁー、高い!へぇー!
という面白い経験でした。(笑)

姪夫曰く、高級車を見てると、一番テンションが上がる!んだそうです。
でも現実は認識してるみたいで、娘が乗ってるプリウスが次の車かな?と話しておりました。(笑)
私はトヨタの車が大好きです。
2012/05/04 [マコ] URL #- 

*

ステキな色の車ですね。

私は運転は好きですが、今まで必要がなかったので車を所持したことがなく、
レンタカーや実家の車をたまに使うだけです。
そのせいか車には詳しくありません。
実は、Septemberさんの車の背景に写っている
桜らしき立派な木のほうが気になっています。(笑)

でも、もしいつか買うことになったら
もっと必死に勉強するのかもしれません。
…といっても私が乗るのなら
身の丈にあったコンパクトカーだと思います。
ウサギの皮をかぶった子豚です。(笑)
2012/05/04 [tony] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、私は逆に人の運転する車に乗るとどうも落ち着きません。自分が運転するより疲れてしまうのです。
ヨーロッパでも運転はいつも私の役目でした。 もっともオートマチックのほとんど無いヨーロッパでは私しか運転できなかったのですが。

ふだんは羊になっていますが、赤頭巾ちゃんが現れたら狼に変貌するかも知れない、とは思っています。
2012/05/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micioさん、記事に書いたようにほとんどの日本車に乗りましたが、どれが一番好きか、と訊かれたらすぐには答えられないけど、しばらく考えてニッサンと答えるでしょう。
ニッサンには若さがあります。
2012/05/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 車

マコさん、クルマは(大部分の)男にとっては夢なのでしょうね。女性の場合は何にあたるのだろう、と考えてみましたが答えは出てきませんでした。
2012/05/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

tonyさん、ウサギの皮をかぶった子豚に笑いました。子豚の丸焼きは美味しいそうですが食べたことはありません。
ちょっと抵抗があります。これからはtonyさんを思い出して、ますます食べられなくなるでしょう。

写真の背後の木は桜ではなくてmagnoliaだと思います。日本ではモクレンですか。こちらではポピュラーでどこでも見られます。
2012/05/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

赤頭巾ちゃんが来たら狼に変貌する、普段は羊の皮を被ったSeptember30さん。
そうです。
そうこなくっちゃ!(笑)
2012/05/05 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、そういえば私がアメリカに来る直前に芥川賞をとってベストセラーになった庄司薫も警告していましたね。
『赤頭巾ちゃん気をつけて』
どうか気をつけてください。
2012/05/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

そうですね。
庄司薫といえば、読んだことはないのですが、こんな作品もありましたね。
『狼なんかこわくない』
2012/05/06 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、やりますね。
それでは私ももうひとつ。 庄司薫ではないけど私が学生の頃の石原慎太郎の作品です。
『狼生きろ豚は死ね』
2012/05/06 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

う~ん、降参です。
そのかわり、この曲を聴いてください(笑)
守ってくれる人がいるそうです。

『赤頭巾ちゃんご用心』
http://www.youtube.com/watch?v=VyQkccOwWrc
2012/05/06 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、聴きました。
音楽はともかく、なかなかおもしろい歌詞ですね。
2012/05/06 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/380-dd44ed09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)