過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

公園の無い町ってあるんだね

T05paris034-blognew.jpg

リュクサンブール公園
Paris, France



僕の住む町はサイズとしては大きすぎず小さすぎず、アメリカでは典型的な中都市の部類に入る。 人口14万人というから、日本の僕の郷里、Y市とほとんど同じである。 ところがそんな中都市のくせに生意気にも大都市並みの住民文化(こんな言葉があったっけ?)を持っているところが少しユニークな町だといえるかもしれない。
たとえばスポーツではプロのチームとして野球、アイスホッケー、バスケットボールがあるし、芸術面でも、市の名前を冠したバレエ、オペラ、オーケストラの団体があって、新旧の二つの劇場で定期公演をしている。 中でもモダンダンスのグループ、『DCDC』はニューヨークのブロードウェイだけではなく、世界中で大評判をとっている我が町の誇る文化遺産だ。
美術館だってそれほど大きくないけど美しいイタリアンルネサンスの建物の中に、なかなか優秀なコレクションを持っている。

ところがそれほどの町でありながら、この町には公園というものがなかった。 これはアメリカの都市としてはかなり変わっている。 町の歴史を調べてみたけど昔どこかに公園があったというような史実は見当たらなかった。 僕が経験した限りでは、アメリカのたいていの町には少なくとも一つは公園があって、そこには(なぜか必ず)南北戦争の遺物の大砲が置いてあったり、世界大戦の戦士の石碑があったり、暇を持て余した老人たちがベンチにたむろしていたり、若者たちがフットボールを投げあったりしている。
ところで僕は、我が町に公園が無いことをけしからんとか、公園はあるべきだとか言っているわけではない。 ただ、これほどのサイズの町に公園がないのはなぜだろう、とふと思っただけである。 

公園で思い出すのはやはり長年住んだボストンだ。 ニューヨークにセントラルパークがあるように、ボストンにはボストンコモンがあった。 もちろんその規模の点ではとてもニューヨークには敵わないけど、そのかわりボストンコモンはすぐ隣にパブリック・ガーデンがあって、ちょうど二つの公園がならんでいるような感じである。 その昔僕はこの辺りをしょっちゅううろうろしていたので、そのことは前にも何度か書いたことがある。 
やっぱり公園はないよりも、あった方がいいかなあ、と思う。

ボストンの公園のこと 『沖縄から来た男


小さな町って僕はどうも好きじゃないね。
だって、公園の大砲を見てしまえばあとは何もやることがないんだもん。
Lenny Bruce




にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

公園のない町ですか...あまり深く考えたことがなかったです。
理由として考えられるのは、その町が、公園の必要性がないくらい、
それぞれの家の庭が広いからなのではないでしょうか。
そうは言っても、やはり公園があるとほっとしますよね。
あと、町の催し物などは、どこでやるのかしら、とちょっと思いました。
美術館の敷地内に、公園はないのでしょうか...?
2012/06/20 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、
家の庭が広いから公園の必要がない、というのは違うと思います。
そんな広い庭を持っているのは昔のライト兄弟が住んだ豪邸くらいです。
町の催し物をやるのはいくつかの場所がありますがいずれもプライベートな敷地で
公園ではありません。
美術館にはオクトーバーフェストをやる広い庭があります。
でもこれも公園ではありません。
2012/06/20 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/392-0272414e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)