過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

パリのアメリカ人

T05paris077-blognew.jpg

パリのM夫人
Paris, France


ウディ・アレンの 「ミッドナイトイ イン パリ」 が日本で封切られるそうだ。 アメリカに住む僕がこの映画を見たのはもうずいぶん前のことで、そのあとまた一度見ているのでもう新しい映画という感じがなかった。 だから日本ではまだ見た人がいなかったのだと知って驚いた。 いったいこの、日米間の映画の配給システムというのはどうなっているのか僕にはまったくわからない。

"Midnight in Paris" はいかにもウディ・アレンらしい映画といえるだろう。 現在のパリと1920年代の古き良き時代のパリが交錯するというSFめいた設定なのだが、おまけに1890年代のベルエポックのパリやそれよりずっと以前の17世紀(?)のパリまで出てきたりして、ノスタルジアに満ちたフランス風の軽いコメディとなっている。 僕自身もちょっと嗅いだことのあるあのパリの匂いが、場面ごとにぷんぷんとしてくるような映画である。
登場するキャラクターが、スコット・フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、コール・ポーター、ピカソ、ダリ、ガートルード・スタインなど、ここには書ききれないほどの芸術家が出てくるのが楽しい。 そしてウディ・アレンのお気に入りの古いジャズやシャンソンがいつも裏に流れる。 

パリのアメリカ人。
この動画は4人のピアニストが4台のグランドピアノで演奏するという、ちょっと変わったガーシュインである。


An American in Paris
George Gershwin



「ミドナイト イン パリ」では主役のアメリカ人男性が、物質主義的で高慢なアメリカ人の婚約者を離れて、質素で優しいパリジェンヌと最後に結ばれる(ことを示唆している)のだが、このアメリカ人女性と彼女の両親がいかにも典型的なアメリカ人として戯画風に描かれている。 
聞くところによると、パリをはじめヨーロッパを訪れる外国人の中で一番嫌われるのがアメリカ人だそうだ。 なんとなくその理由がわかるような気がする。 アメリカ人のあの人を気にしない陽気なフランクさは、その裏には子供のような無邪気さがあるだけでそれ以上の意味はないのに、古い伝統の中に生きるヨーロッパの人たちには、それが尊大で鼻持ちならないものに映るのかもしれないと思った。 しかし中には、アメリカ以外は国ではない、という嫌な態度をあからさまに表すアメリカ人もいることは確かで、そんな場面を僕は何回か目撃した。 

パリの街を歩いていて、太めの体躯にショーツと野球帽とスニーカー姿の中年の男性を見かけたら、それはまちがいなくアメリカ人だと思っていい。



パリにいると誰もが俳優になりたがる。
観客になって満足するものなんか一人もいない。
Jean Cocteau




にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

最近、私はタンザニアへ誘われました。ドミニカへ行く機会もありました。トルコに行くよう勧められもしました。でも結局行けるのは香港なのでした。「香港で十分じゃないか、他は全部発展途上国か後進国ばかりだ」。確かにその通り。
パリの香りとやらを嗅いでみたいです。あからさまに「アメリカ以外は国ではない」という嫌味なアメリカ人とやらにも会ってみたい。Septemberさんの話を聞くにつれ、先進国と呼ばれて何十年も経つ国を巡ってみたい気持ちが強まります。日本も先進国と呼ばれて随分経ちますが、まさかこんな方向へ進むとは、かつては予想だにしませんでした。ヨーロッパやアメリカはどうなんでしょう。
2012/05/29 [n.nURL #- 

* Re: No title

n.nさん、外国人が初めて日本を訪れた時のショックは、
私たちが外国へ行って感じるものとは比較にならないほど大きいようです。
日本はそれほどの魅力をもつ国なのですね。
アメリカに長く住む私は逆にそんな外国人の眼で日本を眺めるので、
行くたびに新鮮な印象を受けますが、
そこの住む人たちにとっては何でもないことなのでしょう。
n.nさんの最近のブログにもその事に触れていましたね。
私にとって一番つまらない国はアメリカです。
2012/05/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

「私にとって一番つまらない国はアメリカです」。うむう、そうなんですか…。
2012/05/30 [n.nURL #- 

* Re: No title

n.nさん、私が旅行に行く先の興味の中心はその土地の歴史、文化、人情、生活(食べ物など)のようです。 
その点、長年住んだアメリカは新鮮な刺激はもうありません。
「つまらない」というのは私個人の評価であって、
アメリカがつまらない国だと言った訳ではないのですよ。
2012/05/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/398-96efbd47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)