過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

カラーかモノクロか・・・写真のレシピ(1)

T02oregon03-(altered)-blognew.jpg

ガード下から
Dayton, Ohio USA


「写真をカラーにするかモノクロにするか、はどうやって決めるんですか?」 とよく訊かれるけど、答えは極めて簡単だ。
「それは僕が決めるんじゃなくて画像自体が決めるんです。」
ふつう僕にはその選択の自由はほとんどない。
上の写真のようにもともと強烈なカラーのコントラストに惹かれてシャッターをきったものは、最終的にカラーのプリントになるということはもう最初から運命づけられている。 そうではなくてたいていの場合は、撮影の時点でとりあえずカラーで撮っておいて、あとでゆっくりと見る時にカラーにするかモノクロにするかを考える場合が多い(僕の場合はということです)。 以前のフィルムカメラの時代にはカラーフィルム(あるいはスライド)とモノクロのフィルムを別々のカメラに装填していたけど、デジタルの時代にはその必要がなくなった。 
こんなことを言うと、「フィルムカメラの写真とデジタルの写真はまったく別物なんだよ」 という純粋主義者(日本人に圧倒的に多い)の叱りの声が聞こえてきそうだけど、僕はそういうことにはほどんど無頓着である。 
ちょうど村上春樹さんがどこかで、ジャズは現代のCDで聴くより、昔のLPで聴いたほうがずっと良い、と書いていたのを思い出すが、そういう繊細さを僕はあまり持ち合わせていないようで、CDで十分に満足している。

さきほどカラーにするかモノクロにするかの選択の自由はほとんどない、と書いたけど、ほとんどないということは時々はあるということで、そういう時には決定にはかなりの時間を要する。 結局どうしても決められず、カラーとモノクロ両方をプリントすることが多い。 その場合は当然だけど仕上がった二枚の写真はまったく違う意味を持つ画像となるわけだ。

危険を承知で極言してしまうと、
・被写体の色彩がメインとなる画面ならカラー (これってあたりまえだよね)
・色彩よりも、被写体の形(面、線)とかパターン(模様)が興味の中心になっているもの、あるいは明暗の差が極端に激しかったり、逆に微妙なグラデーションが面白いもの、ならモノクロの候補になるだろう。

前に何度か書いたように、モノクロは時間や場所や私的経験を超越した一種のアブストラクトだと僕は思っている。 
何気なく撮った、どうってことはないカラーのスナップショットが、モノクロにすることでとたんに生き生きとして、予想もしなかったような意味を持ってくる、ということはよくあるんです。
試してごらん!


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* カラー

理系の大人はカラーテレビの美しさに感動する。
でも素直な子供はモノクロ画像を見て、どうすればあんな画面が作れるの?と不思議がる。
”真っ赤な夕日を背景に、紫の制服の金ボタンがキラリと
 光る、あのラストシーンが今でも思い出される”
としんみり語った男がいた
あの映画モノクロだったんだけど!
2012/06/08 [H.NISHIDA] URL #iOX.yJ.Q [編集] 

*

でも、モノクロのプリントって三原色でできてないと深みがでないのですよ…
2012/06/08 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: カラー

H.NISHIDAさん、
モノクロには色がないので、その画像を見る人の知識とか私的体験で無意識に色を感じるのだと思います。
夕日は赤いもの、という意識があるのでその人なりの赤い夕日を感じるのでしょう。
ただ、その赤が人によってそれぞれに違うところが、私の言う「モノクロは抽象だ」という意味になります。
つまり、モノクロの画面を見る人は意識的に、あるいは無意識的にその人の感性を
その画面に取り込むという作業をしている、と言えるでしょう。

カラーで見る夕日の中の金のボタンはあくまでも現実なので
そこから受ける印象はもっと直接的で表面的なものです。
見る人に想像を許しません。
2012/06/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micioさん、モノクロの写真を三原色(RGB)で処理するかモノクロで処理するかは
大きく議論の別れるところです。
モノクロの信奉者は最初からモノクロとして扱うようですが、
私が三原色で処理している理由は
そうすることで様々な特殊な処理が可能になるからですね。
深みがあるかないか、という点は
正直に言って私にはその違いが見えません。
教えてください。
と言っても実際にプリントを見ながらでないと話にならないでしょうが・・
2012/06/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

深みというのは、陰の部分の微妙なニュアンスのことです。
ドットの大きさにもよりますが、白黒のみだと陰の明暗がつぶれて平面的でのっぺらぼうな印象になってしまうことが多いのです。

というのを、広告代理店に勤めていたときに何百回もテストプリントを見て知りました。

モノクロに拘る場合は、予算がなくて仕方なく白黒のみという場合が多かったような、、、。(笑)
2012/06/10 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: No title

micioさん、
広告業や出版関係はたぶんYMCKの4色を使うと思います。
写真のプリントはインクジェットのプリンターがほとんどで、色はもっぱらRGBです。
インクにもダイとピグメントの2種類があります。(私はピグメント)
最初からモノクロでの印刷は3種類のブラックを使いますが、
私は8種類のカラーでモノクロをプリントします。(これもまた純粋主義者には邪道と言われそう)
2012/06/11 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/409-027dcfe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)