過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

朝型人間 夜型人間

taro01-blognew.jpg

夏の午睡
Dayton, Ohio USA


最近、僕の日常生活のパターンに大きな変化が起こっている。
午後10時に寝て朝5時に起きる。
それまでは午前2時に寝て朝9時に起きるというパターンだった。
生まれてこのかた(というとオーバーだけど)、日本でもアメリカでもずっと夜型人間を自称してきた僕が、ついに朝型の生活に切り換えたのである。 その理由というのは、しばらく前に始めた翻訳の仕事のためだった。 仕事の依頼主が東京なのでその編集員との交信が頻繁になるにつれて、どうしてもこちらの明け方に起きているほうが仕事の進展が速い。 そうでないと下手をすると時差の関係で丸一日時間がずれてしまう。

朝型の生活になってみると幾つかの発見があった。 
まず、当たり前だけど朝が長い、ということ。 以前なら起きてから何かをしているとあっという間に正午になってしまっていた。 それが今は、仕事をしたりブログを書いたり、かなりの数のメールに返信をしたり、けっこういろいろなことをやって時計を見ると、まだ9時にもなっていない。 以前ならやっと起き出してきた時間である。
それと、何をやっても仕事が捗(はかど)るということ。 家の中では人も犬もまだ眠っているから物音ひとつしないし、電話がかかってきたり誰かが玄関のベルを押すこともない。 やっていることに集中ができる。 とくに翻訳のような神経を使う作業には理想的だ。 
あと習慣が変わったといえば、前は午後1時とか2時に食べていたランチが今は11時にくりあがったこととか(僕は朝食を摂らない。 バナナを1本食べるだけ)、午後の3時ごろになるとソファでテレビを見ながら昼寝をするようになった。 昼寝といってもほんの30分ほどだけど。

今朝も僕は明け方5時に起床して、仕事部屋へ行くとコンピューターのスイッチを入れる。 それが起動する間に階下に降りてエスプレッソをつくる。 デミカップに入れたエスプレッソをぐい、と一息に飲んだとたんに、頭がシャキッと冴えてくる。 それから仕事部屋へ戻って机の横のブラインドを引くと、まだ真っ暗な窓の外の中天に、オレンジ色の満月が輝いていた。

さあ、今日もがんばるぞ。


 
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

September 30さんの文章にもたびたびでてくる作家の村上春樹氏。以前、彼が毎朝四時過ぎには起きて、十時頃まで机に向かって集中して文章を書く生活を送っているのを知り、僕もがんばるぞと午後十時就寝生活を試みたことがあります。確かに早朝だといろいろな仕事がはかどります。すると午後九時まで図書館に勤務しているかみさんが、近所の映画館のラストショーに行くようになり、そこで見つけた映画マニア男とSoul mateになりそうだとか言い出したので、結婚生活崩壊への危惧から早寝をやめてしまいました。村上氏の奥さんはどんな時間帯で生活しているのかなと思ったりもしながら。
2012/08/03 [November 17] URL #- 

*

謎に包まれた(?)Spetemberさんの
午前中の動きが少しだけ分かりました。(笑) 早起きって素敵ですね。

私は職業柄、夜型生活です。
0時過ぎに家に帰り、午前2時か3時に眠りにつき、
朝7時半に起きる生活を長く続けていましたが、
この頃は休業中なので遅くても1時には寝るように心掛けています。

この頃は時差ボケのせいか朝5時ごろから何度も目が覚めます。
でも起きることなく朝焼けを横目に見ながらまた眠りにつくことを繰り返しました。(笑)
Septemberさんはそんな時間から起きていらっしゃるのですね。
2012/08/03 [tony] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: No title

November 17さん、
それは大変でした!
家族に影響を与えることなく自分の時間を持つには
私のように歳をとらないと、若い人たちには無理かもしれませんね。(笑)

村上春樹氏の旅行記『遠い太鼓』は私の愛読書で小説以上に好きな本ですが
その中にも奥さんの記述はほとんど出てこないので
いったいどんな女性なのだろうと今でも興味深々です。
彼女は村上氏の原稿を推敲するのが仕事のようですが
November 17さんの奥さんのように外に仕事を持つわけではないので
どんな時間にも合わせることができるのだと推測します。
2012/08/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

tonyさん、

おはよう。 今午前6時です。(笑)
窓の外に満月が見えるのですが、今朝は雲がかかった朧月です。

急に帰国されたようで驚いたのですが
tonyさんのブログでそのことに関する記事を私は見落としたのでしょうか?
2012/08/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

私はきっと中学生のころから朝方。 
夜明けとともに起きて薄暗くなるとお家が恋しい。

夜明け前に一度目が覚める、まだ夜が明けてない。
少し嬉しくてまた寝る。 
そして次の目覚めもまだ夜明け前。
ここで起きる、 
着替えて愛犬と外にでる。 
薄暗い夜明けに外にでると朝帰りの男性にあう。
お店の人に送ってもらった夜働くお姉さんの帰宅にを見る。
「お疲れ様でした!!」
車が去った直後に小学生の息子らしいランドセルの子が
六時前に家を出て行く・・・。 
朝ごはん食べないのだろうね。
ママが戻るまでお家で弟か妹の世話をしたのだろうね、
化粧が半分なくなったママが玄関から入ってくるまで
お兄ちゃんの役目をしたんだろうね。

見えてくる。
朝は無防備。
そう思う。
2012/08/03 [アンリ] URL #hxVVvPlI [編集] 

*

それはレストランの記事の最後の最後に
隠すように書いておいたからだと思います。(笑)

今日はSeptember30さんを見習って
6時には起き、8時前には掃除洗濯が終わっていました。
確かに午前中が長いですね。
2012/08/04 [tony] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: No title

アンリさん、
早朝のこの時間の、
アンリさんの家の周りにはいろいろな市井の人生が
動いているのですね。

アンリさんの文章から
映画のシーンのように情景が浮かんできました。

私の家の周りは7時半ごろまではシンと寝静まっていて
静かなものです。
通りを歩く人たちの会話が全部聞こえてきそうなほど静かなんですよ。
そして毎朝やってくる名を知らない鳥が
フランス語で「メルスィ、メルスィ」と鳴きます。
2012/08/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

tonyさん、
日本の友達が教えてくれたのは、
日本では4時過ぎからもう空が白み始めるそうですね。
こちらでは7時なっても外はまだ暗いのに・・・
その代わり夜は9時前まで明るい。
パリはどうだったのか訊こうと思ったけど
tonyさんはその時間は夢の中でしたね。


2012/08/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

朝の貴重な時間を独り占めしているSeptemberさんの様子が浮かんできました。
私も出来るだけ早く起きるよう心がけています。
というのも、日中は暑すぎて・・・朝の1時間は昼間の数時間に匹敵することを実感しています。
2012/08/07 [ばけねこ] URL #FXrcM1hg [編集] 

* Re: No title

ばけねこさん、

私が住むアメリカの中西部では自動車関係を始め製造業が密集する所で、
そうした工場で働くワーキングクラスの人達が圧倒的に多いのですよ。
工場は朝7時とか7時半に操業が始まるので彼ら皆、早起きです。
そんな生活が自分にできるとは思ってもみなかったことですが
今のところはとても気に入っています。
2012/08/07 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/426-74978e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)