過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

自分の顔について

_DSC0878bw-blognew.jpg

ある秋の日の午後、自宅の仕事部屋で
September30



人は時として、ふだん思っても見なかったことをある日平気でやってしまうことがある。
その日の僕がそうだった。
あと数日で自分の✕✕回目かの誕生日がやってくる、というある日。 僕はかつて一度もやったことのないことをやろうとしていた。
自分のポートレートを撮ろうと決めたのである。
これは実に未曾有のハプニングと言ってよかった。 僕は人の写真はいつも撮っているくせに、自分の写真を撮られることを極端に毛嫌いしてきたからだった。 人が撮った自分の顔を見るたびに、いつも決まって何となく嫌なものを見てしまったような気になった。 何かしら目を背けたくなるもの、それをいつも自分の顔に感じていたようだ。
それがこの2012年の誕生日近くになって、大胆不敵にも自分の顔を撮って見ようと思ったのである。
何がそうさせたのか? 
考えてみるとたぶん、昔の偉い人が言った 「人間はある年齢に達すると自分の顔に責任がある」 という言葉が、人生の晩年になって今またひとつ歳をとろうとしている自分の胸に浮かんできて、とうとう一度自分の顔を見直す時が来たのではないか、と観念したのかもしれなかった。
僕は風呂に入って身を清めると、髭を剃り、髪を洗い、その髪をぴったり頭に撫で付けて最近ようやくサマになってきたポニーテールを結って、鏡の前のハイチェアーに座ったのだった。

だいたい僕は自分の顔を醜いとは思ったことはないけれど、もっとハンサムだったらどんなに幸せだろう、とは常に思っていたようだ。 大学の同級生で男の僕が見てもうっとりするような美しい男がいた。 痩身の彼は色白で鼻筋がシャキッと通っていて、着物を着せたらまるで東千代之介のような美男だった。(何十年日本を留守にした僕は今の芸能界を知らず、こんな古い比較しかできない) そいつと一緒にいると僕はいつも自分が引き立て役で、脇役の三枚目に堕ちていくのを感ないではいられなかった。 僕にとって唯一の慰めは、身長が177センチの僕よりも彼は5センチも低いという、それだけだった。 しかし問題なのは身長ではなくて顔だ、ということはあまりにも明らかだった。 道で行き交う女性は驚いたように彼を振り返るし、飲みに行くとバーの女達は皆彼の周りに群がった。 一人寂しく下宿に帰った僕は口惜し涙で枕を濡らしたものだ、というのはちょっとオーバーだけど。 

とくかくそんなことがあったりして、いつの頃からか、女が惚れるのは男の心ではなくて顔なんだ、といういじましい先入観に、僕は支配されていたようだ。 そして、心は変えることができるけれど、顔は変えることができない、というのは何という不条理だろうと長い間思っていた。 それが、世の波に揉まれながら必死に生きているうちに、そんなことはもうどうでもよくなって、自分の顔のことなど考える余裕もないままいつの間にか歳をとっていた。 そして時々写真の中の自分の顔を見るたびに、(ああまたお前かよ。もういいよ) という気持ちになった。

そんなわけで、今こうやって改めて自分の顔を見て思ったのは、
「なにい~ 俺ってそんなに悪くないじゃん」 ということなんですけど。

そして今初めて気がついた。 長い間嫌っていたのは実は自分の顔ではなくて、その顔の奥にある自分だったのだと。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

とてもいいお顔をされてます。
昨年の秋、横浜でお会いした時からあと5日でちょうど1年が経ちますが
あの時とはまるで別人のようです。
2012/10/06 [foto_cychedelicoURL #fZQeSxjk [編集] 

*

September30さん、初めまして!と言いたくなってしまいました。(笑)

確か、以前にもSeptemberさんの
カフェかレストランでのお写真がありましたが
そのときのイメージとはまた印象が違います。
(照れていらっしゃったのか、寒かったのか、もっと硬い表情だったので…)

私は“美男だから”という理由で
男の人に近寄って行ったりチヤホヤしたりはしません。
生まれ持った顔の“つくり”よりも、
人格や内面、日々の積み重ねが表情に表れると思うので、
私はそちらのほうを重視してしまいます。
それは小学生の頃から変わりません。
Septemberさん、よいお顔をされていますね☆

私もセルフポートレートやってみようかしら…なんて。(笑)
こんなにオシャレに決まりそうもありません。
2012/10/06 [tony] URL #mQop/nM. [編集] 

*

ページを開いた瞬間、そのまま椅子ごと後ろにひっくり返りそうに
なりました。
この間の帰国宣言も衝撃的でしたが今回のセルフポートレイトの
比ではありません!
でも不思議です今までは日本語の文章を読んでいたのにも
かからわずどこか英語というか日本語なのに日本語ではないというか
(うまく説明できません)。でも今は違います、お顔を拝見してから
は、はっきりと日本語として読めるのです。
いつも日本の政治屋のおじさんたちや金に目がくらんだ
おじさんたちの醜い濁った眼をみせられている僕は
年を取るとみんなあんな眼になるんだと思っていました。
でもそれは違うんだなとSeptemberさんの眼を見て確信しました。
生意気言うようですがいい眼をせれていますね。
希望に満ち溢れた。
2012/10/06 [ダイムラー] URL #- 

*

私もひっくり返り(そうになり)ました。
これまでの、全ての言葉が、全ての写真が、きちんと列に並んだような納得がありました。

いい目です・・・ちゃんと光が写り込んでいるような。
これからも宜しくお願い致します。
2012/10/06 [ogui] URL #- 

* ‘エロス’のごとく

本当に素敵ですね。
最大の謎のベールがついに剥ぎ取られて、
いったい何百人の読者がPCの前で悶絶したことでしょう。

かくいうワタシもその一人。
エロスの顔をみてしまったプシュケの衝撃を追体験したような。。。
あまりにセクシーすぎて、なぜだか地団駄ふみたくなりました。(笑)


男も女も、貌の魅力を決めるのは、顔立ちではなく顔つきです。
どんな生き方をしているかで、いくらでも美しい貌になることができる。
それは舞台役者の魔法の源泉でもありますが。

だとしたら・・・
デリコさんの、「1年前とはまるで別人」という言葉が響いてきます。

顔つきが変わるほどのいったい何が、Septemberさんにあったのでしょう?


2012/10/07 [belrosa] URL #- 

* 巨匠の如し

私も昨年9月末の同期会で会ったばかり、
foto_cychedelicoさんのコメントに同感・同意、
貫禄が付いて正に巨匠の如し、近寄り難い雰囲気です。
(”如し”の言葉は失礼かな?)

「風呂に入って身を清めると、髭を剃り、髪を洗い」の準備と、
何よりもポニーテールの効果かもしれませんね。
2012/10/07 [henri8] URL #av6ed.vY [編集] 

*

まったくイメージはないのに、想像通りだったというか、お会いしたこと無いのに、何十年も前から既知だったような、もしかしたら近寄りがたそうで、親近感のあるそういうセルフポートレートです。なにか楽しそうです。
頑固オヤジが急にマルくなって、友人集めて生前葬しているような、北方謙三がオトコは自分がどういう死に様を見せるかのために生きていると言ってましたが、まさに自分の死に様を見つけた潔さを感じました。なにか転機があったのでしょうか。
2012/10/07 [上海狂人] URL #wuZV7DPc [編集] 

* Hello, September30 !

こういうのをカミングアウトというのでしょうか?

大げさかもしれませんが、September30さんは人生の折々で、きっとこんな風にして
なにかに別れを告げ新しい道を選んでこられたのではないかと想像しました。

帰国宣言もサプライズでしたが、今回の自画像もセンセーショナルでした。やりますねぇ~。
(小生は男ですが)animal magnetismの意味がわかったような気がします。
2012/10/07 [centerfield] URL #8bsxoj2c [編集] 

*

先日は拙い写真にコメントありがとうございました。
「群集劇」も勉強になりました。
最初、「群衆劇」の間違いかな、と思ってましたが^^;
藤本義一さん曰く「男の顔は領収書」だそうです。
映画俳優のような凛々しいお顔です。
2012/10/07 [はるパパURL #nLnvUwLc [編集] 

* かっこいい!

色男というよりも。好い男ですねぇ。まっ、同性にいわれても嬉しくはないでしょうけど。
このページを開いて「おっ!」と驚き,しばし写真だけを眺めていました。真正面からしっかり写した写真は初めて見るなぁと思ったら、写すのも初めてだったんですね。
しかし想像していたよりもずっと若々しく、バイタリティに溢れているように見えます。実は若い頃の写真から、もっとデリケートなイメージを持っていました。全く違いますね。かっこいいです!
2012/10/07 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

セクシーとハンサムは実は別の次元の話なのかもしれないですね。美男じゃなくても、それどころかブ男でも、色っぽい男の人っているんですよ。
女はそういう路線は狙えないからなあ、、、
ブスで色っぽいって、いるのかなあ?そんなひと。
2012/10/07 [micio] URL #h3HmIAtU [編集] 

*

私も びっくり 小さく叫んでしまいました。
迫力ありすぎです。
でも大胆です、ホント こんなブログって知らないわ。
 
以前おっしゃった Y 市をいつか2人で散歩しましょう、杖を突いて。
杖は必要なさそうですね。

その Y市 また数日後に帰ります。
このところ日常的になってしまってわくわく感も嬉しさもありません。

2012/10/07 [のほほん] URL #60nqeuCY [編集] 

*

わたしも、びっくりしました。
なんて素敵なお顔でしょう!!

こんな人が近くにいたら、恋してしまいそうです(笑)
2012/10/07 [okko] URL #mQop/nM. [編集] 

* なんと!

とうとう御尊顔を拝謁する機会に恵まれました~!
びっくりするとともに妙に納得しました。
綴られる日本語の文章と ぴったり合ったお顔でいらっしゃるように感じます。
字は人なり、とも申しますが、ぶっきらぼうな口調の男性が繊細で流麗な女文字を書かれるのをみて、口調とは裏腹に、実は風に震えるようなデリケートな気持の持ち主なんだなと感じたり、遅咲きの苦労人の小説家のダイナミックな文字をみて、創造力が迸るのを抑えられないんだろうなと感じたり。
お顔もそうですね。40歳を過ぎるころから段々に性格や職業柄が顔ににじみ出てきます。皆さん仰っていますが、とてもいいお顔をなさっていらっしゃいます。
うーん。私は女ですが、味わいのあるいい顔のバアさんになれるかどうか、微妙です(笑)
2012/10/07 [nicoURL #KqigePfw [編集] 

* Re: No title

foto_cychedelico さん

ありがとう、褒めていただいて。
そうです、私も1年前のことを考えていました。
あの時、何十枚と私の写真を撮ったデリコさんが言うのなら
今の私が別人だというのは確かでしょう。

Euro Snap はもちろん忘れてなんかいません。
こちらからお二人にreminderしようかと思っていたくらいですから。
2012/10/07 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

tony さん

これで、パリや関西ですれ違ったら声をかけて頂けるでしょう。
tonyさんのことは私は子豚さんとしか知らないので。(笑)
セルフポートレートはぜひやってください。
そしてブログに載せましょう!
新しいブログのトレンドがここから始まるといいですね。
2012/10/07 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ダイムラーさん

メールや手紙、あるいは電話でもそうですが、(ブログのコメントも)
相手の顔を知っているのといないのとではお互いの緊密度や理解度に格段の差がありますね。
私も自分が好きなブログの著者の方に何人かお逢いしましたが、
実際に遭ったあとでは同じブログを読んでもその違いに驚きました。

眼を褒めていただいてありがとう。
昔からひどい近眼だったのが、最近老眼が加わってからは
ほとんど眼鏡なしでも生活できるようになりました。(車の運転なども)
でも人前に出るときはやっぱり眼鏡をかけてしまいます。
2012/10/07 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ogui さん

ひっくり返って怪我でもしたら私は告訴されそうでうね。
アメリカなら考えられる話です。(笑)

『これまでの、全ての言葉が、全ての写真が、きちんと列に並んだような納得がありました。』
こう言っていただくと思いきって写真を載せたことは
まちがってなかったと思いました。
ありがとうございます。
こちらこそこれからもよろしく・・・
2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: ‘エロス’のごとく

belrosa さん

また、最大の謎のベールだなんて、
別に今まで隠れていたわけではないんだけど・・・

私の過去と現在を誰よりもよく知っているのは読者の方たちだ、という事は
間違いのない事実です。
ひょっとしたら、日本語の読めない(したがって私のブログを読んだことのない)私の女房以上に、
私をよく知っているかもしれません。(笑)
私をセクシーだと思ってる人がいるなんて彼女に言ったら
転げまわって、目に涙をためて笑うことでしょう。

私に何があったのか?
考えられることはただひとつ。
日本回帰の決断だと思います。




2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 巨匠の如し

henri8 さん

今はゴマ塩のポニーテールですが
亡くなった父は白髪だったので
私もそのうちに白髪のポニーテールになるでしょう。

ところで、
「巨匠」というのは、「虚証」の変換間違いでは?
2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

いいですね。素晴らしい。私は若い頃から自分の容姿に劣等感を持ち続け、未だ「こんな履歴書やだ~」状態ですが、いつかは自分の顔に責任をもって、このような人生を感じさせる、堂々たるセルフポートレートを撮りたいものです。
2012/10/08 [わに] URL #- 

*

こんばんは。
エネルギーを感じるセルフポートレイトですね。
ただ「写っている人」とは違う生きている感じが伝わってきました。

時々鏡に映る自分を見てぎょっとすることがあります。
自分で自分の顔だと思っているものと違うんです。
土台は一緒でも、顔つきは本当に変わるものですね。
2012/10/08 [MM] URL #- 

*

Septemberさんは、ブログに胸の内にあった過ぎ去ったものを書き出すことで、
固執していたものから少しずつ解き放たれ変わられた気がします。
良い表情をされています。希望が感じられてー。
ご自身の心まで撮られて、やはりSeptemberさんの写真は別格です。

私、まだブログで知り合った方とは、誰にもお会いしたことがないんです。
避けているわけではありませんが、お会いしたらどんな気持ちになるのか、
また、自分がどう思われるのか想像も付きません。
2012/10/08 [nono_ra] URL #- 

*

まっすぐにこっちを見ていますね。
いい男だなー。と改めて思いました。

常々友人とも話すんです、
「日本には若いイケメンはいるけど中年初老のいい男が何で居ないんだろう」
居るじゃないですかここに。

あーなんだか悔しいぞ。
2012/10/08 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

上海狂人さん

お互いに会えるのがたのしみですね。
いつになるのかは問題じゃありません。

転機があったというより、来るべき転機の覚悟を決めた、という事だと思っています。
2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

こんにちは。
すごい「眼力(めぢから)」です。すごい迫力です。ドキッとしました。
写真でも、こちらの胸の奥底に突き刺さるというか、深く入り込んで来るというか・・・動けなくなるというか・・・
武道の達人のようです。
2012/10/08 [Via Valdossola] URL #P6wRKz4w [編集] 

* Re: Hello, September30 !

centerfield さん

確かにカミングアウトには違いありませんが、
それほどの大決心というわけでもないのですよ。
もともとブログという世界の匿名性というものに疑問を持っていましたから。

数知れず別れを告げてきましたが、
今回もまた、というのは
実に仰るとおりです。
死に場所を探して旅に出るつもりです。
たぶん、来年・・・
2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

はるパパさん

ありがとうございます。

はるパパさんは
『 藤本義一さん曰く「男の顔は領収書」だそうです。』と書かれましたが、
この歳になっても落ち着くことのできない私の顔は請求書かもしれません。(笑)
2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: かっこいい!

川越さん

いえ、同性だろうと嬉しいことには違いありません。

『しかし想像していたよりもずっと若々しく、バイタリティに溢れているように見えます。実は若い頃の写真から、もっとデリケートなイメージを持っていました。』
と川越さんに言われてしまったのですが、
実は上にもコメントをくださったデリコさんにちょうど1年前に初めて会った時、
それとまったく逆のことを彼に言われたのですよ。
「もっとバイタリティに溢れて八方破れ的な人を想像してたけど、ずっと落ち着いて温厚な人柄なんですね」 と。

これはとても面白いことです。
彼が言うようにこの1年で私が変わったのか?
人によって同じブログでも読み取り方が違うのか?
はたまた、私という人間はジキルとハイドなのか?

どうなんでしょうね。 
2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* いいですねぇ。

かっこいい男の人です。私の好みです。
文章からたくさんのお顔を想像してましたが、また一段とこのブログも好きになりました。
私ももっとかっこいい女になります。
2012/10/08 [ineireisan] URL #pNQOf01M [編集] 

* Re: No title

micio さん

ブスで色っぽい女っているかって?
もちろんいますよ!!

色っぽさを感じるか感じないかは男の感受性の問題になるわけで、
(それは女が男に対しても同じでしょう?)
私は女の顔を問題にすることをずっと昔にやめました。
「いい女」というのは雰囲気です。
その雰囲気と自分の雰囲気がぴったり合った時が、男にとっては年貢の納めどき。
そこから新しい歴史が始まるのでしょう。
2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

のほほんさん

なんだか今回はいろんな人をびっくりさせたようです。
自分でも少々戸惑っている、というのが事実です。
読者のためというより、自分のために載せたつもりでしたから。

あの郷里の町をいつかふたりで散歩しましょうね。
杖をつく代わりに手を引いてあげよう。

ドイツからY市によく帰っているようですが
ご家族の健康のことなのか、
心配です。
2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

お久しぶりです。

septemberさんのポートレートを拝見しまして、生きるヒントを頂きました。
2012/10/08 [KZ] URL #HfMzn2gY [編集] 

* Re: No title

okko さん

ありがとう。
他のことを褒められた経験はないわけではありませんが
顔を褒められたことはほんとうにないので
気恥ずかしいと同時に凄く嬉しいです。

ひょっとしたら私だって
okkoさんに挑戦できるかも。(笑)
2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: なんと!

nico さん

ありがとうございます。
文は人なり、ということで私の文章が顔に合っていると評されたら
とてもとても嬉しいことです。
ただし、字は人なり、ということになると私の場合そうはいきません。
日本にいた時からもともと悪筆だったのにアメリカに渡ってから日本字を何十年と書かなかったので
ほとんど書けなくなりました。
そのくせちょっとしたメモなどはつい日本語で書いてしまうのですが
あとで見ると自分でも読めない始末です。
恥ずかしいことです。

もし私の自筆を見ることがあったら
どうかそれで私を判断しないでください。
というのが私のnicoさんへのお願いです。(笑)
2012/10/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* ○月のクイズ

September30さんに手を引いていただけるなんて
至福の一時となることでしょう。

○月のクイズ、応募者が増えるのではないかと思っていますよ、ふっふふ。
私はすでに2回も送って頂いたし・・・。

木曜日に飛びます。

2012/10/09 [のほほん] URL #60nqeuCY [編集] 

*

こんにちは!お久しぶりです、kenです。
皆さんコメントされていることですが、
やはり私も長い間魅入ってしまいました。
(のけぞりはしませんでしたが、おっと声が出ました。笑)
力強い眼と全体の表情(目元・顔の筋肉・身体の力の抜け具合)がすばらしいと思います。
そしてやはりピアニストでいらっしゃるので、指にも見入ってしまいました。
不思議なことに、よくよく観てると、トレードマークの精悍なフクロウの顔にそっくりに見えます。

すばらしいポートレートだと思います。
こんなに一枚の写真を見つめたのは、私の拙い写真人生でもアウグストザンダーの3人の男の写真以来です。
今回も学ばせていただきました。ありがとうございます。
2012/10/09 [kenURL #- 

* Re: No title

わにさん

ありがとうございます。
私はわにさんが今やっていらっしゃることはとても素晴らしいといつも思っています。
我が家の2匹の犬達の1匹もそんな形でadoptしてきたのですよ。
2012/10/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

MM さん

私はふだん鏡を見るという行為を無意識に避ける、
というのが習性として身についてしまいました。(笑)
でも女性はそういうわけにはいかないのでしょうね。

どうしても見なければならない時があるのですが、
そのたびに唖然としてしまい、気分が沈みます。

ずっと前に見た日本映画に出てきた脇役で
見ていると彼の顔つきや身体つきだけではなく
動作までも自分に似ている俳優がいてびっくりしたことがあります。
名前をわすれてしまいましたが・・・
2012/10/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

nono_ra さん

『ブログに胸の内にあった過ぎ去ったものを書き出すことで、
固執していたものから少しずつ解き放たれ変わられた』
そう言われてみるとまったくその通りかもしれません。
変わりたい、という気持ちはいつもあったようですから。

ブログ上で知り合った人達は
すでにある程度、気持ちが通じるか通じないかがわかっているから
この人なら会ってもいいな、という人とは機会があれば会ってみればいいと思います。
日本へはたまにしか帰らない私でさえ、
そんな形で交友の世界が広がって来ました。


2012/10/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん

まっすぐ相手を見て話すというのはそれを指摘してくれた人もいますが
照れ屋の私にはとても難しいのですよ。
仕事関係だとそんなことはないのに。
現在も修練中ですが、せめて写真だけは。
2012/10/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

Via Valdossola さん

ありがとうございます。
ところが・・・
以前ある女性に 「相手の目を見ないで話すんですね」 と突かれたことがあって
その言葉が長い間心に刺さっていました。 
もしVia Valdossolaさんのおっしゃるような眼力めぢから)が私にあるとしたら
まっすぐ相手を見て話していたら、フラレないですんだかもしれません。(笑)
2012/10/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: いいですねぇ。

ineireisan さん

上のどこかにも書きましたが
相手の顔を思い浮かべながら文章を読むと
一段と興味が増しますよね。
匿名のブログを読む度に (そしてそれが好きなブログなら余計ですが)
せめて顔が見れればなあ、と切実に思います。

ところで、
ineireisanっさんは最近顔を変えましたね。
凄く魅力的でかっこいいです。
ブログのスキンの話ですが・・・」
2012/10/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

お久しぶりです!
あやうく....(?)、スルーするところでした(笑)
とても優しげな雰囲気のお顔をなさっていらっしゃる。
Septemberさんと言えば、プロフィール写真のふくろうの
鋭い目つきのイメージがあったもので。

もしかして、右頬にほくろ?でしょうか?
だとしたら、私も同じです!
大きな涙ぼくろがトレードマークになっています。
2012/10/09 [bluemillefeuilleURL #- 

* Re: No title

KZ さん

こんにちは
生きるヒントだなんて・・・
キリストにでもなったような気分です。(笑)
邪悪なカルトの教祖でなければいいのですが。

ありがとうございます。
2012/10/10 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: ○月のクイズ

のほほんさん

偶然でしょうが、次回のブログはクイズにするつもりだったのです!
日本ではアクセスがあるのかな?

とにかく
行ってらっしゃい。
2012/10/10 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ken さん

お久しぶり!
でも写真はいつも拝見しています。

過分な褒め言葉、恥ずかしさに年甲斐もなくぽっと浅黒い頬を赤らめています。
でもとても嬉しかったです。
ありがとう。

ブログのハンドルネームを「ふくろう」にするつもりだったのが
すでに誰かが使っていたのでがっかりしました。
それがseptember30などとつまらない名前になったいきさつなんです。
2012/10/10 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ハナさん、こんにちは。

そうです。
September30はとても優しい男なんですよ。
優しすぎるからいつも女性に傷つけられるんです。(笑)

私の右の眼の下のこれ、涙ぼくろと呼ぶんですね。
いつもそこにあるのでかえって気が付かず、
ハナさんに言われて改めて写真を見直しました。
なにか意味があるのかなあ?
流す涙の量が人より多いとか・・・
2012/10/10 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

泣きぼくろともいいます。
恋愛上手の証なのだそうですよ。(笑) ご参考までに。

私も泣きぼくろがありましたが、
今ではシミやそばかすに紛れて
残念ながら見えづらくなってしまいました。(涙)

パリや関西でSeptember30さんをお見かけしたら
迷いなく声をおかけしようと思います!

私も写真を撮ってみましたが…
blogにUPする勇気がありません。。。
2012/10/12 [tony] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: No title

tony さん

恋愛上手なら泣くようなことは起こらないだろうになぜ泣きぼくろ?
と思ってしまいました。(笑)
tonyさんの顔にもあるということは
「しあわせぼくろ」 と呼ぶべきでしょう。

セルフポートレートを撮ったんですね。
私もブログに載せるのはかなり抵抗があったので、
tonyさんの気持ちがよくわかります。

でも見たいなあ。
2012/10/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/433-3317ef05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)