過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

ボローニャで会ったひと

T07Italy0979-blog.jpg

落書き
Bologna, Italy


ヨーロッパを旅行していて大きな都市へ行くと、街なかで壁に描かれた落書きをあちこちでよく目にした。
中でもイタリアのボローニャではその数が圧倒的に多かったようだ。
同行のM夫人は見るなり眉をひそめて 「まあ汚い!」 と一言のもとに嫌悪感を露(あら)わにした落書きだったが、僕はそうは思わなかった。よく見るとなかなか味のあるものがある。

英語の Graffiti(落書き)はもともとイタリア語だから、落書きに関してはイタリアは本家本元としての誇りを示しているようだった。この写真の落書きなど、もしそれがなかったら、朽ちて塗りの剥げたままに放置された古い壁はそれこそ 「まあ汚い!」 と言ってしまうだろう。この落書きのおかげで薄汚れた路地裏が明るく楽しく、そして芸術にさえなっていた。
市の規制か何かでこれがある日、味気ない一色のペンキで塗られてしまったりしたら、がっかりするのは僕だけではないだろう。



実は僕にとってこの写真が忘れられない理由は楽書きだけではなかった。

ブログで知り合って、と言うよりこちらから一方的に押しかけた結果、ボローニャに長く住むU子さんと初めてお会いすることになっていたあの日、待ち合わせ場所だった旧市街のアゴスト広場へ胸をわくわくさせて出向いた。憧れのU子さんにとうとう会えるということで興奮していたせいか、アゴスト広場には約束の時間より30分も早く着いてしまった。そこで、時間を潰すのに辺りの裏道をうろうろとしていた時に出くわしたのがこの落書きだったのだ。

後日、U子さんのブログにこの同じ場所が写真に撮られて載っているのを見た時に、アーチスト同士が目をつける所はやはり同じだなんて嬉しくなったのを覚えている。そこは観光者などはまず行くことのないだろう場所だった。

あの時、初めてお会いするU子さんは僕のためにわざわざ時間を取ってくれたにもかかわらず、僕の方の予定が詰まっていて思う存分話すだけの時間がなかったのを今でも後悔している。もっと一緒にいたかった。彼女は僕が思った通りの素敵な人だったが、会う前にすでに彼女のブログからどんな人かは察しがついていたから、初めて会う人のような気がまったくしなかった。
あの年のイタリア旅行の最後は、僕と同行者との間にちょっとした感情の食い違いがあったりして、もしU子さんに会えていなかったらあれほど明るい気分でイタリアを離れることはなかっただろう。

U子さん(ハンドル名、yspringmind さん) の 『ボローニャに暮らす』 は素敵な写真と深い内省的なすばらしい文章に満ちた稀有なブログだ。もう8年も続いているそうだから、彼女は僕なんかよりずっと若い人だけどブログでは僕の先輩になる。
そしてこれは今初めて公表することだけど、僕がブログなるものを始めようという気になったのは、実はU子さんに責任があるのです。




ブログコメント にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

私もU子さん好きです。
ブログで彼女の世界につかの間、浸るのが一日の楽しみだったりします。

September氏のブログにたどり着いたのも、元はと言えば彼女のブログから飛んだからです。
2014/05/29 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: No title

micio さん、

そういえば
micioさんがスペインから帰国の途中にボローニャに寄る予定だったのに
怪我のためにそれができなかった、というようなことがありましたね。
あの後ボローニャへ行くチャンスはあったのですか?
2014/05/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

こんにちは。あの日、別れた後に激しい雨が降りましたね。あれは9月だったでしょうか。私のブログがseptemberさんのブログを始めるきっかけだったなら、少しは貢献したことになりますね。それで今度は何時頃ボローニャに来るのでしょうか。そろそろ時期ではないですか。
2014/06/01 [yspringmind] URL #UOM.WK7I [編集] 

*

yspringmind さん、

あれは2007年9月26日の夕方でした。
(写真に情報が永久にくっついているのがデジタルの良いところ)

あの明くる日、旧市街をもう一度訪れて歩いたのが
ボローニャ最後の日となったのですが
あの時もいきなり凄い雨が降りだして、その時に撮った写真が
今回ミュンヘンのineireisanさんまで行った写真です。

その彼女があなたのブログの愛読者だというのは
なんだか世界中が1つの輪でつながっているようでおもしろいですね。

私はいつか身辺の整理がついたら
またヨーロッパへ逃げ出したいとその機会を狙っています。



2014/06/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 未だなのです

ボローニャは私の「約束の地」ですね。
2回、計画が頓挫したので、想いはますます強く。

U子さんとSeptember氏と3人で、ボローニャで待ち合わせしたら楽しいかも。
U子さんに出題をしてもらって、謎を解きながらランデブーポイントを探すという、、、。
2014/06/02 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

*

micio さん、

ランデブーポイントは
2本の斜塔(Due Torri)のふもと、以外は私には考えられませんね。
塔の向かいにはジェラートの店もあるから
micioさんが遅刻してもだいじょうぶ。

xxxx年xx月xx日のxx時に
3人でそこで会いましょう!
2014/06/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/448-5dc21a4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)