過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

September Song

T090806_0014-blog.jpg

野菊のように
Oakwood, Ohio USA


我が家の玄関先に、何年か前から毎年春から夏にかけて、きまって一輪だけ花を咲かせる野草がある。 誰も名を知らない可憐な小さな花である。 
車庫から車を出してドライブウェイを降りてくると、街道に出る手前で一旦停車する。 その時、運転席の窓のすぐ外、手を伸ばせば届くような近さにその花は咲いていた。 僕は車で出かけるたびにその花に面と向かうことになるわけだけど、慌ただしい日常の中でその花を見ると一瞬、心がなんとなく和(なご)む。 人間の子なら 「いい子だ、いい子だ」 と頭を撫でてやりたいような優しい気持ちにさせられるのだった。

その花ももう散ってしまった。 九月になっていた・・・・ 
僕は九月になるといつも、なんという事のないもの哀しさを感じる。 夏という季節を愛する僕にとっては猛暑も全く気にならなくて、あの熱気の中に若さとか華やかさとか、たくましい生命力のようなものさえ感じる。 その、まるで青春のように短かった夏が終わり、これからは我々老人の季節に移って行くのかと思うと、まるで何か大切な物をなくしてしまったような気がしてたまらない気持ちになる。 そのうえ、九月になれば為す術もなく僕はまたひとつ歳を取ってしまう、という残酷な事実が待っている。

憂鬱な秋。
せめてソウル・ブラザーのジェームズ・ブラウンに元気をつけてもらおう。
シンガーならおよそ誰でも歌っているこのもの寂しい九月の歌も、彼が歌えばこんなに楽しくなる。
Oh Yeah!


〈September Song〉 James Brown



僕は1960年代の半ばにまだ日本へ返還前の沖縄で仕事をしていて、ジェームズ・ブラウンとステージをシェアしたことがあった。 といっても、当時すでにファンクの神様みたいな存在だった彼は、このショーのために本国から自分のバンドを連れてきていたので、一緒に演奏したというわけではなかったけど、楽屋で親しく話をしたことがあった。
その彼も2006年に逝ってしまった。

あの時の沖縄のことは『ジェームズの話』に書いたことがある。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* 日本時間、9月10日午前到着

本日、待望の写真が到着しました。
いろいろお心遣いいただきありがとうございます。さっそく明日、額屋さんに持っていって
フレームを調達してこようと思います。思い出の地の写真がこんな形で手に入るなんて!
まだ僕にも運が残っているのかもしれません。ご心配のわが国郵便事情は、
まったく問題なく機能しているようです。ご安心ください。

沖縄のエピソード、興味深く拝読。ジェームズという名とご縁が深いのですね。
そういえば、僕にもジェームズという名の知人がいました。彼はベトナム戦争が終わる前、
徴兵を忌避するようにカリフォルニアから日本に留学してこちらで結婚し、そのままこちらに居着いた人です。
ヒゲを生やしたビル・エバンスのような風貌で、マインドはヒッピーでした(苦笑)。

またゆっくりとお便りします。写真、無事到着のお知らせまで。
2012/09/11 [centerfield] URL #g0HiyCmM [編集] 

* Re: 日本時間、9月10日午前到着

centerfield さん、

可愛い我が子が無事 centerfield さん宅へのお嫁入りが済んだようですね。
ふつつかものですがどうぞよろしくお願いします。

ジェームズとジェームズが重なったのは実はまったくの偶然なのですが
そう指摘されるまで気がつきませんでした。
かなりボケっとしてますね。
2012/09/11 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 黄金の日々を…

きれいな写真ですね~。
夢のような背景に浮かび上がる黄色の鮮やかさに、ハッと胸を突かれました。
このお花、ひまわりじゃないでしょうか。
http://kobecosme.ad-ky.shop-pro.jp/?day=20100827
小さいのになぜこの名前なのか、不思議ですけど。(笑)

…愛があれば、輝きに満たされないかしら。
雨のように降りそそぐ、アカシアの赤と金とを浴びながら、
酔うようにうっとりと、満ちていく…
そんな季節にならないかしら。

Septemberさんの憂いによりそいながら、そんな想いで詩をあたってみたら・・・
あら。
These precious days
I'll spend with you

やっぱり。(笑)
時は、一分の隙もない甘美な抱擁にかわる。
愛があれば。
あたしは今、そんな日々を送っていますヨ。(すみませんノロケですね・笑)

そこに姿がみえなくても、あの小さなひまわりは、今もきっと、
Septemberさんをみつめているんですよ。
夏からの祝福を湛えながら。

2012/09/11 [belrosa] URL #- 

*

素敵な写真ですね~☆
空気感と色合いがなんとも言えません!

私もヒマワリの仲間だと思います。
2012/09/12 [tony] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: 黄金の日々を…

belrosa さん

いかにも女優さんらしいやり方で私を元気づけてくださっているのを
しっかりと感じ取りました。
ありがとう。
わたしはだいじょうぶです。
この憂鬱は女性の生理のようなもので
時が過ぎればまたちゃんと元に帰るのです。
もっとも私のは年に一回ですけどね。(笑)

そうですか。
この花はひまわりの1種なのですね。
我家の庭にはひまわりも数本花を咲かせるのですが、
この花はそこからずっと離れた場所に1本だけ。
その種子を鳥が落としていったのか風が運んできたのか。

ひまわりは私はフェチといっていいくらいに好きな花で
以前ひまわりだけの写真集を出そうかと本気で考えたこともあるくらいです。
それが最近、ブログ仲間で旭川にお住まいのキキさんのサイトで見た写真にショックを受けました。
凄いです。 ぜひ見てください。
http://ekagen123.blog16.fc2.com/blog-entry-1453.html


2012/09/12 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

tony さん

ありがとう。
belrosa さんが調べて下さったサイトを見たら、間違いありません。
ひまわりの一種ですね。

それにしてもtonyさんはパリと日本で
『二都物語』ですね。
心から羨ましいです。
2012/09/12 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* ひまわり

キキさんのサイト、拝見しました。
すっごいですね~!圧倒されました。
日本にもこんなところがあるんですねぇ。
こういうお写真を観ると、住むなら北海道もいいナ、なんて思っちゃいますよね(笑)

フェチ。
やはり。(笑)
その質問、しようかと思ってたんです。
Septemberさんてあまりお花の写真を撮られないじゃないですか。
でも、ひまわりだけは、とても印象的にこのブログに咲いているので、
もしかしてお好きなんですか?と。

若いころは、なにか大雑把な感じがしてあまり好きな花じゃなかったんですが、
ここ数年、とても惹かれるようになりました。
あの野生のままのような元気さがいとしい、ほんと「いい子いい子」
かわいくなりますよね。

…このところ、なんだか話題がひまわりづいてますネ。(笑)
おひさまの花。
これからは、ひまわりをみたらきっとSeptemberさんを思い出しますね。

2012/09/12 [belrosa] URL #- 

* Re: ひまわり

belrosa さん

昔あれほど日本中を巡業(?)したのに
なぜか北海道だけはまだ行ったことがないのです。
それをキキさんのサイトを見るようになって
その大陸的とでも言えるような、日本離れした風景の雄大さに魅せられました。
あんな所に住めが心まで伸び伸びとしてくるに違いありません。

前の記事にも書いたように私は花音痴なので
花の名前などまったく知らずよく人に笑われます。
その私でもひまわりだけはまちがえようが無いですからね。

私のフェチはひまわりだけではないのですが、
それはおいおいに記事にして告白しましょう。
知ったらきっと驚きますよ。(笑)
2012/09/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/470-181d5b0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)