過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

動物好きの絵描きさん 4 ネズミ

Alphabet-M-blog.jpg

『動物の絵本』 より
By Green Eyes


ネズミは我が家にも確かに棲息している。 
ひっそりと、音も立てず姿も見せず、どこから出てくるのかわからないが、ほんの時たまキッチンの床に米粒よりも小さなフンを落としていくので、それとわかる。 ある時ネズミ捕りを仕掛けたら、グレーの色をしたハツカネズミみたいな可愛いのが捕らえられた。 ネズミといえば、子供の頃見た子猫ほどのサイズをしたふてぶてしいドブネズミのイメージしかなかった僕は、可哀相になってネズミ捕りを片付けてしまった。 
だから、我が家のどこかにネズミは確かに棲息している。


ネズミ歳の特徴

●甲子(きのえね) 大正13年 昭和59年

この生れの人は、社鼠といいます。寺や神社を住み家として生活している鼠です。環境に恵まれているので、きれい好きで心も優しく、家族も多く、長寿です。人に愛されますが、移り気が多いため、せっかくの運を台無しにしてしまう恐れがあります。芸術家や投資家などあまり体力をつかわない仕事が向いています。20代に生死に関わるような病気か災害に会いやすく、30代始めから運が開けて来ます。30代半ばでは、家庭問題で苦労しそうです。

●丙子(ひのえね) 昭和11年 平成8年

この生れの人は、田鼠または野鼠といいます。元気で健康的なネズミです。活動家であるとともに、才知にも優れ、普段は無駄口をきかず、もくもくと行動します。しかし、いったん何かあると、弁舌家になり、攻撃的になります。自分の才知に任せて色々な計画を建てますが失敗が多い。勝気で投機的野心も強いので、一攫千金をよく狙います。自分一人では何も出来ないのですが、相手次第ですぐ話が大きくなります。したがって友人を良く選ばないと失敗します。20代は目上に引き立てられ30代は囲薙が多く、40後半から上り板となります。

●戊子(つちのえね) 昭和23年 平成20年

この生れの人は、栗鼠または木鼠といいます。利口な鼠です。義理や人情に篤く同情心も深く、よく人の世話をするので世間から尊敬されます。ただし、男女ともに異性関係で失敗するケースが多く、特に女性は夫と早くに別れ、男で数回苦労する可能性が高い。幸福な家庭に生まれ、子供のころは不自由なく暮らすが、20代後半から苦労が多くなる。30代半ばに大きな災い、あるいは病に注意。40代には幸運が訪れます。子供は女の子が多い。

●庚子(かのえね) 昭和35年

この生れの人は、白鼠または家鼠といいます。人家を住み家としている鼠です。ときには可愛らしい姿から、飼われて居る場合もあります。他の鼠のように自営自活のできない鼠です。人を頼りにするから、自然と保守的になり、身体もあまり丈夫ではありません。愛嬌の良さで引き立てられることが多い。親や夫婦の縁が薄い人が多い。顔や胸にほくろの有る人は、子供に救われることが多い。誘惑されやすく、人任せが多いので、いざというとき困ります。晩婚型。30後半の病に注意。40代から上り坂となります。

●壬子(みずのえね) 大正1年 昭和47年

この生れの人は、狐鼠または溝鼠といいます。モグラに近く日中はあまり活動しない鼠です。負けず嫌いで、へんくつなところもあります。面と向かって堂々とモノを言うことが苦手です。身体も弱く心配性です。その為に交際範囲を狭めてしまいます。また自分から進んで交際しようという努力も余りしません。男女ともに17~18才頃に異性関係で大きな失敗をする人が多い。24~25才頃は親兄弟と別れるような、一身上に大きな変化が起こります。30才近くから幸運期にはいります。  
-陰陽道の世界- より

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

子年生まれにもいろいろあるものですね。これを読んでいると男女問題でなにかあったり、人生いろいろだと感じますね。自分の事を振り返ってもそうですが、みんな多かれ少なかれ山あり谷ありなんでしょうね。
そちらでは明日のために準備中でしょうか。誕生日おめでとうございます。
2012/09/30 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Green Eyes画伯の「目」

ごぶさたしています。
少しフライング気味かもしれませんが(日本時間9月30日午後2時)、誕生日おめでとうございます!
September30さんのお歳に見当をつけてネズミ歳の特徴を読ませていただきましたが、
ひょっとしてたいへんによく要約されているのではないかと感心しました(苦笑)。

G画伯の動物への愛情は「目」の描写に感じます。まさしく画竜点睛の目で、そこに作家は
いのちを吹きこんでいるのでしょう。いきいきと、その動物の魂が集約されたような目ですよね。




2012/09/30 [centerfield] URL #8bsxoj2c [編集] 

* Re: No title

川越さん

ありがとうございます。
又ひとつ歳を取りました。もう取らなくてもいいのに。(笑)

易道とか陰陽道には全く興味を持たなかった私ですが
同じ一二支でもそれぞれ違うのを知り古人の見識に驚きました。
2012/09/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: Green Eyes画伯の「目」

centerfield さん

ありがとうございます。
残念ながら私はネズミ歳ではありません。
それでは何の歳でしょう? クイズにでもしますか。(笑)
その内に私の動物も出てきますよ。

お褒めの言葉は画伯に伝えました。
2012/09/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 燃える秋

-陰陽道の世界- 検索したらすぐ行き当たりました。
いいことがいっぱい書かれていたのでちょっと面映くなりながらも、
欠点については、長年もやもやと感じていたことがあっさりと言い当てられていて、
や、やっぱり? ちょっとびっくりしました。

少ない情報から推理するに、Septemberさんはあの干支ではないかと…
その中でもとってもセクシーなお生まれなんですね。
やっぱり。(笑)
ご自分では当たってると思われました?

お誕生日、おめでとうございます。

毎年こちらでみなさんがお祝いされているご様子を、イイな♪と思って見ていました。
本当に、素敵なみなさんに囲まれてらっしゃいますね。
文字を残さぬままひっそりとお祝いされている方は、
今年も、もっとたくさんいらっしゃることでしょう。

秋はいちばん華麗な季節だと思います。
過ぎてきた愛別の憂いを絢爛に変えて、いのちのすべてを豪奢に燃え上がらせる。
なんとエロティックなときでしょう。

これからですよ、Septemberさん。
鮮やかに、豊潤に、稔って生きる季節が来たのです。


2012/09/30 [belrosa] URL #- 

* おめでとうございます

明けまして・・・じゃなかった。干支の話しにつられてしまいそうになりましたが、
お誕生日おめでとうございます。(ドイツ時間で失礼します。)
干支シリーズ、是非続けて下さい。これからも楽しみにしています。
2012/10/01 [どくとるくま] URL #m.2.LkcQ [編集] 

* 干支の話

「干」は木、火、土、金、水のこと、「支」は子、丑、寅、卯、辰、・・・のことで、陽支と陰支が
交互に続きます。生年は勿論、生月と生日と生時にも干支が付き、これら四つの柱で運命鑑定するのが、
世界で最も複雑・難解な四柱推命学です。

生月と生時の「支」は決まっていて、「支」は12月(子の月)から、時間は夜中の午後11時~午前1時
(子の刻)からそれぞれスタートします。午の刻(うまのこく)は午前11時~午後1時で、「午前」「午後」の言葉があります。

方角にも「支」があり、真北は「子」で真南は「午」、兵庫県明石市の子午線は”北南線”という由。
因みにSeptember氏の生月支は「酉」ですが、私の知っている他の干支に言及すると、秘密?にされている
生年が分って仕舞います。belrosaさんの予想は当っているかもしれませんね。

2012/10/01 [henri8] URL #av6ed.vY [編集] 

*

私はSeptember氏の干支を知っています。
父親と同い年なので。(生きていたらの話ですが)

お誕生日、おめでとうございます。
いつまでもセクシーでいてください。
2012/10/01 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: 燃える秋

belrosa さん

ありがとう。
自分のハンドル名が誕生日だということを公表した覚えがないのに
皆さんが知っていたのはなぜでしょう?
(あるいはどこかで書いたのかもしれない)

でも、私の干支は十二支の中にはありません。(笑)
異星から来た私は地球とは違う暦で暮らしているので
それだと今日で私は21歳になります。
そう、私の星では誰もが120歳で生まれてそれから年々若くなっていきます。
中には100歳とか80歳の若さで急逝する人もいるけれど
どうやら私は21歳まで生き延びました。

そして0歳まで生きることのできた人だけが、
ふるさとの星へ帰ることが許されるのです。

でも私は帰りたくない。
この地球で死にたい。
と願っています。
2012/10/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: おめでとうございます

くまさん

遠いドイツからわざわざありがとう!
ヨーロッパやアメリカにいると歳を取るのが少しだけ遅れるのが好きです。(笑)
お互いにがんばりましょうね。
どうか良いお年を・・・・
2012/10/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 干支の話

henri8 さん

『四柱推命学』 などというものがあるのを知って、ああ長生きはするものだ、と思いました。
henri8 さんに目を開かれて、ここ数日、それにはまっています。

2012/10/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micio さん

ありがとう。
アメリカで人の年齢を知りたい時、とくにそれを隠している女性の場合
話をそれとなく十二支に持っていくと、必ずといっていいくらい興味を持つので
「じゃあ、私は?」 というわけで簡単に歳が分かったしまうのです。
残念ながら日本人には通用しません。(笑)
さりげなく「ナニドシですか?」と聞いても必ず無視されてしまいます。

安心してください。
最近、ますますセクシーになっている自分を感じています。
2012/10/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 干支の話・その2

「干」は木、火、土、金、水のこと、と書きましたが、正しくは甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸
(みずのと)、と十干あり、これらも陽干と陰干が交互に続きます。私の生日は「己巳丙」(支の後の干は
蔵干)で弁天さんを祀る日だそうです。

若い頃、Y社のミス銀座と言われた女性と婚約近し、母の知人を通して京都の占い師に縁を見てもらった
ところ、残念乍ら縁は結ばれないでしょう、この男性は結婚運がありません、それは妻の座に弁天さんが
座っておられて、ヤキモチを焼かれる為です、との事!?その後もそれなりに女性との縁はあったのですが、
弁天さんのヤキモチ未だ衰えず、独身が続いています。

我ながらの例え話で失礼しました。
2012/10/01 [henri8] URL #av6ed.vY [編集] 

* Re: 干支の話・その2

henri8 さん

我々の仲間(年は数年ずつ違うとしても)のなかで
もっともダンディで女性にもてた二人、関西のKとhenri8さんがいまだに独身でいるのが昔から不思議でしかたなく
いつかその話は聞きたいと思ったまま長い年月が流れてしまいました。
それが昨年になってようやくKと話をする機会があり、
一晩酒を飲みながら、彼の長い物語を聞くことができたのです。
それが今、henri8さんの話が聞けるとは!

今日のところは予告編のつもりで
この次たっぷりと聞かせてもらいましょう。
ああ、待ちきれないです。
2012/10/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/483-d1f27079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)