過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

動物好きの絵描きさん 8 コマドリ

Alphabet-R-blog.jpg

コマドリ Robin
『動物の絵本』 より
By Green Eyes


その音は朝起きてからずっと気になっていた。
木の小槌か何かで杭(くい)を打ち込むような、わりと甲高い音が断続的にしばらく続き、いったん止まったと思うとまたすぐに始まるその音は、隣家の方角から聞こえていて、うるさいというほどではないけど執拗な音だった。 (また隣は日曜だというのに朝早くからなにをやってるんだろう?) とただの好奇心から一階の窓のブラインドを上げてみると・・・・
窓の外1メートルぐらいのところの板塀に、背中に縞を持つ10センチばかりの小鳥が1羽止まって懸命に板の節穴をつついていた。
キツツキだ。
こんなに近くで見るのは初めてである。 その小さな体にしては、コンコンと突くその澄んだ音は驚くほど大きく響く。 見ているとやがて節穴の奥から、何やらミミズのような形をした小さな黒い虫をクチバシの先に挟んで取り出した。 長い労働の甲斐があって美味しいご馳走をものにしたのだ。 あ、カメラカメラ、と慌てて二階に駆け上がって、また下に戻ってみると、もうキツツキはどこかに行ってしまっていた。

我が家では前庭の玄関脇の2本のモミジの木に、2個のバードフィーダーを吊っていてそこには1年中を通して様々な小鳥が訪れる。 フィンチ、コマドリ、ハト、ハミングバード(ハチドリ)、雀、それに時々は嫌われ者のカラスも現れる。 そのうえ、鳥だけではなくリスも餌を求めてくるので、餌箱にリスがいるあいだは他の鳥は寄り付かない。 そのリスたちを追い払うのはうちのパイシーの役目となっている。 一声吠えるとリスがそそくさと逃げていくあとに、小鳥たちがまた帰ってくる。 

小鳥たちは朝飛んできてバードフィーダーが空になっていると、それはもううるさい程鳴いて催促をするので、わが Green Eyes が慌てて餌の袋を抱えてパジャマのままで表に出てゆく。 最近になってまた新しい顔ぶれが増えたようだが、その鳥はまだ姿を見たことがない。 新しい仲間だとわかるのはその鳴き声が変わっているから。
"Merci, merci, merci" とフランス語そっくりに聞こえる鳴き方をする。
そう、「ありがとう、ありがとう、ありがとう」 と云っているのだ。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

窓辺に野鳥が来るのは楽しいですね。
うちの窓には
シジュウカラ カワラヒワ ワカケホンセイインコ スズメ 
これから寒くなると メジロ ヒヨドリ。
どういうわけかスズメがめっきり減りました。
鳴き声が可愛いのはカワラヒワ。
ひまわりの種を足で抑えてコンコン叩きながら食べるいい子はシジュウカラ。
飼われていたのが逃げて野生化したワカケホンセイインコは大型カラフルまるでここはインド?です。

ハチドリやフィンチやコマドリは来ません。
見てみたいなー。

2012/11/28 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

東京のど真ん中でもそんないろいろな小鳥が見れるなんて嬉しくなりました。
実はいつでもそうだったのに、都会人は気がつかないだけかもしれませんね。
私も東京に住んだ頃は小鳥どころではなかったことは確かです。

でもこのインコは
野生化したとはいえ、激烈な生存競争に耐えられるのか、と心配です。
私の母はインコやカナリヤを何十羽と飼っていて、
卵を産んでも子育ての下手なインコのために、飼母(かぼ)と呼んでジュウシマツも飼っていました。
ジュウシマツは他人の産んだ卵でも一生懸命に抱いて温めるのですね。
母が亡くなったあと小鳥たちはあちこちの家へ貰われて行きましたが、
かなりの数の小鳥を死なせてしまいました。



2012/11/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

コロラドのロッキー麓の家に住んでいる時、まるで家をドリルされるような衝撃に驚いたら、なんとキツツキの仕業でした。あんな小さな鳥が、と、驚いた覚えがあります。
 LAでも、ハチドリや猛禽類をよく見かけますが、コロラドの比にはなりません。色とりどりの鳥や野生動物の集う、コロラドの家が懐かしくなります。LA周辺では、オカメインコが野生化して群れをなして飛んでいますが、元は買われていた鳥たちなのか、実は原生なのかは知りません。

 大きくてカラフルなインコが野生化して東京の空を飛んでいるなんて素適ですね。ちゃんと冬を越せるのかしら?
2012/11/29 [わに] URL #- 

*

September30さん、わにさん。
インコは雪の日にも来ますよー。
台風の後濡れ雑巾みたくなっても来ます。
夕方は電線にグループごとに50羽ぐらい止まって、
リーダーのインコが人数を確認して(どう見てもそう見える)
南の空へ次々と帰っていきます。
食べるものはひまわりの種や果物やピーナッツ。
夫婦が一対になってるようです。
何故か姉さん女房なんです(くちばしや毛艶でわかる)
2012/11/29 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

わにさん、

実をいいうとキツツキはあの時1度だけでその後現れてくれません。
それから記事の中に書き落とした小鳥にカーディナルがいました。
雀ぐらいのサイズで、オスは全身が見事に鮮やかな深紅です。
そしてクチバシの周りだけが両眼を入れて真っ黒なので
仮装舞踏会で仮面を付けたような感じ。
我が家を訪れる小鳥の中ではもっとも美しいといっていいかな。
2012/11/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

雪や雨の中をずぶ濡れになって飛んでくる鳥を見れば
餌をあげたいと思わない人はいないでしょうね。
われわれの煩雑な日常の中で
他のことを一瞬忘れてふっと心を和ませてくれる小鳥たちの来訪を
自分でも気づかないところで心待ちにしていることを発見しました。
2012/11/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

ムーさん、
冬も平気なのですね。安心しました。ありがとうございます。

September30さん
カーディナルはテキサスに居た時にはよく来ていました。いつもブルージェイと一緒に来るので、本当に眼福でした。今の家では、雀とカモメくらいしか来ません。正直言って、カモメは迷惑。
2012/11/30 [わに] URL #- 

* 野鳥の名称は野球チームの愛称に反映されている模様

9月様
わに様

 投稿を拝見しました。文面を漠然と眺める裡にフト、気付きました。米国の野鳥の名称は、各地のプロ球団の愛称に採用されている事例が、結構あります。
 米国現地での自然環境には無知ですが、人家の傍に野鳥はかなり棲息しているんですね。代表的な3例を拾ってみました。お元気で。

1) カーディナル:ショウジョウコウカンチョウ
cardinals → Saint Louis Cardinals

2) ブルージェィ:青カケス
blue jay → Toronto Blue Jays (こちらはカナダのチーム)

3) オリオール:椋鳥擬き
oriole → Baltimore Orioles

 まだ有りましたら、御教示下さい。
2012/11/30 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* Re: No title

わにさん、

ああ、そうだ。そういえば
ブルージェイも来るんですよ。
他にも忘れている小鳥がいるかもしれません。
2012/11/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 野鳥の名称は野球チームの愛称に反映されている模様

Yozakura さん、

野球のメジャーチームで頭に浮かんでくるのはその3チームですね。
もし、野球と限らないでしかも小鳥と限らないと・・・

フットボール
Atlanta Falcons タカ
Baltimore Ravens カラス
Philadelphia Eagles ワシ
Arizona Cardinals カーディナル
Seattle Seahawks シーホーク

アイスホッケー
Pittsburgh Penguins ペンギン
Atlanta Thrashers ツグミ 
Anaheim Ducks アヒル


バスケットボール
Atlanta Hawks タカ
Toronto Raptors 猛禽類


これらは皆メジャーリーグです。
マイナーリーグをいれると、もっともっとあるはずですよ。
2012/11/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 鳥の名称さえ置換すれば大リーグ球団名称に重なります

9月様

 早速、列挙された競技団体の名称リストを拝見。御紹介、有難う御座いました。ただ、列記されたほぼ全ての競技に関心が乏しいので、漫然と眺めただけですが----。

 一つだけ、気付いたことが有ります。ご紹介頂いたスポーツ別の団体愛称ですが、末尾の野鳥の名称さえ取り換えれば全て、野球の球団名になりますね。
 つまりは、米国で人気があるスポーツの競技団体の設置場所は、協議の種類の如何を問わず、全米でも地域の中核となる基幹都市に限定されている訳ですね。まあ、人口の規模や産業の集積状況から推して当然の帰結なのでしょうが、納得です。
 お元気で。
2012/12/02 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* Re: 鳥の名称さえ置換すれば大リーグ球団名称に重なります

Yozakura さん

スポーツのメージャーリーグは大都市でないと運営が難しいわけですが、
全米に何百とある中都市のほとんどがマイナーリーグのスポーツチームを持っています。
マイナーリーグといってもれっきとしたプロにはかわりなく、メージャーリーグチームの二軍体な存在も多いのです。

私の住む町にも、バスケットボールと野球のプロチームがありますよ。
2012/12/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/484-0a6b679c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)