過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

うどんをすすりながら思うこと

Image0270-blognew.jpg

猫と少女とピツァ
North End, Boston



家にいて仕事をすることの良いところはいろいろあるけれど、その中の一つが、好きなものを好きな時に調理して食べられるということだ。 といっても締め切りのある仕事をしている僕にはあまり時間が取れないから、簡単なものをさっと作るだけなんだけど。
最近のお気に入りはうどん。
日本の友達がおいしい讃岐うどんを送ってくれて、それを汁なしの 「生醤油うどん」 にして食べる。 うどんを正確に12分間茹でているあいだに、生姜をおろして葱を刻んでおく。 それを茹であがっったうどんに乗せて生卵の黄身を落とす。 醤油を少量たらして山椒入りの八味唐辛子をかけてできあがり。 醤油の代わりにポン酢にしたり、唐辛子の代わりにこれも友達が送ってくれたゆず胡椒にすることもある。 
出来あがったうどんをツルツルと音を立ててすすりながら、ふっと思い出したことがあった。

ずっと昔、まだ僕が日本で暮らした年月のほうがアメリカでの生活の期間よりも長かった頃、久しぶりに日本へ帰った時のことだ。 友人宅でうどんをご馳走になっていて言われたことがある。
「嫌ねえ、あなたうどんぐらい音を立ててすすりなさいよ。 ここはアメリカじゃないんだから。 そのほうがおいしいのよ」
そう言われてはっとした。 自分では無意識でやっていたことだけど、やはり長い間に外国の習慣が身についてしまったのを実感していた。 たぶんその時じゃないだろうか。 アメリカと日本という二つの異質の文化を自分の中に共存させることは、外国に長く暮らす僕のような人間にとっては宿命のようなものだ、ということを悟ったのは。

そして今ではその二つの文化が、あたかもPCに内蔵された個別の2個のハードドライブのように、時と場合によって自動切り替えのように操作されているようだ。 日本人の昼食会では誇り高くズルズルと音を立てて熱い味噌汁をすすり、そのあとのアメリカ人とのディナーでは、静かなること林のごとし、というわけだ。 その切替えを全く意識することなく自然にやっている自分に気がつく。
二つの文化の使い分け、というのはもちろん食事のことだけではない。 いやむしろ食事のことなどごく些細な部分にしか過ぎず、二つの言語の間を行ったり帰ったりしながら、それぞれの言葉の裏についてまわる思考そのものを切り替える、という離れわざが、いつのまにか身についてしまった。

僕という人間はアメリカ人から見れば 「アメリカナイズされた日本人」。
日本人から見れば 「ヘンな日本人」。
その両方とも真実の自分であるとすれば、僕は自分で思うよりもう少し複雑な人間になってしまったのかもしれない。


 

祖国…
そこの山河の気高さ
そこの人たちの優しさ
そこの食べ物のおいしさ
そこの芸術の美しさ
つまり
祖国のかけがえの無いすばらしさを発見するために
私は長い歲月を異国の地で暮らさなければならなかった。

September 30






にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト
PageTop >>

コメント:

* 美味しそう

いや〜、この分層を読んでいるだけで、うどんが食べたくなりました。もちろん音を立てて、ちゅるちゅると喉を滑らせます。
2012/11/03 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

*

今や日本人にもいるんです。
お蕎麦をモグモグ食べる女性。
「ちょっとー、ラクダじゃないんだからモグモグするのやめてよ」って言っても、
すすれないのよ・・・って。
蕎麦は喉で味わうものって知らないらしい。
野暮だよねーまったく。
2012/11/03 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

ふふふ。面白い。Septemberさんもそんな風ですか。
私は日本に帰ると家族からあなたは外国人になってしまったと言われ、ボローニャに居れば日本人らしくない日本人と言われ。自分では全くの日本人だと思っているのですけどね。
2012/11/04 [yspringmind] URL #UOM.WK7I [編集] 

* Re: 美味しそう

川越さん、

鄙びた地域へしょっちゅう出かける川越さんご夫妻だから、
ありとあらゆるうどんやそばは賞味済みでしょう。
羨ましい!

あ、それから私の写真の記事、ありがとうございました。
コメントをするのが気恥ずかしいのでここでお礼をいうだけにします。
2012/11/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

「二つの文化を」を共存させるなんて大層なことを書きましたが、
考えてみると
(食事に関しては)日本に住む人たちだって同じ事をしてるんだ、
と気が付きました。
だからラクダさんのように使い分けのできないひとが増えているのでしょう。
2012/11/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

yspringmind さん、

おもしろいのは、
東京の友人たちはそうでもないけど
郷里の友人や自分の身内は、私をアメリカ人だと信じているようです。(笑)
2012/11/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

言われてみれば、自分も無意識のうちにそうしています。
不思議なものですね。

おうどんの食べ方、おいしそう!
私も真似してみよう。
2012/11/05 [わに] URL #- 

* september氏がうどん?

むしろ嗜好品に近い汁粉や善哉は兎にも角にも、september氏がうどん?、

長年来の友人から見て、何か似合わない感じがしますが、失礼ながら、
やはりお歳の所為でしょうか?それとも、日本への郷愁からでしょうか?



2012/11/05 [henri8] URL #av6ed.vY [編集] 

* Re: No title

わにさん、

そうでしょう? 
無意識のうちにしちゃってますよね。
実は、うどんをすする音についていえば
私は我が家にいるときも家族の前で日本式でしてしまうのです。
子供が小さい頃 「なぜ?」 と不思議そうに訊くので
文化の違いのようなことを説明してやった記憶があります。
子供なりに理解したようでした。
2012/11/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: september氏がうどん?

henri8 さん

たしかにうどんは昔から特に好きだというわけではないのです。
(どちらかというと、蕎麦のほうが好きかな?)
でも簡単なスナックを食べたい時にサンドイッチを作ったりするより
やっぱりうどんや蕎麦やラーメンを食べてしまうのは
私の中に根強く頑張る日本人がさせるのでしょうね?

2012/11/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント
PageTop >>

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/493-b0e89d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PageTop >>