過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

コーヒーショップ

Image0231-blognew.jpg

ダウンタウン
Government Center, Boston


コーヒーショップがどんどん無くなってきている。
その代わりに雨後のタケノコのように(自分でも驚くほど古い表現!)出てきたのがカフェで、僕の家から歩いてすぐのところ、犬の散歩で毎日歩く近所にもなんと4軒もある。 しかもその4軒はお互いに至近距離にあって、その中の2軒などは間にヘアサロンを挟んでほとんど隣り合っているといってもいいくらいだ。 そしてそこから道を挟んで向かい側にあるのが、例のスターバックスだった。 あとの1軒というのはそこから100メートルほど離れているが、これは最近開いたばかりで店のサイズも一番大きく、夏には屋上にパラソルを立ててワインやビールも飲めるようになっていた。

カフェとコーヒーショップの違いはわりとはっきりとしているようだ。 
コーヒーショップは文字通りコーヒーを飲むのが主目的だから、立ち飲みしたりハイチェアーに腰かけるようなカウンターのスペースがかなり取られていて、むしろテーブル席のほうが少ない店もある。 ヨーロッパとちがって同じコーヒーを飲むのにカウンターとテーブルでは値段が違うというようなことはないから、テーブル席でゆっくりすればいいのにと思うのに、いわゆる常連の客はほとんどがカウンターでコーヒーを飲んで隣の見知らぬ客と気軽に会話を交わしたりしている。 コーヒーの種類といえばもう簡単明瞭に2種類だけ。 真正コーヒーとカフェイン抜きのコーヒーと。 そして値段が安いだけではなく何杯でもおかわりができる。 コーヒー以外の飲み物といえばせいぜい紅茶とココアぐらいでそれ以外はコークなどのソーダ類になる。
こんなコーヒーショップはもうほとんど見られなくなってしまった。 

それにくらべると最近のカフェはまったく違う。
まずコーヒーの種類が、強くて苦いヘビーなものからあっさりとした軽いものまで数種類が揃っているから、その時の気分で選べるのは嬉しい。 でもなんといっても凄いのはエスプレッソをベースにした飲み物で、それこそ何十種類もある。 たとえばラテ、カプチーノ、マキアート、モカ、などとあって、混ぜるものによってそれぞれにさらに何種類もが加わるから、ダブルエスプレッソしか飲んだことのない僕には何がなんだかよくわからない。

カフェに集まる人たちには2種類あるようだ。
二人とか数人で来て楽しくおしゃべりをしているグループと、ひとりでラップトップを睨みながら黙々と仕事や学業に取り組んでいる孤独な人たち。 そういう僕も時々そんな孤独な一人となってカフェで仕事をすることがあるが、ざわざわと騒がしいカフェの中でかえって仕事が捗るのはなぜだろう? ひょっとしたら、周りに人がいるという事実が、自分の中に深く根を下ろした孤独感を解きほぐしてくれて、それで (ああ、自分もまだ外の世界とつながってるんだ) と安心をするから、それで仕事がよく進むのかもしれない、なんてことを思ってみた。


Black Coffee - Sinead O'Connor



* このジャズのスタンダード曲はいろんなシンガーが歌っている。 決定版は何といってもやはりエラ
だと思うけど、この気だるい感じのシネイド・オコナーも悪くない。
それにバックのオーケストラのアレンジがすばらしい。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* こちらのカフェ

こちら(横浜)では、昭和の喫茶店が姿を消し、スタバなどのカフェが増殖中です。対抗馬は伝統的な喫茶店文化を今日的にアレンジし郊外に拡大中の「コメダ珈琲館http://www.komeda.co.jp/」でしょうか。コメダは愛知県の喫茶店で不思議な愛知スナックも楽しめます。気に入ってます。

雑踏の中にこそ静寂はある、と思うことがあります。図書館地下の収蔵庫で資料を探しているときの集中力も高いのですが、スタバのカウンターで原稿土俵際の集中力がさらにすごいです。(笑)雑踏は聞こえません。
Bill Evans(ビル・エヴァンス)のアルバム「Waltz For Debby」冒頭のざわめきが、演奏が始まると全く気にならなくなるのと似ているかな。

切羽詰った時は、個室や地下の静寂の中にいると余計なことを考えます。まとまらないし、逃げ出したくなるのですが、スタバの雑踏はむしろ安定した気分を与えてくれます。
2012/11/16 [ogui] URL #- 

* Re: こちらのカフェ

oguiさん、

コメダのサイトに行けば懐かしい昭和の喫茶店の凝った内装が見られるかな、
と期待したのですが、それは見せていませんね。
それにしても値段にびっくりしました。
帰国した時は金銭感覚が日本に切り替わっているので気が付かなかったのですが、
一番安いブレンドコーヒーが400円するのですね。
アメリカなら他より高いスターバックスでも$2.20(178円) (お代りできない)
私がいつも行くパネラでは$1.90(154円)です。 (お代わり自由)

個室や静寂の中にいると余計なことを考えてまとまらない、
というのは私も時々ですが、そうなります。
というよりも、飽きて場所の変化が必要になるのですね。
そんな時に外のカフェに行くわけですが、
最近、朝の4時、5時に起きて仕事をするようになってから、
静寂の中で仕事がすごく捗るようになりました。
2012/11/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

こんにちは。
タバコをやめてから、喫茶店に行かなくなりました。
というより、コーヒー自体を飲まなくなりました。
お茶ばかり飲んでいます。
2012/11/17 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: No title

mcio さん、こんにちは。

朝起きて、まずコーヒーを飲むという私の習慣は
一生変わりそうにありません。
日本の郷里でいつも滞在する叔母の家と友人宅には
どちらもコーヒーを作る機器がないので、
小型のフレンチプレスをアメリカから持参します。

アメリカではすでに、カフェもバーもレストランも
タバコを吸えません。
日本はどうなんでしょう?
2012/11/17 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 嘗ての「街角の喫茶店」を唄ったヒット曲あり

9月様
 米国中西部の喫茶店事情の簡単な紹介、有難う御座います。横浜市在住の先達による投稿にもある通り、「雑踏の中の静寂」は、思考の集中に役立ちます。コメダも最近は関東地方に進出中で、一部愛好家の間で根強い人気を呼んでいます。

 お気に入りの喫茶店で「息抜きの一杯」を愛して止まない9月氏に、嘗て、日本社会の街角に洒落た喫茶店が散在していた頃を偲ばせるヒット曲を勝手に紹介します。これは、歌手が有名になりましたが、私は寧ろ、作曲者の才能に注目して頂ければ----と思います。
 住所は例により、別便にて連絡します。お待ち下さい。
2012/12/04 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/04 []  # 

* Re: ヒット曲の住所です

Yozakura さん、

いつもありがとうございます。
残念ながらこの曲は、歌手の声、作詞、作曲、のどれも私の好みではないようです。
しかし、ルックスが可愛いことは認めましょう。(笑)
2012/12/06 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/503-caf48b46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)