過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

男と女・・・リンダ・ロンシュタットの場合



What's New?
Linda Ronstadt




どうしてる?


どうしてる?
元気だった?
あなたちっとも変わってないみたい。
あいかわらず素敵よ。

どうしてたの?
あの女(ひと)とはうまくいってる?
あれ以来会うのは初めてね。
でも会えてよかった。

ほんとうに久しぶり。
私はすごく嬉しいけど
あなたはそうでもないのかなあ。
でもちゃんと握手をしてくれて
優しいのは前と変わらないのね。

さようなら。
声をかけちゃったりしてごめんなさい。
ああ、でもあなたにはわかりっこないんだわ。
私ちっとも変わってないって。
今でもあなたのことこんなに愛してるって。
曲:Bob Haggart 詞:Johnny Burke 訳詞:September30

imagesbng.jpg



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* 歌詞が酷似したシャンソンあり

9月様
 偶然にも、昔の恋人に再会した女性が昔日を懐かしみ、思わず語りかける----と云う物語の訳詞、お疲れ様です。ただ、歌詞も曲調も肉食のアメリカ人に合わせたミュージカルな仕立で、聴いていてちょっと違和感があり、疲れます。

 そこで、焼き魚にお茶漬けが恋しい日本人の嗜好に合いそうな曲を二つ、ネットから拾ってみました。何時もの如く、余計なお世話ですが、別便にて御報せします。お待ち下さい。

 9月氏の嗜好とはズレているやもしれませんが、こうした情緒纏綿たる唄い振りの方が、東アジアの季節風地帯には合っているみたいです。お元気で。 
2012/11/23 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/23 []  # 

* Re: 歌詞が酷似したシャンソンあり

Yozakura さん

日本の歌謡事情に全く疎いわたしにとってYozakura さんのお陰でどれだけ勉強をさせていただいていることか、
ほんとうに感謝します。

さて、今回の二人のシンガーですが、
ご推測に反して、歌い手も曲も文句なしに最初の歌が好きです。
日本語で聞いているだけ私も皮膚で感応してしまい
思わず見につまされてしまいました。(苦笑)
(似たような経験あり、と告白します)

シャンソン風に歌っているので曲という感じは薄いのですが、
日本語ではどうしてもそうなってしまうのでしょう。
それにしても二人目のシンガーは饒舌過ぎます。(日本人の悪い癖)
歌は散文ではなくて詩でなくては。

同じ感情を謳っても東西で人情の違いが感じられて
ロンシュタットのジャズのスタンダードとはとても興味深い比較になりました。
英語の方は最近の出来事、
日本語の方はそれよりもかなり以前に起きたこと
というふうに私はとりました。

ただ、私に言わせてもらえばこの曲の中で
「私達はもう他人なのね、あなたの目にはもう・・・」 という1節。
これは全く必要のない部分だと思いました。 (喋り過ぎ)
これがなければ(他の言葉に置き換えれば)この歌はもっと秀逸になりますね。
そうすると最後の 「愛しているのよ」 がさらに強く生きてくる。

というようなことを考えながらこの歌を楽しみました。

2012/11/23 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/24 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/26 []  # 

* 背後の伴奏陣が冴えています

9月様
 お気に召した様で、何より。少しは役に立った模様で、幸いです。
 前面に立ち独唱する歌手も確かに上手なのですが、この演奏をお薦めしたのは、歌唱よりも寧ろ、背後で独唱を支える伴奏陣の確かな技量に感嘆したからでもあります。

 歌手の力量や嗜好、性格、体調や会場の雰囲気、コンサートの状況まで考慮していたのでしょうか、
 曲調に巧みに呼応した伴奏の入り方、聴衆を歌の世界に惹き入れる無理の無い乗せ方など、目立たないのですが、実にスムーズに独唱者に随伴し、これを支えているのです。
 多分、歌手と伴奏陣との間に相当に堅固な信頼関係があったのでしょう。同じ歌手が同じ曲を唄った別の動画と比較しても、このコンサートでの伴奏は際立っていると思います。

 ごゆっくりと、お楽しみください。
2012/11/26 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* Re: 背後の伴奏陣が冴えています

Yozakura さん

ありがとうございました。
2012/11/27 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/20 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/20 []  # 

* 確認のメールです

9月様
 先月6月20日付けで差し上げた「秘密のサイトへの案内メール2通」ですが、開封して楽しまれましたか? 未だ、その形跡が無いので、実に大きなお世話ですが、1か月遅れの確認メールを差し上げます。
 宜しければ、御覧下さい。お元気で。
2013/07/30 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* Re: 確認のメールです

Yozakura さん、

頂いたリンクはもちろん訪問して楽しませて頂きました。
それに対する感想を控えたのは
前後のコメントのやりとりから、あのYozakuraさんの非公開コメントは返信を期待されていないもの
と判断したためだと思います。
申し訳ありません。
頂いたコメントを見逃すということはまずないのですが
これからは、読みました、と1行だけでも付け加えるようにしましょう。

それに、読者の方から非公開コメントをいただくたびにいつも思うのですが
人に伏せたい内容に対する返信は時として難しい時がありますのでご了承ください。


2013/07/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 余計な御世話、失礼しました

9月さま
 お手紙を拝見しました。楽しまれたようで、何よりです。
 余計な御世話、失礼しました。
2013/07/31 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* Re: 余計な御世話、失礼しました

Yozakura さん、

こちらこそ失礼してしまいした。
2013/07/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/507-c1c69e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)