過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

ハロウィーンのころ (2/2)

DSCN0017a-blog.jpg

Michelle


アメリカに住んでいて一年を通じていろいろとある行事の中で、僕がことさら好きなのはハロウィーンだった。
まず何よりもこの頃の季節が好きだ。夏の熱気で霞(かす) んでいた周りの風景が、今は透明な空気の中で鮮やかな色を見せている。喧騒で行動的だった夏が終わったあとに待っているのは、自然の移りを静かに眺めながら物事を考えさせるこの季節だ。夏という季節が人々に思い出をつくり、秋という季節が過ぎ去ったことを思い出させる。

ハロウィーンが好きなもう一つの理由は、この行事が他の祝祭日と違って宗教や政治の匂いがないということだった。もともとは宗教から来ているとしてもアメリカ人にとってハロウィーンはとことん楽しく愉快な行事なのだ。
うちの会社でも毎年、仮装のコンテストがあって、相互投票の結果、勝者に贈られる賞は1日の休暇と100ドルのギフトカードだった。そのコンテストの賞をもう何年も続けて独り占めしているのが、オフィスでいつも受付に座っているミシェルだった。

もし、受付(Receptionist) という職業は他の社員に較べてそれほど重要ではないと思っている人がいるとしたら、その人は、すべての善人は天国に行けると説く牧師と同じぐらいに物事がわかっていない。会社の玄関に入ってくる来訪者たちがまずニッコリと応対を受けるのは受付にいるミシェルからだし、同時に何本もかかってくる電話を素晴らしい速度でさばくのも彼女だった。そして彼女の仕事はそれだけではない。忙しくない時には他の社員の手伝いをしたり、オフィス備品の購買、書類のコピーやファックス、などの仕事をてきぱきとこなすだけでなく、僕の秘書のようなことまでやってくれる。

それからもう一つ、僕から見て実に驚くべき彼女の特殊技能は、何百という電話番号をすべて暗記できるという才能だった。
「ねえ、P社のQさんの電話は何番だっけ?」 と訊く僕に、
「代表はXXX-XXXX、Qさんの呼び出しがXXX。でも携帯電話のXXX-XXXXの方が確実よ」 というぐあいである。
そんなわけで、わが社の社長がいなくても僕らの仕事には何の支障もきたさないが、ミシェルが数日いなくなるとオフィス全体の機能が半分止まってしまうくらい、彼女は重要な存在なのだった。

そのミシェルがハロウィーンの朝、魔女になってオフィスに現れた。
全員があっと言ってしまった。これはマスクではない。徹底して念の入ったメーキャップなのだった。2時間かかったという。何という情熱、というか執念というか、今年のコンテストも彼女の優勝は間違いなしであった。母親に連れられて会社を訪れた幼児が、見るなり恐怖で泣き出してしまったのも無理はない。



DSCN0009-blog.jpg

同僚たち

この3人は、左から営業部長、経理課長、人事部長。
えっ? 僕は何の衣装を着たかって?
それは企業秘密である。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト
UserTag: ハロウィーン 

コメント:

* そ、、そんな

知りたいので是非是非後ろ姿でもお写真を~~!
2010/10/30 [かおり] URL #LDha.2Cc [編集] 

*

かおりさん、うーん困りました。
始めたばかりのブログで写真を見て呆れた読者を失いたくないし・・
といってかおりさんの願いにも応えてあげたいし・・・
いつか公開するということで今は勘弁してください。
2010/10/30 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/31 []  # 

*

鍵コメさん、実に恐い話です。
見てしまった鍵コメさんに呪いか何かのようなものがかからないことを祈ります。
でも、今まで何も起こらなかったようだからもう大丈夫ですね。
わざわざ書いていただいてとても感謝します。
2010/11/01 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/01 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/01 []  # 

* Re: しつこく申し訳ありません

銀コメさん、再度のコメントありがとうございます。
その地域だけにそんなの多くの伝承がなぜ残っているのか非常に興味深いです。
大昔からの伝説ではなくて、あるていど史実に基づいたこれらの民話や伝承は非常に説得力があるだけに、恐い話は
ほんとうに恐いです。
鍵コメさんは非常に稀有な経験をされましたね。
2010/11/01 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/01 []  # 

* Re: No title

鍵コメさん、こんど行かれたときにその町の図書館とか歴史館に行って資料を探してみたらどうでしょう。ふだんは公開されないものの中に何か出てくるかもしれませんね。
2010/11/02 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント