過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

ハービーのこと 3/4

T090725downtown_0009-blog2.jpg

彫像
Dayton, Ohio USA


ある日わが家に、学校の校長とスポーツ部ディレクターの二人がそろってやってきた。
コーチを断ったハービーを友人の僕からなんとか説得してくれないか、というのが訪問の目的だった。
ディレクターはハービーの大学コーチとしての豊富な經驗と、若い選手たちの技術面と精神面を徹底的に訓練するハービーの方式にすっかり惚れ込んでしまっていた。 というのは前任のコーチはチームを無難無くまとめて生徒間でも父兄にも好かれていたが、かんじんのチームとしてのレベルの向上を厳しく追求するというタイプではなかったのだ。 ところが校長のほうは少しちがった目的でハービーを欲しがっていた。 つまり、人種的に偏りすぎているこの旧弊なコミュニティを変えてゆくのは教育者の任務だ、という政治的な意図を彼は持っていたようだった。

二人の言うことに全面的に賛成をした僕は、なんとかやってみましょう、といって彼等を帰した。

ハービーと僕はある夜、パインクラブで夕食をとりならがらじっくりと話した。 僕は校長とディレクターの意図を正確に伝えることができたと思うし、僕自身はとくに校長の言うことに地域のマイナリティとして強い共感を持つと伝えた。 さらに、ハービーが手塩にかけた太郎も、ぜひ来て欲しいとすごく楽しみにしている、というごく私的なことも付け加えた。
その結果は、夕食が終わってコーヒーになる頃には、ハービーはコーチになることを承諾してくれた。

年度が変わってテニスのシーズンがやってくる。 太郎にとってはハイスクール最後の年だった。
新コーチを迎えた最初の練習日。 フェンダーがボコボコに凹んでポンコツに近いキャデラックをのろのろと運転して来て、ドアを開けてのっそりと現れたヒグマのような体躯のハービーを見た部員たちは、一瞬笑いを噛みしめながら馬鹿にしたようだ。 それが一日が終わるまでには、部員たちの顔から笑いが完全に消えてしまっていた。 と僕に話してくれたのは息子の太郎だった。
新コーチのハービーの訓練は厳しかった。 数週間後には軽い気持ちで在籍していたかなりの生徒たちが部を抜けて行ったが(それでまたその父兄からの批判が来ていた)、トップにいたレギュラーの選手たちは必死でハービーについていったようだ。 実力を持っていても練習に熱心でない選手はレギュラーから降ろされた。 シーズンが進むに連れてチームとしてのレベルは目に見えて上がっていった。 次々と地域の大会を勝ち進み、選手間にはかつてなかったほどの固い結束ができあがっていた。

ところが父兄たちの方はいろいろと問題があったようだ。
練習に時間を取り過ぎて学習がおろそかになっているとか、子供たちがコーチの指示を絶対視して親の言うことを聞かないとかの強い批判が校長の耳まで入ってきた。 父兄に対するハービーの対応が失礼きわまりないとの非難が母親連中から起こっていたし、一日の練習が終わったあと、テニスコートのベンチに腰掛けてうまそうに葉巻をふかすハービーに眉をひそめる父兄もいたらしい。
僕は時間が許す限り出かけて行って練習風景を見たり、器具の後片付けを手伝いながらハービーと話をした。 彼は僕には、練習や選手のこと以外はほとんど何も話してくれなかったが、ある時 「校長とディレクターが後ろで全面的にサポートしてくれてなかったら、俺はとっくに逃げ出してるよ」 と云ったその言葉に、彼の置かれた状況が推測できた。

シーズンの最後に、シングルスの1名とダブルスの1組が州大会に出場した。 (太郎はその中の一人だった)
1回戦と2回戦で敗退したとはいえ、このハイスクールのテニス部の歴史で州大会まで行ったのはこれが最初だった。 地元の新聞が、《コーチ・ハービーの下で、このテニスクラブはこれからその黄金時代を築いていくだろう》 と書いた。

ハービーは翌年の契約を更新しなかった。
「太郎のいないチームを教える気はないよ」 と彼は笑いながら云ってくれたが、本当の理由はごく少数の者だけが知っていた。

(続)


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* ミステリーです !

ハービーさんのこのお話がどこへいくのか。。。

またもの<続>に、ええーっ?となりつつ(笑)
みなさんも固唾を飲んで見守っていらっしゃるのではないでしょうか。

そんな静寂を打ち破って素朴な質問をひとつ。

この二人は、お人形さんですか?ヒトですか?

マネキンなら何故こんな住宅街に?
ヒトなら何故この肌の質感?

・・・あれ~???

2013/03/29 [belrosa] URL #eJbgdmWg [編集] 

* はやく

続きが読みたいです。Septemberさんの周りにはそうしてこうも魅力的で、美しい心の持ち主が多いのでしょう・・
2013/03/29 [inei.reisn] URL #pNQOf01M [編集] 

* Re: ミステリーです !

belrosa さん、

この二人はブロンズの彫刻です。(衣服ももちろんブロンズです)
ここは住宅街ではなくてダウンタウンの1画なのですが
この街にはあちこちにこんな彫像が立っていました。
すべて同じアーティストの作品です。

マリリン・モンローが地下鉄の通風口の上で白いスカートを思い切りなびかせているもの
ショッピングバッグを抱えた老婦人
終戦日のパリの路上で抱擁してキスをする水兵と女性(ライフ誌の有名な写真)
などいろいろと目を楽しませてくれたのですが
先日久しぶりにこのあたりに来てみたら
すべての彫像はもう回収されてしまっていました。
2013/03/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: はやく

inei.reisn さん、

次回は最終回です。
書き始めたらだらだらとついこんなに長くなってしまいました。
2013/03/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* ハービー

最終回が読みたいけれど、結末を知りたくない気もする。
ともあれ作者様、よろしくお願いします
2013/03/31 [中田久乃] URL #- 

* Re: ハービー

中田久乃さん、

お久しぶりです。
この話は最初は最終回だけで記事にするつもりにしてたのが、
ハービーという男をもっと知ってもらいたくてこんなに長くなってしまいました。
ですから最初の3回は長い序曲といってもよいかもしれません。
2013/03/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/556-ce107eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)