過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

逝ったおまえへの鎮魂歌



You'd be so nice to come home to
あるいは 《地獄の街》
歌とピアノ ニーナ・シモン


一緒だったころのことをおぼえているかい?
あかあかと燃える暖炉のそばにおまえがいて
外では夜風が子守唄を歌っていた
ほかには何もいらなかった  

ある時は冬空に震える星を見上げながら
ある時は燃えるような八月の月を眺めながら
おまえのいる場所へいつも帰って行った
そして、ベッドの中で愛しあいながらお伽の国をさまよったふたり。

だが今は見ろ!
おまえのいなくなった砂漠のようなこの街を見ろ
黒い空には星も見えない
白い人々が傀儡のように歩いているだけの
地獄の街だ。
――  訳: September30 



rose.jpg




にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* おもいっきり

無理して落ち込んで、そういうときにもSEPTEMBERさんのサイトに来るのが好きです。そしてそういう場所があるのを貴重に思っています。
2013/04/08 [inei-reisn] URL #pNQOf01M [編集] 

*

september さん、こんにちは。
メリルとブラウンのYou'd be so nice… を初めて聞いた時、これは皆に聞かせたい
と色々の人に勧めました。今でもクリフォードのアドリブを聞くと何故かしら涙が出そう
になります。
この曲はピアノのアドリブを聞いて最初、マドリードで活躍したドメーニコ・スカルラッティ
のチェンバロ・ソナタをイメージしているのかと、思いました。ニーナの唄が始まり、
西語の訳詞が流れ、それは確信になりました。
訳詞を見て、女と男の夫々の立場で訳のニュアンスが変わってくるのがよく分かりました。
Fantastico! 久し振りにいい曲を聴きました。Merci beaucoup.
2013/04/08 [pescecrudoURL #j9tLw1Y2 [編集] 

* Re: おもいっきり

inei-reisn さん、

あなたの最近のブログを読んでから
ずっと気になっていました。
一つの幕が閉じられてしまったようですが、
短い幕間をおいてすぐにまた新しい舞台へと登場して行かれることを期待しています。

以前自分のブログに書いた言葉をもう一度書きます。
がんばってくだっさい。

破局は若者にだけ訪れる。
しかも繰り返して何度も。
あたかも、物語の半ばでひとつの章が終わると次の新しい章が始まっていくように。
それにひきかえ、老人にとって破局はありえない。
死があるだけだった。
2013/04/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

月も無い暗い夜に真っ黒な河の水面をじっと見つめているような、そんな感じを持ちました。
昏くて哀しいのにとても豊かな、、、。
2013/04/08 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: No title

ぺさん、こんにちは。

Yes! よくぞ言ってくれました。
このところスカルラッティに恋をしてしまった私が
このニーナの演奏を聴いたときの感動を想像してください。
今まで聴いたどの甘ったるい You'd be so nice... とも違いました。
その結果、
めちゃくちゃな訳を実行して、しかもそれだけでは飽き足らず
ニーナの歌に感じるドラマを歌詞にも表したいと、
訳の終わりには勝手なコーダを創作してしまったのです。
Forgive me, Nina.
2013/04/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

みんさん、

ニーナ・シモンは南部の貧しい大家族に育ちながらピアノの才能を認められて
ニューヨークのジュリアード音楽院まで行ったにもかかわらず
家族の貧窮を救うために学校を挫折してクラブで歌い始めました。
彼女の歌は私には
黒人霊歌のように響きます。
2013/04/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

ニーナ・シモン、渋いですよね~。私も初めて聞いたときに鳥肌がたちました。
いつだったか、JVCのジャズ・フェスティバルの一環で、チケットを入手し、ニーナ・シモンを聞きに行きました。その時はもうよく動けなくなっていたようでした。それから数ヶ月して、亡くなった事を知り、びっくりしたのを思い出しました。彼女の歌、今でも時々聞きますが、魂に響いてきますよね。
2013/04/10 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、

そうですか、亡くなる数カ月前の彼女の歌を聴いたのですね。
2003年でしょう。
私は彼女の訃報をニュースで知った時にはっと胸を突かれたのを覚えています。
ニーナの歌と同じくらいに、彼女のピアノが私は好きなのです。
2013/04/10 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/560-2d31e27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)