過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

しだれ桜

_DSC5370-blog.jpg

桜、酒、戦士、そして春


隣家のしだれ桜が今年も満開に花をつけた。
昨年のブログに載せた写真は3月27日に撮影していて、今年の撮影は4月19日。 今年はこの桜が僕に春を運んできたのは3週間以上も遅かったのだ。 (撮影の日時が記録されるのはデジタルカメラのよいところ)。
3月の終わりまで気温5度くらいの寒い日が続いていて、冷たい風が吹く中で裸の枝を震わせていたこのコンテッサが、ある日いきなり無数の蕾を見せてくれた。 そのあとは見るたびに蕾の数が増えていった。 そして最初の花を咲かせた彼女は、あっというまに次から次へと愛らしい花を開いていった。
彼女は僕の仕事机のそばの窓のすぐ外に立っているから、仕事をしながら一日中眺めることになるわけだけど、ほんとうに見るたびに、時間単位でその姿を変えていった。 最初の蕾をひっそりとつけてから、恥ずかしげに最初の花を咲かせ、そのあと女の盛りを謳歌するように満開に乱れ咲くまでほんの三日しかかからなかったのだ。 

自然の摂理というようなことをこのコンテッサに目の当たりに見せてもらえた僕は、ある種の感動を覚えていた。
花鳥風月なんてまったく気にもせずに生きてきたこの年月は、あれは何だったのだろう、と寂しい気がする。 「年をとった証拠だよ」 と云われてもかまわない。 この妖艶なコンテッサとともに生きることのできる毎日に感謝しつつ、僕はスェーデン産のウォッカを冷たく冷やして飲みながら、コンテッサの愛をしみじみと感じていた。

あれから1週間。
気温23度の温かい日差しの中で、彼女はまだ溌剌(はつらつ)としてその美しさで僕に媚びを魅せつけている。 彼女の盛りが過ぎていく兆しが見えてきたら、僕は窓を閉めてブラインドを下ろそうと思っっている。 美しいものが逝った時にはわれわれは喪に服さなければならない。

花音痴の僕は、昨年のこのブログの記事を書いた時には、彼女が桜だということを知らなかった。 この記事のあと、読者がコメントで指摘してくださったのだ。 これは日本人として恥ずべきことだと思っている。
何かが狂っているような・・・


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

* 人生は舞台

嗚呼、美しい・・・
なんと劇的な春でしょう。

兵馬俑に護られた青い衣の始皇帝が、楊貴妃のように豊潤な愛妃の姿を堪能している
そんな風情に見えます。

でもそのファーストエンペラーは、実はスウェーデンの生まれだなんて、
そうして、本当の皇帝…この窓の持ち主は、この春の妃貴と同じ故国のひとなわけで・・・

中国とアメリカとヨーロッパと日本。
September さんの人生がそのまま一枚になっている、このドラマに、
気づいていらっしゃいました?



2013/04/29 [belrosa] URL #eJbgdmWg [編集] 

* Re: 人生は舞台

belrosa さん、

《 中国とアメリカとヨーロッパと日本。
September さんの人生がそのまま一枚になっている、このドラマに、
気づいていらっしゃいました?》

いや、気づいていませんでした。
私の意識下に流れる暗流の存在を初めて知らされた思いです。
女優さんの仕事というのはひとに夢を与えるだけではなく
ひとの夢をも掘り起こしてしまうのでしょうか?
太古の兵馬俑たちを発掘するように・・・

belrosaさんの前では無防備の自分を感じてしまいます。

2013/04/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 月やあらぬ

今年も見事に花を咲かせてくれましたね。
隣家の庭木が花や実をつける様を見ているのも楽しいですよね。
私は生憎マンション住まいでそういう楽しみを今は持っていませんが、
昨日まで東京の実家に帰っており、ツワブキやユキノシタを踏まぬように庭を歩くということをずいぶん久しぶりにやりました。
また、隣家の荒れた庭に未だにのこっている柚子をみて、主が亡くなったという事実を噛み締めておりました。手入れをする人がいなくなると庭はあっという間に荒れますね。

今日の記事の写真は、中国の兵馬俑のおかげで何か寓意が籠められた絵のようにもみえます。中国、日本、欧州、米国というSeptember30さんの人生を象徴しているかのようだというbelrosaさんのご指摘に深く首肯いております。
2013/04/30 [nicoURL #KqigePfw [編集] 

* Re: 月やあらぬ

nico さん、

そういえば、
私が長いあいだ隣家の樹はしだれ柳だと思っていたところへ
あれはしだれ桜では? と書いてくださったのはnicoさんでした。
ただの一本の樹にすぎないのに、
それ以来春だけではなく、一年中を通してこの樹を見直すようになり
なんとなく生活が豊かになったような気がしています。

今日は5月1日ですが、
このコンテッサはまだまだ元気ですよ。
ところが昨夜遅くなって昔仲間だったひとりの死を報じられ
ちょっとまいりました。
2013/05/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/565-36319dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)