過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

握手、ハグ、それともキス?

T06pro548-blog2.jpg

《抱擁》 詩人ルネ・シャール博物館
Isle-sur-la-Sorgue, France


日本人ほどお行儀の良い民族はない。
挨拶にそれが表れてる。
仕事の上でも私的な対面でも、離れた距離でお辞儀をしながらキチンと挨拶の言葉を口にする。 (もっとも、最近の日本では頭を下げているのかどうかも曖昧な若い人たちが多いけど)。  そして親しい仲だとその距離が少し縮まったり、もっと近寄って手を握り合ったりすることはあっても、欧米のようにいきなりハグしたりキスしたりはまずありえない。 
それにくらべて、欧米人の挨拶はその親密度のぐあいによって、握手-ハグ-キスと変わっていくようだ。

まず握手
握手という動作は欧米の習慣だから、アメリカに住んでいると握手をする機会はふんだんにある。 とくに、初対面の人との握手でその人の性格や職業経験などが大体分かってしまう。 『握手のしかた』 などというものがあるとすれば、それは非常に簡単なことだ。 お互いに手を握って、一瞬間ギュッと固く握りながら上下に数回腕を上げ下ろしする。 簡単なことだけれど人それぞれに癖があって、ギュッと固く握ってすぐに手を離してしまう人もいれば、まるで子供の遊戯のように握った手を大げさに上げ下げする人もいる。
日本人は概して握手が下手だ。 そんな習慣を持たないから仕方がないし、大体まったくの他人の身体にいきなり触れるということ自体、日本人には考えられない文化なのだ。 日本人がとくに下手なのは、先に言った「ギュッと握る」 部分である。 日本人は男性でもそれをしない人がほとんどだ。 それから上下に振るところも省略してしまう人が多い。 だからまるで女王陛下が臣下に手を与えるような図になってしまう。 プライベートな席での女性ならそれでも通用するが男性の場合はどんな席でも通用しない。 相手は (おやっ、なんだこいつ? 女みたいなやつだな) と思ってしまうだろう。
アメリカ人でも若い人、とくに大学を出たばかりでまだ世間の波にもまれていない青年たちは、まだ握手の仕方を会得していないのが多い。 長年ヘッドハンターとして人材を企業に入れてきた僕だけど、優秀な候補者を面接に送り出す前にまず必ずコーチをするのは握手の仕方だ。 「ぎゅっと固く握る」 。 これは男性女性にかぎらず、そして公的私的にかかわらず大切なことで、しかもその時、お互いの手を握りながら眼はしっかりと相手の眼に合っていなければならない。 

ハグとキスは、挨拶としては一対の動作となっているが、これはヨーロッパとアメリカではかなり風習が違うようだ。
男女間や同性同士(男同士も含めて)のハグはアメリカよりもヨーロッパの方がはるかに日常化している。 といって、男同士がハグをして両頬にキスをするのはイタリア映画ではよく見たけど、アメリカではゲイ同士の挨拶でもない限りまず見られないし、ヨーロッパでも街で見たことはほとんどなかった。 たぶん、家族の集まりなどでよく見られるんじゃないか、と想像するけど。
それでアメリカの場合は、ということになるけれど、
親しい者同士のハグは両腕をお互いの背中に回したり肩に手をかけて軽く抱きあう。 その時に男女間なら頬にキスをしたり、キスをしないでもお互いの頬をくっつけあったりする。 ヨーロッパだとそれを両頬にするのは周知のとおりだがアメリカでは片頬だけ。 それに男同士ではキスは省かれて、握手をしながらもう一方の腕でのハグということになる。
そして男女間のキスは、頬にするか唇にするかは双方の関係によって決まるようだ。 恋人や夫婦間なら当然唇と唇が合うわけだけど、そうでない場合はほとんどが頬と頬を合わせたり頬に唇を当てたりする。 ところが普通の家族でもたとえば我が Green Eyes の一族のように非常に親密な家族同士だと、男女間のキスはいまだに 唇をチュっと軽く合わせる。 だから僕の場合、相手が義母であろうと義妹であろうと姪であろうと自分の娘であろうと、次から次へ唇へキスをすることになる。 そういう家族は僕の周りではむしろ少ないようだ。

上の写真のような愛人同士の熱い抱擁はパリの公園や空港のゲートで数回目撃したことがあった。 愛する男の胸へ、すべてを忘れて飛び込んで行く女の姿は美しい。
それにしても(ちょっと脱線するけど)、外来語で日本語に定着した言葉は恋愛に関する限り圧倒的にフランス語が多いのはなぜだろう? アンブラッセ、ベーゼ、ランデブー、アバンチュール、コキュ、 とかいくらでも出てくる。 フランス人は恋愛のエキスパートということなのだろうか?
それじゃあ英語に定着した日本語は、というと、これもあるある! スシ、サシミ、ワサビ、ナッパ、ダイコン、トーフ、ワギュー、テリヤキ、となぜかすべて食べ物ばかりである。



あの人が握手をしてくれる時
その手に
生き生きと輝く彼の瞳が
私には感じるられるのよ。
ヘレン・ケラー




ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* 2回?3回?

ご無沙汰しています。
日本では頬にキスの文化はないので躊躇しますね。
東欧の女性に、右左右のところを(ボクが)右左だけで終わってしまい『もう一回右よ』って言われた事があります。
回数の違いまでは。。。
2013/06/25 [tra] URL #CxmuEvOE [編集] 

* Re: 2回?3回?

tra さん、こんにちは。

そうそう、
頬へのキスは2回なのか3回なのか混乱しますよね。
私の理解では
普通は2回、友達同士など親しい仲では3回と、思っていたのですが
確かではありません。
それも国によって違うのかどうか、もわかりません。

ボローニャにお住まいのyspringmindさん(「ボローニャに暮らす」)あたりから
そのへんをインプットしていただけるとありがたいのですが・・・
2013/06/25 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 4回でした

September30さん、こんにちは♪

夫はフランス・ノルマンディーの出身なのですが
前は、夫の家族とは4回bisou(頬にキス)していました。
最近は面倒くさくなったのか2回です(笑)
時々、右からするのか、それとも左からなのか迷います。

まだ、お写真が届くのを待っています(T T)
月曜日祝日だったので、そのせいで遅いのかもしれません。
今まで郵便物が届かなかったことはないので絶対来るはず!
ご報告まで。
2013/06/27 [Mika] URL #GmSQBN1s [編集] 

* 話題をずらすようですみません

Septemberさん、おはようございます

キスの回数にもいろいろあるのですね。ずっと日本にいる私など、嫌いな親戚と頬(ましてや唇)を接近させることになったら、即死しそうです。回数なんて「論外」ですが、でも、これも習慣の問題なのでしょうね。

ところで、英語に定着した日本語の単語、食べ物系が多いことびっくりしています。食べ物以外では、禍々しいところでtyphoonとかtsunamiなんかもありますね。そういえば「サラリーマン」も英語の単語として受け入れられつつあるようですが、いかがでしょうか。
2013/06/27 [うらら堂] URL #PTRa1D3I [編集] 

* もしメニューに載っていたのがトンコツラーメンだったら

Septemberさん、

うらら堂さんがあげられたtsunamiって言葉、今日すっかりアメリカで定着していると思いません?日本人だと東日本大震災が心の傷になっていて、安易に比喩として使いづらいと思うのですが、tsunami-likeとか会話の中で普通に出てきますよね。

3月に、東北からの漂流物が流れ着いているアメリカ西海岸の清掃ボランティアに参加した際、地元のリーダーの方は、集合時の挨拶に対岸の日本を意識してか、kizunaという言葉を使っていました。いつの日か、kizunaやmottainaiやtekito ni mitsukurotteといった美しい日本語が世界中で普通に(正しい文脈で)使われる日が来ることを祈ります。

Septemberさんが列挙された中の一つ、ワギューからの連想ですが、神戸ビーフってコロンバスのステーキ屋のメニューで普通に見かけるようになりました(品質重視なのか、そういうところはやや高め)。で、神戸ビーフというと、バスケットボールのスーパースター、Kobe Bryantの名前がそれに由来しているって知っているアメリカ人ってあまりいないようです。

もし、Kobeの親ごさんが、彼が生まれる前、どっかのメニューでトンコツラーメンってのを目にしていたら(ありえない?)、今頃、Tonkotsu (Ramen)、またもダンクを決めた~、これでMVPはTonkotsuに決まりか~、なんてアナウンスされていたりして(博多っ子の勝手な想像、からし明太子でもいいかな)。Septemberさんなら、米子の何が名前にいいですか?

2013/06/27 [November 17] URL #- 

* Re: 4回でした

Mika さん、

ええ~っ? 4回ですって~っ?
それはすごい!
ご主人の家族が大家族でないことを祈ります。(笑)
だって、全員にひと通り挨拶するだけでヘトヘトになっちゃうでしょう?
2回に減ったことがまるで自分のことのように嬉しいです。

写真、きっとちゃんと届きますよ。
なにしろ陸続きの国だから。
2013/06/27 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 話題をずらすようですみません

うらら堂さん、

そうです、ハグやキスはただの習慣だからふだんからしていればそんなに気になるものではありません。

typhoonは英語になっていますが、ニュースや日常会話ではhurricaneの方がずっと多く使われるようです。
tsunamiはこれはもう完全に英語に定着していて知らない人はいないでしょう。
salarymanは一般的ではありません。
日本通のアメリカ人や知識人にしか理解されていないと思いますよ。
2013/06/27 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: もしメニューに載っていたのがトンコツラーメンだったら

November さん、

tsunamiは今はもう知らないアメリカ人はいないんじゃないでしょうか。

日本語の外国語への浸透はたぶんzenあたりが大先輩じゃないかと思うのですが
最近はkaraokeが世界を制覇しましたね。
ただしカラオキという発音を聞くたびにうんざりします。
美しい日本語が世界中で使われるなんて、私はNovemberさんほどの理想主義者ではないようです。(笑)

コーベビーフが英語になったのはけっこう古いですね。
それにくらべるとワギューはごく最近。
テレビの料理番組などでは上の2語は明らかに区別されているようです。
コーベビーフは最高品質、ワギューはそれよりレベルが下、というぐあいに。

私の郷里の町ならやはりなんといっても松葉ガニかなあ。
そのうちアメリカのレストランで
「当店のcrabはMatsuba-gradeです」 なんてことになるかも。


2013/06/27 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

Septemberさん、ご無沙汰しています。

私も握手はぎゅっと握ってしまうのですが、
フランス人の若い子と握手すると
ぎゅっと握らない人の多さに驚きます。

ご年配の方との握手だったら
もちろんぎゅっと握ってくれます。(笑)

これもトレンドなのでしょうか?


フランスでは基本的に
ほっぺ同士はくっつけてもハグはしません。
(もちろん親密な仲だったらOKだと思いますが。。。)

パリの語学学校の先生は
数多くの外国人生徒と接していますが、
アメリカ大陸から来る子はすぐにハグしてくるので
最初は抵抗があったと話していましたよ~。

フランスの中でも
どの地方の出身かによってビズの回数が違います。

知れば知るほど面白く感じる各国の挨拶の方法。
観察してみると楽しいですね♪
主人は、電話しながら頻繁にペコペコお辞儀しています。(笑)
2013/06/29 [tony] URL #mQop/nM. [編集] 

* Merci beaucoup!

September30さん、こんにちは♪

今日、お写真が届きました!!
どうもありがとうございました。
やっぱり陸続きでしたね(笑)

私が住んでいるアパートのあたりをうろうろしている、
いつもは人を見ると一目散に逃げていく黒猫がいるのですが
どういう訳か今朝に限って近づいてきて、甘えてくれました。
珍しいこともあるもんだ、今日はきっといいことがあるぞ!
と、思っていたらお写真が届きました(^^)

週末はフレームを探しに行きます。
お写真、いつまでも大事にしますね。

お礼まで
2013/06/29 [Mika] URL #GmSQBN1s [編集] 

* Re: No title

tony さん、こんにちは。

そうですね、ヨーロッパではアメリカと違って
ビズをする時に(挨拶としての)ハグは見ませんね。
語学学校の先生、なんとなく気持ちが悪かったろう、と同情します。(笑)
アメリカでは必ずといっていいほどハグがつくようですよ。

握手についても、最近の世代は親しい者同士は、とくに男同士では
手のひらと手のひらを合わせて親指を絡めてギュッと握るあのやり方が
アメリカではずいぶん普及しています。
私も甥たちとは自然とそうなりましたが、
ヨーロッパの若い人たちはどうなのでしょう?

電話でお辞儀をするご主人をもしフランス人が見たら、
「いったい何をしている?」 と思うだろうと想像して
つい笑ってしまいました。
2013/06/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: Merci beaucoup!

Mika さん、

無事ついたようでほっとしました。
郵便はふだんまず問題ないのですが
以前、日本の当選者に送った写真が届かないことがあって再送した経験があります。
そうしたら
2ヶ月ほどたってから最初の写真がボロボロくしゃくしゃになって到着したというメールをいただいて
苦笑したことがありました。
2013/06/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

アメリカ(ワシントン州)住んでるけど自分の周りだとストレートの男友達同士でもハグしょっちゅうしてるけど
2015/02/16 [コンタ] URL #- 

* Re: No title

コンタさん、

たぶん、私の住む保守的な中西部よりも西海岸は開けていてヨーロッパに近いのでしょうね。
私の周りでは男同士のハグは家族間やかなり親しい友達同士、それも久しぶりに会った時などに限られるようです。
所変われば品変わる?
2015/02/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/577-5b9f9fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)