過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

6月のクイズの結果は・・・

Scan-130518-0005-blog2.jpg

《エドワード・ダーレー・ボイトの娘たち》
by John Singer Sargent
Museum of Fine Arts, Boston


正解はジョン・シンガー・サージェント。
アメリカ人でありながら生涯の大半をヨーロッパで過ごした。 フィレンツェからはじまってヴェネツィア、パリ、そしてロンドンと移り、後年ニューヨークに住んだ後は結局はロンドンに帰ってその生涯を閉じている。
生涯を通して結婚をせず、若いころは相当のプレイボーイだったらしく、パリやヴェネツィアでは常にスキャンダルの的(まと)になった。 自他共に最高傑作と認める 「マダムXの肖像」 の事件をはじめ、当時の彼の作品は常に賛否両方の世間の議論の中心になったようだ。



541px-Sargent_MadameX.jpeg

マダムX の肖像 



正解者は11人で、抽選の結果 「Mika さん」 が当選です。
「ryo-n」 さんが鼻の差で2着という結果になりました。

Mika さん、おめでとう。
住所氏名を非公開コメントにして送ってください。
お好きな写真を指定することを忘れないように。
数日経ってもご返事のないばあいは棄権とみなして次の方を選びます。


ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/19 []  # 

*

「マダムX」の事件のことは知らなかったので、インターネットで調べてみました。確かに、プレイボーイとして浮名を流した男だからこその色気が漂う作品ですね。
私は「竜涎香」がなんとなく好きで絵葉書を学に入れて飾っていましたが、はて、あれはどこへ行ってしまったものか?
2013/06/20 [わにURL #- 

* Re: No title

わにさん、

「竜涎香」はサージェントの作品の中ではユニークなものの一つのような気がします。
構図の取りかたもそうですが、何よりも色彩が彼の肖像画にしては全体的に淡い色で統一されていて、うっかり見ていると彼の作品とは思えないところがありますね。

この絵はニューヨークのメトロポリタンでごらんになったのでしょうか?
2013/06/20 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

はい、マダムXはメトロポリタンで観ました。大きな絵だし、印象強い絵です。20年前には、焦げ茶色の壁の部屋に飾ってあったような記憶があります。暗い背景に、白い肌が衝撃でした。
 「竜涎香の香り」は、随分と昔に日本で見て、その時に絵葉書を買ったような気がします(よく覚えてはいませんが)。デパートやショッピングモールでの「○○展」をよく見に行ったものです。思えば、贅沢な時代でした。
2013/06/21 [わにURL #- 

* Re: ありがとうございます!

Mika さん、

ご希望の写真は6月20日(木)に送り出しました。
カナダまで数日で着くと思います。

2013/06/21 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

エ゛~~~!
全然分かりませんでした。
美術関係はほんと疎いです(´Д`。)
2013/06/21 [nakkyURL #fJPZN.Bo [編集] 

* Re: No title

わにさん、

そうですか、あのマダムXはメトロポリタン蔵なんですね。
これの良質な複製があれば手に入れたいのですが、難しいだろうし高価だろうし・・・
せめてインターネットで絵葉書でも買って我慢しましょう。
飾るのはもちろん私の部屋です。(笑)
2013/06/21 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

nakky さん、

人にはそれぞれの得意不得意があります。(笑)

ブログで味の素の記事を読ませていただいて、
なかなか味がある、と感心しました。
ところが、
どういうわけか画像が開きません。
他のページにも行ってみたのですがダメでした。
私のブラウザがIEではなくて
ファイアフォックスだということと、関係しているのかもしれませんね。
2013/06/21 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/22 []  # 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/611-be9a85ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)