過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

いつかする旅

Scan-130628-0008-blog.jpg

地下鉄
Boston USA



その昔、初めて東京の地下鉄に乗った時のことは忘れない。
17歳の少年が山陰の田舎から、世界一のマンモス都市へ出た時のことだ。
長い長い階段を降りて地下へ深く潜ると、そこにシュールリアルなSFの世界があった。 昼間よりも明るい人工照明の下で、塵ひとつ落ちていない床はツルツルと輝き、人影はまばらだった。 そこへ鋭い悲鳴のように車輪を軋ませて入ってきた電車がまた、何万光年も彼方から旅をしてきた宇宙船のような、メタルとガラスの芸術品だった。 それにくらべると、ようやく乗り慣れた地上の山手線はまるで古い荷馬車のように思えた。 そして乗客の人種もたしかに違う。 大きな荷物を抱えた普段着のおばさんや、うなだれて居眠りをする年寄りはここでは見当たらず、ビジネススーツやハイファッションの衣服で仮装して、まっすぐに背中を伸ばした異星人たちがそこにいた。
僕はそんな中でおずおずと座席の片隅に身を置いて、パックリと口を開けたトンネルの闇の中へ、凄い速度でタイムトリップして行きながら、いったいどこへ運ばれていくのか? このまま二度と帰って来れない黄泉(よみ)の世界へ行ってしまうのか? と言い知れない恐怖感を味わっていた。

***


その時から約10年後には、僕はアメリカにわたってボストンに住んでいたが、この町の地下鉄は東京やパリのメトロと違って地下に潜りっぱなしではなく、ダウンタウンを抜けると電車は地上に現れた。 住民たちはサブウェイと呼んでいたが実際は後年ヨーロッパでよく見たトラムと同じものだった。

そしてつい最近のこと、
異星人として京都に姿を現した僕は、完成してからまだ間もない地下鉄に乗った。 (以前の記事、地下鉄烏丸御池駅
そしてこれはまちがいなく世界一のメトロだと確信した。 といっても僕は世界中へ旅をしたわけではない。
いつかするんだ。



ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

September30さん、こんにちは。

馴染みの無いところで乗る乗り物はワクワク感よりも
変な所に行って帰れなくなったらどうしようという思いに駆られます。
17歳の時にSeptember30さんが感じられた恐怖感とちょっと似ているでしょうか?

初めてパリで地下鉄に乗ったときには、その複雑さに呆れもし、かなり困惑しました。
なぜこんなにわかりにくくするんだろう・・・
サインがあっても何の役にもたっていない・・・などと、思いました。
その思いは現在でも変らず、パリに行く度に地下鉄で迷います。
もちろん、フランス人の夫も一緒にいるのですが、状況は変りません(笑)

いつか世界中へ旅をされる時、モントリオールにもいらしてここの地下鉄にも乗ってください。
大きくはないですが・・・駅のデザインがひとつひとつ違います♪
2013/07/11 [MikaURL #GmSQBN1s [編集] 

*

以前少しだけ山手線で通勤した期間があるのですが、ラッシュ時は独特の雰囲気がありますね。並び方や立ち位置など暗黙のルールがあり、それだけでも別世界体験です。都心の雑踏、私は結構好きです。
2013/07/12 [Endless] URL #d2yN2EXI [編集] 

*

ワタシは横浜育ちなのですが、横浜にも地下鉄があって子どもの頃は、その近未来な乗り物に乗るのが楽しみでした。今は外の風景が見えないその感覚が家畜輸送されているようで仕事以外は乗りたくありません。
そう最近引っ越ししまして、アパートの隣がコンビニです。
2013/07/12 [上海狂人] URL #ks8IdFps [編集] 

* Re: No title

Mika さん、こんにちは。

たしかにパリの地下鉄ほど旅行者を混乱させる交通機関は
他で見たことがありません。
と思っていたのですが、
前回日本へ帰った時に東京の交通網がもう私には複雑になりすぎていて
何が何やらまったくわからなくて唖然としました。
瞬時に17歳のころの自分を思い出していましたが、
どこでも誰にでも何でもすく訊いてしまえるところが昔と大きく違うところでした。
皆さん親切にこの異星人に教えてくれましたよ。

私はカナダはトロントへ数回行っただけです。
モントリオールとケベックはいつかかならず行きたい町です。
2013/07/12 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

Endless さん、

その並び方や立ち位置など暗黙のルールが、
また関西と関東でかなり違うのですね。
たとえば、
エスカレーターで立つ側と歩く側が逆だとか。

あ、それからEndlessさんは気がつきましたか?
通路や屋内の廊下で対面者とぶつかりそうになった時、
アメリカ人ならお互いに右に逃げるのに
日本人は左へ来るんですよ。
それで日本に帰った時には何度正面衝突をしたことか。(笑)
2013/07/12 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

上海狂人さん、

地下鉄は嫌いだから乗らないなどとそんな贅沢は
ニューヨークの地下鉄に一度乗ってみるといっぺんに吹き飛ぶでしょう。(笑)

コンビニがすぐ隣という夢のような立地条件は
私にとっては窓から富士山が見えるよりも
すぐ近くに駅があるよりも、ずっと魅力的です。
2013/07/12 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

子供の頃から乗っていたのが地下鉄銀座線です。
昔は駅の直前で電気が消えて一瞬真っ暗になりました。
今も銀座線のホームは狭くてなんだか暗いです。
アレがSFっぽいと思ったことはゼロです(笑)

東日本大震災のあと地下鉄に乗るのが少し恐いです。

2013/07/12 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

東京で生まれて東京以外に住んだことのないムーさんは
海と山に育てられた私から見れば
最初からSFの世界にいたのですよ。

地下鉄が怖くなったという気持ち、よくわかります。
地上を襲う災厄は地下に避難するのが常識らしいけど
地球の核から発生する地震はどこへ逃げたらよいのでしょうね。
2013/07/12 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

よける側の違い、気がつきませんでした!次回日本に帰る際に観察してみます。私は中途半端な右利きで(もともと左利きらしい)脳内で常に左右混乱しているので、右や左の話に関しては充てになりませんが・・・。
2013/07/13 [Endless] URL #d2yN2EXI [編集] 

*

私は左利きなので、日本ではいつもすれ違う人と鉢合わせしていました。
私がノーマルだと思うことが、他の人にとってはそうでもないかもしれない、と思いはじめた初めです。
今でもそれは続いています。

アメリカならぶつからなかったのでしょうか?
私が右によけたくなるのは、たぶん利き手側を相手に向けたいという自己防衛本能と思っていたのですが。
2013/07/13 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: No title

Endless さん、

この現象は日本で雑踏を歩く時に必ず体験します。
逆に言えば日本人がアメリカに来れば同じく正面衝突になるに違いない、
と思うのですが
それに関する記載はブログなどで見た覚えがありません。
2013/07/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

みんさん、

これは面白い!
私はてっきり、車の運転の習慣の違い(米は右側、日本は左側)から来ているのだと解釈していました。
それが右利き左利きも関係するのだとは考えたことがありませんでした。
しかし、アメリカ人もほとんどが右利きなのに必ず右に逃げるのは
これはやっぱり、習慣の違いかな。

これとは関係ないことですが、以前読んだ心理学の雑誌記事を思い出しました。
交通事故でドライバーの居眠り運転が原因で起こった事故の記録結果では
居眠り運転者の車は例外なく右へ右へと逸れていくらしいです。
これは国の交通習慣の違いとかではなく
人間の本能によるものだと解説していたような記憶があります。

ということは
アメリカでの事故は道を飛び出したりフェンスに衝突したりするのに
日本では対向車があれば正面衝突、ということですよね。
ああ恐ろしい!
2013/07/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/614-8e94d83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)