過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

恋の報復

bostonbw0089-blog.jpg

果てのない旅へ
Martha's Vineyard, Massachusetts USA



愛は永久に続くことはあるかもしれないが、恋には必ず終わりがある。 
そして恋が終わったときに、ひとは唄を歌うのだ。 悲恋の唄を。
古今東西の「歌曲」と呼ばれるものはその99.6% が『恋』を主題にしている。
この数字はヤフーの検索の結果でもなければ雑誌 《Psychology Today》 のレポートでもなくて、僕自身のでたらめな推測からきている。 しかしそんなに大きく外れてはいないだろうという自信がある。
ジャズのスタンダード・ソングから日本の演歌、現代のロック・ミュージックからフラメンコ、ロシア民謡からシャンソン、と恋を歌わない唄は聴いた覚えがないような気がする。 あのオペラでさえ「詠唱」と呼ばれる部分はみな恋の唄である。
美味しいパスタを讃える唄だとか、株で失った財産を悲しむ唄などというものは存在するのだろうか?

人間は恋をするようにできているのだろう。
遭ったり別れたり、愛したり憎んだり、憧れたり蔑んだり、怒ったり許したり、その繰りかえしで一つの恋が終わる。 終わったしまうと、われわれはまた新しい恋を探して漂流の旅に出るのだ。 恋という名の、激しくほとばしる滝の向こう側に待っている永遠の静かな愛を求めて。

僕の少ない経験からすると、ひとを棄てるのとひとに棄てられるのとでは、棄てられるほうがずっと、本当にずっとずっと楽である。
棄てられるということは確かに悲しいことには違いない。 悲しいだけではなく、怒りとか、嫉妬とか、自己嫌悪とか、自己憐憫とか、憎しみとか、そんなものがどろどろの大きな塊りになって、その中で自分は今にも溺れそうになって、浮いたり沈んだりする。 傷ついた自分を癒そうとして、酒を飲んだり、スポーツに打ち込んだり、ギャンブルをしたり、旅行をしたりする。 何をしてもますます深い孤独に落ち込んで行くだけなのに。
そしてそんな事をしているうちにいつかその傷は癒えてしまう。 いつもそうだ。 それが長いか短いかの違いはあっても、まちがいなく「時」が解決してくれる。

それにくらべると 「人を棄てる」 ということはそんな生易しいものではない。 ひとを傷つけるという事は、自分が傷つくよりはるかに残酷なことだから。 これがお互いに憎み合って別れたのなら、どんなに救いがあるだろう。
行かないで、と取りすがる女性の両手の指を一本一本と無理やりに引き剥がすようにして、無残に去って行った経験が僕にはあるが、その事を今でもよく思い出す。 思い出すたびに僕は何とも言えない哀しみに襲われて、その時の彼女の心情を思うと、いつも涙が出そうになるのだった。
これは 「時」 が解決してくれることではない。 僕はこの哀しみを死ぬまで引きずって行くことになるのだろう。


In a manner of speaking - Nouvelle Vague




にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

棄てる方が辛いだなんて、棄てられた側からすると怒りを覚えるかもしれませんが、実際にそうですよね。
過ぎし日々は戻らず、去りし人は帰らず。
一度回ってしまった歯車は元に戻せず、死ぬまでずっと心の片隅で贖罪を求め続けるのです。
2010/11/09 [スメハッチャン] URL #- 

*

そうですね、恋の達人にコメントはしつらいですが確かに
自分から断った縁は何があっても心の片隅から追い出すことは出来なくなりますね。運が良くも悪くも私も過去を思いで振り返れば自分から断った慕情の幕切れが多いようです。好きすぎてどう考えてみても私には選択肢なしだったからその答えで縁を断ったなんていうとキザ過ぎますか?<笑
2010/11/10 [KAORI] URL #- 

* その2

うーん。追加です。ごめんなさい。甘くて素敵な歌です。
早速お気に入りにいれました。
ワインを今晩は片手に、、、
2010/11/10 [KAORI] URL #- 

* Re: No title

スメハッチャンさんや私とちがって、そんな心も持たず冷たく去って行くことのできる人ももちろんいるでしょう。
『人の哀しみ』 を理解しない人はこの世にずいぶんといるのです。
2010/11/10 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

KAORIさん、
恋を終わりにして相手と別れる最良の方法は、相手に嫌われて別れることだ、とはどこかの国の有名なプレーボーイの言った言葉ですがこれは確かに真をついていますね。
2010/11/10 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: その2

KAORIさん、いい歌でしょう。
あれを聴くと棄てた昔の恋人が私に向かって訴えているような錯覚がするのです。
もっとも歌詞の内容はかならずしも失恋の歌とはいえないのですが。
2010/11/10 [September30URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/09 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/10 []  # 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント