過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

動物好きの絵描きさん 17 トリ

hen02-blog.jpg


By Green Eyes
Calligraphy by Kuniko R



アメリカで食用とされる肉類をもっともポピュラーな三種類に絞ってみると、①鶏肉47%、②牛肉29%、③豚肉24%、の順位になるそうだ。
つまり、アメリカ人は肉を食べる時その半数がチキンを食べる、ということになるのだろう。 特に最近は健康管理の意識が一般的に高まってきて、赤肉を避ける人々がどんどん増えているらしいから、この割合は将来もっと変わっていってそのうちに人口の4分の3はチキンしか食べない、なんてことになるかもしれない。 そして同時に魚肉とか野菜の売れ行きがもっと伸びていくのだろう。

僕自身のことを言えば、ふだんの食事で食べている肉類に感覚的に順位をつけると、①魚(魚貝類)50%、②豚肉25%、牛肉15%、鶏肉10%、となってチキンは最下位にきてしまう。 外で食べる時などチキンの料理を選択することはほとんどない。 (時々、無性に鶏のから揚げが食べたくなることはある) 
自宅での食事も、僕が料理する時に鶏肉を使うことはまずないので、あとは我が Green Eyes の料理に姿を現すだけである。彼女のつくる鶏料理で僕が一番好きなのは日本風の竜田揚げだ。 これは酒のつまみにもなるのでいつももりもりと食べてしまう。

僕もこれからはもっと鶏を食べるようにすべきなのか。
でもなんとなく味が薄くておいしいと思えないんだよなあ・・・・

 


酉年の特徴

●乙酉(きのととり) 昭和20年 平成17年

この生れの人は、水鶏といいます。 田畑や山に住む美しい鶏の一種です。 比較的弱いため自分の身体を隠したり、保護色によって自分の存在を隠しています。 声は明朗で、情緒的な美声の持ち主です。 異性に執着しやすい。 消極的ですが、慾が強く、ワナにかかりやすい。 表立ったことをきらいます。 配偶者で苦労が多く、子供との縁も薄い。 職業、住所ともに定まりにくい方です。

●丁酉(ひのととり) 昭和32年

この生れの人は、闘鶏または喧嘩鳥といいます。 勝負することが好きで、それによって利益を得る鶏です。常に勝ことのみを考え、先天的に闘争心に富んでいます。 負け嫌いで横車を押しても平気で、それで本人は正気のつもりで一歩も譲りません。 稚気もあります。商略の才能が少ないにもかかわらず、地道な生活がまどろかしく、一攫千金の望を持ちます。利己的になりやすい。

●己酉(つちのととり) 明治42年 昭和44年

この生れの人は、野鶏といいます。 自然のままに育つ鶏で、種類は家で飼われる鶏と同じでですが自由です。 したがって食には不自由が多い。 人に養われても、すぐに飛出してしまいます。 外出好きで、遊び廻る癖があり、家におちついていられません。 華美を好み、演芸など陽気なことが好きで、寂しがり屋です。 物忘れが多く、経済的観念に乏しい人です。

●辛酉(かのととり) 大正10年 昭和56年

この生れの人は、軍鶏といいます。 闘鶏ほどには喧嘩好きでありませんが、正義の場合には闘士となります。 また生産的です。 家鶏と闘鶏の中間的存在です。 平時にはまじめに働きますが、いったん事があると猛然として立つ勇者です。 正直で実直で努力家です。 親兄弟の縁は薄く、力になる者が少ない。 わりと孤独です。 名声をあげ一代で誉を得る者が多い。

●癸酉( みずのととり) 昭和8年 平成5年

この生れの人は、家鶏といいます。 家に飼われている鶏です。 鶏肉と鶏卵の供給を主とする役目です。 子孫の繁栄と与えられた使命を真面目に努めます。 性質もきわめて温厚で、生活も安定しています。 多くの人や世の中の為になり、人から喜ばれる地位にあります。 コツコツと自分に与えられた仕事をよくこなす為、人から認められ世間からも持てはやされ大切にされます。
-陰陽道の世界-



にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* めんどりに囲まれて

このエントリーを拝見して、自分の周りは酉だらけだったことにハタと気づきました。

まず母。そして父の二番目の姉と、彼の二人の兄のお嫁さんたち。
この、母と3人の小母たちは、全員おない年の家鶏です。
それから、父の一番上の姉。この伯母は軍鶏です。

実に5人ものめんどりたちに、こっここっこと囲まれて育ったなんて、
気づいてビックリです。(笑)

家鶏の4人は、まさにそれぞれ、自分の家庭を守った女たちです。
とはいえ、夫の仕事を手伝わされてあまり母親ではいられなかった女と、
新聞記者の妻として悠々自適のセレブ生活を送った女と、
早くから未亡人になった女と、夫に振り回されて気苦労の耐えなかった女と、
さまざまですけれどね。
でもこのめんどりたちのおかげで、私たちいとこ世代は、みんなすくすく育ててもらえました。

この占いに関しては、軍鶏の伯母の人生は、悲しいほどに言い当てられています。
あたしとは数年を二人で暮らした、一番親しい女性の先輩でもあるんですけどね。

娘ざかりの一番いい時期が敗戦と重なってしまったので、
女のしあわせのすべてを犠牲にして、事に当たって猛然と立った女勇者でした。
この伯母の奮闘がなければ、末っ子の父は長ずることもなかったかもしれない。
そしたらあたしも生まれてませんものね。
大きなことも小さなことも、すべて、、巡り合わせなんですね。

総じて占いって、活動的な人生を送っている人ほど当たるもののような気がします。
足を伸ばした分だけ、自分の意思では左右できない運命の嵐に遭遇することが多くなる気がする。
それは、September さんにも言えないかしら。。

今回のエントリーで、なんだか更に強く‘当たる占い’の神秘を実感してしまいましたヨ。



2013/07/31 [belrosa] URL #eJbgdmWg [編集] 

* Re: めんどりに囲まれて

belrosa さん、

「夫の仕事を手伝わされてあまり母親ではいられなかった女」
という人がたぶんbelrosaさんのお母さんなのでしょうが
自分の仕事を持っていた私の母も同じだったようです。
子供の頃の私にとってはこわいピアノ教師だったということもあって
あまり甘えたという記憶がありません。
それにしてはbelrosaさんはのびのびとおおらかな女に育ちましたね。(笑)

軍鶏の伯母さんという方は
belrosaさんと二人で数年暮らしたといういきさつは何だったのか、興味がありますが
その数年間にじっくりと伯母さんを観察されたわけでしょう。
まるで映画か小説のヒロインのような感じをうけました。
彼女の物語はいつかしっかりと書かれるべきだと思います。
それができるのはあなたしかいないでしょう。
彼女が現在まだお元気でいるのなら、今のうちにまた会って
貴重なお話を聞いておけたらいいですね。

占いというのは活動的な人生を送っているほど当たるというのは
すごく面白い考察だと思いました。
いろいろな運命に遭遇したことのない人というのは
たぶん占いの神からみても判断するだけの情報が不足しているのかもしれませんね。(笑)
しかし、今の私のようにじっと静かに暮らしている人間にも
運命は放っておかずに訪れるようです。
「運命はかく訪れる」とベートーヴェンが書いた、あの第五交響曲の冒頭が
頭のなかで鳴っています。

それにしても
今回の「陰陽道の世界」の家鶏の項を読んでいて気がついたのは
否定的な記述が一行もなくて、良いことだけが述べられている、ということでした。
これって占いとしてはすごく珍しくないですか?
2013/07/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 運命はかく訪れる

じっと静かに暮らしている? September さんが?
あら、何をおっしゃいますやら。

そりゃあ、これまでの過ぎたことに比べれば、
直接ご自分の手足で運命を掴みに行っている感覚からは離れたように思われるかもしれませんけど、
こうして世界中の読者さんと、こんなに密な関係を築いていらっしゃる、
これのどこがじっとしてるんですか。(笑)

人は、September さんを恋の達人と呼ぶわけですが、
最小限の労力で最大限の効果を上げる人生の達人にまでも、もはやなられてしまったわけですよ。
ハイ、いつまでもお忙しいったらありゃしないひと認定、さしあげます。(笑)
・・・だって実際、このブログを始めてから、著しく心境が変化されたわけでしょう?
やっぱり変わらず、運命をご自分で掴みにいかれる方だと思いますヨ。


家鶏の記述に否定がないのは、ホントですね~、あたしも読んで、ソコ思いました。

見方を変えれば、活動範囲が決まっているってことなんですかねえ。
庭から飛び出せば、やはり荒波には、
良くも悪くも揉まれるわけで、
性質的にも運命的にも、そういうダイナミズムとは縁がない星ということなんでしょうか。

そういえば、September さんのお母さまの干支はなんですか?

2013/08/01 [belrosa] URL #eJbgdmWg [編集] 

* Re: 運命はかく訪れる

belrosa さん、

恋の達人、だなんて・・・
人を傷つけたり自分が傷ついたり、
その繰り返しを他の人より少しだけ多く、そして長くやってきただけです。
達人などとと呼ばれるにはあまりにも青くさい履歴書です。
でも
その時その時は自分なりに懸命だった、
ということだけは確かだったと私は思っているのですよ。

私の方こそ
愛とエロスの女神、belrosa さんに恋の手ほどきを受けた幾多の男たちに
限りない羨ましさを感じます。
2013/08/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 運命はかく訪れる

belrosa さん、

先のコメントに書くのを忘れましたが、
私の母は、belrosa さんと同じ卯年です。
2013/08/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/626-78bffa8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)