過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

8月のクイズの結果は・・

Scan-130725-0006-blog.jpg

ポケットに新聞を差し込んで、葉巻をくわえる男
Boston, USA


これは今までのクイズの中で僕自身が楽しんだという点では、圧巻だった。 解答を見る度に、吹き出したりニヤニヤしたり感心したりする自分がいた。
ともかく、まず優勝者から・・・




cimg1480-blog.jpg

リャマ (ラマ)


これを答えてくれたのは誰あろうあの、belrosa さんである。
女優さんというのはなにしろ人の顔を見ることにかけてはプロだから、当然といえば当然かも。 といって 「プロお断り」 の規則が僕のクイズにあるわけではないので、喜んで彼女の優勝を認めよう。
彼女がおっしゃるには、ブログの写真を見たとたん、クイズの問題を読むより前にもうこの動物を思い出したそうだ。 凄い直感力だと思う。 (見た途端にある昆虫を思い出した、という人はもう一人いてそれについてはあとで述べる)。

ところで、「アルパカ」 と解答した人がいて(Via Valdossola さん) 僕の頭のなかではどちらがどうなのかわからないので、あれこれ写真を検索してみた。 それでわかったのはアルパカもリャマもどちらも南米に住むラクダ科の動物だそうだ。 道理で似ていると思ったわけだけど、よく見ると両者には違いがある。 ここはわずかの差でリャマの勝利だった。 (ところで、ラクダと答えた解答者も二人いた)



それからとにかく笑ってしまったのは、micio さんの 「水飲み鳥」。 これは凄く気に入った。
帽子をかぶったところや、首が長いうえに葉巻の代わりにクチバシが突き出てるところなんか実にそっくりなんだけど、残念ながら水飲み鳥くんは顔が丸過ぎる。
それにしてもこのおもちゃ、実に懐かしい。 (いやあ、あのオットリとした動作を思い出すと、可笑しくて僕はまだ笑ってる)





img_2569-blog.jpg

水飲み鳥



それから、yspringmind さんの 「バッタ」。
バッタは色んな種類がいるので、僕には今ひとつ想像ができなかったけど、彼女が見たというバッタはきっとそっくりだったに違いないと思う。 yspringmind さん、写真を撮れば良かったね。
彼女はこんな説明を付けてくれた。

『 文章を読む前に、写真を見た途端、一昨日まで家の入り口の近くの壁に止まっていた体長8cm もある茶色いバッタによく似た男だと思ったのですが、そういう訳でこの人をバッタさん。
ところでその大きなバッタは暑さでまいってしまい、右へ行ったり左へ行ったりと暫く歩き回っていましたが、終いには跳ねるのを忘れてしまったのか歩いて門の外に出て行きました』



そうそう、水田博之さんの 「ジャコメッティ」。
たしかにジャコメッティの彫刻作品に感じが似てるな、と思いながらジャコメッテ自身の写真を見たら、これがまた問題の男に似てるので笑い出してしまった。 水田さんの意図はどちらにあったのだろうか? たぶん作者を指したのだろうと思う。


***


それでは今回の全解答をここに載せよう。
バッタ、キリン、水飲み鳥、第4の目(?)、リャマ、ジャコメッティ、ワシ、ラクダ(二人)、アルパカ、仏のシラク大統領、バセットハウンド、ゴイサギ。
どれもこれも秀逸でした。

belrosa さん、おめでとう。
住所氏名を非公開コメントにして送ってください。
お好きな写真を指定することを忘れないように。
数日経ってもご返事のないばあいは棄権とみなして次の方を選びます。


ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

餓鬼の頃、町内の写真館に其の水飲み鳥が飼われていて、飽きずにずっと見詰めていた自分を少し離れたところから透明人間が又それを眺めている場面を想い浮かべました。
その頃、それがたまらなく欲しかったなあ。
早速、尼損でみつけ&発注しました。6~7弗で入手できます。ふふふ。
2013/08/16 [bowlingalone] URL #- 

* ああ、しまった!

出遅れているのに気付かずに、さっきクイズに応募してしまいました。しくしく・・・。
2013/08/16 [どくとるくま] URL #m.2.LkcQ [編集] 

*

水飲み鳥という名前だったのですね!
子供の頃、かかりつけの小児科医院で
診察室の窓辺にこれがありました。

この写真を見た瞬間に病院で処方された
風邪薬の粉の味(いちごorオレンジ味)を
おもい出してしまいました(笑)
2013/08/16 [Endless] URL #d2yN2EXI [編集] 

* Re: No title

bowlingalone さん、

そう言われてみて、そうかアメリカでも手に入るんだ。
そういえば、あの玩具は別に日本特有なものではなかったのか、と
私も尼損を覗いて、早速注文しました。

色や形の選択がなくて全く同じものをどこでも売っているのに驚きました。
それにしてもいくら安いとはいえ
色やスタイルのデザインをもう少し何とかして欲しかったですね。
2013/08/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: ああ、しまった!

どくとるくまさん、

残念でしたが、これは私にも責任があるのです。
読者の皆さんが日本、アメリカ、ヨーロッパ、とそれぞれの時間帯で読むブログなので
クイズの締め切りが1週間といっても正確にハッキリさせてないのです。
今後はもう少し早めに応募してください。

お医者さんとしてのくまさんは
いろいろな患者さんを診るのでしょうが
なかにはおもしろい顔をした人もいるのではないですか? 
2013/08/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

Endless さん、

そう、これは誰にとっても懐かしいものでしょうね。
昭和の風物詩と言えるかもしれません。
そういえばずいぶん長い間見ていませんが、
今でも使われてるからこそアマゾンで売ってるのでしょう。
私も一つ注文したので、机のそばにおいて楽しみます。
歳を取ると子供に帰るって、本当ですね。
2013/08/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

想像力がいまいちの私は、このクイズの皆さんの答をとても楽しみにしていました。
なるほどなぁ、と、いちいちクスリと笑わせていただきました。
ジャコメッティとか、シラク大統領とかは、「動物」扱いなんですか?!
大爆笑です。
2013/08/16 [わにURL #- 

* リャマですか~!

えーっ!ホントですか!

やだもお、クイズで自分の名前を見るたびに物凄い驚きに見舞われるので、
なんだか毎回同じ反応から入ってしまいます。(笑)

うわ~ヤッタ~、リャマ優勝ですか!
アルパカとラクダとキリンも思ったので、
同じ感覚の方がいらしてくださったことがまたウレシイです。

そうそう水飲み鳥、あたしもいまだに欲しい憧れの(笑)オモチャなんです。
なんなんでしょうねこの独特の誘惑感は。
そして、わにさんの仰る通り、ジャコメッティとシラク大統領には私も爆笑しました。

楽しいクイズでしたネ~。
みなさんと共有感を持てるので、この形式、好き♪

ありがとうございます、September さん。
ああー、また迷っちゃうけど、じっくり選ばせていただきますネ。

2013/08/16 [belrosa] URL #eJbgdmWg [編集] 

* ががん

滑り込みで間に合うつもりでいたら、なななななんと。

ちなみに、私は、この男はキリンやニホンザル、ドアのちょうつがい、魚など何度も生まれ変わっていろんなものを経験してきたせいで、どれともいいがたい雰囲気をまとっている。しかも、「だから読者の回答はどれもアタリ」というおまけつきのこすいストーリーを考えていました。

どくとるくまさん、お気持ちはよくわかります。おともだちになってください。
2013/08/16 [うらら堂] URL #- 

* Re: No title

わにさん、

ほとんどが動物だろう、とは予想していました。
ジャコメッティやシラク大統領は本人はよく知っていても
多くの人に馴染みがないだけ共感を得難い、という点では
不利だったのかもしれません。
2013/08/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: リャマですか~!

belrosa さん、

またまたやってっくれちゃいましたね。(笑)
これでは belrosa さんと私はツルンでいると思われてもしょうがないじゃありませんか。(笑)
この手のクイズはあれこれと考えないで、直感で掴んだ人が強いのかも知れません。
micio さんの「水飲み鳥」がその良い例です。

クイズ当選は確か2度目でしたっけ?
ゆっくりと選んで下っさって結構です。
2013/08/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: ががん

うらら堂さん、

ごめんなさい。
私のブログは日本時間に設定してあるので
うらら堂さんが締め切りに間に合わなかったのは怠慢(?)だったとしても
ドイツ在住のどくとるくまさんは
日本の人たちよりも締め切りが早くなっていたわけです。

うらら堂さんのユニークな回答がもらえなかったのは残念でした。
2013/08/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 「過ぎたこと」への入り口

出題が10日の土曜日だったから、結果発表が次の週末かなとぼんやりしていました。その点についてはうろたえてしまいましたが、そもそも、私の「圏外」な答えでは締切りに間に合ってもあわなくても同じことでした。

怠慢と言えば怠慢なのですが、実はゆっくりと感慨にひたっておりました。というのも、この不思議なおじさんのおかげで私にとってのボストンを思い出してしまったのです。

だって、ボストン出身の、そっくりなひととおつきあいしていたのー。というのはウソですが、バーモントにいたときは、一番近い都会が国境を越えたモントリオール、二番目がボストンという環境だったので、「街」に飢えるとどちらかに出かけていました。何を見たいというより、ただ街を回遊したかったわけです。都会の猥雑さというか、何でもあるし怪しい生き物もいそうという感じはバーモントには皆無でしたので。

それと、バーモントにいたころ、学校で写真を見て何か書く(偽の解説、ショートストーリーなどなんでもよし)という練習させられていたのも思い出しました。でも、授業中に書き上げるわけで、締切りが一週間後なんてことではなかったから、やっぱり、今回はぐずぐずしすぎた。来月のクイズ、いつですかー。
2013/08/18 [うらら堂] URL #PTRa1D3I [編集] 

* Re: 「過ぎたこと」への入り口

うらら堂さん、

怠慢といったのは私流のジョークなので気にしないで欲しいのですが
いずれにしても締切りの期日設定に関して怠慢だったのは私の方だと反省しています。
ごめんなさい。

ところで実は質問があるのです。

バーモントの学校というのはひょっとしたら私も知っているかもしれない、とふと思ったのです。
町の名も学校の名も忘れたのですが、プレップスクールで昔から日本人の学生がいつも数人在籍していました。
とし子先生という年配の先生がいて日本人の世話をしていました。

そこを卒業した日本人女性二人がボストンに移ってきた時に私と知り合って、
時々ボストンへ出てくるとし子先生とも親しくなりました。
それがきっかけて、バーモントのとし子先生のお宅へ何度か遊びに行ったり、
女性の片方が結婚をしたときは結婚式はバーモントのその町で挙げたので
私も出席したのです。
その女性がボストンで日本レストランを開業した時は私もいろいろお手伝いしました。
これは80年代始めの話ですが
彼女との付き合いは今でも続いています。

これはまったく見当違いのあてずっぽうかもしれません。
いや、多分そうでしょう。
第一、年代的にはずっとお若いうらら堂さんですから
時代が違うのは確かですが、ひょっとしたら同じ町の同じ学校かな、
と思ってしまいました。
しかも、もしかしたら89年まで私が住んだボストンの最後の数年間が
学生であったうらら堂さんのボストン回遊と重なったということはありえないことでしょうか?

しかし、仮にそんな奇跡のようなことが起こったとしたら
これは愉快ですよね。
生きてることが楽しくなります。
2013/08/18 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

まずは、
belrosaさん おめでとうございます!!

クイズからはちょっと外れてしまいますが、
こんな暑い夏の夜には、belrosaさんことRyokoさんのセクシーな歌声に酔いたい気分です。

あぁ・・
できることなら、もぅ少し聞かせて。。(なぁ~んて^^;)
2013/08/18 [fumie] URL #LGP0CJfA [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/18 []  # 

* Re: No title

fumie さん、

そうなんです。
私ももっと聴きたいのです。
どうも東京で彼女のライブに行く以外には今のところ
その夢は実現しそうにないですね。
2013/08/19 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

鍵コメさん、

私に訪れた「暑い夏」の予感はあたりです!
といってもあなたの云うようなことじゃなくて
最近の猛暑のことを次の記事にしたばかりでした。
凄い予感ですね。
2013/08/19 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 元回遊魚の回想

またまたうらら堂のイメージについて混乱させてしまうかもしれませんが、私はそれほど若くはありません。(年甲斐もなく落ち着きがないので誤解させてしまったかも。すみません)70年代の終わりに大学を終えて、それからバーモントに行ったので、ボストンに遊びに行っていたのは80年代の初めも始め、80年から81年のあたりです。

バーモントで一番の繁華街(?)Burlingtonのことはご記憶でしょうか。私はそこから車で10分ほどのColchesterというところにあるSt. Michael’s Collegeという小さな大学で英語の教授法というのを専攻しました。St. Mike’sには大学進学希望者のための予科もありましたが、いわゆるプレップスクールとは違うと思います。

それに、日本人の学生は大学にも英語プログラムや予科にも何人もいましたが、とし子先生のことは残念ながら記憶にありません。

ちなみにSt. Mike’s の住所ですが、当時はWinooskiでした。ネイティブアメリカン(Iroquois)の言葉で「玉ねぎ」なのだとか。

それはそうと、belrosaさんのコンサート、どうにかしていただけないかしら。コメント蘭で署名?を集めてもだめでしょうか。

2013/08/19 [うらら堂] URL #PTRa1D3I [編集] 

* Re: 元回遊魚の回想

うらら堂さん、

そうでしたか。
いくらバーモントが小さな州とはいえ、日本人はあちこちの学校に留学するので
簡単に偶然が起こることはありえないでしょうね。

80年、81年には私ももちろんボストンにいたから、
そこでうらら堂さんとの軌跡が交わっていたわけです。
あのころのボストンのことをシェアできる日本人の方と
こうやって話をしているのは感慨深いものがあります。

プレップスクールといってもうらら堂さんが高校生で留学した、とは思っていませんから、
安心してください。(笑)
というのは、その私の友人も日本の大学を出たあと、数年会社勤めをしてそのあとアメリカに来ていますから
プレップスクールといってもそういう部門もあるのでしょうね。
今度場所と名前を訊いておきます。

belrosaさんのコンサートは、日本の皆さんのほうから働きかけてもらえば
きっと実現すると思いますよ。

2013/08/19 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* プレップスクールのことはちょっと残念ですが

30年以上前に、ボストンかバーモントのどこかでseptemberさんとすれ違ったことがあったかもしれないと妄想にふけるだけでも十分素敵です。メディチ家はなくなったけど、代わりにこんなブログにめぐりあえる。。。この上、お友達の方と私がバーモントの学校の同窓生だったら、できすぎかもしれません。
2013/08/20 [うらら堂] URL #PTRa1D3I [編集] 

* Re: プレップスクールのことはちょっと残念ですが

うらら堂さん、

ボストンは私にとっては、良いこと悪いことがギュウギュウに詰まった波濤の時代でした。
今になって振り返る時、
あれは今の自分の人生に起こったことではなくて
前世というのか、異星というのか、違う世界、夢の中の世界で起こったこと、
そんな感じがとても強いのです。

ですから、
そこですれ違っていたかもしれない人にこうやって邂逅するのは
懐かしさを通り越して、一種の同胞感のようなものさえ感じてしまうのですよ。
SFの世界によく出てくるように
うらら堂さんは "One of us" なのです。
2013/08/20 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/23 []  # 

* あらっ?まあなんということでしょう !!

fumie さん、うらら堂さん

ありがとうございます。
そんなふうに仰ってくださるなんて、嗚呼、うれしい。。
お返事遅くなってごめんなさい。
いやぁ~ビックリしました。(笑)

今年は、ねえ、なんとかステージ実現したいと思ってるんですけどね。
するなら12月ぐらいかなあ。

YouTube は、ぜひ増やして行きたいところなのですが、
面白半分でオケを作ってくださる方や、スタジオ録音の相談に乗ってくださる方、募集中なのです。
どなたかいませんかねえ。。

でも励みをいただけました。
求めてくださる方がいてなんぼのモノなので、ほんと、ありがとうございます!


September さん

ステージが実現したら、機材を置いて回しっぱなしにしておけば、
また動画公開もできますよね。
音はそうとう悪くなっちゃいそうですけど。
そしたら September さんにも聴いていただけますね。

そっかぁ、、、うぐうぐ。(←いろいろ思案が始まってる音・笑)

2013/08/23 [belrosa] URL #eJbgdmWg [編集] 

*

鍵コメさん、

リンクを頂いた写真についてはいわれがあるので
私信で説明します。

2013/08/23 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: あらっ?まあなんということでしょう !!

belrosa さん、

12月にライブ?
それは楽しみにしましょう。
その頃日本に行っていれば絶対に聴きに行くのですが、今のところ予定が無いのですよ。
録音の動画でがまんすることになりそうですね。(残念!)

2013/08/23 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/631-e56d8faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)