過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

回転木馬

T13florida47-blognew.jpg

家なき子のように
Mt.Dora, Florida USA


僕は回転木馬には目がない。
旅先でどこにいても回転木馬を見ると写真を撮らずにはいられない。 あのけばけばしい程の色合いや、回り始めると鳴り出す仰々しい音楽や、乗っている子どもたちの幸せそうな顔などに、古き良き時代への郷愁を感じてしまう。
といっても子供の頃にそんなものは周りになかったから、郷愁というのは日本ではなくて、憧れていた西欧への郷愁のようなものだろう。

まず木馬とか回転木馬という言葉が好きである。 昭和のノスタルジアのようなものがそこにある。 メリーゴーランド (merry-go-round) も悪くはないが、アメリカで呼ばれるカルーセル(carousel) にはどうもなじめない。 それのちょうど逆なのが、最近のブログで話しに出た観覧車だ。 回転木馬と観覧車といえば、これからアメリカでもその季節が始まるカウンティフェアの二大呼び物だが、僕は観覧車という日本語になぜかどうも馴染めない。 これは英語でフェリス・ホイール (ferris wheel) と言ったほうがずっと感覚にピッタリとくるのだ。 観覧車という日本語は昔からあったのかしらん。




T05paris032-blog.jpg

サクレ・クールの回転木馬
Montmartre, Paris


僕の子どもたちが幼なかった頃メリーランド州へ旅行をした時に、どこか名も知らぬ小さな町のカウンティフェアで回転木馬に乗っている写真が我が家の壁にかかっている。 とてもいい写真で好きなのだが、そのネガがどうしても見つからなかった。   
イタリアでボローニャからサン・マリノへ車で行く途中、フォーリというこれも小さな町を通り過ぎた時に回転木馬を見た。 わざわざ車を停めて写真を撮ったけど、人気のない季節外れの公園に打ち捨てられたような木馬たちはなんとなくもの悲しかった。

フランスのアヴィニョンの回転木馬は、すぐそばのカフェでパチさんと二人でスコッチを飲みながら、一行の者たちが古城から出てくるのを待った。 あの旅でワイン以外のものを飲んだのはあの時だけだったなあ。

日本ではといういと、子供の頃に遊園地へ行った記憶がまったくない僕は、回転木馬にもたぶん乗ったことはないのだろう。
東京の豊島園にあるメリーゴーランドは、世界でも最古のものの一つだそうだ。 調べたら、1907年にドイツで制作されたものが1911年にニューヨークの著名な遊園地、コニーアイランドに据えられ、60年後の1971年にはるばる日本までやって来ている。 今ではもうたっぷり100年以上経ったことになる。 今度日本へ帰ったらぜひ見てみたい。 誰かいっしょに行きませんか? もちろん見るだけじゃなくて、いっしょに乗るのですよ。(笑)

あと、忘れられないのはパリで見たもの。
上の写真は、モンマルトルの長い階段を登ってサクレ・クール寺院に辿り着く前に見た。
もう一つ、以前にここに載せたのがセーヌ河畔の Hotel de Ville の広場で撮ったもの。 



ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

豊島園行きたいです。是非ご一緒させてください。
ディズニーランドで甥っ子のために何時間も並ぶのには疲れました。
2013/09/03 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

*

思い出深いのは、ワシントンDCもモール内にある回転木馬。
よく息子たちが楽しんだから。
サンタモニカのピアにある回転木馬。
映画「スティング」が好きなので実物を見て感動。
そして、神戸のポートピアにあった今はもうない遊園地の2階建て回転木馬。

回転木馬の言葉に色々な思い出が湧き出てきました。
パリの回転木馬は色鮮やかですね。
2013/09/03 [わにURL #- 

* Re: No title

micio さん、

行きましょう行きましょう!
ただ
ジェットコースターとか怖いのは私はまるっきりダメですから
そのつもりでいてください。(笑)
2013/09/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

いつも楽しく拝見させていただいております。

としまえんの回転木馬がそんなに旧いものとは知りませんでした。

としまえんは自宅と会社の丁度中間地点に位置していて自転車通勤途中に傍(本当に傍を)を通ることもあります。因みに遊園地を指す場合は「としまえん」で駅名と運営会社が「(株式会社)豊島園」のようです。
2013/09/03 [やっURL #- 

* Re: No title

わにさん、

遊園地の乗り物はやはり子供の思い出とつながりますね。
思いだすのはすぐ近所のカウンティフェアで
なんと呼ぶのか、あのゴンドラの船のようなのが
振り子のようにほぼ水平の高さまで揺れるヤツ。
恐怖のために子どもたちは泣き叫ぶし、
私はもう生きた心地がなくて必死でカメラバッグを抱えて
目を閉じて早く終わるのを祈った、あの記憶です。

私には回転木馬と観覧車でもう十分です。(笑)
2013/09/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

やっさん、

豊島園の、じゃなくてとしまえんのすぐ近くにお住まいなんですね。
日曜や休日にはさぞ賑やかなことでしょう。
しかも調べると豊島区ではなくて練馬区だという・・・


こんど、やっさんのブログに例の回転木馬の写真を是非載せてください。
2013/09/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

としまえんのメリーゴーランド何度か乗った事あります。もちろんそんな素敵な歴史があるとは知りませんでした。いつか同じ時期に帰国する事があったら「としまえんのメリーゴーランドに乗ろう会」に是非参加させていただきたいです。

私の両親も写真好きなのですが、やはり私が小さい頃にメリーゴーランド(よみうりランドのもの)に乗っている写真がありますよ。自分で言うのもなんですが、いい笑顔です。時代、世代、文化を越えて人々を魅了する乗り物ですね。
2013/09/03 [Endless] URL #d2yN2EXI [編集] 

* Re: No title

Endless さん、

「としまえんのメリーゴーランドに乗ろう会」 は実現したらどんなに楽しいでしょう。
これで私を入れて3人がとりあえず決まりです。

それから
よみうりランドと聞いてはっと思ったのは
60年の終わり頃、音楽の世界にいた私はよみうりランドの何とか祭りで
1周間ほど野外演劇場みたいなところで演奏した記憶が
いきなり蘇ってきたことです。
たしかあの遊園地が開場してからまだ数年しかたっていなかったと覚えています。
若いEndless さんなどまだこの世に、影も形もなかった頃の話ですよ。
2013/09/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

あのゴンドラのような船のやつ

バイキングだと思います。
、、、ああいうの大好きなのですが。
2013/09/03 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* としまえんのメリーゴーランドに乗ろう会

ぜひぜひーーー
私で4人めでしょうか。ただ今ペンディングになってるコメントがひとつありますから、その方の次ということで、5人目かな。septemberさんと観覧車に乗る会だと順番待ちになりそうですが、回転木馬なら大勢で乗れていいですね。
2013/09/03 [うらら堂] URL #6facQlv. [編集] 

* Re: No title

micio さん、

ああいうのが大好きだって?
それじゃあ micio さんとのデートの時は
私は乗らないでおとなしく下で待っていましょう。

意気地なしの臆病な男ということで、恋人としては失格になるような
そんな気がしてきました。
2013/09/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: としまえんのメリーゴーランドに乗ろう会

うらら堂さん、

参加してくださってありがとう。
楽しい会になりそうです。
そのためにだけ帰国してもいいような気分になってきています。
2013/09/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

パリのはワタシもみましたが、華やかで素敵ですね。チェコで本当の馬が回転しているのをみました、きっと回転木馬のオリジンなんでしょう、
2013/09/04 [上海狂人] URL #wuZV7DPc [編集] 

* Re: No title

上海狂人さん、

本当の馬ではないけど本当のロバが回転しているのは
アメリカのカウンティフェアやサーカスで見たことがあります。
子供は動物に乗るのが好きだから
動物園などでよく象に乗せていますね。

私はラクダに乗ったことがありますが、
これは子供の時ではなくて新婚旅行でした。

2013/09/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* わたしも仲間に入れてくだサイ

いいですねぇメリーゴーランド、乗ったことがないのでぜひ!

としまえんと言えば、どうしてももう一度行きたいブースがあって。
アフリカ館というのですけど。

確か、舟か何かに乗ってアフリカの雰囲気を堪能していると、
川を曲がったところで、急に等身大のマサイ族のお人形さんが出てくるのです。
真っ黒で背の高い6人ぐらいの彼らが、ほっほっほっほ!とただひたすらジャンプしてるんですが、
そのインパクトが強烈すぎて、他に何があったのかすっかり忘れちゃった。(笑)

September さんにもぜひ、あの彼らと会っていただきたいです。
たぶん、ををっ!と思われるのではないかと。。
あたしも激しい乗り物で貧血を起こすクチなので、
待ってる間にアフリカ探検する地味な班も(笑) 作りませんか?

2013/09/05 [belrosa] URL #eJbgdmWg [編集] 

* Re: わたしも仲間に入れてくだサイ

belrosa さん、

これで5人になりました!

小舟に乗って洞窟の中を行くのはどこの遊園地にもあるようですね。
あれは、それぞれの場所で趣向を凝らして個性があるので楽しいのです。
マサイ族に襲われたら私が守ってあげましょう。
(なんて言いながら一番先に逃げ出すのは私かも)

子供を連れずに大人だけで遊園地で遊ぶなんて、
私には初めての経験になりそうです。
2013/09/06 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

belrosa様

豊島園のアフリカ館は私も好きでしたが、閉館になってしまいました。
残念です。
2013/09/06 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* えーっ!

そうだったんですか、micio さん!

しょっく。。なんてことだー、あの風情はちょっとないアナログ感というか素朴な驚きに満ちていて、
すごく子どもの気分になれたのに。。
としまえんのみならず全ての娯楽施設の中でもイチオシのオススメだったのに。。
うぇーん。

micio さん、ありがとうございました。
じゃああたしは、micio さんが乗り物から帰ってくるまで、木馬で100回ぐらい回転しています。
(笑)

2013/09/06 [belrosa] URL #eJbgdmWg [編集] 

* 地味な班

belrosaさんてば、木馬で100回ぐらい回転するのだったら、あの、船をぶんぶん振り回すみたいな凶暴なやつに乗っても同じなのではありませんか?「地味な班」に入れていただこうと思ったのだけど、木馬100回は地味じゃないよう、気持ち悪いよう。

ところで、それで思い出したことがあります。昔々、仲良しの男の子と一緒に大きな池で有名な公園にでかけたら「僕、今日はトラベルミン飲んできたとよ」と。わけがわからず「え、どうして?」と尋ねたら、「今日はボートに乗る約束でしょ、だから」と説明されました。

ただの手漕ぎボートで船酔いするひともいるいうわけで、彼が班長なら、「地味な班」も安心なのですけど。
2013/09/06 [うらら堂] URL #PTRa1D3I [編集] 

* Re: No title

micio さん、

それは残念!
belrosa さんがきっと悲しむでしょう。
だけど、それに似たものは何か作られたのじゃないかな、
無いはずはないんですが。
2013/09/06 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/636-6157df18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)