過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

芙二子との静かな午後 その2 

T131105carillon51-blog.jpg


一部屋だけの学校
Carillon Historic Park, Dayton, Ohio USA


1896年にあった学校の建物がそのままここに移されている。
薄暗い内部へ入ったとたんに僕は自分の小学校の教室を思い出していた。 古い古い木造の校舎だった。 建てられたのはこのアメリカの学校よりもさらに昔のことである。 冬にはこれと同じ達磨ストーブが置かれ、石炭が燃えていた。 その周りに子供たちが持ってきた弁当箱が置いてあり、誰かの沢庵の匂いが部屋中に満ちた。 子供たちは当番制で雪の降る校庭へ、バケツを下げて石炭を取りに行った。 児童数はクラスに40人はいたと思うから、この写真の教室とサイズはほぼ同じである。 といっても僕らの小学校は1学年に4クラスあったから、全学年では決して小さな学校ではなかったけど。
僕の机は教室の最後列にあって、すぐ左隣りには僕が秘かに想いを寄せていた布団屋のよしこちゃんが、そして右隣にはどうやら僕のことを好きらしい刃物屋のトキちゃんが座っていたから、いつもドキドキして勉強にはあまり身がはいらなかった。

そんなことをぼんやりと思い出していると、当時の衣装をつけたボランティアの女性が入ってきた。 そうだ、彼女に僕らの担任だった秋鹿(あいか)先生になってもらって写真を撮ろう、とお願いしたら快くひきうけてくれて、黒板の前の椅子に腰掛けてくれた。

教室の中はかなり暗い。
レンズの絞りを開放のF2、ISOを自動に設定してフラッシュ無しで撮ってみると、ISO1250で驚くほどきれいに撮れている。 それなら、と絞りを4にしてISOを5000で試してみたら、さすがにノイズがかすかに出てきているが気になるほどではない。 ニコンの姥桜(D200)ならノイズだらけになっているところだ。 さすがは俺の芙二子だ、と褒めてやる。 こんな暗さでフラッシュ無しで撮れる、ということが秋鹿先生にはどうしても理解できないようだった。

「毎日ここへ来ていながら、自分の入った写真を見たことがないのよ」 と、秋鹿先生が言ったので、それじゃああとで送ってあげようと、いうことでメールのアドレスを交換する。




T131105carillon48-blog2.jpg

地に堕ちた栄光

1912年頃のデイトン。
盛況を極めたダウンタウンのど真ん中にそびえるカラハン ビルディングの突端に、この時計塔があった。
ニューヨークのシンボル、エンパイアステートビルとまではいかないにしろ、この時計塔ほど当時のデイトンのシンボルとされたものは、後にも先にも無かったらしい。 ずっとあとになってビル自体が取り壊されたあと、これほど市民に愛されたものを失うのに忍びなく、この塔はどこかで長いあいだ保存されていた。 そして2006年以来この歴史パークに展示されているのだが、これを見て涙ぐむシニアの人たちがいる、とはいっしょに歩いてくれたボランティアの秋鹿先生の話である。




T131103carillon44-blog.jpg

本館のロビー


はあー疲れた!
若くてエネルギッシュな芙二子の相手をするのは大変だったけれど、でも楽しかった。
こんな素晴らしい場所が家から車で10分のところにありながら、最後に訪れたのが数年前だ、ということが自分でも許せない。 この町を去るのはもうはるかに先のことじゃない、と思う時、そうだこれからはこの20年以上住んだ町を記録に残して置かなくちゃ、と思う。
そのために芙二子が現れてくれたのだ。





ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

私も芙二男がほしい。
2013/11/06 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

短い言葉の中にムーさんの万感がこもっています。
2013/11/07 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 詩三百、思邪無し

”私も芙二男がほしい”

”ムーさん、 短い言葉の中にムーさんの万感がこもっています”

このやり取りを読むと、論語の言葉を思います。

「子曰、詩三百、一言以蔽之、曰思無邪」
(子曰く、詩三百、一言(いちごん)以てこれを蔽う、
 曰く思い邪(よこしま)無し)

余分なことを言わない単純さ、勉強になります。

2013/11/07 [henri8] URL #av6ed.vY [編集] 

* Re: 詩三百、思邪無し

henri8 さん、

饒舌な私は少しムーさんを見習わなくちゃ。

多言は一言に如かず
一言は無言に如かず
而して
無言は多言に如かず ---九月子
2013/11/07 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

なんかすごーく照れた。
実は、口は災いの元。って事、
数知れずなんデス。


2013/11/08 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

それは昔のことでしょう。
若気の至り、というのは誰にでもあります。
2013/11/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

いい相方を見つけられたようですね。フジノンだっていいレンズですからね。ワタシは28mmだったら欲しかった。本当は富士フイルムってニコンよりももっと大きな会社なんですからね。
2013/11/11 [上海狂人] URL #wuZV7DPc [編集] 

* Re: No title

上海狂人さん、

私が次に手に入れたいのは20ミリを付けたコンパクトですが、
これは難しそう。
昔ならリコーのGRがあったのに。
ミラーレスの1眼レフにして20ミリ相当のレンズを付けるしかないのかな。
2013/11/11 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/658-8f10b126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)