過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

繊細であるということ

T11SC119-blog.jpg

骨董屋
Apopka, Florida, USA


"You are too sensitive."
(あなたは繊細過ぎるのよ) とよく言われる。 それを言うのは実は長年いっしょに暮らしてきた妻である。
僕に言わせれば
"You are too insensitive."
(君こそ無神経過ぎるんだよ)
と反撥したい時が日常生活の中で時々あって、その違いが原因でちょっとしたぶつかり合いになることがある。

sensitive の語を辞書で見てみると
敏感な。 繊細な。鋭敏な。 気にしやすい。 神経質な。 感受性の鋭い。 微妙な。 デリケートな..... と確かにそのどれを取ってみても自分に当てはまるような気がする。そしてさら上記の定義に 「傷つきやすい」 を加えればこれはもうまったく自分のことだと思えた。

大体、僕という人間はガタイも大きいうえに顔も強面(こわおもて)のせいか、初めて会う人や長年の知り合いでそれほど親しくない人から見ると、細かなことをまったく気にしない大まかで豪胆な性格に見えるらしい。ところが実際はその逆で、僕ほど気が小さくて臆病な人間はあまりないのじゃないか、と思っている。たとえばその場の誰かが何気なく洩らした一言(ひとこと)が鋭い棘(とげ)のように僕の心に突き刺さることがある。最近では僕も歳を経て少し賢明になったせいか、それを面(おもて)に表すようなことはもうないが、そのあと何食わぬ顔をして続く会話のなかで、一度刺さった棘は溶けることも抜けることもなく心のどこかに残ってしまう。そしてその痛みを何日も経ったあとでまた感じることがよくある。

日常の生活で、もうちょっと無神経に生きることが僕にできれば、この世はどんなに過ごしやすいだろうと思う。
また一方では、もし自分が繊細さのない鈍感な人間として一生を過ごしてきていたら、気が付かないままに自分を通り過ぎて行ったさまざまな事があったに違いないとも思ったりする。今までそれを (良いことでも悪いことでも) 逃さないで掴んで来たとしたら、それはそれで悪いことではなかったんじゃないか? それだけ人よりも多くの経験をしたわけだから。

気が付かないままに逃してしまった愛を、「なんてうっかり屋さんだったわたし」 と自分の無神経さを後悔して歌うアストラッド・ジルベルトを聴きながら僕が思ったのは、いや待てよ、これだけ繊細なはずの自分でもうっかり逃した愛があったんじゃないのか、いや、あったに違いないということだった。



How Insensitive
Astrud Gilberto



余談になるけれど、アストラッドの動画を探していてこれを見つけた時に、思わずあっと思ってしまった。
40年も昔のボストンのナイトクラブで、僕はアストラッドの伴奏をしたことがあるが、その時の彼女の印象がこのモノクロの映像とピッタリ重なってしまったからだった。もしあの時僕がカメラを持っていたら、あの夜のアストラッドはこんな写真に撮れていたに違いなかった。
この動画はアストラッドとの出会いを書いた以前の記事 『リオから来た女』 に掲載すべきだった。


ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

>"You are too sensitive."
>(あなたは繊細過ぎるのよ) とよく言われる。 それを言うのは実は長年いっしょに暮らしてきた妻である。

これは驚きです!大学同期生として長い知り合いですが、意外です!
貴兄は学生時代からプロになり、その後は僕とすれ違いでアメリカに渡った為
親しく付き合う機会が無かった。見掛けで判断していたのかもしれません。

一方、このブログを通して、色々と詳しく知るようになりました。
”見掛けによらず”繊細であり、感受性の鋭いところがあるなぁ、
と考えています。

「沢山の事、珍しい事を経験したというのではなく、ある事を<深く経験する>
ことが大切だ」、作家・志賀直哉の言葉ですが、特に芸術家と呼ばれる人達
とって、<深く経験する>には繊細さ・感受性の鋭さが不可欠ではないかと
思います。







2014/05/17 [henri8] URL #av6ed.vY [編集] 

* Re: No title

henri8 さん、

たしかにhennriさんと私はすれちがいでしたね。
しかも、関西に住むhennriさんと、日本に帰っても郷里と東京にしか滞在しない私とは
会うのは数年に1度の同期会だけですが
それだけ密度の濃さはかえって凄いです。

でもさあ、(といきなり口調が変わる) (笑)
よく考えてごらん。
俺達の仲間って繊細で無い奴はひとりもいないと思うんだ。
それはね、音楽を通して集まった仲間だからだよ。
繊細でない人間に音楽なんてできるわけはないからね。

すでに二人を失ったけど
俺達はまだまだ生きるぜ。

2014/05/17 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

>繊細でない人間に音楽なんてできるわけはないからね。

芸術の中でも特に音楽は、病的なほどsensitiveな面があるかもしれません。
例えば、覚せい剤等で問題になるのはmusicianが圧倒的に多い。ある高校の
校長が覚せい剤所持で逮捕された最近のニュース、彼は音楽の先生でした。
因みに、校歌も作っていて、その校歌をどう扱うか物議を醸し出している
とのことです。

「音楽をやる人に写真を撮らせればプロ顔負けの作品を作る、画家に撮らせる
より、音楽家の方が写真センスが有る」と言った著名な写真家がいるーこれは
写真を生業にしてきた三兄から聞いた話。

>俺達はまだまだ生きるぜ。

日本人男性の平均寿命は80歳、平均余命は、我々の場合、あと15,16年はある
らしい。ただ、米国暮らしが40年以上になるSeptember氏にこの統計が当て
はまるか否かは存じ上げません。





2014/05/17 [henri8] URL #av6ed.vY [編集] 

* 繊細か無神経か

September さんよりは少々生きてきた年数は少ないし
人生経験は格段に少ない
それでもここまで来て分かっていることは人はみな繊細だということです
ただ傷ついてもそれを表面に出すか出さないかの違いではないかと
又は本人は繊細だと思っていなくても
本人でさえ気付かない奥深くで傷ついている事もあるのではないかと思います
強面だの体格がいいからなんて全く関係ないですよ

他人に対して無神経な人は沢山いますね
無神経を装って傷つける人もいますね

アストラッド・ジルベルト、懐かしいです
ジョアン・ジルベルトの声も柔らかく
一人リズムを足でとりながら鼻歌を歌っていた頃を思い出しています
ゲッツ、ボンファ、トレード、ジョビン等のレコードを40年ほど前買い求めていました
その中にひょっとしたらSeptember さんの名前が無いのかと探したのですが・・
1950年 ニューヨーク録音なんていうのはさすがに無理として
60年代にはありそうかと他のを見ています

懐かしさに浸っている土曜日の朝です
2014/05/17 [のほほん] URL #- 

*

繊細な人ほど愛のメッセージを敏感にキャッチする。
というのが本当なら、私はそうとう鈍感なんだわー。
「ムーさんにははっきり言わないと通じないよ」と友人が男Aに言ってましたもん。
私は単に自惚れが強くないだけ。と思っていますけどね。

それにしても繊細かどうかの判断は案外難しい気がする。
自分の事には敏感に反応するけど、他人には鈍感。な人もいるし。

で、思い出しました。
September30さんに向かって「目を見て話さないんですね」って放言したことを。
シャイな人には見えなかったんです~
すごく自信家なイケメンに見えたんだもん(笑)

私って自他ともに鈍感女かもしれない。
ガーン。



2014/05/17 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* 繊細な

ひとは繊細な人に惹かれるのもよくあることだ思います。

私が思うに繊細な人、想像力が豊かな人・・・・
外見では思ってないようなことのストーリーが展開していってて、口を開けばじつはしっかりと鋭いところをついてくる人。

2014/05/18 [ine-reisan] URL #pNQOf01M [編集] 

* Re: No title

henri8 さん、

ドラッグをやると
ただでさえ過敏な神経がますます研ぎ澄まされて剥き出しになるので
それがインプロビゼーションをするミュージシャンにとっては魔術のような働きをするとすれば
これは逆らうことのできない誘惑でしょうね。
その結果は身体をボロボロにされて
悪魔に魂を売ったファウストのようになってしまうのだろうか?

どうせ短い命なら身体を犠牲にしても
常人が到達できない場所へ行きたい、という感覚は
私にもよく理解できます。

年齢については
「まだ自分にはやり残したことが幾つもある」 という感覚を
常に持つ私は幸せだと思っています。
そういう感覚なしで生きることには耐えられません。

2014/05/18 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 繊細か無神経か

のほほんさん、

人はみな繊細だ、というのは
それはそうかもしれないと思いました。
違いは、その繊細さを自分の中でキチンと引き出しにしまい込める人と
そんな引き出しを持たない人、があるのでしょう。

でも他人に対して無神経というのは、
これは許せないです。
無神経な人同士の世界に留まってくれていればいいのに
(それならこの世はずっと住みやすくなります)
外に出て来て人を傷つけるから困るのです。
2014/05/18 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

鈍感という言葉は適切では無いようで
些細な事に拘らない性格、と解釈すれば
それは私には無い羨ましい資質です。

それから断っておくけど
ムーさんの一言は私を傷つけてはいません。
ふだん人からは聞くことのできない自分への批判として真剣に受け取りました。
そういう人が周りにいてくれるのは有難いことです。
「思ったことをはっきり言っちゃうんですね」
と対処できなかった自分が情けない。
2014/05/18 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 繊細な

ine-reisan さん、

ちょっと考えると繊細な人同士の関係は
まるで薄氷の上を歩くようなヒヤヒヤの危ない状態になりそうですが
実際には良くしたもので、ちゃんと円満にまとまるのですね。
それというのも
自分のことと同じように相手のことも常に考えているからでしょうね。
2014/05/18 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/693-7ce28eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)